【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・唐津・福岡) ならびに 佐賀県日蓮宗勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・墓地購入/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・唐津・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

五戒

いつまでできるかわかりませんが、お酒をやめてみようかと考えてます。

先日、正道会館甲斐道場の道場開き式典があって、光栄なことに、その法要の導師をわたくしが務めさせていただきました。
image

その席で、とある来賓の方に、とにかく素晴らしい式典だったと過分に褒めていただいたのですが、
『お坊さんだから、もちろんお酒は飲んでないですよね?』
と訊かれ、返答に窮しました。


厳密に言うと、佛の弟子はお酒を飲んではならないのです。
僧侶とは、佛の弟子の中でも指導的立場にある者を指しますので、男性僧侶(比丘)は実に250の戒(決まり)を、女性僧侶(比丘尼)は300の戒を守らなければなりません。

わたくしは僧侶のくせに、その詳しい内容は知りません。
もし知ってても現代の日本社会では250の戒なんて守れません。わたくしだけではありません。誰1人守れません。

そのいくつかの例を挙げれば、托鉢(乞食)でしかものを食べてはいけないとか、地面の上で布団を使わず寝ろ、とか、所有物はお茶碗ひとつと服2枚に抑えろ、とか。
こんなレベルの決まりが250もあって、とてもじゃないが実践はできません。

おそらく日本中の僧侶全員に、250の戒の実践行動はありません。
だから本当はもっと反省しなければなりません。


僧侶じゃない普通の人は、とりあえずたった5つの戒を守れば良いのです。それが『五戒』です。

五戒とは、

1.不殺生(ふせっしょう)殺すなかれ
2.不偸盗(ふちゅうとう)盗むなかれ
3.不邪婬(ふじゃいん)不倫するなかれ
4.不妄語(ふもうご)嘘をつくなかれ
5.不飲酒(ふおんじゅ)酒を飲むなかれ

の5つです。

これなら簡単です。

しかしよくよく内容を吟味してみると、実はこれまた不可能なのです。

例えば1.の殺すなかれ、ですが、確かに人間を殺す人は極めて少数でしょうが、そんな法律みたいな意味ではない。
すべての命を殺してはならないから、当然ゴキブリも蚊もダメです。草むしりもダメです。

自分が直接手を下さずとも、それを他人にさせてもダメです。
だから皆様が生きていく上で誰かに料理をさせてそれを食べる、これもダメです。

じゃあ、死ねってか?

いや、自殺もダメです。
それはあなたという命を奪うことになるから、あなたには生きてもらわないといけない。

しかし、生きていくためには別の命の犠牲の上に自らの命を生きながらえていくしかない。絶対に両立はできません。

なんもできません。

そう。

できなくていいのです。

それが佛の教えです。

佛教は、自分が戒を破るたびに、自分がいかに無力であるかを知ることも目的のひとつなのです。
だから戒を授けられたら、そこから毎日大変です。今まで当たり前のようにやってたことが突然に罪になります。
そうやって、毎日戒を守れないことを懺悔しながら生きていくしかないのです。


佛勅は法律よりもはるかに厳しい。
法律は、まぁ普通にしてれば誰にだって守れます。
それにひきかえ、佛との約束ははっきり言ってどれも実践不可能なものばかり。


みっつ目の『不倫するなかれ』ですが、これも法律的な不倫を指してるわけではなく、手を出さずとも、頭の中でちょっといやらしいことを妄想するだけでもダメです。

果たして、こんな決まりを守れる男子がこの世に存在するのだろうかと思いますが、だからこそ極力、過ちが起きにくいように、比丘は女性のいるところに近寄ってはいけないし、髪の毛を剃ったりして、一切のおしゃれもしてはならないのです。

そして、その戒を破ったら再び懺悔です。
懺悔して、おのれの罪深さをイヤというほど思い知ることに意味があるのです。


しかし、現代の日本は、もはや『破戒』ではなく『無戒』の時代です。
『破戒』とは読んで字のごとく、戒を破ること。
『無戒』とは、はなから戒を持たないこと。

守ろうと努めて、結果戒を破るのではなく、どうせ守れないから最初から戒なんてあってもなくてもいいじゃん、という態度です。
だから懺悔もない。
懺悔がないから魂の向上がない。

だから勝嚴寺では授戒をします。
戒を持たないと精進がないからです。

釈尊在世の時代は、在家信者ですら五戒を守っていた。
そこで勝嚴寺では、五戒以外のところで、三毒と言われる3つの心の衝動、行動を慎もうではないかと、わたくしも含めて檀信徒の皆様と励行しているのですが、やはりそれでも実際のところ不可能です。

三毒とは

1.貪(とん)むさぼりの心
2.瞋(しん)怒りの心
3.痴(ち)正しい道を求めない心

です。これを慎むよう心掛けるわけです。

例えば一番わかりやすい『怒らない』だけをひとつ取ってみても、2日くらいならギリギリ実践できます。
しかし、1週間となれば絶望的に難しい。

しかし、それでも良いのです。
三歩あるいて二歩さがる、そんな気の長い旅路が佛道で、果てしない無上道の途中には、そんなこともあるさと思い直してまた歩くしかない。


で、その来賓の方に
『酒は飲んでないでしょうね?』
と尋ねられ、返事に困りました。


いや、実は普通に飲みます。
ただ言い訳させてもらうと、そんなに好きな方ではありません。
飲まないでも平気ですが、日々の暮らしの中では付き合いもありますし、その場の雰囲気を壊さない程度にたしなみます。
あと、よく珍しいお酒を頂戴することがあります。せっかくいただいたものですから、もちろん飲むようにしてます。

だから、わたしはお酒は飲みません、と断言はできません。
だいたい平均して週1〜2回は飲んでます。


そしたらその方から笑って言われました。
『お釈迦さまが五戒の中でお酒を禁止されているんだから、量が少ないとかじゃなく、一滴も飲んじゃダメでしょう。お坊さんなんだからお願いしますよ』。

イタいとこを突くなぁ。


現代日本で、酒は悪ではない。
だからみんな飲む。坊さんも飲む。

五戒を改めて見直してみると、
1.殺すなかれ
2.盗むなかれ
3.不倫するなかれ
4.嘘をつくなかれ
ですが、この1〜4までは自然悪で、言わばどこの国や地方でも、いつの時代でも、だいたい罪だとされるものばかりです。



ところが5.酒を飲むなかれ、とは何なのだ。

酒はほとんどの国や時代で合法です。

だからと言うわけか、日本の仏教界でも飲酒はなんとなく容認されていますけれども、釈尊が直々に、しかも200も300もある戒の中から、とっておき、減らしに減らして、たった5つまで厳選した戒の中に勝ち残って存在しているわけですよ。


