【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2006年05月

5月31日 水曜日
庚申(かのえ・さる)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:東北東


昨日は久しぶりに佐賀支部も盛り上がりました。

ていうか、えらいまた暑かったですねぇ(^_^;)

昨日の福岡道場に負けないハードメニューに、気分が悪くなって途中で抜ける人もあり。

でも、人数が揃うと、普段なかなかできないくらいのきっつい練習が、なぜか勢いで普通にできちゃうもんだから不思議です。

今年すでにエアコン3〜4回使いましたからねぇ。このままエアコンの心地よさに慣れてしまったら、佐賀支部は日本一精神力の弱い道場になってしまいます。
ばんばん汗かいたほうが、結局終わってから気持ちよいものですし、最近はエアコンなくてもいいなとも思ってます。

佐賀支部も、新人戦までは飛ばしぎみでいきましょう(^-^)/


ところで、昨日コメントいただいた元熊本市民さんの練習メニューをご覧になりましたか?

稽古終了後に、サンドバッグを2分×15Rですよ!
しかも、なぜか監視までついて。


とにかく、選手権を目指す方々なら、大会前にこれくらいの練習をやって、それぞれ臨んでいるのだということを認識しなければなりません。

頑張りましょう。



さて、ひょんなルートから大量にジョイントマットをいただきました。

嬉しい〜!
o(^▽^)o

経路はここでは公表できませんが、まとめて買うと、かなり高くつくものですから、たいへんありがたいです。

Aさん、今日はわざわざ道場まで運んでいただきありがとうございます。有効活用します!

8f32db1a.jpg5月30日 火曜日
己未(つちのと・ひつじ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:北北東


今週からみんな気持ちを新たに頑張ってくれるかな〜って書いたばかりでしたが、本日の福岡道場はめちゃめちゃ出席者が少なかった。

でも、人数が少なかった分、かなり濃い練習ができたと思います。

道場生には常々
『カラテって楽しいね〜って思えるのは、試合に出るまで。試合出場を申し込むと、とたんに練習そのものが嫌いになるよ。』
って脅しています。

打たれ強さやスタミナをつける練習って、地味で、繰り返しばかりで、全然楽しくないんです。

みんな、なんでこんなキツいことするの?意味あんの?って試合に出るまで思います。

しかし、試合が始まって20秒もすると、いっぺんに今までやってきた地味な練習の意味がわかるんです。


実戦カラテの試合は無酸素運動の極みです。

とにかく自分のカラダが思い通りに動かない。


そんな経験をして、次の日から、初めて能動的な稽古、要するに、自分はいま何をしなければならないのかを考える、攻めの姿勢での取り組み方が身につくんだと思います。

でも、試合を機に、カラテそのものを辞めてしまう人がたくさんいます。


…もったいない。


本来は、こんなことを繰り返すうちに、ぼんやり、やっぱりカラテって面白いなぁ…って感じるようになるものじゃないでしょうか。

これを乗り越えてやっと、みなさんのやってる空手が、ただの『習い事』から、主体的にみずからが歩む『空手道』へと脱皮できるんじゃないかと思います。



ところで、昨日あやふやだった王丸道場の詳細をお知らせします。

場所:福岡市西区西の丘1丁目4-1
   福岡市立総合西市民プール2階スタジオ

日時:6月18日より
毎週木曜日
17:00〜19:00

道主:王丸 由博
極真会館(松井派)ドラゴンカップ優勝
極真会館フェニックスカップ優勝
正道会館全日本選手権ベスト8
総流派選手権大会 優勝などなど。


現在王丸代表は、極真会館全日本ウエイト制出場に向けて、日々頑張っておられます。
地元九州での他流派重量級の星!!!
ぜひ結果を出していただきたいものです。

↓王丸代表のブログ
http://blog.livedoor.jp/karateka4416/

言動に少しおかしなところもありますが、なかなかの好青年です。
お近くで空手を習いたい・習わせたいという方、ぜひ王丸道場をよろしくお願いいたします(※城南区・早良区の方は、もちろん白蓮会館福岡道場へどうぞ)。

5月29日 月曜日
戊午(つちのえ・うま)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真北


今朝ひょっこりHさんが、車のお祓いに来られました。

Hさんは佐賀支部の開設初日からいらっしゃるメンバーですが、今年度より佐世保に単身赴任で、それに伴い、残念ながら空手も休会中です。

Hさんは、昨年66歳のNさんが入門してくるまでの七年間、佐賀支部の最年長道場生として、若手を引っ張ってこられました。

あと1、2年で戻ってきます!との頼もしいお言葉。

こちらもHさんの早い復帰を心よりお待ち申し上げます。


あ!

