【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

妙法蓮華經を根本教典とする日蓮宗(他の法華経系教団も含めて)では、方便品第二から如来寿量品第十六までの間の章を読む機会がほとんどありません。
なぜそこを飛ばすのかと言えば、ちょっと語弊がありましょうが、似た内容の繰り返しだからです。

どんな内容かと言えば、授記です。
とにかく授記が繰り返される。
授記とは、佛が誰かに対して
『あなたは必ず将来〇〇という佛になれます』
という約束をしてくださることです。

法華経の序品列座の聴聞衆は、諸説ありますが1800万人ほどおりました。
普通なら
『ここにいるみなさん!将来みなさん全員、必ず佛になれますよー!』
と、全体に向かって一度だけ言えば済みそうなものを、それを釋尊は
『〇〇よ。そなたは将来〇〇という佛になり、その国の名は〇〇、その時代は〇〇と呼ばれ、〇〇もの人数の衆生が救われるであろう』
と、ひとりひとりに、わざわざ丁寧に授記をしてくださる。
比喩品第三以降、釋尊はそこにいる一人ひとりにひたすら授記をしていくので、もちろん内容はそれだけではありませんが、客観的にあまり代わり映えがしない。

この長い長い授記が、法華経全体の前半のほとんどに及びます。
なぜにこのように釋尊は、全体に授記をせず、わざわざ一人ひとりに授記をしていったのか。



さて、わたくしは空手を始めた当初、学生時代の思い出として3年くらいやってみるか、よしんば卒業までに黒帯を取れたらいいかなぁとか、それぐらいに考えていたわけです。
まさか自分が空手道場の師範になるとか、いろんな全日本選手権などの大きな大会で活躍できるなんて事は、その願望はあれども、そこまで本気で思っていませんでした。

普通、最初から全日本チャンピオンになってやろうと思って空手を始める人はいません。今より少しでも強くなれればくらいに思って空手を始めます。それが修業の過程でさまざまな良縁に恵まれ、そのおかげで当初の目標が途中でより高く再設定され、これを繰り返しながら研鑽が続いていきます。

当時の白蓮会館は、全国的に知名度は高かったものの規模としてはまだ大阪ローカルの流派でした。
わたくしが青帯だった頃、師匠である杉原正康館長が事務所で
『大野はどこ出身なん?』
と声をかけてくださった。

これはすごいことなのです。
当時の白蓮会館総本部は、とにかく道場生の在籍数がスゴくて、同じ青帯ですら名前と顔を覚えきれないくらいおりました。色帯なんて、よほど目立っていないと館長に名前すら覚えてもらえないし、個人的に声をかけてもらうことも極めて稀なことでした。

『ぼくは九州の佐賀県です』
と答えましたら
『そうか。んーなら将来、佐賀に支部ができるなぁ。頑張りや』
と言ってもらったのです。

わたくしはその言葉がめちゃくちゃ嬉しくて、あまりの感激に、
『地元の佐賀県に道場を出すまで頑張る』
という人生の目標がこの時点で確定してしまいました。


これが授記の力です。

まさにわたくしは師匠から未来の支部道場責任者という記別を授けられたわけです。
まさに良縁によってより高い場所に目標が再設定されました。

もし館長がズラリと道場生が並んでる前で
『君たちは全員、いずれ地元で道場を出すことになる』
と言われたからって、誰も空手に人生を捧げません。

館長がわたくしを名指しして、将来キミは支部長になるのだ、と言われたことが完全なる魔法なのです。
ひょっとしたら館長は似たようなことを誰にでも言ってたのかもしれませんが、その一言でわたくしはむちゃくちゃ頑張ろうという気持ちになりました。


ひとりひとり名前を呼んで、あなたは佛になれます、あなたもなれる、あなたもなれる、あなたもなれる、と個を尊重して授記をしていくからこそ言葉に力がある。

ちなみに10年前の結婚式でこのエピソードを紹介しましたら、師匠は
『へ?俺そんなことゆーてないで。彼も作り話が上手ですわ』
と言って笑いを誘っていましたけれども。


話は横道に逸れますが、キリストの映画で、キリストが両手両足を縛られるシーンがありますが、我々現代日本人の発想ならら片手が拘束されるシーンだけ見せられたら、たぶんあとの3本も同じように拘束されてるんだろなと察しますが、作製者は全部カットせずに映した。我々の感覚からすると、この映画のつくりはちょっとくどい。
しかし作製者にとっては、尊いキリストの身体がこんなにも痛めつけられているシーンなのに、それを簡単にはカットできないと考えたのだそうな。


同様に、この全員への授記という作業は、いくら煩雑であろうと省略ができない大切な行程なのです。
だからこそ法華経は他の経典より有り難いのだとも考えられます。


人々が最初から上求菩提をあきらめてしまったら根本的にどうしようもないのです。
まさに人間が向上しないように、何者かによってかけられた魔法のようなもの。

釋尊は、法華経後半の本門を説くよりも前に、この場にいる全員にかけられている、このなんとも厄介な魔法を解くことから始められたのだと考えます。

その厄介な魔法とは『あきらめ=精進の放棄』です。


IMG_7760






つい先日、千葉県に大規模停電をもたらした台風15号をはるかに凌ぐ勢力の、台風19号が接近しています。
IMG_7783
折しも日本国内は土、日、月の3連休。
特に、関東地方を直撃すると見られる10月12日の夜は、東京池上本門寺のおえ式逮夜で、江戸の三大祭りとも言われる万灯練供養が、なんと史上初の中止となりました。

