【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

さて大晦日ですな。

ここ数日の書きたいことは嫁ブログにすっかり書かれてしまったので割愛します。

image


日本の美といいますか、精神といいますか、もちろんいろんなものに表われているのでしょうが、そんな中でわたくしが思う日本らしさの最たるものに『紙を折る』ということがあります。

紙を折ることによってそこに生じる直線。

これにシビれます。

他にも。

縄を張ったばかりの直線。

竹を割って、そこに生じた直線。

そりゃ、数学的な意味では直線という条件を満たしていないかもしれませんが、この自然界にもありふれた直線に狂おしいほどの美しさを感じます。

今回の本堂の天井の結界である天符は、こまやかな作業を得意とする高校の同級生・藤田大介氏に手伝ってもらいました。

この神経質なまでの等間隔。
image

ああ、なんて美しい。


鏡餅。
image

ただ紙をふたつに折るという、たったこれだけの作業に宇宙を感じます。


板注連。
image

キュッと締まったこの感じ!
この正月ならではの新鮮さ!


あー。気分がいいわー


ところで。

数日前に本堂の掃除をしていたら荒行堂でもらった天符が出てきまして、それの土幣。
image

22年度の再行か26年度の再行かわかりませんが、これは全堂問題ですね。


そうそう。紙といえば、こんな紙もあります。
image

電気照明の傘です。

これはかれこれ20年くらい経ちますね。
ところどころ穴が開いてましたが、なかなか張り替えるところまでいかない。
しかし、今年は藤田くんに手伝ってもらってます。この機に破れた障子とともに一気に張り替えます。
image

糊が特殊で、霧吹きで濡らしたくらいじゃ紙がなかなか剥がれない。
image

しかたない。明日に持ち越します。


いよいよ明日は勝嚴寺での年越し水行です。
image

水行を希望なさる方は23:00に勝嚴寺に集合をお願いします。
志納金1000円(祈願札付き)、バスタオルをご準備ください。

水行なんてムリ!という方も初詣だけでもぜひ御参拝ください。

23:00水行受付
23:45記念撮影
0:00カウントダウン
0:05年越し水行開始
0:20新春祝祷会
0:30新春初祈祷
0:50なおらい

というスケジュールです。
御参拝なさった皆様には、お屠蘇とぜんざいを振る舞います。
多くの方の御参拝をお待ちしております!







福岡道場のフローリング工事に伴い、事務所のデスクを撤去しまして、その何にもない空間をいたく気に入っております。

これまでは御父兄の見学用にガッチリした会議用の椅子を置いていたのですが、それがなにぶん場所をとる。なので全部となりの会議室に移動してしまいました。

しかし、見学の皆様に不自由をかけてしまいます。御父兄の皆様は今のところ床に直接座って見学なさる。
まだ暖かいから不便もないが、これがまもなく真冬になればどうか。床に直接座るのも冷えるし、重ねて収納できる丸椅子なんかがいいかも。

image


で、これを入り口に重ねて置いとくの。
で、来た人がひとつ丸椅子を取って見学して、帰る時に元に戻すの。

これはいい考えだと思いながら2ヶ月が経過しました。
いちおネットで価格は見ました。
安いもので1600円くらい。
高いものでも2200円くらい。

買うなら15個くらいほしい。
じゃあ、ざっと30000円かぁ。

ちょっと高いなぁ。
それにせっかく買うならAmazonとかじゃなくて、地元業者から買いたいなぁ、などと考えながら、なかなか踏ん切りがつかず今日まで来ました。



ちょうどそんな折り、地元大川の家具屋の営業の電話がお寺の方にかかってきました。

『わたくしども、大川の株式会社◯◯◯◯◯と申します。今特別期間中で、わたくしどもの取り扱う家具が全品40%割り引きにてお求めいただけますが、なにかご入り用のものはありませんか?』

ときた。
こりゃちょうど良かったわいと、重ねられるような、木製の丸椅子が20個ほどほしいと頼みました。

お調べいたしますので、いったん切って後ほどお掛け直しします、と言われました。

その間、ネットで価格調査。
6個セットならちょっと安い、という商品はありましたが、やはりどこも2000円程度。
15〜20個ですから、30000〜40000円くらいの買い物です。
それが40%オフか。そりゃお得だわ。