これは何か意味があるに違いない。


そう思いながらわたくしは今までなんとなく酒を飲んできました。


そんなわたくし、その方に酒をやめろと強く勧められた。

えー?無理ですよー、と笑ってやり過ごしたら、後日、その方から電話がかかってきて、再び
『大野先生、お願いだから酒をやめてくださいね』
と重ねて言われた。


これはいずれかの諸天善神からのお言葉に違いない。



先ほど触れなかった五戒の中の
『嘘をつくな』
と言われても、これなんてもう絶対不可能です。約束守って、良くて数時間です。

『盗むな』
これはできそうですが、人の貴重な時間を奪ったとか、その他、他人の大事にしている形のないものを壊すことを全て盗みと定義されるなら、こちらもおそらく不可能です。


どれもこれも実行不可能な戒ばかりの中で


『酒を飲むな』。


よく考えたら、これだけが今日から死ぬまで実践できる、佛との唯一の約束なのではないか。


なるほど。

佛の説の如く修行すべし。

ようやく功徳甚多、初めてわたくしは佛との約束が守れるかもしれないと、今まで理念だけだった遠い世界が、にわかに臨場感を帯びてきました。



なーんてカッコつけたこと抜かしましたが、まだまだ今日で禁酒10日目。
わたくしが日本人男性の平均寿命を全うするまであと約40年あります。40年の旅路のまだ10日目です。それにしても長い旅に出てしまいました。
もしわたくしが酒を飲んでいるところを目撃なさったら遠慮なく、飲酒と嘘つきのふたつの罪で閻魔大王に通報してくだされ。




image

image


黒帯の条件

黒帯とは、もちろんその所属する道場が課す昇段科目を修得している、というのが条件ですが、それは当たり前のこと。

逆に言えば、空手以外のなんらかのスポーツをやってた人など、やたらポテンシャルの高い人が、1ヶ月くらい昇段科目だけを詰めてやり込めばすっかりできてしまう場合もあるかもしれません。しかし、それができたからと言って安易に黒帯を授けていいのかと言えば、やはり違和感があります。


例えば書道の場合、美しい文字を書くのが目標ではありましょうが、美しいと言われるお手本の文字を寸分違わずトレースする技術を磨いているわけではありません。
そういう能力に長けた人を書道の名人と呼ぶのかと言えば、絶対そうではない。そのお手本はあくまで数ある選択肢のひとつであり、もしそのお手本とされる文字だけが絶対ならば、活版印刷は達人です。書くたびに文字が微妙に違うなどというアナログな事故は起きないし、文字列が曲がることも起きない。

初心の者に対しては、お手本と呼ばれるものを模範として、ある程度それに近い作品を仕上げることを求められているのは事実です。この書道に於ける最低限の模写の能力が、言わば空手に於ける昇段科目修得みたいなもので、こういう技術・能力は黒帯としての必須の条件ではあるが、充分条件ではない。

では、それ以外の黒帯の条件とは何か。

このことを言ったわたくし本人はすっかり忘れていたのですが、先日、白蓮会館九州本部の有段者だけで懇親会をした席で、次に誰を昇段させるかの話になった時に、黒帯にする際の主観的な基準を思い出したのでここに書き留めておきます。



かなり昔、とある人に、ウチの道場生Aをそろそろ黒帯にしませんかと言われ、その場でその提案を跳ね返したことがあります。

『えー。Aが黒帯?まだダメだよ』

『なぜですか?Aはひと通りなんでもできるし、経験年数もそこそこですが』

『だってAはさ、日々の暮らしの中で空手の優先順位を一番にしたことないもん』

わたくしは別に、空手の為に融通の利かない仕事を辞めろとか理解のない嫁と離婚しろなどとは言いません。
しかし、その自分の生活のフレームの中での空手の順位が低い人には黒帯は渡せない。

黒帯は、空手をただの習い事のひとつだと捉えていてはいけないと思います。
試合で勝つ為に、どうすれば勝てるかを必死で考え、道場の稽古に行く為に残業を断って職場の同僚に迷惑を掛けながらも道場に行く。そして翌日、空手の稽古のために開けた仕事の穴を必死に埋める。道場の稽古のない日は自主トレをしたり、出稽古に行ったりしてみる。
せっかくの休日も空手の練習に充てる。

ヒマさえあればその時間を空手に使うのです。
いや。生活の中にヒマを捻出してその時間を空手に使うのです。

そう。生活の優先順位の一番が空手なのだという日々を送ったことがあるかどうか。



てなことを当時わたくしは言ったらしく、わたくしは忘れていたのにウチの有段者は良くそれを覚えていて、
『いや。やっぱ黒帯の条件って常にそこでしょ』
と言っておりました。

わたくしは支部長ですから、なんやかんやもう25年も空手を続けております。
だからと言って他に仕事をお持ちの道場生に
『おまえも空手が一番という生活を5年以上やれ』
とは言いません。
過去の実績のある名選手でも、現在引退して全く空手と関わっていない人もたくさんいらっしゃる。

期間はそんなに長くなくてもいいのです。
ただ、振り返って、あの頃はとにかく空手一筋だったなぁと思える生活を全く経験したことない人が、いったい空手の何を後進に伝えられるだろうか。

あなたの空手人生に、全力で空手に打ち込んだ、強くなることに全てを捧げた、そんな輝くような瞬間があったかどうか。
白蓮会館九州本部では、昇段審査の受験を許可する際、
『あなたの人生で空手が一番大切だったことはあるか』
を評価したいと思います。


スポーツと武道の違い、という議論され尽くした議論がありますが、わたくしが思うに武道というものは、何かの修得の為に試行錯誤するという過程そのものを目的にしているのではないかと考えております。

仕事もスポーツも極力無駄を省く。
普通はなんでも、できるだけ短距離、短時間で目的地にゴールすることが求められます。

しかし武道では、その無駄を敢えて経験することすらも価値がある。

だから『道』が付いてるのでしょう。
ゴールすることが目的ではない。
ゴールを目指して道を歩むことそのものが目的だから、歩かずにゴールしても武道としてはあまり意味がない。
挑戦して失敗して、それで反省して、対策を打ってまた挑戦する。

武道とはそういうものだと思っています。
image

稽古時間変更のお知らせ

2017年4月から、白蓮会館福岡道場・佐賀道場の稽古時間が変わります。下記の通り、年少部は基本練習と強化練習の区別をなくし、そのぶん20分早く終わります。また一般部は、開始終了時刻ともに30分早くなります。

 敘少部】
 (現 行)
基本練習18:00〜19:00
強化練習19:20〜19:50
   ↓
 (変更後)
18:00〜19:30

◆攬貳棉堯
 (現 行)
20:30〜22:00
   ↓
 (変更後)
20:00〜21:30

ます。なお、稽古の曜日に変更はありません。
道場生の皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
image



2017年度白蓮会館九州本部年間予定

※随時追記していきます

2017年


3月19日(日)
・イオンみんなのフェスタ演武(イオンマリナタウン福岡)

3月25日(土)
・有段者懇親会(勝嚴寺)

3月26日(日)
・九州地区春期研修会ならびに昇級審査(白蓮会館佐賀道場)