Facebookで友達の岸和田の方がこのような画像を上げていらっしゃいました。
IMG_7795
これには笑顔にさせられました。
日本各地、お祭りを楽しみにしている方々の思いは同じなのでしょう。


勝嚴寺の納骨堂に、懸垂幕を掛けておりますが、これが強風に煽られて大変です。
IMG_7805

前々回の台風は、人々の記憶にも残らないくらいの普通の規模だったのですが、その時に足元の縛りを振りほどいて竿が暴れて壁面のガラスを割りました。
IMG_7804
今回は、コースも違うし、なんぼ規模が大きかろうと他人事のように思っていたのですが、11日夜中に、すでに普通の台風の暴風雨域に突入してるのではないかというくらいの強風にビビって幕を巻き上げてきました。

この幕を巻き上げる作業もひと苦労。
つくり酒屋さんとか、お寿司屋さんで同じような懸垂幕を掛けていらっしゃるところは、どのような対策をなさっているのだろうか。
IMG_7806
8月にガラスが割れて懲りたウチは、それからというもの台風が来るたび懸垂幕を全部外していたのですが、これがまた大変。

でもさすがに知恵を出して、ホームセンターでSフックを買ってきて、こんな風に巻き上げてみました。
IMG_7807
これなら簡単です。

あと、題目ののぼりの問題もあります。
IMG_7809
台風が来ると室内に取り込むのですが、連日連日風が強いとアタマのパーツが折れてしまう。
IMG_7810
ほかの部分はほぼパーフェクトの状態なのに、これが折れたら使い物にならない。

某ショッピングサイトで探してみたら、ちゃんとそれだけ売ってあった。
FullSizeRender
とりあえずよかった、よかった。


それにしても風が強い。


これで、まだ日本に上陸もしてないし、上陸したとて東日本です。
それが上陸前夜にこの風か?
上陸前夜にこの風なら、本番はどうなの?って感じです。

今晩、6月に亡くならなられた空真会の岸本先生を偲ぶ会が佐賀で行われるので、師匠である杉原正康宗師が沖縄から来られます。沖縄ー福岡便は問題なく運行しているそうですが、佐賀の今の強風を考えるとほんとに着陸できるのか心配です。

さらに、明日は内藤貴継支部長の結婚式です。
全国から人が集まる予定です。
さて、どうなることやら。

ちなみに月曜日は佐賀市諸富ハートフル(去年の白蓮会館ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会の会場)にて、佐賀新聞社主催のイベント【 さが終活&新シニアライフフェア2019 】に、勝嚴寺がブース出展します。
9:30〜15:30まで。葬儀、供養、納骨に関する相談窓口を開設しておりますので、時間がある方はどうぞお越しください。
なお、教学、祈祷、鑑定に関しての相談は別の日にお願いします。

さらに同日夜、うきは本佛寺のおえ式に出仕します。
こちらに参加希望の方は17:30に勝嚴寺に集合なさってください。なお、現地直行でもかまいません。どうぞよろしくお願い申し上げます。


台風は古語では『野分』と言われていたのが、いつしか使われなくなってしまいました。
今では野分という響きにその跡形も感じられない。
台風は英語のtyphoonの音訳であるとの説もありますが、実際はどうなのだろう。

いずれにせよ、本邦における台風の被害が少なくて済みますように、謹んで祈念申し上げます。








提婆達多品は書き下しで読むことが多いので、漢文をそのまま真読する他の品よりも馴染みが深く、あらすじは概ねご存知の方も多かろうと思います。

施餓鬼供養といえば提婆達多品。
毎月、毎月、提婆達多品。
とにかく提婆達多品ばかりを繰り返し読みます。
たまにはほかのお経に替えてみたい気もするけども、やはり提婆達多品だけを読みます。

なぜか。

私見ですが、その理由を考察してみます。



佛教の目的と言うのは、我々が佛になることです。
本来それ以外の祈りはない。
佛弟子の祈りの根本は、釋尊と同様、自分も佛になり、みんなも佛になれますように、ということに尽きます。


佛に至る道の途中の障害となるのに三毒があります。
三毒とは、瞋恚(怒り)貪欲(むさぼり)愚痴(迷妄)とされています。
『愚痴』とは現在、現状に対する不満をこぼすことという意味で使われていますが、本来の佛教的な意味は、佛になる佛の智慧を求めようとしない心、佛になることを放棄して、佛以外の方向に気持ちを向けることなのです。

ちなみに一般人は、普通そこまで佛になりたいと思っていませんから基本、愚痴です。
一般の人がなぜ佛になりたいと思っていないのかと言えば、佛がどれほど素晴らしいかということを知らないからに他ならない。
佛がどれほど素晴らしいのか知っていれば、その人は勝手に佛を目指すはず。

例えば、ゴルフが上手くなりたいと思ってゴルフ練習場に通っている人はたくさんいますが、彼らは誰に強制されるわけでもなく自発的に練習しています。
彼らは自分がゴルフを上手くなるという事がどんなに素敵なことか知っていて、ゴルフが上手になった自分のイメージを持っているから、お金を払っても、時間を使っても、その価値があると考えて頑張っているわけです。
ゴルフの神様からすれば、彼らは菩薩です。

しかし、わたくしはゴルフに詳しくありません。言い換えれば興味がない。興味がないから努力はしない。お金も時間も使いたくない。
ゴルフに関する上達の可能性を放棄してますから、ゴルフの神様からすれば、わたくしは愚痴の世界の住人です。

現代人の寺離れ、佛教離れと言われて久しいが、その構造はこれと同じではなかろうか。

は?仏教?お寺?
それ何の役に立つの?