すっかり買う気になった頃、電話がかかってきました。

『ちなみにご予算はおいくらくらいのものをお考えでしょうか?』

『2000円くらいですかね』

『2000円ですか?ウチでは丸椅子は10000円からのものしか扱ってないので、そこから40%引きで6000円くらいになりますけど』

『は?丸椅子が10000円ですか?失礼ながら今ネットでだいたいの価格見たんですけど、丸椅子ってどこも2000円くらいですよね』

『いえ。ウチは大川の職人が作る商品なので、2000円のものはないですねー』

『いや、あのね、僕が言ってるのは、そんな職人さんが作るようなんじゃなくて、ほら、屋台とか喫煙所とかで使うような、重ねられるタイプの、そんな丸椅子ですよ』

『ええ。わかります。その丸椅子が10000円からなんです』

『あの、丸椅子が10000円って、なにかの間違いじゃないですか?』

『ええ。ウチは10000円のものからしか扱いがありません』

『あのー大変失礼ながら、そんな丸椅子の値段が10000円って、やっぱりおかしいですよね?もし10000円の予算があって、そこで丸椅子買う人っているんですか?例えばダイニングセットの椅子とか、10年以上使い続けることを想定した、背もたれもあって、座面にクッション入れてあって、普通、そんなんでも10000円しなくないですか?誤解なきように言いますけど、僕が言ってる丸椅子って、例えば会議の時に椅子が足りなくなって「すみませーん、こんな椅子しかなくて」って謝りながら座ってもらうような椅子のことであって、そんな椅子に誰も10000円払わないでしょ?』

『そーですねー、でもウチはそれが10000円なんです』

『あのね、僕、決してクレームつけてるわけじゃないんですけど、僕が言ってるのは、普通の人は10000円持って椅子を買いに来たら、絶対に丸椅子じゃなくて他の椅子を買いませんか?てことですよ。オフィス用の肘掛けが付いてて、ちゃんと脚にもクルマがついてて、それが5本あって、背中の曲線に合わせた背もたれついてて、そんなんでも10000円するかしないかじゃないですか』

『そーですねー、でもウチはそれが10000円なんです』

『いや、あのね』

ここでこのスタッフさん、奥にいる誰かに助けを求めて、交代してきました。
この時、わたくしはこの営業の電話がお寺にかかってきたことを思い出しました。

『あ。ひょっとして、寺院用の重ねるスツールですかね?曲げ木の脚に金襴緞子のクッションみたいな、それだったらウチにはいくつかありますし、大川の別の業者さんから購入させてもらいましたが、それでも8000円台だったような』

『いえ。丸椅子ですよね』

『ええ。丸椅子ですよ』

『ウチは10000円のものしか扱ってないんです。申し訳ありませんが、今回は価格の折り合いがつかなかったということでよろしいでしょうか?』

『いやいや。僕は別にそちらに苦情言ってるわけでもなんでもなくて、なにか価格設定をミスされてないかなと心配して申し上げているのであって、できるだけ地元の業者さんから買って差し上げたいので、できればそちらから買いたいと思って申し上げておりまして、まぁ、余計なお世話でしょうけど』

『はい。申し訳ありません。またの機会にお願いします!ガチャ』

『………。』



あああ。


10000円の丸椅子ってどんなものなのでしょうか。

知ってる人、無知なわたくしに教えてください。


【追記】
ブログ書き終えてから
『高級 丸椅子 木製 価格』
と入れて検索したら10000円の丸椅子ありました。
世間知らずの僕が悪うございました。

ただし、スタッキング可能なものは見つかりませんでした。

白蓮会館に入門して25年たちました。

それは大学1年の春休みのことでした。

卒業して、そのまま白蓮会館に就職しました。
その年の夏、特別に2ヶ月のお休みをいただいて、日蓮宗信行道場に行き、僧侶になりました。

総本部職員を2年半勤めて、実家に戻り、勝嚴寺の手伝いをしながら白蓮会館佐賀道場を開きました。

それから19年。




さて。我が宗祖・日蓮大聖人に報恩謝徳を捧げる大祭『おえ式』。
日蓮大聖人の御命日である10月13日の前後に、日蓮門下寺院なら必ず開催されます。

九州唯一の日蓮宗本山・松尾山光勝寺が月遅れの11月13日におえ式を、その御逮夜(前夜祭)の御真筆本尊の出開帳のために、勝嚴寺のおえ式は11月12日で確定しています。
昔から神仏の縁日は人間の都合で安易に移動させてはならず、お寺の行事が動くこともまずない。

そうやって勝嚴寺は、もう何年も、何十年も、毎年11月12日の日中におえ式を執り行い、そして夕方に松尾山に向けてみこし行列を出してきました。


一方、白蓮会館の全日本空手道選手権大会は、毎年11月の中旬から下旬の日曜日に大阪府立体育会館で行われます。

大学生だった頃、総本部職員だった頃の記憶は定かではないが、わたくしが白蓮会館佐賀道場を開設して以来19年間、ただの1度も、勝嚴寺のおえ式と、白蓮会館の全日本が重なったことはなかった。

13日が全日本になったことは2回ありました。
12日の支部長会議に代理人を出席させ、自らは松尾山の御逮夜法要が終わって22時、
そこからクルマを夜通し運転して大阪に行ったことはありました。