4月9日(日)
・空手新人戦トーナメント交流試合(久留米市明星中学校)
・九州空手祭SpringCup(岡垣サンリーアイ)

4月11日(火)
・日峰さんお祭りステージ子ども演武(佐嘉神社)

4月23日(日)
・火の国カップ全九州親善大会(宇城市松橋総合体育文化センター)

4月29日(土)
・北部九州地区スパーリング交流会(王丸道場)

4月30日(日)
・国際正道甲斐道場オープン式(正道会館甲斐道場)

5月13〜14日(土・日)
・JFKO全日本空手道選手権大会(大阪府立体育会館)

5月14日(日)
・統一全日本空手道選手権大会(別府アリーナ)

5月28日(日)
・白蓮会館全沖縄空手道選手権大会(宜野湾市総合体育館)

6月18日(日)
白蓮会館九州本部主催ファイティングオープントーナメント 全九州空手道選手権大会(佐賀大和勤労者体育センター)

7月上旬
・白蓮会館全関東空手道選手権大会(会場未定)
・拳栄会館すみか杯ジュニア空手道大会(鳥栖市民体育館)

7月30日(日)
・白蓮会館全日本ジュニア空手道選手権大会(大阪府立体育会館)

7月下旬
・日蓮宗少年少女行学道場(子供キャンプ・佐賀県内キャンプ場)
・九州地区夏期研修会ならびに昇級審査(白蓮会館唐津道場)

8月上旬
・北部九州地区スパーリング交流会(白蓮会館福岡道場)

8月下旬
・龍士會空手道選手権大会
・新極真会福岡県空手道選手権大会(福岡国際センター)

9月3日(日)
・白蓮会館北海道空手道選手権大会(札幌市中島体育センター)

9月(詳細日程未定)
・黎明塾周防灘杯空手道選手権大会(行橋市民体育館)

10月29日(日)
・闘心会武心杯空手道選手権大会(若松武道館)

10月(詳細日程未定)
・日峰さんお祭りステージ子ども演武(佐嘉神社)

11月上旬
・福岡大学学園祭お祭りキッズステージ(福岡大学)

11月中旬
・九州地区秋期研修会ならびに昇級審査(白蓮会館福岡道場)

11月13日(日)
・白蓮会館全日本空手道選手権大会(大阪府立体育会館)

12月上旬
・白蓮会館全関西空手道選手権大会(大阪府立体育会館第二競技場)
・一進会西日本空手道選手権大会(別府アリーナ)

12月中旬
・井上道場ウィンターズカップ

2018年

1月6日(土)
・有段者新年会(勝嚴寺)

1月(詳細日程未定)
・北部九州地区各流派スパーリング交流会(会場未定)

2月12日(月・祝)
WKOジャパンアスリートカップ(大阪府立体育館)

e6faef82-s


header

白蓮会館主催・ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会の御案内

合掌 雨水の候、関係各位におかれましてはますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
われわれ白蓮会館九州本部は、これまで2005年より計12回の九州空手道大会を開催、無事成功することができました。これもひとえに貴道場はじめ皆様方の御支援、御協力の賜と、心より厚く感謝申し上げます。

 本大会は、その名の通り九州から全日本を目指す選手を育成することを主眼に据えたトーナメントであり、特に、本年度の選手権の部の一般男子ベスト4、および選手権の部の一般女子決勝進出者が、2017年11月12日に大阪府立体育会館にて開催される
【 ファイティングオープントーナメント全日本空手道選手権大会 】
の九州地区代表選手に、

また選手権の部の中学生以下の全クラスの優勝者が、2018年2月12日に大阪府立体育会館にて開催される
【 WKOジャパンアスリートカップ 】
の九州地区代表選手に認定されるため、例年以上の熱い戦いが繰り広げられることでしょう。

この大会から未来の日本の格闘技界を担う人材が出現することを願ってやみません。
大会の趣旨・ルール等充分ご理解の上、参加して頂きたく、謹んでご案内申し上げます。
なお、皆様の交流団体にも広くお声をかけていただければ幸いでございます。再拝

13回ポスターpng


白蓮会館主催
ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会

大会実施要項



■日時
2017年6月18日(日) 9:00受付開始 10:00開会式 10:30試合開始

■会場
大和勤労者体育センター
(佐賀市大和町川上3294 TEL:0952-62−3491)

■出場資格
A.選手権
下記´↓い両魴錣里Δ繊△い困譴を満たす者に限る。
ヽ篤讃豌馭匹砲いて段位を認可された者
⇔派内交流試合、および初級者を対象とした新人戦において、過去2年以内に決勝進出経験のある者
出場者8名以上の各種オープントーナメントにおいて、過去2年以内に入賞経験のある者
ち抜を経なければ出場できない各種全日本選手権において、過去2年以内に予選を突破したことの
ある者

B.新人戦
過去2年以内に各種大会において入賞経験のない一級以下の男女(有段者は不可)

■出場階級
こちら(ご不明な点があれば主催者までお問い合わせください)

■服装
ヽ椴会派の指定する清潔な空手道着を着用すること。
⊇子選手のみTシャツを着用可。
4禧世涼緲僂鷲垈帖
ぅ團▲后¬喟をしての出場は禁止。

■プロテクター
.僖鵐船鵐哀哀蹇璽屐瞥椎・小学生・中学生は拳サポーター)
▲汽檗璽拭璽譽奪
I┘汽檗璽拭次幣学生以下は着用自由)
ぅ侫 璽襯ップ(女性はアンダーガード)
ゥ悒奪疋ード
A.|羈慇鍵焚爾侶サポーター、◆Ν・い漏銅持参すること。
B.^貳命型佑離僖鵐船鵐哀哀蹇璽屐△よびイ麓膾甜圓用意する。
C.女子のチェストガードとアンダーガードは任意とし,着用する選手は各自持参すること。
D.試合開始時に規定のプロテクターを未装着の場合は失格とする。
E.極端に薄いものは不可

■審査規約
〜伴蟷間…本大会の組手時間は、高校生以上1試合2分、中学生以下は1試合1分30秒とする。
延長、再延長は1分。なお再延長戦は決勝戦のみ行う。
延長戦はマストシステムで勝敗を判定する。

▲廛蹈謄ター…新人戦および年少・女子・壮年部は安全性を第一に考え、プロテクター着用を義務づける。
※プロテクター着用規定はこちら

M効技
A.手による顔面、金的以外の攻撃はすべて有効。
B.金的、膝による上段以外の足による攻撃はすべて有効。
C.高校生以上の選手権各クラスにおける上段への膝蹴りは有効。

と紳У
A.頭突き、手、肘による顔面攻撃
B.金的、ダウンした相手を攻撃、背後からの攻撃
C.新人の部、および選手権の中学生以下の各クラスにおける上段への膝蹴り
D.相手をつかんだり投げたりすること
反則は悪質なものをのぞいて注意が与えられ、注意2で減点1、減点2で失格となる。