くれぐれも安全運転を心がけてくださいよ。



さて、王丸道場が、6月15日より西区でスタートするとのこと。
今、手元に資料がないので、後日詳しくご案内します。

おすすめリンク集にも王丸さんのブログを貼ってますので、皆さんそちらにも遊びに行ってください。

df196d00.jpg5月28日 日曜日
丁巳(ひのと・み)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:北北西


わたくしを含む福岡道場生8人で、無門塾に合同稽古に行ってきました。

今年、無門塾は天神の西通りから、櫛田神社のおとなり・中洲の冷泉に移転したばかりです。

天神の頃はちょくちょくみんなで出稽古に行ったことはありましたが、その時のメンバーも佐賀支部以来の道場生のみで、今回は純粋に福岡道場開設以降の道場生ばかりと、しかも新道場に初めてお邪魔しましたので、かなり新鮮な気分で臨みました。

内容は、軽くミットでアップして、あとは相対でコンビネーション数パターンをひたすら反復。

時間の都合上、スパーリングはできなかったのですが、コンビネーションの応酬は、組み合わせの自由度が高く、ほとんどスパーリングみたいな感じでした。

参加した道場生の感想は、自分の実力を客観判断できたとか、平素の稽古をもっと一生懸命やらねばならない、など。
痛いだの辞めたくなったなどの弱気の声はなく、みんなそれぞれに気合いを入れ直したようです。

とりあえず、わたくしの期待通りで安心(^-^)

これぞ他流派と拳を交える第一の意義。

週明けの皆さんの変貌が楽しみだなぁ(^o^)


掃除が終わると、鉢盛りやビールなどが準備され、やおら道場の床にみんなで車座になって、懇親会が始まりました。

中学生のYちゃん(白蓮会館の剣道部参照)も、せっかくの席でしたが、さすがに遅くなりすぎます。しかも日曜日が中学校の体育祭!ご両親にご足労いただき、迎えにきてもらいました。こちらが送り届けるべきところ、本当に恐縮です。

さて、殺伐とした稽古中の雰囲気に突然とって変わる歓迎ムードに、福岡道場生はだいぶ緊張が解け、疲れきったカラダにお酒もまわり、だいぶ自分達の本性を余すとこなくさらけ出していました。


ま、


あくまでも我々は
お客様ですからね。

やはり油断しすぎは禁物ですからね。


篠原塾長からは、その日遅くに優しいメッセージをいただきました。

ありがとうございます。
昨日は無礼者ばかりで大変失礼いたしました。
こんな白蓮会館福岡道場ですが、まだまだ立ち上げたばかりの新道場。これから道場生とともに勉強していきますので、どうか温かく見守ってください。
またこれからもよろしくお願い申し上げます。

5月27日 土曜日
丙辰(ひのえ・たつ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:西北西


昨夜、最近プライベートでしょっちゅうつるみぎみのKくんと、西与賀にある『大連』というラーメン屋に行って、替玉4回してきました。

近頃、メシ食ってるときに、いま自分が果たして満腹なのか、よくわからないことがあります。


危険ですな。

日が変わって土曜日27日は、無門塾と白蓮会館福岡道場との合同稽古です。

いつもいつもおんなじ顔ぶれとばかり練習していると、悪い意味でみんなのパターンも覚え、緊張感もなくなりがちです。

今まで出稽古に来てもらうことは少なからずありましたが、ウチから出向くことは福岡道場生にとって初めての経験です。

出稽古に誰かが来ただけで、道場の雰囲気はかなり変わりますが、乗り込んでいくほうは、その倍の緊張感をもって稽古に臨みます。

いつもと違う準備体操
いつもと違う基本稽古
いつもと違うメンバーとのスパーリング
いつもと違うオフェンスとディフェンス。

勝手の違いはスタミナを奪います。

めいっぱい勉強して、普段の稽古への取り組み方に、新しい風を吹き込んでください。


をちなみに昨日の佐賀日青Aチームの成績は、気持ちよく20点もの大量得点を取られ、しかも完封されたそうです。

あぁ…
もし、その試合にわたくしが参加してたら…

もっと悲惨な負け方だったことでしょうよ。

7819d14d.jpg5月26日 金曜日
乙卯(きのと・う)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真西


日蓮宗青年会(略して日青会)は、宗門若手僧侶を中心に組織され、各種法要のお手伝い、勉強会などのさまざまな活動を行っています。

この日青会は全国各都道府県に設置され、九州教区では一年に一度、スポーツを通した団体交流が各県持ち回りで開催されています。


今年の会場は宮崎県。


種目はソフトボール。


今回わたくしは欠席しました(>_<)

わが勝厳寺は(てゆーか白蓮会館佐賀支部では)、兄が家を空ければ弟が残り、弟が家を空ければ兄が残らねばならないシステムなんです。そうしないと、寺も道場もまわらないし。

兄弟揃って遠くに旅行するのは一生無理かもしれません。


実はソフトボールも嫌いなんです。

だってバウンド捕れないもん(* ̄^ ̄*)

サードなんか守ると、もう、マジで死にます。

速い打球って怖くないですか?
わたくし組手じゃ見せないくらいの華麗なステップで打球をかわしますよ。

『内野はカラダで止めろ』
『ボールは前に落とせ』
ってぇもぅ絶対ムリ!!
痛いやん!



佐賀にスポーツ交流会の会場が回ってくるのは五年後。

ソフトボールばっかりじゃつまんないし、フットサルしましょうよ、フットサル!