しかし、直撃はなかった。

それが今年ついに直撃しちゃったわけです。

しかも、今年の白蓮会館九州本部からの出場者は6名。福澤賢人まで含めると7名。

こんなに愛する道場生がたくさん出場してるのにどうにもできない。
前日に大阪入りし、会場設営と支部長会議だけ出席し、断腸の思いで当日の早朝に会場を後にしました。

image


さて、後ろ髪を引かれながら到着した勝嚴寺。
image

勝嚴寺のおえ式は14:00からなので、8:30に御堂筋線に飛び乗れば13:00にお寺に帰ってこれるんです。
image

午前中に総代、世話人の皆様がきれいに設営をしてくださいました。
image

日曜日だったおかげか、参拝者も例年より多かった。

松尾のおえ式御逮夜法要から帰って来る頃には時間もだいぶ遅くなります。
最後まで残った男衆が重い、重いみこしを天井に片付けてくださいました。
image

image

これ、本当に大変なのです。
朝から晩までありがとうございました!
皆様のおかげで行事を務めることができております。
image

image


勝嚴寺の次の大祭は12月8日、鬼子母神冬季大祭および發遣浄焚式(おたきあげ)です。
古くなったお札、おまもり、仏具、その他人形、お財布、形見の品など、魂抜きをして浄火にふしてそれぞれの還帰本土を祈ります。
皆様のご参列をお待ちしております。




とある空手の大会会場で、負けて戻ってくる子供を怒鳴りつける親を見ながら、なんでこんなに気分が悪くなるのか考えました。

親が子供を怒鳴りつけてて気分が悪くならない時もある。
よくぞ叱ってくれたと思う時もある。

しかし、空手の会場ではだいたい気分が悪くなるのはなぜなのか。


その理由が分かりました。

例えば、短距離走で考えてみた場合。
とある子供が50mを自己ベスト8.0秒で走れるとします。

その子供が7.5秒で走れる選手と対戦すると、当然どんなに頑張っても0.5秒差で負けます。

で、それで怒ってるんです。

子供からすると理不尽なんです。

『あんなに差をつけられやがって!ちゃんと走らんか!』

ちゃんと走ってるんです。

ちゃんと走っても勝てないんです。
相手の方が現時点では上なんです。

子供が0.5秒タイムを縮めるのにはおそらく数ヶ月の修練が必要です。
今それを怒られても仕方がない。

この子だって、自分より遅い子ばかりと走ったら1位が獲れたんです。
でも自分より早い子ばかりと走ったらビリになるんです。

8.0秒で走った子供は何も悪くない。
どんなに差をつけられて負けても、それは相手の都合であって、ここは子供が8.0秒で走れたことを褒めてやるべき時じゃないだろうか。
今日はそういう組み合わせだったんだから仕方ない。でも8.0秒で走れたんだよね。すごいね。

それでいいじゃないか。



仕方ないことなのに、同じようなことが空手の会場で起きているから気分が悪いんです。
相手に負けたという目の前の現象にのみ心を奪われて怒っている。
自分の子供のベストタイムが8.0秒だということを知らず、
『ウチの子より相手の方が強いやないかい!!!!』
という個人的なイライラを我が子にぶつけているだけです。



で、子供は負けたら顔をくしゃくしゃにして泣く。
負けて悔しいからではなく、これから親に
ドヤされ、場合によっては殴られ、自分の無能ぶりを繰り返し聞かされることに怯えて顔をくしゃくしゃにしてるんです。

これを数年続ければ、上司の顔色を伺いながら仕事をするサラリーマンと同じような量産型ファイターの出来上がり。
使えないことはないが、本質的にもはや伸び代はない。

ただ企業に消費されてるだけですから。
他に就職口がなくて仕方なく今の会社にいるだけですから。

親の顔、先生の顔を伺いながら空手やってる選手は、中学校卒業までに消えていなくなります。

だって親のエゴに消費されただけですから。
親が怖くて逆らえず仕方なくカラテやってただけですから。

子供を怒鳴りつけることでカラテが強くなれると本気で考えているんなら、あなたもブラック企業を立ち上げて営業マンに毎日達成不可能なほどのノルマを課して大金持ちになってみたらいいよ。

『努力は夢中に勝てない』

心から空手が好きな人だけが、大人まで空手を続けて真の大舞台で活躍します。

そんな大舞台・白蓮会館主催ファイティングオープントーナメント全日本空手道選手権大会は、11月12日、大阪府立体育会館にて開催されます。

image

白蓮会館福岡道場から4人、佐賀道場から2人、唐津道場から1人。
九州白蓮から、誰に強制されるわけでもない、カラテを愛する7人の選手が、夢中で練習に励み、自らの意思でこの舞台に立ちます。

・南里藍(福岡)
・野上元太郎(福岡)
・山鼓大(福岡)
・栗原陵(佐賀)
・中村浩志(佐賀)
・太田貴幸(福岡)
・福澤賢人(唐津)

皆様、応援よろしくお願い申し上げます。



《過去の関連記事》

2012年07月02日
負けた選手を殴るセコンドについて

2016年10月31日
久しぶりに試合に負けた子供を殴る親を見た


思い返せば野上元太郎(現高1)が6年生だった時に初めて出場依頼がきました。
ということは、今年で5回目なんですね、福岡大学の学園祭『七隈祭』キッズステージ。
image