ゾ’
勝敗の判定基準は一本勝ち、技有りの有無(2つで合わせ一本勝ちとなる)優勢判定勝ち、反則ないし失格により判定される。
尚、審判長の裁可によりドクターストップ、試合中止もあり得る。

■出場方法
所定の申込書(選手個人用の申込書のほかに、道場代表者用の申込書が一通あります)に必要事項をすべて記入捺印し、参加費と一緒に道場単位で現金書留にて事務局へ郵送してください。

■参加費
5,000円(昼食はありません)

■申し込み締め切り
2017年5月7日(日)必着


■大会事務局
〒814-0104 福岡市城南区別府4丁目4-11 白蓮会館九州本部  TEL & FAX 092-852-1488


■その他
・出場選手は申込者本人とし、代理人は一切認めません。

・各道場ごとに必ずスポーツ保険に加入しておいてください。スポーツ保険未加入者の出場はできません。

・ゼッケンは当日、受付にて配布致します。

・トーナメントは、原則的にゼッケン番号の若い方から体格の小さい選手〜大きな選手の順に組まれます。

・過去の実績の大きい選手から優先的にシード権を与えます。入賞歴はできるだけ詳しく記入してください。

・身長、体重等の記入事項が実際と著しく相違する場合は、減点や失格となる場合があります。

・トーナメント出場者数が少数の場合、4名まではトーナメント形式、3名の場合は総当たりリーグ戦、2名以下の場合は他の階級に統合します。

・3名のリーグ戦において、2者とも1勝1敗だった場合は獲得旗数の合計、旗数で同数の場合は体重の軽い方から順位を付けます。

・2名以下で試合が組めない場合、申し込み締切日から一週間以内に主催者から所属道場代表者に連絡します。選手本人が他の階級との統合を承認しない場合、大会終了後に出場費を道場代表者に返還します。

・その他、主催者の都合によらない選手の不参加の場合には出場費は返還されません。

・白蓮会館主催の大会では、毛染め・ピアス等大会の趣旨にそぐわない身形をしていた場合、出場をお断りしますのでご注意下さい。

・テーピング・鼻腔拡張テープの使用は自由です。

・体重制限のあるクラスに出場の選手は、前日の18〜20時まで、もしくは当日開会式までに計量を通過しなければ失格になります。

・各トーナメントの上位4名を表彰します。なお、全階級とも3位決定戦は行いません。また、7名以下のクラスは準優勝まで、3名のリーグ戦は優勝者のみの表彰となります。

・大会当日会場にて撮影された出場選手の写真および入賞者の氏名が、白蓮会館発行の機関誌、関連ウェブサイト等に掲載される場合があります。あらかじめご了承ください。   

自然の智恵、佛の智恵

2月10日は日蓮宗大荒行堂が終わり、100日の荒行を終えた修行僧が再び娑婆世界に戻ってくる日です(わたくしの誕生日でもあります)。

日蓮宗大荒行堂の修行日課は、極端に短い睡眠時間と食事制限の中で寒水を浴し、長時間の読経をすることが中心で、それはそれは肉体的に苦しい修行なのですが、時折それを他宗派の方から
『釈尊は苦行を否定されたのに、釈尊の教えに刃向かうように日蓮宗は大荒行と称して苦行をやっているのはいかがなものか』
と批判されることがあります。


しかし、わたくしはその批判は違うと思う。


わたくしは、この荒行を経験したことで、冬の水は冷たいのだ、腹が減るのは苦しいのだ、ということを初めて知ったのです。

この事実は荒行に行かなかったら今でも知らなかった。

もちろん荒行なんか行かなくても、誰だって冬の水が冷たいことくらいご存知です。
しかし、わたくしは荒行堂で、その極めて当たり前の情報を、大いなる感動を伴って、改めて受け取ったのです。


わたくしは戦中戦後の食糧難の時代を経験しておりませんが、知識としては知っています。
だから、そんな時代を生きてこられたお年寄りに
『へぇー。それはさぞかし大変だったでしょう』
と共感する振りをするだけならいくらでもできます。

しかし逆に、そのお年寄りはわたくしがいくらしかめ顔を作って相槌を打っても、本当に共感してもらっているとは思っていないでしょう。


なぜか。


わたくしには智恵が足りないからです。


日蓮宗大荒行堂の設立の精神はいろいろありますし、ここで修行をしようという僧侶の目的もきっとさまざまです。

わたくしは、そんな日蓮宗大荒行堂でなぜ修行するのかと言えば
『非日常を経験するため』
という重大な目的があると思っております。
非日常の時空の中で、とにかく感動しなければならない。


『知識』と『智恵』は違います。


なんの感動もなく、自分に入ってきた情報は『知識』。
感動を伴って自分に入ってきた情報は『智恵』。

感動といっても、怒り、悲しみ、喜び、痛み、なんでもいいのです。
智恵はやがて生きる力となります。


このところの大規模自然災害で、被災者が避難所での生活を余儀なくされているのは皆様もちろんご存知でしょう。
しかし、それが本当にどれほどまでにつらいものなのか、われわれにはわからない。
われわれが持っているのは、被災者も大変だね、というただの知識です。

しかし被災者は智恵を得た。
身近な人をなくす、財産を失う、故郷を追われるという強い感動を伴って、その辛さがどれほどまでに辛いことかという自然の智恵を得た。

その智恵はただテレビを眺めているだけではわからないのです。


非日常を経験することによって、普通に暮らしているだけでは得られない智恵のかけらを、自然界のいたるところから手に入れることができます。
日常とは、それが日常であるがゆえに感動がない。感動がないから佛の智恵は見えない。

少なくとも荒行堂は、人工的に作られた第一級の非日常の結界時空です。だからそこらじゅうに感動があります。わたくしも、他の修行僧も、少しは結界の時空の中から自然の智恵かけらを持って帰ってこれたのではないかと思っております。

ほんと卑近な例ですが、荒行堂もわずかばかりの期間とはいえ、修行僧の誰もが、全くプライベートのないところで集団で雑魚寝をしながら、暖房器具もない共同生活を経験することにより、テレビを観るだけではわからない、被災者への思いやりの領域が増えたはず。

現代社会に於いては、本当に腹が減る経験はなかなかできません。荒行堂だって断食こそしないまでも、それでも娑婆では経験できなかった空腹の恐ろしさを知った。

朝6時の水行の時の、せいぜい氷点下2度くらいの寒さ、たかだか15分ほどの裸の時間を体験したことにより、先の大戦で海に放り出されて命を落とした海軍の皆様がどれほどまでの苦しみを経験されたのか、シベリアに抑留された日本人の皆様の御労苦がどんなものだったのか、その小さなかけらを得られた


もちろん全てを共感することなんて当事者じゃないと不可能です。

しかし、われわれは自然の智恵のかけらをいただいた。
ゼロにどんなに大きな数字をかけてもゼロのままだったのが、自分の体験が0から1となり、少しの臨場感を持てることによって、その体験につながる話を掛け算することで、その大きさの想像をさせてもらうという入り口に立てます。共感する領域を大きくできるようになるのです。