さて、今日の年少部選手クラスはまるで戦争でしたね。

わたくしもスパーリングに混じったのですが、わたくしが客観的にみんなのスパーリングの様子を見てないと、えらくサディスティックに変身してしまいます。

ところで、日付が変わった昨日25日は、佐賀支部年少部の松中博嗣と彩花の誕生日でした。

4兄弟の真ん中の博嗣と彩花は、顔もそんな似てないし、新しい道場生にはあまり知られていませんが、双子なんです。

博嗣は年少部ではひときわ身長が高く、試合ではいつもトーナメントの最後の方です。

しかも最近では対戦相手も常連化して、過去複数回対戦経験がある選手とまた一回戦から当たる、などという現象が起き始めました。

これからわたくしもどんどんスパーリングに混じりますから、1日も早く先生をKOしてください。

6b408e0b.jpg5月25日 木曜日
甲寅(きのえ・とら)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:西南西


福岡道場の茶帯の杉原昭吾拳士は、わたくしと小中学校の同級生のよしみで白蓮会館でカラテを始め、今や佐賀支部設立以来の生え抜きです。

現在杉原拳士は、福岡市西区で『いきまつ整体院』を開業しています。

福岡道場が開設されるタイミングに合わせたかのような杉原拳士の福岡での整体院開業は、こちらの土地に知り合いの少ないわたくしにとって、かなりの心の支えになりました。
今も、福岡道場の道場生の筆頭としての役割を担い、指導の補佐などリーダーシップを発揮してくれています。

さらに、福岡道場の不健康でワガママな道場生のために、いつも機嫌よく無料で施術してくれています。

かく言うわたくしも、その恩恵に常に預かっているのですが…


その杉原拳士がこの度、白蓮会館福岡道場で毎週金曜日pm15:00より、出張診療をしていただくことになりました。

道場生ならびに道場生のご父兄には、さまざまな特典ありだそうです。

ぜひ道場生関係者の皆様には、知り合いご近所に声かけいただいて、盛り上げていってほしいと思います。よろしくお願いします。

dffa9630.jpg5月24日 水曜日
癸丑(みずのと・うし)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:南南西


なにをどうしたのか覚えていませんが、右腕が痛〜い(>_<)

スパーリングの時であることは間違いないんですが、なんでまた肘の内側なんかが痛いんだろう?

現在佐賀支部で最も大型選手であるE拳士の前蹴りっぽいミドルを、中途半端に下段払いでよけて、肘関節に逆天秤がかかったのかな?

こりゃあ、しばらく木剣は振れません。

昨日のうちにお祓いが済んでてよかった。

今日からは地道に拳立てなんかでリハビリに努めます。



さて、昨日は花市場の花が大漁で、1600円でかなりたくさん買えました。
で、先週飾ってた佐賀支部の花が、意外にもきれいなままで、たくさん余ったんです。

だいたい花が余った場合は、翌日に福岡道場に持っていきます。

しかし福岡道場の花も月曜日に変えたばかりだし…。

だいたいこういう時はバトゥラボに持っていくことが多いのですが、兄と一緒に兄の車で来てるし、あんまり遅くなりたくないなと思って、例によってミザップ(階上には代表のHさんが経営されてるエステサロンRoseがあります)に持っていきました。



ちょっとだけ寄るつもりが、またまた朝の五時まで。

HさんとKくんといると話が尽きない。

わたくし何故かたった一週間でミザップに3泊したことになります。

強制的に朝までつきあわされたウチの兄上、申し訳ございません。ほんとたいへんお疲れ様でした。

P.S.今日は、いま久留米でがんばってる元・佐賀支部レディース、なぜか総本部長井師範のお気に入り・えっこの誕生日です!

入門当時は、まだ17歳のクソガキだったのが、なんと今日でもう21歳!

お誕生日おめでとうございま〜す!

5月23日 火曜日
壬子(みずのえ・ね)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真南


朝から、某会社の引っ越しに伴う開業の御祈祷に行ってきました。


誰が言ったか、昔テレビで、ピアニストが一回のリサイタルを行う時の疲労度は、炭坑夫の1日の労働に等しいと聞いたことがあります。

そりゃあんた石炭採掘のしんどさをナメたあかんわと思いますが、まぁ、ピアノ演奏がいかに激しいものかということを世間にわかってもらうために、最もつらい労働として一般的に思い浮かぶ炭坑労働を、その喩えに引用したのでしょう。


でも実際、どっちがつらいんだろう?


試みに、炭坑夫をコンサートホールの舞台中央に登らせ、観客の大拍手と厳しい視線の中、最低三時間、絶対に間違えないで何かを完遂しろ、といったらどうなるでしょう?

逆に、ピアノの演奏で食ってる人を、いきなり炭坑に連れて行って1日中働かせたら……?

やはり慣れないうちは、たとえ難しいことでないにしろ、カラダはえらい疲れます。

普段は石炭を掘りながら、時々ピアノのコンサートもやってますよ、っていう人でないと、客観的に疲労度の比較なんてできませんわな。


話は飛びまくりましたが、今朝わたくし祈祷修法を行いました。


ここで一言

御祈祷一座の疲労度は、大袈裟でなしに、カラテ1試合の疲れ具合に似ている!!!


だって、どちらも経験してるわたくしが言うんだから、こりゃ間違いない。


まぁ、それを言いたかっただけなんですけど…。
いちお参考まで。はい。



ところで、数日前から『大野英章のおすすめリンク集』には貼ってましたが、正道会館佐賀小城支部・納江幸利支部長が最近ライブドアでブログを始められました。

話題は、カラテだけに限らず、他の格闘技、仕事のことまで実に多彩な内容で読みごたえがあります。ぜひ皆様のお気に入りにも登録して、ちょくちょく覗いてみてください。

5月22日 月曜日
辛亥(かのと・い)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:南南東


気を取り直して、今日からまた自分の城を固めることに専念します。

白蓮会館九州本部の道場生を鍛えねば。

ところで、福岡道場にて、ご夫婦で仲良くカラテに汗を流し、雰囲気作りに多大なる貢献をいただいているN夫妻、昨日はそのN夫妻の結婚記念日&奥さんのMちゃんの誕生日でした。

道場生の中で最も遠いところから根気よく通い続けるお二人に脱帽…。これからも目標を定めてしっかり頑張ってください!
おめでとうございます!