天気も心配でしたが、なんとか屋外ステージで決行できました。

image

このキッズステージの特色は、なんと言っても子供しかステージに上がれないこと。
ほかの演武は、時間もあるし、大人が仕切れる。
ところが、キッズステージの演武は、持ち時間7分、大人の援助なしでやらねばならず、まるまる前日の稽古時間すべて使って、時間を測りながら、入場の隊列、順番、立ち位置、隊列の組み替え、試し割りの板の持ち手、新しい板を配る係、割れた板を回収する係、MC、退場まで、徹底的に練習します。

今回、メインのバット折りを務めたのは福岡道場の安定のエース宮崎真紗斗。
image


そう。バットを大人が持つならなんの心配もない。
問題は、MCのみならず、バットの持ち手も全て子供がやらねばならないことなのです。

バットを持ったのは、のの、うた、しりゅうの3人。
リハーサルで持ち方のチェックを再三やって本番へ。

image


MCを務めた七海のよく通る声も良かった。

image


子供達の試し割り、ひとりひとりに観客がそれなりに感情移入してくれて、拍手も大きかった。

本場直前にみんなで記念撮影
image


そうだ!
インスタとかでよくある、みんなでジャンプしてる写真を撮ってみようじゃないか。
image

ぜんぜんダメ。


何回も撮り直しましたが、みんな揃うのは難しいもんなんだな。

これが一番いいか。
image

ちなみに上級生だけ切り取ればなかなかいい写真です。
image

ま、こんなところにクオリティの高さは求めてないのでどーでもいいんですけど。


この日、直方市でリアルチャンピオン合同稽古があり、まったく休むことなくそちらへ移動した道場生もあり、翌日の久留米で行われた勇真会の大会にエントリーした道場生もあり、連休とは言え、なかなかハードな空手週間でした。

なかなか演武の機会が少ない福岡道場。
また演武の依頼などがあれば、どうぞ遠慮なくお申し付けください。




ブログを開設して11年が経ちます。

開設当初は必死でした。
毎日更新を目指して、どんなに軽い出来事でもブログに書いていましたが、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSとの連携でブログもだいぶその役割が変わり、去年くらいから更新頻度が落ちてきて、月に1〜2回しか記事を書かなくなりました。
image

ブログを書かない日のユニークアクセスは100〜200、書けば400〜1000くらいです。
これまでの1日の最高のPV数は10000前後で、一市民のブログとしてはそれなりの規模のブログになったのだなぁと、改めて読者の皆様に感謝申し上げる次第です。
image


ちなみにアクセス数が10000を超えたのは、佐賀北高校が甲子園で優勝した日とその翌日、某空手団体の世界大会での判定がひっくり返った時、僕が4週間で9kg体重を落とした際のビフォアとアフターの写真を掲載した時などでした。



で、YouTubeですよ。

個人のアカウントも持ってますし、会社も、道場も、嫁も、お寺もそれぞれにYouTubeのアカウントがあります。

で、今年は本腰入れて、道場のYouTubeを活用しようと九州大会の一般部選手権の部の全試合を、カメラ3台で、プロが編集して、いつでも誰でも見返すことができるようにしたんですよ。

白蓮会館九州本部のチャンネル登録はこちら

我ながら、これは画期的な企画だと自負しておりました。

だって、各種トーナメントが発表されて対戦相手が分かったら、普通みんな相手の名前を検索してどれくらいの選手なのか調べます。しかし、試合の動画はさすがに少ない。

それが、過去に白蓮会館の全九州大会のすべての試合の映像は誰でも見られるんですよ。
これで、事前に対戦相手の研究ができる。
空手界全体のレベルが上がるんです。

えー逆に研究されちゃうじゃん、て考えたあなた、有名選手にはなれません。
福地勇人選手なんて、一体試合会場で何人の人から動きを録画されているだろうか。
それでも勝つんですから。
それでも勝つから彼は超一流。
しかも自分でテクニック解説DVDまで販売しちゃいましたしね。

ちなみにわたくしの試合の再生回数は、1回戦、2回戦ともにこの4ヶ月で600回ほど。

2009年に出た試合の動画もあります。
それの再生回数は、やはりアップしてからの年季が入ってますから3300回ほど。

九州大会の動画は、今はまだまだ1000回に届きませんが、きっとどんどん伸びていくだろう。
今後試合に出場する予定のない大野英章の試合を見たい人の数は頭打ちでしょうが、未来の空手界を背負う瓜生選手の試合なら、毎年ファイトスタイルを調べたい人が15年くらいは尽きることなく現れ、検索し、再生してくれます。

あの年で引退したわたくしの試合動画でさえ、いったい誰が何のために再生してんのか知りませんが、それでも3300回もある。
それが現役のトップ選手およびこれからの成長を期待される選手の動画なら、わずか2〜3年で簡単にわたくしの試合を抜くでしょう。



で、本題です。

白蓮会館九州本部のアカウントでは、試合だけでなく、道場とその周辺の動画も稀に上げることがあります。
つい先日、福地勇人選手のサプライズ誕生日祝いとか、佐嘉神社で行われたお祭りステージでの演武とか。