当事者じゃなきゃわからんなら佛には誰もなれない。
佛の智恵は自然界にバラバラに存在していて、それをありがたくいただいて己の智恵の完成を目指さなければ、ひとつも佛道を歩んでいけない。

佛道の入り口がどこかすら知らなかったら問いかけすらできない。問いかけなしに答えなんてない。答えを求めない世界は愚痴の世界です。

そうやって改めてこの世界を見直してみると、今まで共に暮らしてきた家族も、この我が家も、町も、社会も、また違う景色に変わる。
そうすると、これまでの行いの智恵によって、また新たな問いかけが始まります。本当の学びです。
その問いかけの答えを探すべく、再び修行に励む。
それを繰り返すのが菩提への道。


おそらく釈尊が否定された苦行とは、バラモン教の輪廻転生思想の下、現世で肉体を苦しめることによって罪業を軽くし、来世に少しでも良いステージに生まれ変わるための苦行であり、そんな修行は無意味だと断ぜられたのではないでしょうか。
わたくしの知る限り、日蓮宗大荒行堂で来世もっといいところに転生しますように、という目的で修行しに来ている僧侶はいません。

我々僧侶は、いや、別に僧侶には限りませんが、我々佛弟子は、常に『行』『学』の二道に励まねばなりません。

『学』がなければ問いかけが始まらない。

『行』だけを重ねても、問いかけがなければ感動がない。

知識という言葉に似ているために錯覚されやすいのですが、『学』によって智恵が完成するのかと言えば、そうではない。必ず『行』があり、知識と、感動体験のふたつが揃って初めて『智恵』がようやくひとつ完成するのです。
荒行の期間だけでなく、日々昼夜常精進です。

image










乱闘とテロ行為

先日、とある空手の試合会場にて、リングの上で乱闘が起きました。

現場にいなかったウチの指導員に、最終的な結果を伏せて、その時の状況を説明しました。

あなたならどうするか。
皆様もお考えください。

片方の選手(外人選手)が反則行為を重ね、減点を取られました。
実戦空手の試合において減点を取られるということは、99%の確率で勝てない(残り時間でダウンを取らないと絶対に負ける)ということです。

時間がきて、判定になります。
まぁ、減点を取られた選手の負けです。

で、判定の最中に、負けの確定した選手が相手に歩み寄り、まさかのいきなりハイキック。続けてパンチを連打しながら猛然と突っかかって行ったのです。

やられた選手は状況が一瞬飲み込めなかったのでしょう。わずか数秒、いや1秒くらいでしょうか、すぐには反撃できません。
副審が一斉に飛び掛かります。
セコンドもリングに駆け上がります。
その他の関係者も駆け上がります。
3〜40人はいたでしょうか。開会式の時くらいの人数はいました。
リングの上では揉みくちゃで殴り合いが起きます。


で、考えてください。


あなたが大会主催者なら、判定の間に相手に殴りかかったその選手にどのような処分をしますか?


ウチの指導員は答えました。
『うーん。ま、とりあえずは退場処分やろーねぇ』。


ですよねぇ?


皆様のお考えはいかがでしょう。

とりあえずは退場にするのが適当ではないかと思われますが、今回の事件は悪質です。それだけでは済まされません。
その後、他団体であってもたとえば今後この大会には出場を断るとか、もしくは出場停止期間2年とかにはするでしょう。
はたまた同じ流派なら、内部処分として謹慎数ヶ月とか、それどころか、今回は破門すらもあり得るくらいの暴挙です。


で、この乱闘騒ぎのあと、どうなったかと言えば


image



1時間半の審議(当然その間大会は中断)とあと、なんと判定は無効となり、特別延長戦をやり直すことになったのです。


はぁ?でしょ?


で、これまた後味の悪いことに、試合の結果もひっくり返ってしまったんですね。

その問題の選手と、そのセコンドは大喜び。
会場の外国人もみんなスタンディングオベーション。

この選手は結果準優勝したのですが、聞いた話によると試合後のインタビューでも
『今回は騒ぎを起こしてすまなかった』
『見苦しいところをお見せして申し訳ない』
などの謝罪の言葉も一切なし。


全く自分は悪いと思ってないのです。



で、もし。

同じことを日本人が、しかも他流派の選手がやっても負けた試合を無効にしてくれるのか。

じゃあ、負けたらゴネてみよう。
もう一回延長戦ができるかもしれないよ
ってことになりますな。

まぁ、いくらなんでも日本人選手がそれをやることはないでしょうが、確実に諸外国にナメられてしまいました。


これは、テロ行為です。


この大会はテロに屈したのです。


テロとはなんぞや。

テロの定義をちょこっと調べたのですが、この言葉には100を超える定義があって、一言で説明するのはなかなか難しい。

わたくしがイメージするテロ行為とは、
『相対的に弱い立場にある者が、より強い相手に対して自分の要求を通す目的で、相手の嫌がる行為を不法に行うこと』
だと思っています。

代表的なものに、ハイジャックがあります。

国家という強い相手に自分の要求を飲んでもらうために、相手が嫌がることをする。
国家が嫌がることって何がありますか?
それは何と言っても多数の自国民を殺されること。
だから飛行機を奪い、国民を人質に取り、お前のとこの国民が殺されたくなければ我々の言うことを聞け、という論理で要求を通す。

他にも、近年では世界各地で爆弾テロが頻発しています。
人通りの多い道の車に仕掛けたり、客が多いお店に仕掛けたり、無差別にそこの国民を殺す。

で、これ以上このような悲しい事件を起こされたくなければ我々の意見を聞け、というのがテロ行為です。



日本は平和ですが、テロリストは我々の極めて身近なところにもいます。

たとえば、幼い子供にはテロリストが多い。

なにをいきなり物騒なことを!と思われるかもしれませんが、規模の大小は異なるにせよ、言葉を話せる年齢の子供が公衆の面前で泣きわめく行為の半分は、悲しいという情動からではなく、したたかなテロ行為です。

お菓子売り場、おもちゃ売り場で、親に
『買って!買って』
と要求を通す子供を見かけます。
親がダメよと断ると、いよいよ大声で泣き叫んだりします。
そうすると、親は
『今日だけ特別だからね』
などと言って、子供の要求を飲む。

これがテロリストの手口です。

自分の親はみんなが見ている場所で泣きわめかれたくない、ということを子供は経験的に知っています。
だから、ここでひと芝居打って、親を困らせれば要求が通るんじゃないか、と、とりあえず大声で泣いてみる。

困った親はとうとう
『今日だけ特別だからね』
と釘を刺した上で買ってやる。

子供を黙らせるために、子供の要求を飲んだのです。
テロリストに、テロ行為をやめさせるために、テロリストの要求を飲んだのです。

テロに屈すれば、また同様の事件の再発を生みます。
この子供は、また自分の欲しいものがあれば、大勢の人混みの中で前回と同じように泣き叫びます。このやり方が親に要求を通すためにはかなり有効な手段であることを覚えたからです。