この質問に答えられなければ、当然お寺には人は集まらない。
たとえお寺で佛教以外の集客イベントを打って人を集めたとしても、肝心の『佛とは何なのか』を伝えなければ、おまけ目当ての人はおまけだけもらって去っていきます。

ゴルフを頑張っている人には、おそらくゴルフが上手い人が身近にいるのです。だから憧れるし、その目標に向かうための労力を惜しまない。

一般人に佛教を伝えるなら、その人が佛に近いか、それでなくとも佛とは何かを熟知していなければならない。それに、一心欲見佛、とにかく佛になりたい想いが溢れていなければならない。
『確かにオレ、佛には程遠いけど、とにかく憧れてるんだよねー!ああ、とにかく佛になりたーい!』
とワクワクしながら会うたびに僧侶が話していたら、最初は、なにコイツ?と思われるかもしれませんが、その想いはいつかきっと自然に伝わる。


わたくし自身はゴルフはやらなかったが、その代わり空手をずっと頑張ってきました。
大学に入る前までは全く興味なかったのですが、友達の勧誘があまりにもしつこいものだから根負けしてしぶしぶ始めました。
ところが、やってみたらだんだん面白くなってきました。
空手の仲間達は日夜、どうすれば強くなれるのか、身体の鍛錬方法、コンビネーション、何を食うべきか、有名選手のエピソードまで、とにかく強くなりたい気持ちで一生懸命空手の話ばかりしていました。
そんな仲間に交わっているうちに、自分ももっともっと強くなりたいと思うようになりました。将来、今よりも強くなっている自分に臨場感を持てました。きっと当時の周りの先輩や仲間達がそれほどまでにひたむきで魅力的だったのでしょう。
空手が強い道場は、このシステムが出来上がっているのだと思います。

ところが現代社会では、ほとんどの僧侶が本気で成佛を目指していませんから、一般人はなおのこと佛になりたいとは思わない。
僧侶のやる気のなさがわかるから、佛そのものが魅力的だとは思えない。

みんな心の奥底で、成佛という唯一絶対の目標を放棄しているわけですから、現代社会全体が愚痴に侵されています。この思い込みは重症です。

これは既成佛教だけに限りません。
勢いのある新興宗教であっても全く同じです。
その教団に於いて一見やる気のあるようにみえる会員も、その人を導いた指導的立場にある人も、佛に成ることではなく、ほとんどが別のやりがいで短期的な目標に向かって頑張っていますから、そういう意味ではおまけのお菓子に釣られて頑張っていることに変わりはない。

ま、それでも良いのですよ。
どんな不純な動機でも、それが道心を起こすきっかけなら如是縁、本末究竟等しく尊い。
ただ、このままでは誰も、いつまで経っても成佛という最終目標に臨場感を持てる機会がこないのが問題なのです。(つづく)
IMG_7421






ウチの道場において最低限守らなければならない出稽古の基本精神を述べます。
ウチはかなり緩いので、ウチが守ってほしいということは、他では絶対に守るべき超!重要事項であると思います。


よく他県の方から
『佐賀県は流派同士、仲が良いですね』
と言われます。

たしかに佐賀県の諸流派同士ではよく合同稽古も開催されていますし、出稽古も活発です。
しかし、どれだけ仲良しでも最低限守らねばならない決まりがあります。
一見しただけではその最低限のルールは見えません。だからつい甘えてしまい、その大事な部分がなし崩しになってしまう危険があります。

わたくしが考える、出稽古において守らねばならない決まりは下記の3つです。

1.自分の所属する道場の先生を通す

2.自分の所属する道場の稽古日に行ってはならない

3.自分の所属する道場の稽古出席日数を超えてはならない


以上です。
ひとつひとつ詳しく説明します。


1.自分の所属する道場の先生を通す
まず言うまでもないことですが、出稽古に行くためには自分の所属する道場の先生の許可をもらい、先生を通して行かなければなりません。

はっきり言って、先生に無断で出稽古に行くということは破門ものの行為です。

道場によっては最初から出稽古を受け入れないところもありますし、先生同士がそもそも知り合いでないような道場なのに、いきなり出稽古に人をよこすなど失礼な話です。
まぁ最初から何も先生に言わずにいきなり出稽古に行く人はまずいないでしょうが、問題はそれがレギュラー化してしまった場合のことです。
白蓮会館佐賀道場には、ほぼ毎週のように出稽古がありますが、あのいつものおなじみのメンバーも、いくらおなじみとは言え、わたくしにダイレクトで出稽古よろしくお願いしますという連絡はない。
全て、その流派の代表の先生から、毎回丁寧に
『今週金曜日にウチの〇〇と〇〇が出稽古にお世話になりたいと申しておりますが、よろしいでしょうか』
と必ず電話かメールが来ます。ただの1度もその選手からわたくしに直接、出稽古行きますという連絡をもらったことはありません。
いくら仲が良くても、それが道場同士の礼儀なのです。

また、これは空手という枠にとどまりません。
別に道場生が水泳をやるとかテニスをやるとかいう際にまでわたくしに連絡する必要はありませんが、これがキックや柔術、ボクシングなど、格闘技というジャンルの団体に出稽古に行く(または入会する)なら、必ず先生を通してください。
ジャンルが違っても、地元であれば格闘技団体の先生同士はほとんど繋がっています。
わたくしも、道場生が出稽古でお世話になった道場の先生には、お会いした時には御礼を申し上げなければならないし、後日それを人づてに聞くなどということがあれば大変な恥です。