その佐嘉神社の露店でクレープ買って食べたのですが、せっかくだからお店の人に断って動画を撮らせてもらってYouTubeに、ほんのついでの気持ちでアップしたんです。

それがこれ。
(1分26秒)


ちょっと。

ちょっとちょっと。

7万回再生(10/31現在)ですよ。

600回がどーだ、とか言ってたレベルじゃない。
だってその100倍だもん。

これは、今さらながらおもしろいぞ。

11年ブログ書いてきて、1日の最高のPV数
が10000回でした。

それがなんだ。

このクレープ屋さんの動画、このところ毎日10000回再生されてるんですよ。

アタマでは知ってるつもりだった。
それをリアルに実感した。
YouTubeの破壊力を痛感させられました。

そりゃ、YouTubeにみんなシフトするわけだ。
そりゃ、小学生の将来の夢にYouTuberがランクインするわけだ。

これは、ブログのアクセス数が増えるプロセスとは全く違うマーケティングですよ。
もちろんブログとYouTubeの媒体としての役割はぜんぜん違う。
違うけれども、これは使える。想像以上に使える。

なんか、おもしろいことを考えてみます。
アイデアも募集です。


『保守』という言葉は、つい5年くらい前まで誰も使ってなかった。もちろん保守の対義語である『リベラル』もそう。
これらの単語を耳にするようになったのはここ2〜3年くらい前からじゃないか。

このふたつの単語の使われ方に違和感があります。

ほんの数年前まで、政治的志向を指す場合、みんな『右』『左』と呼んでいましたね。

この頃テレビでうまいことリベラルを定義していたのが非常に良かった。

今の日本のリベラル勢力とは
『平和憲法を肯定的に考える人達』。

まさにそう。

しかし本来、平和憲法を肯定的に考えることをリベラルとは言わないし、革新や左翼とも関係ない。単語の意味と使われ方が間違っています。

逆に、今の自民党とその周辺を『右寄り』『保守』と呼んでいますが、これもおかしい。
リベラルの対義語だから、一言で言えば
『憲法改正に意欲的な人達』。

じゃあ、ぜんぜん保守じゃないじゃん。
改革しようとしているんだから。

大きく言えば
『戦前の日本に戻そうとする人達』
という意味では保守かも知れませんが、さすがに自民党もそんなところを目標にはしてませんから、やはり平成の政治的現状に対して革新勢力なのです。


というわけで、緊急に新しい単語を作り出さなきゃならない。
『保守』『革新』とか呼ぶもんだからなにが何だかよくわからない。


政治的思想を大別するには、やはり『改憲』『護憲』に分けるのが一番いい。



だいたい日本は物事を選挙で決めるという風土ではない。

どの陣営だって完璧ではないのに、SNS上では普段物腰の柔らかい人でさえもトゲのある言葉で対立候補、対立陣営を批判する。政策だけでなく、ほとんどが人格攻撃まで及ぶ。その支援者もバカ呼ばわり。
自分の支援する候補者が負けたら『民度を疑う』『不正選挙』。
マスコミは、右からも左からも『偏向報道』と攻撃される。

ただ自分と考えの違う人を、よくもこれだけ悪く言えるもんだ。



衆議院選挙が通して思ったのですが、日本はもう政党政治じゃなくてもいいんじゃないか。

考え方に固定された名前が付くから思想と思想のあいだを行き来できない。
違う考え方を認められない。
政党を移るのは不義理だと思われる。

立場的に野党は政権に100点を要求するし、立場的に与党は永遠に100点を取れない。
政権は、現実的なファクターと調整して、100点は目指すけれども常に妥協点を模索しなければならない。

そんなこと政治家なら誰だってわかってる。
わかってるけれども、お互いにそこを叫ばなければ選挙にならない。だからみんなこぞって選挙戦を演じる。演じるけれども、立場的に演じているだけだから、結局候補者の名前の連呼になってしまう。


一応、自民党は
1.消費増税
2.原発再稼働
3.安保推進
4.憲法改正
が柱ですが、全ての自民党員がおんなじ考え方なのか。自民党の候補者は、一律、原発再稼働に賛成しなければならないのか。原発再稼働に反対する自民党候補者がいてもいいじゃないか。

逆に、憲法改正に前向きな民主党議員は与党時代にはたくさんいた。
でも、野党となった今もそんなことを言ってたら自民党との対立軸を明確にできない。だから、その話題には触れないでやり過ごすしかない。

共産党と原発は本来なんの関係もない。でも共産党員はなにがなんでも原発再稼働には反対しなければならない。

郵政民営化の時に、反対する自民党議員を
『造反組』
と呼んで、公認を外したり、選挙区に自民党から刺客を送り込んだりした。


おかしくないですか?