さて、そろそろ九州地方も試合前ですので、道場生の皆様、一層気合い入れて頑張りましょう(*^-^)b

96312c25.jpg会場にいたB支部長から速報をいただきました。

(タイトル)
『負けました』

(本文)
本戦5-0でした。倒すか倒されるかの戦いをしてくれました。互いに膝も当たりました
色々言いたくなる試合でした



だそうです。




残念です。


わたくしのブログではこの試合に関してもう何も書きません。おすすめリンク集から白蓮会館の支部長のブログに行けば、詳しくレポートされるだろうとおもいますので、白蓮会館の道場生の皆様は、どうぞそちらからアクセスなさってください。

たった一人で新極真会という巨象に立ち向かっていった北島悠悠選手、心から敬意を表します。

お疲れ様でした。押忍!

7d2d4396.jpg5月21日 日曜日
庚戌(かのえ・いぬ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:東南東


写真は、今日のすっぽんとぐぅずぅの様子。
最近すっぽんは日中、瓦の下にアタマを突っ込んでることがほとんど。


新極真会主催・全日本ウエイト制大会が行われています。

白蓮会館から出場している、われらが世界チャンピオン北島悠悠(きたじま・ゆうゆう※本名)選手は、今日の予選を通過し、明日の本戦一回戦で、カラテ界の革命児・塚本徳臣選手と対戦します。

白蓮会館のなかで、塚本選手と対戦したことがあるのは過去に2例。


A選手とY選手。
 (Ο ̄∀ ̄Ο)


ともに、総本部でわたくしと一緒に練習し、ほぼ同時期に全日本の舞台で活躍した重量級の選手です。

そのときA選手は……。

そのあとY選手も……。

二人とも笑えるエピソード満載です。

しかし、今回対戦する北島悠悠は、白蓮会館史上にひときわ大きく輝く実績と、誰からも恐れられるケタ違いの実力があります。

公正な判定のもとで試合が行われれば、勝機は充分にあります。

われわれ地方にいる者にできることは、ただ祈るのみ。

結果を楽しみにしています。

5月20日 土曜日
己酉(つちのと・とり)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真東


昨日は実に久しぶりに煌心会の讀誦会でした。

会場は春日市・妙龍教会(久木田光立上人坊)。

煌心会では月に一度、妙法蓮華経如来壽量品第十六を、会員のお寺で36巻読みます。壽量品36巻で法華経一部とほぼ同じくらいの文字数になるそうです。

足が痛かったぁ〜(>_<)

どんなに早く読んでも、やはり4時間くらいはかかるんです。

声も枯れました。

『黙想ー!』の声が裏返っちゃいました。

恥ずかしかったなぁ…。
昨夜は足がだるくてなかなか眠れませんでした。

要するに、日頃の修行が足らんようです。

頑張ります。押忍!


新極真会全日本ウエイト制に白蓮会館から出場の北島悠悠選手は現在、余裕の内容で一回戦突破するも、判定は極めて辛口だったそうで…。前途多難です。

今夜は、以前ブログでも紹介した秋丸昌之拳士のライブが、20:00より愛敬町の紅屋館ビル・FRONTIERにて行われます。時間のある方は是非足を運んでみてください。

5月19日 金曜日
戊申(つちのえ・さる)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:東北東


今日のお昼、人生で初めて、たこ焼きをオカズに白メシを食いました。

よく大阪では『お好み焼き定食』といって、お好み焼きとごはんのセットがあると聞きます。

しかし、わたくし大阪に7年暮らしましたが、大阪のお好み焼き屋さんでそんな定食がメニューに書いてある店は一軒もありませんでした。

意図的にマスコミが大阪人のイメージを作り上げたか、わたくしの行ったことのある全部の店にたまたまお好み焼き定食が置いてなかっただけのことなのか。



まぁ、たぶんネタなのでしょう。

だって、おいしくないんですもん。

たとえ恵方巻きが全国に広まっても、たこ焼き定食やお好み焼き定食は流行るまいて。


でも、同じ炭水化物の抱き合わせでも、焼きそば定食やラーメン定食は、全国的に支持を得てますね。

わたくしはラーメンにごはんは苦手です。ひたすら替玉する方がいい。

かしわおにぎりや焼きめしなら、すでに白ごはんとは全くの別物になってるから大丈夫なんです。

要するに、麺をおかずにメシを食うという感覚がわからない。



不思議とこういう日はこういうことが続きます。
夜バトゥラボに行ったんですが、なぜかその日たこ焼き祭り。

豚肉コーンとか、明太子チーズとか、かなりたくさん食べました。

腹がもたれてます。

明日の稽古は個人的な都合により、腹筋を中心に組み立てます。福岡道場生の皆さん、そのつもりでよろしくお願いいたします。

5月18日 木曜日
丁未(ひのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北東


昨日久しぶりにミザップに拉致されました。

内容がなんかよくわからなくても、この指と〜まれ!とかって言われたら、自分の知らない楽しいことがあるのが許せなくて、概ねわたくしは不用意に飛びつく性格です。まさに、あっさり釣られて稽古終了後ノコノコ出ていきました。