なお、九州で唯一同じ流派である白蓮会館内藤道場、道場創設期から兄弟道場として協力し合ってきた正道会館甲斐道場、それから代表者がウチに所属している丸徳総合格闘倶楽部、同じ白蓮会館福岡道場で活動する護身塾、BBボクシーズの5道場だけは、あらかじめ先生同士で話をつけておりますから、わたくしに連絡せず、直接出稽古に行っても構いません。
ただしこれらの道場の方がきわめて特殊な例ですので、これが普通ではないということをご理解ください。


2.自分の所属する道場の稽古日に行ってはならない

3.自分の所属する道場の稽古出席日数を超えてはならない

自分の所属する道場の稽古を休んでヨソに行くくらいならもう移籍しろよ、という話です。
また、自分の所属する道場に週1回しか出席していないのに出稽古が週3回、というパターンも同様です。
あくまで自分の所属する道場でしっかり稽古し、さらに向上するために、空いた日によその道場にお邪魔する、というのが出稽古です。
ここが逆転しないように、分をわきまえる必要があります。


例外。

家族旅行で東京や大阪、沖縄などに行くから、その時に現地の道場に出稽古行きたいが、やはり金曜日だからダメでしょうか、ってそんな時にまで道場稽古日だからダメだなんてことはないですよ。
そんな時しか行けないわけですから貴重な機会です。ぜひぜひ行ってきてください。


例外その2。

以前、浦川指導員がウチの正規稽古に週1回、内藤道場に週2〜3回出稽古に行っていましたが、あれは例外として許可しておりました。
彼は伊万里在住で、自宅から佐賀道場まで1時間半、唐津道場まで20分でした。
このような状況でも週2〜3回、当時高校生だった浦川指導員をご家族が送迎していましたが、その手間暇は大変なものであり、内藤支部長と三者協議した上で、道場生として佐賀道場に週1回はしっかり通うことを条件に、その回数を超える出稽古を許可したわけです。
いずれにせよ、先生を通せば必ず先生は相談に乗ります。


例外その3。

都市部の有名道場など、週6回稽古日がある道場生はどうすればよいか。毎日が道場の正規稽古日だから、出稽古に行けないではないか。

答えは
『週4〜5回ちゃんと道場の稽古に出た上で、先生に相談してください』
です。
かく言うわたくしも白蓮会館総本部時代がそうでした。総本部は週6回すべて稽古日だったから、空いた日なんてないわけです。
でもわたくしは必ず週6回稽古に参加してましたから、杉原館長に
『来週の〇曜日、〇〇支部に出稽古に行っていいですか』 
と、正面から堂々と相談してました。
普段から圧倒的に道場稽古に出席してましたから、たまに出稽古に行くと言っても1度も断られたことはありません。






これらの最低限の約束さえ守ってくだされば、まずわたくしが出稽古を禁止することはありません(もちろん友好関係にない道場なら止めますが)。
ただ、これらのことを知らずにいると、それを失礼なことと知らずに安易に出稽古に行ってしまう道場生がいるのではないかと、ここに念のため記しておきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_7298









だいぶ日にちが経ってしまいましたが、6月16日(日)18:30より、佐賀市 bridal square THE ZENITHにて、九州地区の白蓮会館開設20周年の記念祝賀会を開催しました。
FullSizeRender


同日にファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会が終わったばかり。
試合がちゃんと終わって、会場を撤収して、なおかつ来賓を30分前にはちゃんと道場生みんなでお迎えしなきゃいけない。
白蓮会館の九州大会は、九州地区の空手の大会の中では終わるのが遅い方で、今回だけは何が何でも17:00に会場から撤収することを目標にがんばりました。

結果的には15:30に全試合終了。
16:30に完全撤収ができました。

これも道場生、御父兄、および友好道場関係者の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
IMG_6951
わたくし会場には17:30に到着。
受付にて内藤支部長とともに来賓の方々の到着を待ちます。
IMG_6961
道場生も含めて参加総勢174名という結婚式ばりの規模になりました。
IMG_6947
今回のパーティには、かんねの会会長 金山英植先生、無門塾代表 篠原秀嗣先生、拳栄会館館長 梁井俊男先生に発起人になっていただきました。

最初に、これまでの九州地区白蓮会館の歴史を振り返った映像からスタートです。
IMG_6948
発起人を代表して金山英植先生からお言葉をいただき、続いて衆議院議員 稲富修二様、参議院議員 山下雄平様、師匠である白蓮会館宗師 杉原正康様から祝辞を賜りました。

その後、鏡開きは発起人 梁井先生と、元衆議院議員山本剛正様、白蓮会館 杉原賢亮館長、内藤貴継支部長とわたくしで行いました。
IMG_6962
勢いが良すぎて、酒が飛散する瞬間の写真。

乾杯の音頭は、眷正會 石橋劉眷先生。
先生は最近、空手の世界にはほとんど顔を出されませんが、支部開設からの恩人で、現在でも公私ともに家族ぐるみでお世話になっております。


それから歓談です。


韓国に白蓮会館の支部が増えたため、その紹介と認証式を。
IMG_6954
これで韓国に白蓮会館の道場が2箇所になりました。
続いて白蓮会館支部長の紹介。
IMG_6953
白蓮会館東京墨田支部 福地勇人支部長
白蓮会館神戸支部 播戸一幸支部長
白蓮会館岡山支部 寺山達也支部長
白蓮会館沖縄支部 仲田央希支部長
それに韓国のKim Jinyoung新支部長と、内藤支部長、宗師、館長で記念撮影。