そもそも党内で全ての議案で意思の統一とか無理でしょ。
それなのにトップが決めたことに納得できない人は造反者なんですよ。反対意見は『悪』なのです。

無理に政党にこだわる必要があるのか。

そういう意味では民進党がなくなったのは良かった。日本の政党の中で民進党が一番いろんな考え方を含んでいた、いわば色の出せない党だったから、これでかなりスッキリした。
希望の党はボロクソに叩かれていますが、いろんな意味で日本の政治を大きく変えたことは評価すべきと思っています。


二大政党制しか世界の教科書にはないから、日本もなんとはなく二大政党制に近づけようと努力してるけれども、それが果たして正解とは限らない。

なにか、日本型の、日本発の、全く新しい日本的解決方法がないものか。

そう願います。

だれか発見して。

image



昨日、気功治療を受けに行ってきました。

首の調子は、あれからさして悪くなく、どこが痛いかと言えば、これと言って特に痛い場所はない。
なので、カラダ全体のヒーリングというか、自覚していない悪いところを見つけてもらうためというか、そんな曖昧なテンションで突撃してきました。

昨日突撃してきた気功治療院は、佐賀市赤松町にあるヒーリング整体『JUN』。白蓮会館佐賀道場生の佐藤こうた拳士のお父様です。
書道用品、表具のお店の『楠芳堂』の2階にありますが、ここは書家だった母方の祖父の代からの付き合いがあった老舗で、わたくしとは面識はなかったのですが、現在白蓮会館佐賀道場内で活動している瀬戸口書道教室のご紹介で道場にお子様が入門なさったというご縁です。

タイで首の痛みに苦しんでいる時、
『いつか先生の首を治療してみましょうか?持病ですよね?エネルギー治療は(首に)負担かからないから試してみる価値もあるかと』
というコメントをいただき、帰国したらすぐにでも駆けつけようと思っていました。
ところが、タイ古式マッサージのおかげか、はたまたシフにもらった怪しいクスリのおかげか、帰国してみたら全く痛くないもんだから先送りにしておりました。

昨日、たまたまちょっとした笑えるアクシデントが発生し、突然お昼にドーンと空き時間ができたので行ってきました。

兄を連れて。

なぜ兄を連れて行ったのか。

兄は、なんと言いましょうか、ちょっと気功?治療ができるのです。
付き添って見に行くだけで、側にいるだけで、兄には何か感じるものがあるかも知れない。そう期待して連れて行きました。

image


そもそも気功って何か。

Wikipediaによると

『気功(きこう)は、中国伝統の民間療法、代替治療である。それまで呼び名が様々で統一されていなかったところを1957年に劉貴珍が『気功療法実践』を著し、「気功」という統一された名が一般に定着した』
ですって。

まぁ要は、
『東洋に伝わる雑多な民間療法の総称』
ですな。

Wikipediaの見出しを読む限り、とりあえず名称だけ統一された感じですね。
おそらく気功のやり方や考え方は、空手の流派、いや、打撃格闘技のジャンルやジム・道場が雑多に存在しているのと同じくらいたくさんあるのでしょう。

『ぼく空手やってます』
『そーなんですか。僕も空手やってるんですよ』

という会話を年間に何回やっているかわかりません。
ところが白蓮会館の空手をやってる人に偶然出会うことなんて、まずない。白蓮会館どころか、フルコンタクト空手をやってる人ですら出会うことは少ない。

おそらく気功も同じような状況ではなかろうか。

兄のやる気功と、佐藤さんがやる気功は違う。
わたくしは他に気功?に含まれる治療をなさる方をあと2人知っていますが、おそらくそれぞれコンセプトが違うし、治せる病気、治せない病気、それぞれに差がある。

苫米地英人先生は脳科学者でありながら気功もなさる。
そんな苫米地先生が言うには
『気功は特別な能力ではなくて、誰しもができること。ぜひ全ての日本人に学んでほしい。特に、教師、僧侶は是非とも気功を修得したほうがいい』
とのこと。

鍼師は鍼に気を込めて打ったほうがいいし、マッサージ師は指先に気を込めてマッサージしたほうがいい。
教師は言葉に気を込めて授業をしたほうがいいし、僧侶はお経に気を込めて祈ったほうがいい。
それだけのことだそうです。

ちょっと前に苫米地先生のこんな言葉を聞いて、すっかりその気になってネットで地元の気功教室を探しましたよ。

空手道場やフィットネスジムの月謝くらいで学べるのかな?と思ってましたが、まぁ、そこそこの値段しますな。
30秒くらいで諦めました。

ところが、こんなに身近にいた。
道場生の御父兄にいらっしゃるなんて。

そんなこんなで、治療というよりもむしろいろいろ質問したくて行ってきました。
とはいえ、もちろん治療をしてもらいます。
だいたい慢性的に痛い右のお尻から太ももの裏側。それに肩。

腰は指で押された時に感じる『いたぎも』感があった場所がありましたが、治療の後にその感じが完全に消滅したのがわかりました。
健康なところを押さえられても、ただ痛いだけ。治療後に指で押された時の痛みが『いたぎも』から、その『ただ痛いだけ』に確かに変わったのです。

肩は自覚がほとんどなかったのですが、かなりの張りがあったようです。治療の後、軽くなった感覚は得られましたが、なくなったとまでは言い切れない。あと何回か継続すれば治りそうです。