時折、大使館に人質を取って立て籠もったり、YouTubeで処刑の動画を上げたり、この日本に関する、悲しく、ショッキングなテロ事件が起きます。

テロに負けないとは、残酷なようですが、人質の命がどうなろうとテロリストの要求は絶対に飲まない、ということです。
もちろん、人質の命は大切なのは言うまでもありません。
しかし、日本を除く他の国々はテロリストに絶対に屈してはならないということを痛いほど理解しています。
それくらい諸外国は歴史的に手痛い目に遭ってきたのです。


近年では日本国内において銀行強盗はほとんどいません。
確実に失敗するものだから、リスクが高すぎて誰もやらないのです。

他の国々でも、人質を取って立て籠もることも、追い込まれた犯人が最後の最後にそういう抵抗の仕方をする場合もありましょうが、計画的にそんな犯行をする者なんていません。

絶対に失敗するからです。

日本以外の国で人質を取って何らかの要求をしたところで、特別鎮圧部隊に突入され、犯人グループは人質ごと全滅させられてしまう。

だからこそ、近年では無差別爆弾テロなど、犯人が特定されにくい手口に変化してきました。
犯人がいくら人質を取っても、必ず犯行グループは全滅させられるからです。

今後2度と同じような犯行が出てこないように、テロリストは徹底的に叩き潰す。
これが国際的な対テロリズムの基本ルールなのです。


今からまさに殺されようとする人質を目の前にすれば、誰しもテロリストに負けそうになる。
しかし、そんな情緒的な理由でテロリストの要求をいちいち飲んでいたら、翌日から、なんだよ、あのやり方って通用するのかと思われてしまい、次々に同様の事件を誘発し、結果、犠牲者の数はもっともっと増えてしまいます。


今回の大会において、主催者はその外人選手にどんな遠慮があったのか知りません。わざわざ遠くからお金をかけて日本まで来てくれたのを可哀想に思ったからか、これまで空手母国日本の王座を守るために外人選手に酷い判定をし続けてきた贖罪意識か、それとももっと政治的な裏事情があったのか。
しかし、そんな情緒的な理由でルールを超越した行為を許したら、今後の運営が危ぶまれてしまいます。

もし次に他流派の日本人選手が判定中に暴れて、失格になったとします。

その時にその選手は開き直って言えばいい。

どんな理由で僕は失格なのですか?
前回の大会で、今日の僕と同じことをやった選手は再試合ができましたよね?
なんで今日はそれがダメなのですか?
僕にも再試合させてくださいよ、と。

マスコミは
『武道の会場で乱闘という品格に欠ける行為が…』
などと言ってますが、実はそんなことはどうでもいい。
そりゃ乱闘とかわたくしも25年カラテやってて初めて(本当は2回目)ですが、そもそも空手は格闘技。殴り合いでどっちが強いかを決めるのが空手ですから、それも起源を辿ればまぁ、ありえることかもしれない。

この団体は今後、判定を不服として突如相手に殴りかかるような選手を処分するための根拠を失うという、あまりにも重大な禍根を残してしまいました。
無理を通せば道理が引っ込む。
テロに屈した代償はこれから大きくのしかかってくるんじゃないかと、そっちの方が心配です。




【白蓮会館 福岡道場】電話 092−852−1488
e6faef82-s


【白蓮会館 佐賀道場】電話 0952−34−4151
header








初めてお子様を試合に出場させるご父兄の皆様へ

◆試合に出場することにより、下記の経験を得ることができます。
 1.努力する大切さを学ぶ
 2.プレッシャーに打ち勝つ
 3.思いやりの心を育む
 4.仲間の協力に感謝する
 5.成功体験を積み重ね自信をつける、など

◆白蓮会館は通常、手技による顔面攻撃なしの直接打撃制ルール・別名フルコンタクト空手ルールの試合に出場しています。金的、背後への攻撃と、手による顔面攻撃が禁止されていることを除き、突き蹴りを自由に相手の身体へ直接当てていきます。当然同じように相手の反撃を食うことも覚悟して出場してください

◆試合会場には原則、各自で集合します。突発的な事故等でやむを得ず選手を会場に送迎できない場合、本部長に連絡してください。

◆近年、選手の昼食が出ない大会が増えています。会場付近に買い物ができるお店がないことも多いので、あらかじめお弁当など昼食の準備をしておいてください。

◆試合に負けた子供は温かく迎えてあげてください。まれに試合会場で負けた子供を怒鳴りつけたり、殴ったりする親を散見しますが、武道の品格を貶める許されない行為です。絶対にやめてください。

◆時間があるときは、我が子と同じようにできるかぎり道場の仲間も応援してください。

◆白蓮会館道場生の最後の試合が終わった時点で解散式を行います。また、後日道場にて、自分の試合のレポートを全道場生の前で発表してもらいます。

◆格闘技は全身を使った知的ゲームであり、白蓮会館の道場生には、空手を通して、学校教育で軽視されている非言語思考力を鍛えてもらいたいと考えています。

◆選手としての実績は、それが空手界でどんなに素晴らしい成績でも、残念ながら社会ではほとんど評価されません。しかし、試合に挑戦した中で得られた経験により、空手以外の各分野で有益な人材として活躍できると信じています。だからこそご父兄の皆様には、我が子が試合に勝っても奢らないように、試合に負けても腐らないように見守りながら、温かく長い目で応援していただければと思います。
edb9c9e7

この写真は3年くらい前の昇竜門。
明日、初出場の皆さま、しっかり頑張りましょう。



【白蓮会館 福岡道場】電話 092−852−1488
e6faef82-s


【白蓮会館 佐賀道場】電話 0952−34−4151
header









あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
謹んで改春のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
image

今年は丁酉(ひのととり)一白水星。
わたくしの本命星は震宮に廻座しますが歳破がかかります。
力まず、できることを堅実にやっていきます。

もちろん勝嚴寺では年越し水行から新年が始まります。今年も参加者が多かった。
参加者の皆様、各地より勝嚴寺に初詣においでくださり本当にありがとうございます。

image

さて。今年の目標としましては。

ウエイトトレーニングを頑張ろう。
そして少し痩せよう。
もう一度ファスティングにチャレンジようよう。


他にもいろいろありますが、とりあえずその辺が今年の目標です。

どうぞ改めて皆様、よろしくお願い申し上げます!
image

兄が左脚を切断しました

image

ここにきて病状が悪化し、いよいよ切るしかないところまで来たようで、先々月、我が兄龍祥が左脚を膝の下から切断しました。

だいじょうぶです。

本人も、家族も、それをさほど不幸なことだと思ってませんし、新たな気づきを与えていただいた貴重な経験をさせていただいているとむしろ感謝しているほどです。

兄はみずから冗談を言っております。

『足なんて飾りですよ。偉い人にはそれがわからんのです』
image


他の人が言うならけしからん冗談ですが、まぁ、本人の口から申しておりますので。


生きている人のカラダの一部を焼却するってどうすればいいのかご存知でしょうか。
だいたいは切断した病院が、翌日まとめて焼骨に出すらしいのですが、個人でお願いして、それを持って帰ることもできます。