それから、なんと師匠の杉原正康宗師から、20周年の記念品として、和風スーツをいただきました。
わたくしからもお返しの品を。
つまらないもの?ですが、会場の笑いは取れたので満足しております。
それにしてもこんな政治家がいていいのかというくらいヤジがうるさい。盛り上がったから感謝ですけども。


そのまま九州地区の有段者全員が登壇し、全員を紹介。20年間で有段者は30人になりました。
IMG_6964
唐津道場原田龍昇指導員、佐賀道場原田郁也指導員から花束の贈呈です。

わたくし達2人から謝辞を申し上げ、最後に万歳の三唱。発音は発起人である無門塾 篠原秀嗣先生でした。
IMG_6952

そうそう。全員で写真を撮るのを忘れてた。
全員どころか、黒帯だけでも撮れば良かったなぁ。階段や吹き抜けなど、集合写真を撮れる場所はたくさんあったのに。


帰りにチラっと見たところ、料理が結構余ってしまった。出席者に足りなかったと不満に思われるよりは良かったかな。
廃棄された食材には勝嚴寺にて回向供養を捧げておきます。

道場生を除いて、来賓が120名でしたので、駆け足で全員にお酒を注いで回って、1人30秒でも60分。とりあえず全員に挨拶ができたものの、会話できた時間は大げさでなく30秒ずつ。
その後、最後まで会場に残っていた人達で二次会にも行きましたが、酔っ払うと豹変することで全国的に有名な師範の隣の席に座ったために、これまた90分間まるまる誰とも話ができなかった。

人生で、この会場にいる全員が知り合いだなんてことは滅多にありません。
ここにいるみんなと、懐かしい話も、現在の状況報告も、もっともっと、いろいろしゃべりたいのに、誰とも全然話せない。



そう。母のお通夜がそうだった。

数年ぶりという懐かしの顔があっちにもこっちにも。
おー!久しぶりー!という顔をするけど、あちらは神妙な表情。そりゃそうだ葬式だもん。
終わったら友達んとこ走っていって、いろんな話をしよう!と思うけど、終わったらもう誰もいない。


その感覚が、母のお通夜と重なりました。
母が死んだのは白蓮会館佐賀道場の常設道場開きの直前。招待状の発送作業をやっている最中のことでした。

思い返せば、佐賀道場を開設した頃に母が体調を崩して入院したので、母は佐賀道場を見ていない。
18年前のことです。


牛津のショッピングセンター「アイル」の多目的ホールで、火曜日だけ週1回から始めたのが21年前。
佐賀市民体育館で金曜日をスタートさせ、週2回になったのが20年前。
19年前、常設道場へ。
18年前、道場開きを。
16年前、福岡道場を開設。
15年前、第1回ファイティングオープントーナメント全九州空手道新人戦大会を開催。
その前日、福岡道場の道場開きを開催。
翌年、正式に九州本部長へ。
10年前、新人戦は選手権大会へ。
そして、唐津道場を開設。
5年前、内藤貴継支部長を迎えて唐津道場は唐津支部へ。

そして今年、九州地区の白蓮会館は20周年。
これからも、どうぞ御指導の程、よろしくお願い申し上げます。

拝啓 夏至の候、ますますご繁栄の事とお慶び申し上げます。
IMG_6798
この度は、選手・各流会派の先生方および道場関係各位には白蓮会館ファイティングオープントーナメント第十五回全九州空手道選手権大会に御協力いただきまして、心よりお礼申し上げます。
また、協賛各社の皆様には過分なる御芳情をいただき、無事成功裡に終了することができました。

今回の大会は、15年の歴史の中で初となる500人超え(535名)の選手参加をいただきました。
通常、空手界では1コート100人と言われています。去年は489名、一昨年が488名で、普通なら5コートです。
これを我々はこれまでなんとか4面のコートでやりくりしていたのですが、今年は例年より50人近く増えたので、ようやく観念しました。
今まで1コート120試合とか、かなり無茶なボリュームだったのが、1コートを追加して5面コートでの大会開催はかなりスムーズでした。
おかげで試合終了時刻は15:20。表彰式をやらないので、参加選手はかなり早い段階で帰途につけたのではないかと思います。

これだけスムーズな大会進行ができたのは、九州本部各道場の道場生・御父兄の皆様の献身的な協力、特にMコートを完全に担当してくださった正道会館甲斐道場の皆様、Bコートを担当してくださった白蓮会館内藤道場の皆様のお力添えあってのことです。改めて感謝申し上げます。
現在、佐賀市内で白蓮会館内藤道場が2月、白蓮会館九州本部が6月、正道会館甲斐道場が11月にそれぞれ大会を開催しています。ひとつひとつの道場の力は小さいけれども、スタッフ、ノウハウ、道具など、共有できるものは全て共有し合って、流派の垣根を越え、各道場が力を合わせてそれぞれの大会のために協力しながら、より素晴らしい大会を開催していきたいと考えております。

今回、WKO本戦大会に倣って、表彰およひ写真撮影の手順を新しくしました
わたくし自身が手探り試行だったため、現場スタッフの皆様にはかなりの混乱をさせてしまったこととお詫び申し上げます。改善点もあらかた見えてきましたので、来年はもっと良い流れを作っていけるものと考えております。
IMG_6797
今後も、よりよい大会運営を目指し努力してゆく所存でございます。どうか今後とも変わらぬ御指導御鞭撻を賜りますようお願い致します。
IMG_6795