他にも数カ所の治療をしてもらいましたが、変化があったと自覚できたのは肩と腰。
ありがとうございました。



治療が終わっていろいろ世間話をします。

佐藤さんが治療の際に意識していることは、ひとつは呼吸。
もうひとつは感謝。

感謝が足りないから痛みが出る。

斎藤一人(昔、長者番付を何連覇もしていた人)も言っていたなぁ。感謝が足りないと、感謝が足りない部分の周辺が痛み出す。だから痛みが出たら、痛くない部分に感謝しなきゃいけない。

例えば頭が痛い時は、頭以外のカラダの全ての部分に感謝する。
『ありがとう。こんなに頭が痛いのに、首や手足が大丈夫だから助かってるよ』
と。

だから佐藤さんは本人に変わって感謝を込める。
佐藤さんの魂を込める=感謝する、とも言えるのかも知れません。






魂を込めると言えば、昔カラテでこんな話がありました。

九州で懇意にしていた他流派の医者が、研修医時代に某全日本に出場し、ベスト8に食い込んだ。
同年、その流派が主催する全関西大会に出場し、優勝した。

みなさま、研修医という身分がどのようなものかご存知ですか。

医療の分野では、
『士→農→工→商→賎民→犬→猫→研修医』
と言われるくらい業界最下層に位置するポジションで、とてもじゃないが自分の自由な時間なんて持てない。

そんな研修医が空手の大会に出場し、しかも上記のような立派な成績を出せた。
時間の確保ができない時期なので、もちろん練習不足です。

その時、彼が練習不足をどうやって取り返したか。

それは。

試合中に、パンチを打つたびに
『このパンチで倒れろ!』
と気持ちを込めながら打ったんだそうです。

そしたら、その通り相手は痛そうな顔をする。
そして、ズルズル後ろに下がる。

だから全試合すんなり勝てたんだそうな。



そんなアホな。


練習せずに簡単に勝てるほど実戦カラテのトーナメントも甘くはない。
でも、そんな甘くない土俵で確かに勝ったもんだから仕方ない。
やはり拳に魂を込めたから勝ったとしか言いようがない。

ともあれ空手の試合は魂を込めやすいのは確か。
相手も殴りかかってくるし、痛みという強い臨場感があるので誰しも気持ちが勝手に入る。逆に、本番でカッカせずに、冷静に戦う訓練を日常でやっていると言ってもいいくらいです。

ところが御祈祷などの法要はどうだ。

短い法座でも20分。長ければ1時間以上の法座を勤めるわけですが、相手が見えないから臨場感を持ちにくい上に、時間も長い分、どうしても気持ちが散る。気持ちが散るということは、魂が抜けるということです。

効く祈祷、効かない祈祷、何が違うのか。もちろんそこに『魂』が入っていたかどうかでしょう。

では、魂が抜ける時とはどんな場合か。

いろいろ考えられます。

image


まず第一に、所作の習得度があります。
うまくやろうと考えながらやるのと、無意識にやるのとは違う。
だから、考えなくても勝手にカラダが動くようになるくらいまで、何回も何回も反復し、徹底的に所作を叩き込むと、少なくとも失敗しないように上手にやろうという雑念はなくなる。

わたくしの後輩がとある人に
『御祈祷の時に、音の出る一切のものを使わずにお勤めしてみてください』
というアドバイスを受けたことがあるそうです。

例えば金丸を鳴らすにしても、タイミングや当てる角度に気を遣い、木柾にしても、どこまで中拍子で引っ張って本拍子に切り替えようかとか、木剣だって肘を曲げちゃいけない、いい音を出したい、などと、とかく音の出る法具を使う時は『祈り』という行為の外側の事象に気持ちが向きやすい。

だから、一切の道具なしで御祈祷してみよ、とのこと。

なるほど、これは一理ある。
だからと言って、短絡的に

『ほほぅ、なるほど。つまり祈りには【想い】が大事で【かたち】は要らないんだね』

ということでもない。

想い、だけしかないというのは危険です。
なんらかのカタチがあるからこそ他人との共有も可能です。
また、想いだけなら果てしなく暴走してしまうのを止める術もないが、カタチがそれに秩序を与える。
先の研修医の選手が大会で優勝したのは想いだけじゃない。
もともとの研修医以前の空手の修練のベースがあってこそです。
カタチはカタチとして絶対に必要なのです。


それに。

例えば自我偈(法華系宗派で毎回必ず読まれる部分)だけ、題目(南無妙法蓮華經)を唱えるだけの時でも、効かない時は効かない。
自我偈や唱題だけなら、完全に丸暗記してることばかりだから
『失敗しないように』
『うまくやれるだろうか』
などということは考えません。勝手にカラダも動くし、口も動く。

確かにそういう雑念は防止しますが、今度は逆に余裕があり過ぎて別の雑念が首をもたげてきます。余裕があるからこそ昨日のことを考えたり、法要の終わった後のことを考えたりしてしまう。