兄は、骨を持って帰ることを希望しました。



自分の身体の一部を焼くとはどんな感覚だろう。

例えば、子供の頃に歯の生え変わりの時、下の歯は屋根に投げろ、上の歯は庭に埋めろ、と親に言われて素直にその通りにしていましたが、実際のところ、自分の歯をそうやって手放すのはちょっと嫌でした。

大人になって、最後の親知らずを抜いた時、これがまた歯の根っこがごっつくて抜歯の際に大いに苦しめられたのが、却って愛着が湧いて捨てずに取っておきました。

そうは言いながら、すぐにどっかに行ってしまったのですけれども。


自治体によって違うのでしょうが、なかなか煩雑な手続きが必要でした。
たまたま焼却の担当をしたのは、兄の小中高の同級生である中島逸郎さん。
image

兄のこんな大事に中島さんが担当になってもらって本当に良かった。

こうやって、特別に木箱を作って
image


そして焼いてもらいました。
image


別に、死んだわけじゃないから悲しくない。
我々の服装も普段着です。
image


しかし、これがまた目立つ。
小さい箱と、父、伯母の3人でしたから、せいぜいペットの死骸でも持ってきたのかというくらいのいでたちです。
バシッとブラックフォーマルでいらっしゃる他の団体からすると、なんだあの変な3人組は?くらいに思われたことでしょう。
(※ちなみに火葬場ではペットの死骸を焼却することはできません。)

中島さんに聞いたところ、人体の一部焼却は少ないものの、流産の場合には普段着、少人数で来られることがあるそうな。

火葬?が済むまで控え室で待ちます。
image

体積が小さいからすぐに呼び出しがありました。
image

骨の数が少ないものだから、これが小指の第一、第二、第三関節ね、とわかります。
でも全部いっしょくたにして骨壺に入れて持って帰りました。



ここでも兄は一言ブラックジョークを。

『さて。一足先に火葬を済ませた』。

うん。確かにふたつの意味で一足先に火葬したね。



現在、兄は佐賀記念病院の329号室に入院しております。
もうすぐリハビリが始まるそうです。
いたって元気ですから、時間があれば遠慮なくお見舞いに行ってやってくださいませ。

image

ちなみに切断面は丸いのかなと思いきや、大根を包丁で切ったみたいに、スパッと断面そのままだそうです。
包帯を外して実物を見たことはありませんが。

時々、兄は、今ではもうない足の、指が痒かったり、痛かったりするそうな。
戦争で手足を失った人の、いまもそこに手足があるような感覚がずっと消えないなどと言いますが、おそらくそんな不思議な感覚がつきまとうのでしょう。

いろいろ障害を抱えることとなりますが、本人も家族もいたって元気です。
どうぞ今後も兄・大野龍祥をよろしくお願い申し上げます。
Contact Me
全九州空手道選手権大会
■大会名称
ファイティング
オープントーナメント
全九州空手道選手権大会



■主催
白蓮会館九州本部
大会実行委員会


■日時
2017年6月18日(日) 
9:00受付開始 
10:00開会式 
10:30試合開始


■会場
大和勤労者体育センター
佐賀市大和町川上3294
TEL:0952-62−3491

■出場資格
A.選手権
下記´↓い両魴錣里Δ繊△い困譴を満たす者に限る。
ヽ篤讃豌馭匹砲いて段位を認可された者
⇔派内交流試合、および初級者を対象とした新人戦において、過去2年以内に決勝進出経験のある者
出場者8名以上の各種オープントーナメントにおいて、過去2年以内に入賞経験のある者
ち抜を経なければ出場できない各種全日本選手権において、過去2年以内に予選を突破したことのある者

B.新人戦
過去2年以内に各種大会において入賞経験のない一級以下の男女(有段者は不可)


■出場階級
出場クラスはこちら
(ご不明な点があれば主催者までお問い合わせください)


■服装
ヽ椴会派の指定する清潔な空手道着を着用すること。
⊇子選手のみTシャツを着用可。
4禧世涼緲僂鷲垈帖
ぅ團▲后¬喟をしての出場は禁止。


■プロテクター
.僖鵐船鵐哀哀蹇璽
(幼年・小学生・中学生は拳サポーター)
▲汽檗璽拭璽譽奪
I┘汽檗璽拭
(小学生以下は着用自由)
ぅ侫 璽襯ップ
(女性はアンダーガード)
ゥ悒奪疋ード

注意
A.|羈慇鍵焚爾侶サポーター、◆Ν・い漏銅持参すること。
B.^貳命型佑離僖鵐船鵐哀哀蹇璽屐△よびイ麓膾甜圓用意する。
C.女子のチェストガードとアンダーガードは任意とし,着用する選手は各自持参すること。
D.試合開始時に規定のプロテクターを未装着の場合は失格とする。
E.極端に薄いものは不可


■審査規約
〜伴蟷間…
本大会の組手時間は
選手権の部
本戦
高校生以上1試合2分
中学生以下は1試合1分30秒
延長、再延長
高校生以上2分
中学生以下1分。

新人戦の部
本戦
高校生以上1試合2分
中学生以下は1試合1分30秒
延長、再延長は1分。
なお再延長戦は決勝戦のみ行う。
延長戦はマストシステムで勝敗を判定する。

▲廛蹈謄ター…新人戦および年少・女子・壮年部は安全性を第一に考え、上記の通りプロテクター着用を義務づける。

M効技
A. 手による顔面、金的以外の攻撃はすべて有効。
B. 金的、膝による上段以外の足による攻撃はすべて有効。
C. 高校生以上の選手権各クラスにおける上段への膝蹴りは有効。

と紳У
A. 頭突き、手、肘による顔面攻撃
B. 金的、ダウンした相手を攻撃、背後からの攻撃
C. 新人の部、および選手権の中学生以下の各クラスにおける上段への膝蹴り
D. 相手をつかんだり投げたりすること(つかみ・引っかけも一切不可)
※反則は悪質なものをのぞいて注意が与えられ、注意2で減点1、減点2で失格となる。

ゾ’
勝敗の判定基準は
一本勝ち
技有りの有無
(2つで合わせ一本勝ちとなる)
優勢判定勝ち
反則ないし失格により判定される。
尚、審判長の裁可によりドクターストップ、試合中止もあり得る。


■出場方法
所定の申込書(選手個人用の申込書のほかに、道場代表者用の申込書が一通あります)に必要事項をすべて記入捺印し、参加費と一緒に道場単位で現金書留にて事務局へ郵送してください。
出場申込書のダウンロードはこちら