IMG_6796

IMG_6800

6月16日(日)佐賀県立総合体育館にて開催される、白蓮会館九州本部主催・ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会のトーナメントが完成しました。
48369591_2301199519932374_2162851414647242752_n

万一、重大なミス(出場階級が違う、申し込んだのにエントリーされていない、昨年も同じ対戦相手だった、同一流派同士が近過ぎる、身長・体重、漢字の間違いなど)があれば、遠慮なくご指摘ください。

上記の場合のみ、組み合わせの変更いたします。
以前、別の大会で過去に対戦したことがあるといった理由での組み合わせ変更は認めません。悪しからずご了承ください。


今回は選手権の部です。


【 重要 】6.16九州大会についてのお知らせ

各流派に送付した案内の中で5点の追加変更がありますのでご連絡いたします。


⬛︎JAC本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーについて

広く九州地区の選手に出場権を得る機会を増やすため、すでにジャパンアスリートカップ本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーはご遠慮ください。なお、出場申込み以降に本選出場権を獲得した選手の本大会への出場は可能です。


⬛︎一般部選手権の部の試合時間について

一般部の試合時間は
新人戦の部、および選手権の部の壮年クラス
本戦2分・延長1分(決勝戦のみ再延長戦1分)
選手権の部のクラス番号10の一般男女の部
本戦2分・延長2分(決勝戦のみ再延長戦2分)
となっております。案内には全て新人戦の部の時間で書いております。選手権の部に出場の方はよろしくお願い申し上げます。


⬛︎年少部決勝戦のヘッドガードについて

ジャパンアスリートカップ本選大会に準じ、年少部決勝戦では、表情を見やすくし、実戦臨場感を上げるためにヘッドガードの着用を自由とします。


⬛︎上段膝蹴りについて

上段膝蹴りが有効であるクラスは、選手権の部の壮年・一般の全クラスです。それ以外のクラスにおいては反則となりますのでご注意ください。


⬛︎大会会場について

本年の会場は【 佐賀県立総合体育館 】です。一部ポスターに別の会場名が表記されたものがありましたので訂正いたします。


以上5点、各流派の先生方にご案内申し上げます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。



幼年の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
※この写真はトーナメントになっていますが、実際は三ツ巴総当たりリーグ戦になります。
スクリーンショット 2019-06-03 11.01.17
小学1年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.02.01
小学2年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.06.25
小学3年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.08.23
小学3年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.09.46
小学4年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.10.24
小学4年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.11.08
小学5年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.12.18
小学5年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.13.39
小学6年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.14.41
小学6年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則

スクリーンショット 2019-06-03 11.16.24
中学生軽量級
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.17.45
中学生重量級
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則

スクリーンショット 2019-06-03 11.18.51
中学生女子無差別
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-03 11.19.26

青壮年軽量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-03 11.20.40
青壮年重量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-03 11.22.05
壮年軽量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-03 11.22.44

壮年重量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-03 11.23.36

一般女子軽量級
試合時間:本戦2分・延長戦2分(決勝戦のみ再延長戦2分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-06 16.23.38

一般女子重量級
試合時間:本戦2分・延長戦2分(決勝戦のみ再延長戦2分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-06 16.23.20

一般男子軽量級
試合時間:本戦2分・延長戦2分(決勝戦のみ再延長戦2分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-03 11.25.51
一般男子重量級
試合時間:本戦2分・延長戦2分(決勝戦のみ再延長戦2分)上段膝蹴りは有効
スクリーンショット 2019-06-06 16.32.14


万一、重大なミス(出場階級が違う、申し込んだのにエントリーされていない、昨年も同じ対戦相手だった、同一流派同士が近過ぎる、身長・体重、漢字の間違いなど)があれば、遠慮なくご指摘ください。

上記の場合のみ、組み合わせの変更いたします。
以前、別の大会で過去に対戦したことがあるといった理由での組み合わせ変更は認めません。悪しからずご了承ください。



【 重要 】6.16九州大会についてのお知らせ

各流派に送付した案内の中で5点の追加変更がありますのでご連絡いたします。


⬛︎JAC本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーについて

広く九州地区の選手に出場権を得る機会を増やすため、すでにジャパンアスリートカップ本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーはご遠慮ください。なお、出場申込み以降に本選出場権を獲得した選手の本大会への出場は可能です。


⬛︎一般部選手権の部の試合時間について

一般部の試合時間は
新人戦の部、および選手権の部の壮年クラス
本戦2分・延長1分(決勝戦のみ再延長戦1分)
選手権の部のクラス番号10の一般男女の部
本戦2分・延長2分(決勝戦のみ再延長戦2分)
となっております。案内には全て新人戦の部の時間で書いております。選手権の部に出場の方はよろしくお願い申し上げます。