だからわたくしが思うに、祈祷の魂とは法要に対する集中力ではないか、との仮説を立ててみたわけです。


兄に同じ問いを投げると全く違う答えでした。
どれだけ効くかというのは、加・持、双方の、きっと良くなる、という確信の度合いじゃないかと申しておりました。
兄の考えでは、祈祷者、受持者そのどちらかが治らないと思っていたら治らない。
少なくとも片方は確信していなければならないし、もう片方も治ると信じる気持ちがゼロでは効果がない。


確信……。

それは、どこから来るのだろう。


教義的な側面を抜きにすれば、確信とは、成功の実体験の積み重ねでしか湧いてこないのではないか。


だから、よく効く祈祷者は、ますますよく効く。
あまり効かない祈祷者は、やればやるほどさっぱり効かない。

ビジネスは全般にそうですな。
客が集まるとこには集まるし、集まらないところにはビジネスに確信が持てないからやっぱり集まらない。


というわけで最近、特に『気功』に興味があります。
『カタチ』ではなく『想い』だけの世界がどんな仕組みでできているのか。
『確信』があれば『集中』してなくとも効果があるのか。はたまたどちらも必要なのか。それとも全く別の要素が影響するのか。


まだまだ研究しなければなりませんな。
皆様からのご意見(可能性の提示)をお待ちしております。

e6faef82-s



header


空手の話じゃないです。


昨日に引き続き、わたくしのマッサージを担当してくれている高山順一郎治療院の高山くんの話です。
高山くんがつい先日、とあるピアノコンサートに行った時のこと。

高山くんとそのピアニストはもともと面識があって、その縁でコンサートに誘われて行ったのですが、それはそれは大変に感動したそうな。

ところが、そのピアニストに対する一般的な評価は概して辛口らしい。

高山くんは音楽には詳しくない。
今回初めて生演奏を聴いて、素直に素晴らしいと思ったのですが、それもそのはず、コンサート終了後にプロデューサーその他の関係者と話した時に
『今回の彼の演奏は今までで一番よかった』
と誰もが絶賛されていたのです。

なんでも、コンサートの直前にプロデューサーが彼に
『いいか。絶対に譜面を読むんじゃないぞ。譜面通りの音を出そうとすると音楽はダメになる。自分の曲を奏でるんだ』
的なアドバイスをしたそうです。

で、今回初めて、そのアドバイス通りほとんど譜面を意識せずに演奏できた。
だからみんなも絶賛しているし、高山くんも感動した。


高山くんもわたくしも音楽のことはよくわからないのですが、これはスピーチにも通じます。
どんなに素晴らしい内容の話でも、もし原稿を読みながら話して人の心を打つだろうか。

不思議なことに原稿を読むと、いくらその文章が素晴らしくても、途端に人の心は感動しなくなる。

譜面を見る、原稿を読むという、本来の目的達成に必要な一挙動にちょっと気を取られた瞬間、その演奏から、もしくはその語りから、大事な魂が抜けてしまう。


高山くんはマッサージ師ですから、これをマッサージに置き換えてみるとどうだろう、と考えるわけです。

で、高山くんが考えた、マッサージの魂が抜ける場合とは

『残り時間の計算』

なのだそうです。

マッサージをしながら
『あと15分か。じゃあ、アレとアレやって次に移らなきゃ』

『あと8分か。時間がないな。じゃあ最後にアレやって終わろう』

などと、残り時間を頭の中で計算し始めた途端、この人の痛みを和らげてあげようというマッサージ本来の魂はすっかり抜けて、まるで消化試合のようなマッサージに堕ちていく。

なるほど。

よくわかります。
わたくしも思い当たるフシがあるから。

最近、各地に格安のマッサージのチェーン店が展開しています。
しかし安いからと言って、マッサージのクオリティは決して悪くない。

悪くないんです。

ただ、悪くはないんだけど、ぜひもう1回この人に自分のカラダをお願いしたい!などというような感動はない。
だから同じ人を指名したりしないし、しばらくすると店の名前すら忘れる。

なぜか。

チェーン店の経営は時間が命だから。

必ず大手チェーン店にはきっちりしたマニュアルがあって、マニュアル通りに施術時間を厳守し、できるだけ客を回転させ、最大利幅を確保しなければならない。
そこには、客との会話が弾んで、ついつい時間がオーバーしてしまった、などという牧歌的なサービスをすることは許されないのです。

だいたいそういう店舗には何人ものマッサージ師がいらっしゃる。
皆様、仕事に厳しくなればなるほど時間を守られることでしょう。しかし、仕事に真面目になればなるほど初期の目的達成から遠のいてしまう。



おそらくどんな業界にも存在する、上達のパラドックスです。


で、わたくしの場合、これを祈祷に置き換えて考えてみたわけですよ。

効く祈祷、効かない祈祷、何が違うのか。
わたくし自身、今回は確かに届いたなと手応えを感じる法座もあるし、またその逆もある。

何が違うのか。
(つづくかも)

image



↑このページのトップヘ