用件はミザップのイベントのことだったんですが、その後の世間話がごつかった。


気づいたら朝の5時を過ぎてましたもんね。

道場ですら、そんなにまで盛り上がったことはさすがにない。

サービスで干支九星鑑定をしてあげたり『おなべふ』教えてもらったり。

寝不足です。


そういう日に限って、ひょんなことから久しぶりに立禅をしました。

立禅をするのが初めてだという道場生がほとんどだったので、時間そのものはバリ短めだったんですが、それでも足がぱんぱんになりました。
久しぶりなのもありましょうが、寝不足に効きます。

帰りの三瀬峠は、あまりの眠気に、何度も死ぬかと思いました。

今、生きていられるという奇跡に感謝。


明日から、勝厳寺懸案の塀の修理が始まります。
工事の着工前に、方よけのお祓いをします。もちろん早起きです。



寝ます。


なんか荒行堂みたい。

4af09bd5.jpg5月17日 水曜日
丙午(ひのえ・うま)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真北


やっと佐賀に帰ってきました。ちょうど一週間ぶりです。

なんだかすることが山ほどあって、ブログ記事を更新できないほどバタバタしてました。


写真は沖縄での1コマ。
総本部・杉原賢亮指導員が横蹴上げを静止している様子です。

念のため重ねて言いますが、

横蹴上げを静止している様子です。



振り上げた瞬間じゃないですよ(^_^;)

あの格好でピタッと止まってるんです。

賢ちゃんの特異な柔軟性は、関西ではあまりにも有名です。世界大会の時、海外の選手がルール説明を見て舌を巻いてました。

もし、外国人があれを見て、日本人カラテ家はみんなあれぐらい柔らかいのかと思われたら大変です。


さて、夏期の昇級審査は6月18日に決定いたしました。場所は福岡道場で、特別ゲストがいらっしゃる予定です。
昇級対象でない道場生も是非参加なさってください。

72caa1dd.jpg5月15日 月曜日
甲辰(きのえ・たつ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:西北西


写真の左は並河さん。右は総本部指導員の平野真一郎くん。


この二人が今日開催された白蓮会館沖縄支部主催・全沖縄空手道選手権大会のワンツーフィニッシュ。

並河さんは山形の東北選手権(3月27日のブログ記事参照)に続き、地方大会2連覇!!!!

すごいことですよ〜!

内容も、一本勝ちを含むオール本戦決着v(^-^)v

準優勝の平野くんは、身長160僉62圓両さなカラダで、バーベルスクワット160圓鬟侫襪乃鵑欧泙后

はだけた道着からのぞく大胸筋と腹筋がマジごっついんです。

相当な体格差のある決勝戦でしたが、二人ともおめでとうございます & おつかれさまでした。

本土からの招待選手が選手権のタイトルを持っていったかたちになりますが、こういう強いショックがあってこそ、これからの稽古に取り組む姿勢が変わるんだと思います。

近い未来に、より一層レベルアップした沖縄カラテに期待します!

がんばれ沖縄支部、そして仲田支部長(^-^)/


白蓮会館総本部がある河内小阪駅の裏にある焼肉店『金城』の沖縄店が打ち上げ会場でした。

五年前に道場開きがあって以来、久しぶりの沖縄訪問でしたが、なかなか濃い1日でした。


お伝えした通り、同日久留米でに行われた勇真会のジュニア大会も、かなりいい感じ(^-^)

初出場の智樹が堂々三位。

特に、三位決定戦に勝っての三位入賞はかなり値打ちがあります。

大志も正太郎も賞をもらって、なかなか充実の結果だったと思います。

いや〜明日は気分よく九州に帰ってくることができますねぇ。

めでたし めでたし(^o^)

825a84e0.jpg智樹 三位入賞!


白蓮会館沖縄大会と同日に久留米でおこなわれている勇真会のジュニア大会の小学二年の部で、森永智樹くんが第三位に入賞しました!

わたくし現場にいませんので詳しいことはわかりませんが、取り急ぎご報告まで。

選手の皆さん、おつかれさま。そして、智樹くん第三位入賞おめでとう!

43977a46.jpg5月14日 日曜日
癸卯(みずのと・う)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真西

空港出るなりむちゃ暑い…。

さすが沖縄。

宿泊はラグナガーデンホテルってとこです。

岡山のT支部長と東北のI支部長との三人部屋。

広い部屋です。
(  ̄∇ ̄)

今日は支部長会議と基本技術の統一のための稽古がありました。

あまりにもいろいろありすぎて、今日のところは、また明日。

946514d0.jpg5月13日 土曜日
壬寅(みずのえ・とら)六白金星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:西南西


今から25年ほど前の、まだわたくしが子供だった頃、新幹線の窓から見えたこの看板が気になって仕方ありませんでした。





まだあるし。


『大名古屋ビルヂング』って…。
今の時代いいかげん『ヂ』はないやろ



いつもいろんなハンドルネームでコメントをくれる、最近では『元熊本県人』を名乗る方と食事に行きました。

その後、彼が幼い頃を過ごした実家に案内してもらい、彼の若かりし日々を偲んでいます。

自身クリスチャンで有名な三浦綾子さんの本の中に『かりそめの別れでもねんごろに別れなさい』という言葉がありました。
まぁそのうちすぐ会うだろうと思っていても、それが二人にとって永遠の別れとなるかも知れないから、という意味です。