⬛︎年少部決勝戦のヘッドガードについて

ジャパンアスリートカップ本選大会に準じ、年少部決勝戦では、表情を見やすくし、実戦臨場感を上げるためにヘッドガードの着用を自由とします。


⬛︎上段膝蹴りについて

上段膝蹴りが有効であるクラスは、選手権の部の壮年・一般の全クラスです。それ以外のクラスにおいては反則となりますのでご注意ください。


⬛︎大会会場について

本年の会場は【 佐賀県立総合体育館 】です。一部ポスターに別の会場名が表記されたものがありましたので訂正いたします。


以上5点、各流派の先生方にご案内申し上げます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。



一般社団法人 あまね
放課後等デイサービス・生活介護 いーはとーぶ
重症児デイルーム AQUA・訪問看護ステーション KARIN
image

37173748_1792380614172426_6359004784615227392_n
杉原正康宗師を囲んで九州地区の白蓮会館の有段者の集合写真


合掌 清明の候ますます御清栄のこととお慶び申し上げます。
大野英章本部長・内藤貴継支部長が率いる九州地区の白蓮会館は、九州に道場を開設してより今年で20周年の節目を迎えました。これもひとえに九州地区各道場関係各位の温かいご支援とご指導の賜と、心より厚く感謝申し上げます。
つきましては、左記の通りささやかな祝賀会を催したいと存じますので、ご多忙のところ恐縮でございますが万障お繰合わせの上ご臨席賜りますようお願い申し上げます。
まずは略式ながら書中にてご案内申し上げます。 再拝

  令和元年 初夏

発 起 人         
     
かんねの会会長  金山 英植
無門塾塾長    篠原 秀嗣
拳栄会館館長   梁井 俊男
白蓮会館佐賀道場 内山  健
白蓮会館福岡道場 太田 貴幸
白蓮会館唐津道場 藤井 雅夫



 九州地区白蓮会館開設二十周年祝賀会

   日時 令和元年6月16日(日)18時半〜
   会場 ザ・ゼニス 佐賀市本庄町大字袋384-1
   会費 10000円(中高生4000円、小学生3000円)

出席をご希望の方は、白蓮会館九州地区各道場事務局または直接大野までご連絡ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

6月16日(日)佐賀県立総合体育館にて開催される、白蓮会館九州本部主催・ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会のトーナメントが完成しました。
56226087_512090939317571_7442058290986483712_n

万一、重大なミス(出場階級が違う、申し込んだのにエントリーされていない、昨年も同じ対戦相手だった、同一流派同士が近過ぎる、身長・体重、漢字の間違いなど)があれば、遠慮なくご指摘ください。

上記の場合のみ、組み合わせの変更いたします。
以前、別の大会で過去に対戦したことがあるといった理由での組み合わせ変更は認めません。悪しからずご了承ください。

今回は新人戦の部です。


【 重要 】6.16九州大会についてのお知らせ

各流派に送付した案内の中で5点の追加変更がありますのでご連絡いたします。


⬛︎JAC本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーについて

広く九州地区の選手に出場権を得る機会を増やすため、すでにジャパンアスリートカップ本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーはご遠慮ください。なお、出場申込み以降に本選出場権を獲得した選手の本大会への出場は可能です。


⬛︎一般部選手権の部の試合時間について

一般部の試合時間は
新人戦の部、および選手権の部の壮年クラス
本戦2分・延長1分(決勝戦のみ再延長戦1分)
選手権の部のクラス番号10の一般男女の部
本戦2分・延長2分(決勝戦のみ再延長戦2分)
となっております。案内には全て新人戦の部の時間で書いております。選手権の部に出場の方はよろしくお願い申し上げます。


⬛︎年少部決勝戦のヘッドガードについて

ジャパンアスリートカップ本選大会に準じ、年少部決勝戦では、表情を見やすくし、実戦臨場感を上げるためにヘッドガードの着用を自由とします。


⬛︎上段膝蹴りについて

上段膝蹴りが有効であるクラスは、選手権の部の壮年・一般の全クラスです。それ以外のクラスにおいては反則となりますのでご注意ください。


⬛︎大会会場について

本年の会場は【 佐賀県立総合体育館 】です。一部ポスターに別の会場名が表記されたものがありましたので訂正いたします。


以上5点、各流派の先生方にご案内申し上げます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。



幼年の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.00.07






小学1年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.00.24














小学2年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.12.32























小学3年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 12.56.57





















小学4年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-06 16.26.39

小学3・4年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-06-06 16.27.38

小学5年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.25.22

















小学6年生の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.26.09












小学5・6年生女子の部
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
※この写真はトーナメントになっていますが、実際は三ツ巴総当たりリーグ戦になります。
スクリーンショット 2019-05-31 11.31.04








中学生軽量級
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.34.15







中学生重量級
試合時間:本戦1分30秒・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
※この写真はトーナメントになっていますが、実際は三ツ巴総当たりリーグ戦になります。
スクリーンショット 2019-05-31 11.35.17








青壮年無差別
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.36.03






壮年無差別
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.37.35






一般女子無差別
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.38.20







一般男子軽量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.39.12












一般男子重量級
試合時間:本戦2分・延長戦1分(決勝戦のみ再延長戦1分)上段膝蹴りは反則
スクリーンショット 2019-05-31 11.39.49










万一、重大なミス(出場階級が違う、申し込んだのにエントリーされていない、昨年も同じ対戦相手だった、同一流派同士が近過ぎる、身長・体重、漢字の間違いなど)があれば、遠慮なくご指摘ください。

上記の場合のみ、組み合わせの変更いたします。
以前、別の大会で過去に対戦したことがあるといった理由での組み合わせ変更は認めません。悪しからずご了承ください。



【 重要 】6.16九州大会についてのお知らせ

各流派に送付した案内の中で5点の追加変更がありますのでご連絡いたします。


⬛︎JAC本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーについて

広く九州地区の選手に出場権を得る機会を増やすため、すでにジャパンアスリートカップ本選大会の出場権を獲得している選手のエントリーはご遠慮ください。なお、出場申込み以降に本選出場権を獲得した選手の本大会への出場は可能です。