■参加費
5,000円
(昼食はありません)


■申し込み締め切り
2017年5月7日(日)必着


■大会事務局
〒814-0104 
福岡市城南区別府4丁目4-11 
「白蓮会館九州本部」  
TEL&FAX 092-852-1488


■ その他
―仂豼手は申込者本人とし、代理人は一切認めません。

∨一の場合に備え、各道場ごとに必ずスポーツ保険に加入しておいてください。スポーツ保険未加入者の出場はできません。

ゼッケンは当日、受付にて配布致します。

ぅ函璽淵瓮鵐箸蓮原則的にゼッケン番号の若い方から、体格の小さい選手〜大きな選手の順に組まれます。

ゲ甬遒亮太咾梁腓い選手から優先的にシード権を与えます。入賞歴はできるだけ詳しく記入してください。

身長、体重等の記入事項が実際と著しく相違する場合は、減点や失格となる場合があります。

Д函璽淵瓮鵐判仂貅埒瑤少数の場合、4名まではトーナメント形式、3名の場合は総当たりリーグ戦、2名以下の場合は他の階級に統合します。

3名のリーグ戦において、2者とも1勝1敗だった場合は獲得旗数の合計、旗数で同数の場合は体重の軽い方から順位を付けます。

2名以下で試合が組めない場合、申し込み締切日から一週間以内に主催者から所属道場代表者に連絡します。選手本人が他の階級との統合を承認しない場合、大会終了後に出場費を道場代表者に返還します。

その他、主催者の都合によらない選手の不参加の場合には出場費は返還されません。

白蓮会館主催の大会では、毛染め・ピアス等大会の趣旨にそぐわない身形をしていた場合、出場をお断りしますのでご注意下さい。

テーピング・鼻腔拡張テープの使用は自由です。

各トーナメントの上位4名を表彰します。なお、全階級とも3位決定戦は行いません。
また、7名以下のクラスは準優勝まで、3名のリーグ戦は優勝者のみの表彰となります。

大会当日会場にて撮影された出場選手の写真および入賞者の氏名が、白蓮会館発行の機関誌、ウェブサイト等に掲載される場合があります。あらかじめご了承ください。 


※本大会は、2018 WKOジャパンアスリートカップ九州地区代表選抜戦に指定されています。

選手権の部の中学生までの各クラスの優勝者は
2018年2月12日(月・祝)に大阪府立体育会館にて開催される
『2018 WKOジャパンアスリートカップ』
の九州地区選抜選手となります。


出場クラス・プロテクター着用規定はこちら

出場申込書のダウンロードはこちら
Twitter プロフィール
筆者紹介
Skype Me
読者の皆様へお知らせ
丙申【 勝嚴寺大學 】

平成24年壬辰2月4日(土)日蓮宗仙道山勝嚴寺にて総合佛教講座『勝嚴寺大學』が発足しました。
大学とは本来『大事を學ぶこと』の意。
第1期生は約10名で毎月1回程度、合計10回の座学と野外研修をおこなってきました。
平成26年癸巳年は、2月2日に開講し全10回の座学などを予定しています。
学ぶことは子供の務めという現代社会の常識を越えて、日本古来からの学問、気付きの世界へ足を踏み出してみませんか。


【受講料など】
(体験生)
一般体験生 3,500円 (各回ごと、施設利用料を含む)
檀家体験生 1,000円(檀家の方のみ・第三講座の受講は出来ません)

(本学生)
入學金 10,000円
(初年度のみ、2回目の受講の際にご準備下さい)
受講料 10,000円
(年間10回分です。特別講座は別料金となります)
施設利用料 500円
(檀家以外の方は参加される回ごとにご準備下さい)

家族割引 
・本学生の子供は施設利用料のみで受講できます。
ただし、数え年で12歳以上に限ります。

配偶者割引
・本学生の配偶者は各回 2,000円で受講することが出来ます。

なお、家族割引・配偶者割引をご利用なさって受講される場合には、当日13時までにご連絡をお願いします。
道場・寺院紹介

 白蓮会館九州本部

【道場所在地】
佐賀道場
佐賀道場内観
佐賀市駅前中央3丁目16-14
(警察署通り沿い消防署西・GS向かい)
tel 0952-34-4151

福岡道場
福岡道場内観
福岡市城南区別府4丁目4-11
(国道202号線・弓の馬場交差点を北へ20m)
tel 092-852-1488


【練習日および稽古時間帯】
●佐賀道場
火・金曜日
 18:00〜19:00
 年少部基本クラス
火・金曜日
 19:15〜19:45
木曜日  
 18:00〜20:00
 年少部選手クラス
火・木・金曜日
 20:30〜22:00
 一般部合同クラス


●福岡道場
月・水・金曜日
 18:00〜19:00
 年少部基本クラス
月・水・金曜日
 19:15〜19:45
 年少部選手クラス
火曜日
 20:30〜22:00
 女子・壮年クラス
月・水・金曜日
 20:30〜22:00
 一般部合同クラス


【入会方法】
・入会申込書
・写真2枚(3cm×4cm)
・入会金 10,000円(空手道着代を含みます)
・月会費 6,000円×2ヶ月分
・預金口座振替依頼書

以上を事務局にご提出ください。

【お問い合わせ先】
佐賀道場
0952-34-4151
http://www.karate-saga.org/

福岡道場
092-852-1488
http://www.byakuren-fukuoka.jp/



 仙道山勝嚴寺

【名称】
宗教法人
日蓮宗仙道山勝嚴寺
仙道山勝嚴寺
【所在地】
〒845-0033
佐賀県小城市三日月町樋口637
Tel 0952-72-2788
Fax 0952-72-2809

【年中行事】
・1月1日
 新春祝祷会
・1月成人の日
 星祭
 鬼子母神
 最上位經王大善神新春大祭
・2月3日
 節分会
・2月初午の日
 最上位經王大善神初午大祭
・3月春分の日
 春季彼岸会
・4月7日
 御經会
 鬼子母神
 最上位經王大善神春季大祭
・8月15日
 盂蘭盆会
・8月19日
 施餓鬼会
・9月秋分の日
 秋季彼岸会
・11月12日
 宗祖御会式
 松尾山御真筆登詣行列
・12月8日
 鬼子母神
 最上位經王大善神冬季大祭

・毎月8日
 最上位經王大善神月例祭
 お経練習
・甲子の日
 大黒尊天祝祷祭

【その他】
干支九星気学および
九識霊断法による運命鑑定
各種加持祈祷・お祓い等

日蓮宗仙道山勝嚴寺ウェブサイト


【腰岳稲荷】
勝嚴寺管轄の祈祷所
腰岳稲荷宝塔
佐賀県伊万里市富士町
・2月初午の日
  初午大祭
・4月28日
  腰岳寶塔祭
・10月第2日曜
  定例大祭

Recent Comments
QRコード
QRコード
あのひと検索 SPYSEE
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    Archives
    • ライブドアブログ