今までは彼も熊本県人でしたので割と頻繁に会っていましたが、これからは名古屋で暮らす人です。

わたくしが名古屋に行く機会などきわめて稀ですし、彼もかなり忙しい職種ですから、九州に来ることが果たしてどれほどあろうか。

軽く別れましたが、次にお会いできる日はいつ頃になるのか見当もつきません。

次に会う日が楽しみですね(^-^)/


あ!今日はホントごちそうさまでしたm(_ _)m

明日は支部長会議のため沖縄入りです。
翌日は沖縄支部設立五周年記念・沖縄県空手道選手権大会が開催されます。
こちらも、来たる7月16日の九州新人戦大会開催ため、しっかり勉強してきます。

28e4f497.jpg5月12日 金曜日
辛丑(かのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西


大垣は遠いですな。

大学時代に友達のIくんと関ヶ原の合戦場と大垣城に来たことがあります。

昔から、歴史を見れば敗者側が好きで、関ヶ原ではもちろん西軍。

先日コメントに書いた島左近のほかに、三成、大谷義継、宇喜多秀家、島津義久など、西軍の武将には、個性的で強い魅力を感じる人物が揃ってるようで。

対して東軍は薄いっすね…。

だいたい東軍についた武将には、最期にまつわるエピソードがあんまり伝えられていないんですね。平和な時代に入り、武士としての死に方を逃してしまったような。

だからといって、戦国の時代を懸命に生き、勝ち抜いてきた東軍の皆様には、もちろん何の非もないんですけど。ただの個人的な好みの問題です。


先日のテレビを最初から観てたわけじゃないので、はっきりわかりませんが、なぜか真田幸村が上位に入ってなかった。

絶対上位ランキング入りすると思ったんだけどなぁ…。

戦前なら絶対に正成が一位だったそうです。

先日のテレビ番組では信長(写真:鷹狩の姿)が一位。

これも時代によるものでしょうね。


ところで、白蓮会館には、正成や幸村くささがあると思うんです。

千早赤坂城や真田丸・上田城に立て籠もり、時の権力者に勇敢に戦いを挑み、そして勝利していった二人。

時代が何を求めようとも、他に迎合しない強い信念を感じる。

強いと世間で評判の大会にひたすら挑戦する。そして勝つ。

極真のウエイト制や、正道会館の全日本では、とにかく燃えましたね。

相手に、白蓮の選手とはやりたくないと恐れられる快感。それだけを求めて厳しい練習をやってきたような気がします。

大阪ローカルでやってきた他流道場が、世界のキョクシンにどれだけ通用するのか。

自分たちこそ世界最強だ!と謳うキョクシンの黒帯とガチンコで打ち合ってみたい!って。

空手の試合で命を落とすことなんて、まずありえませんから、そりゃ昔の武士と比較するのに無理もありましょうが、なんか強い憧憬と共感を持ちます。

しかも大阪つながりですしね。

大垣市内から見える山々を見て、そんなことを考えました。

5064c2c3.jpg5月11日 木曜日
庚子(かのえ・ね)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真南


今日から名古屋へ行ってきます。

道場の指導を放棄して、中日ドラゴンズの応援に行くわけではありません。

全国の日蓮宗僧侶の、あるテーマを対象にした研修会が、大垣で催されるのです。

いわゆるセントレア空港、中部国際空港の初利用なので、実はちょっぴり楽しみです。

その足で土曜日に、支部長会議のために沖縄入りします。

だいぶ道場を留守にしますねぇ…。


昨日の福岡道場の練習は、女性比率が高かったので、初心者のためのサーキットトレーニングを、稽古時間をまるまる使ってやりました。

とくに重視したのは、筋力トレーニングの前後に、ストレッチをしつこいくらい挟むこと。

あと呼吸です。

俗に空手業界で『息吹き』といわれる深呼吸方法をストレッチに組み合わせました。

白蓮会館の準備運動でおなじみ、正座して後ろに倒れる姿勢で、肺の中の空気を出しきるまで吐くようにすると、筋肉が本当に伸びるのが実感できます。

心拍数を抑え、精神をリラックスさせる働きをもつ副交感神経の作用を活発にさせる、きわめて優れた呼吸法なのです。

まぁ、いくら偉そうに言っても、受け売りの知識ですが(^_^;)


今日の写真は、無理矢理大人の稽古に連れてこられた年少部のKくん。

せっかく気持ち良さげに寝てたのを、今日も一般部で頑張ってたお母さんから、練習終了後に叩き起こされ、ふてくされている絵です。


わたくし留守のあいた佐賀道場を守ってくれるD指導員、R拳士、福岡道場を守ってくれるS拳士、お土産買って来ますんで、よろしくお願いします!

b8920f5b.jpg5月10日 水曜日
己亥(つちのと・い)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:南南東


月曜日、福岡道場のエントランスにあじさいを飾りました。

去年も、かなり大輪のあじさいを佐賀道場の事務所に飾ったのを覚えていらっしゃる方も多いかと思います(ちなみにバカの宗次郎が4日目で枯らしてしまいましたが)。

このあじさいは、昨日紹介した、名前が一定しない牛津の園芸店で買いました。

とにかくダイナミックにデカくて驚きます。

他の店では、まずこのサイズを見かけません。

去年もこの店で、佐賀道場を飾る他に、お世話になった方の分も購入しました。かなり喜んでもらいました。

また値段もお手頃です。

わたくし花を買うときは、福岡なら、弓の馬場商店街にある八百屋さんとお茶屋さんで買います。
福岡は全体的に佐賀より花が安い。

佐賀で買うときは、北部バイパス沿いの嘉瀬橋のふもとの花市場か、若楠小学校の横の道を突き当たった左手にある『田中青果店』に行きます。

その後だいたいジャンクスに寄り道して、仕事中のMさんにコーヒーをご馳走になるパターンですが。

花市場は、以前ブログで紹介したように、運がいい日は信じられないくらい安い値段で、大量に買えます。

『田中青果店』は、花の種類がとにかく多いので、あれこれ選んだり、やっぱ買い物が楽しいんです。

スタンドやアレンジメントを頼む時は、鍋島の大成学館のすぐ裏にある『さくらふる〜る』に行きます。

現在、シングルのスタンド花の相場は15000円が普通ですが、ここは10000円で送り届けてくれます。

てゆーか、ここのスタッフの女性がとにかくカワイイんです(*^_^*)