⬛︎一般部選手権の部の試合時間について

一般部の試合時間は
新人戦の部、および選手権の部の壮年クラス
本戦2分・延長1分(決勝戦のみ再延長戦1分)
選手権の部のクラス番号10の一般男女の部
本戦2分・延長2分(決勝戦のみ再延長戦2分)
となっております。案内には全て新人戦の部の時間で書いております。選手権の部に出場の方はよろしくお願い申し上げます。


⬛︎年少部決勝戦のヘッドガードについて

ジャパンアスリートカップ本選大会に準じ、年少部決勝戦では、表情を見やすくし、実戦臨場感を上げるためにヘッドガードの着用を自由とします。


⬛︎上段膝蹴りについて

上段膝蹴りが有効であるクラスは、選手権の部の壮年・一般の全クラスです。それ以外のクラスにおいては反則となりますのでご注意ください。


⬛︎大会会場について

本年の会場は【 佐賀県立総合体育館 】です。一部ポスターに別の会場名が表記されたものがありましたので訂正いたします。


以上5点、各流派の先生方にご案内申し上げます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。






【 白蓮会館 福岡道場 】092-852-1488 
福岡道場


【 白蓮会館 佐賀道場 】0952-34-4151 
トップ一人ひとり


【 日蓮宗仙道山勝嚴寺 】0952-72-2788
IMG_5241

肉食をやめて半年が過ぎました。

いろんな方から
『どう?何か変わった?』
との質問を受けます。

なにかひとつくらい、ココが変わった!とか言いたいのですが、特に何も変わりません。

ただひとつ気になることがありまして、ちょうど肉食をやめたあたりから、あからさまにカラダが固くなってます。
昨年、いつもマッサージをしてくれる福岡道場生の高山拳士から『70秒ストレッチ』というものを教えてもらって、現役の頃の柔軟性を取り返し喜んでいた矢先のこと。
いま絶望的に固い。

肉食と関連があるのか。
それとも偶然か。

何を馬鹿なことを、と思われた方もいらっしゃいましょうが、いや、これがね、わたくし職業として毎日ストレッチをしているわけですよ。
しかも、大勢の人に見られながら。

年少部と一般部でそれぞれ柔軟体操をやりますから1日2回。それを週5日。

日課であり、さらに全道場生の前で見本を見せなきゃならないから手抜きできないわけです。

という事情で、わたくしは日々の自分のカラダの柔らかさに非常に敏感です。


ちなみに『70秒ストレッチ』とは、読んで字のごとく70秒間のストレッチをやる。
どうやら筋肉といいますか、筋肉を包む硬膜といいますか、それらは1分くらい引っ張られてから伸び始めるという性質があるらしく、通常なら静止10秒くらいですが、それを思い切って70秒に延ばしてみたら、これがみるみる柔らかくなり、わたくしだけではありません。道場生みんなです。めちゃめちゃ効果がありました。
現役の時みたいに両脚開脚して前屈し、胸が床につくレベルまで回復しました。

それが1年くらい前。

12月から肉をやめました。

12月くらいからカラダが固いんです。

開脚して、床に肘がつかない。

これまでこんなことはなかった。
30分くらい時間をかければ一応床に胸がつくようにはなります。でも、年少部に新入会があったり、見学者が来たりした時なんか、あらかじめ自分のストレッチに30分もかけていられない。

そしたら、固いんです。

これはマズイ。
道場の正面で指導しているのは、開脚して肘がつかない先生。
そのせいで入会を取りやめられたらどうしよう。
ひょっとしてこれは肉を食べていないからなのか。
偶然かもしれませんが、毎日同じことの繰り返しの中で突然カラダが固くなるもっともらしい理由がほかに思い当たらない。


『肉食をやめる カラダが固い』

などの検索ワードで調べてみました。

出てくるのは、ほとんどが『ヨガ』関連。
世間で肉を食べない種族というのはほとんど格闘技界には生息しておらず、だいたいヨガ業界に集まってます。

ヨガ = 柔軟体操

こんなイメージすらありますね。

しかし、調べても調べても、ヨガ業界の人の記事は、肉食をやめることに対してほぼ肯定的な記事ばかりで、肉食やめることとカラダが固くなることの関連性を述べた記事はひとつも見当たりませんでした。

全くもって、今の段階では仮説でしかありませんが、わたくしは肉食をやめるとカラダが固くなるのではないかと、自身の体験から考えています。

で、他の症例が欲しいわけです。
ほんとのところはどうなのか。

毎日(またはそれに近い頻度で)ストレッチをしている人が、ある日を境に肉食をやめて、自分のカラダの柔軟性に変化を感じたかどうか。

どなたか体験なさった方、もしくはこれから自分のカラダで実験してもいいよ、という方、ぜひレポートお願いします。

そんな人を知ってるよ、という方も歓迎です。

現在のわたくし、開脚してすぐには片方の肘すら床につきません。
アゴが床につくまでに必要なストレッチの所要時間は約20分です。
なんとかしたい。

どうかよろしくお願い申し上げます。



↓こちらは先月佐嘉神社で演武をして、御祈祷を受けた後の記念写真。
IMG_5901

カラダが固くてもできることを頑張ろうっと。



【 白蓮会館 福岡道場 】092-852-1488 
福岡道場


【 白蓮会館 佐賀道場 】0952-34-4151 
トップ一人ひとり


【 日蓮宗仙道山勝嚴寺 】0952-72-2788
IMG_5241


↑このページのトップヘ