わたくしの知りうる素人の中で、マジで、さくらふる〜るのお姉さんが一番カワイイ。


今日、以前の分の支払いに行きました。

あんな綺麗な人は、ちょいとそこいらにゃいませんぜ。


季節柄あじさいがたくさん置いてありましたが、花屋さんは園芸店や八百屋さんに較べてやっぱりちょっと割高…。

ま、切り花を買うには、弓の馬場のおばあちゃんのとこがいいな。

d92c32e0.jpg5月9日 火曜日
戊戌(つちのえ・いぬ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:東南東



このブログのメインテーマは、やはり第一に『空手・格闘技』なのですが、とりあえずすっぽん達の話をします。


ここ3日間、各方面の皆様より、さんざん尋ね倒された『ぐぅずぅ』とは、写真を見ての通り、普通の『亀』のことです。

わたくしに代わる、佐賀人の模範的解答を期待したんですが、佐賀の方はそれらのコメントにどなたもスルーでしたね。

だいたい佐賀の人でも、今の時代、亀のことを『ぐぅずぅ』とは言わない。

言わないっていうか、ほとんどの人は言葉そのものを知らないんでしょうな。

檀家のお年寄りの方との会話が、日中の大半を占めるわたくしにとっては、ぐぅずぅはわりと馴染みの佐賀言葉です。



さて、一週間ぶりに福岡道場に行きました。

連休中に、道場に飾ってある切り花が枯れるのはもちろん覚悟の上でしたが、予想外に植木までもがやられてました…。

特に玄関のトネリコの木。

痛ぁ〜い(>_<。)

せっかく綺麗な色の新芽がたくさん出てきてたのに、新しい葉っぱからことごとくやられてました。去年からの古い葉はだいじょうぶなのですが、枯れた枝の先からは次の芽が出にくいので心配です。

あとミニ薔薇が2つとも枯れてました…ξ

素焼きの鉢はおしゃれで大好きなんですが、側面からも水分が逃げるので、とにかく乾燥に弱い。


こんなこともあろうかと予想してたわけではありませんが、昨日牛津の34号線沿いにある行きつけの園芸店にいきました。

買い物に行くたび名前が変わってる不思議な店なので、いま現在、何という店名だったのかすら覚えてませんが、いい店です。

新しく小さな観葉植物を買ってきました。

それはそれで福岡道場の雰囲気もちょっと変わって、なんかいい感じ。
o(^-^)o

心機一転!がんば…



ろうかなぁ、ってせっかく気合い入れたのに、今日の一般部の出席者5人…。

水曜日から頑張ります!押忍!

2015ae7f.jpg5月8日 月曜日
丁酉(ひのと・とり)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真東


とりあえず、ぐぅずぅは無事でした。


朝、水槽を覗いてみたところ、枕を同じくして寝てるみたいで、その絵がまた滑稽で(^o^)。


でも、まだ二日目。

動物のことだから油断は禁物です。


Googleで育て方を検索してみました。

やはり刺身や冷凍えびなんかを好むそうです。

獣医さんによると、えびの頭や殻は取り除かず、そのまま与えたほうがよいとか。

配合エサは、食べた後しばらくして吐き出したとのレポートもあり。

えびを一口大に切って、その中に配合エサを埋め込んで与えたら、順調だった、とか。


あと、結局は死んじゃったよ、っていう報告が多数ありました。

ξ(-_-;)


やはり、飼育は難しいのかなぁ…。

よくわかんないけど、日中に陸上に置いて、どれぐらい元気なのか様子を観察しました。

意外に足が速いんですねぇ。


ガンガン走ります。

どうやら日陰を目指しているらしく、最初に、引っ込めてた首をにょきっと出して辺りを窺い、よい日陰になりそうな目標物を定め、そっから一気に走り出します。それがまたそこそこ速いんです。

ひとつ学んだことは、どうやら日光が苦手だということ。ひょっとすると夜行性かも。水槽に戻したとたん、いきなり穴を堀り始めますし。

これからストレスがたまらないように適度な運動をさせよう。


昨日の記事に、クロネさんから飼育に関するアドバイスをいただきました。本当にありがとうございます。


話は変わります。

普段ほとんどテレビを観ないわたくしですが、今日はなんと三時間弱も引き込まれてしまいました。

『日本人の好きな偉人100人』。

あー面白かった(^-^)

かくのごとくして、平成18年のわたくしのGWが終わってゆくのであった…。

5月7日 日曜日
丙申(ひのえ・さる)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:東北東


すっぽんが、市販の亀のえさを食べてくれません。

きっと彼は、生まれてこのかた動くものだけを食べてきたのでしょう。どうやら動かないものは食えないんだと考えているふしがあります。


ということは?

ぐぅずぅが危ないっ!

今でこそ、ぐぅずぅは水槽を無邪気にうろうろしてますが、いつすっぽんに喰われることやら。

刺身をトングでつかんで、目の前をちらちらさせたら、思わずガブッと飛びついて食わんかなぁ?

ぐぅずぅも危ないが、このままではすっぽんも衰弱死する可能性があります。

どなたが成長したすっぽんの飼育に詳しい方、アドバイスお願いします。

56f7c6a9.jpg5月6日 土曜日
乙未(きのと・ひつじ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:北北東


なぜか、その、

今日ウチにふらりとすっぽんが現れました。

ついこの間ウチの住職が水取りに行ってきたんです。

住職が水取りに行くと、本人曰わく、必ず不思議な現象が起きるんだとか(?)

まぁ、果たしてすっぽんがウチの境内に歩いて入ってきたのと、住職の水取りとに関連性があるのかどうかはわかりませんが、とにかくすっぽんがウチにやってきたのです。

もともとの生息地は、たぶん境内南側の、陽の当たらない草だらけの溝であっただろうと推測されます。

ウチの塀が突風で倒れたのは下水道工事が一因でしょうが、要するに現在ウチの界隈には下水道がありません。家庭排水は全て、台所もお風呂も洗濯機も、隣接の川に垂れ流してる状況です。

そんな劣悪環境でここまで大きくなってきたすっぽん。

選択肢は3つ。

a.逃がす
b.食う
c.飼う


家族協議の結果、育てることにしました。

でも、バケツに入りきらないほどデカいんです…ξ

何人かの知り合いに電話をかけて、余っている水槽がないか尋ねてみました。

最近、唐津の大乗寺のK上人の熱帯魚が絶滅して、かなりデカい空っぽの水槽が部屋のオブジェになっていると聞きました。

さっそく兄と引き取りに行きました。

ワゴンのシートを倒さないと積めないくらいのビックサイズです!

さっそく持って帰り、掃除をして、ホームセンターで砂を買い、場所を定め、すっぽんの新居の完成です!


明くる今日は、昼から雨だとの予報を受け、早朝から溝掃除に励んでおりました。

そこで、またぐぅずぅを発見!

今度のぐぅずぅは割と小型で10儷ってところ。
悩みましたが、これも何かの縁なのでしょう。同居させることにしました。

とりあえず現時点で、すっぽんはぐぅずぅに無関心です。

また変化があれば報告します。

追伸:K上人、水槽ありがとうございました。すっぽん共々大事にします。

e7b70c19.jpg5月5日 金曜日
甲午(きのえ・うま)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真北


ニューオータニでGWに開催されているペルシア絨毯展示会に行ってきました(^-^)

今回この展示会を企画したのは、佐賀支部年少部の精神的牽引役Hくんとその弟のTくんのお父さんが社長を務める『ディープロ蝓戮任(月刊ぷらざ4月号参照)。

ペルシア絨毯の実物に触れるのは初めてでしたが、いたく丁寧に説明していただき、大いに興味をそそられました。

抽象的なデザインの伝統的なペルシア絨毯はもちろん、きちんとした額縁で表装されている絵画調の絨毯に目を奪われます。

写真みたいに細かく細かく織られていて、たとえ作品のリアルさを伝えようとして、それを写真に収めてここで披露しても、あまりにリアル過ぎて、たぶんフツーの風景写真にしか見えないくらいのキメの細やかさでした。

わたくしに説明してくれた方は輸入元の会社の代表の方で、価格よりも客の感性を尊重して話をなさり、まったく面倒がらず、いちいちわたくしの好みを尋ねて、それらを別の場所にピックアップして、さらに詳しい説明を、それぞれ個別の作品毎にいただきました。

やはりプロですから褒め上手なんでしょうねぇ。
(*^_^*)
単純なわたくしは、選んだ作品を褒めてもらって、ことごと気分が良くなりました。


皆様、上質なペルシア絨毯の相場って、いったいどれくらいなのかご存知でしょうか?

いちいち価格をチェックしていたわけではないので、実際はもっと上下あるのでしょうが、壁面を飾る絵画タイプのものが、わたくしの見た限り200〜400万。床に敷く一坪強くらいのサイズのものが100〜1,000万くらい。もちろん、もっと大きいものは、もっとするでしょう。

とんでもないですなぁ…。

でも、サイズにもよりましょうが、ひとつの作品を作るのに、職人さんが2〜3年かかりっきりになるそうです。

まぁ、それを考えたら納得の値段ですな。

わたくしは衝動的に買うたろか思いましたよ。

大野英章って奴は、つくづく簡単な客ですわ…


ところで、昨日Y野拳士から書き込みをいただきました。

それにしても『空手してぇ〜』っていうコメント、指導者冥利に尽きます。

来週からの指導に対する活力が湧き上がってきますねぇ。頑張ります。

5月4日 木曜日
癸巳(みずのと・み)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:北北西


GWですが、勇真会の大会が近いので、今日明日と年少部の選手クラスは行います。

でも、やはりGWだからか、今日は参加者は少なかった(..)

でも、ディフェンスを中心に、かなりいい稽古ができました。

最近気づいたんですが、ウチの年少部に共通した欠点は、前に出る突進力のなさに尽きると思います。

やっぱり第一に闘争心!
闘争心があるからこそ相手に向かって前進できるのでしょう。

話はゴロッと変わりますが、明日は化城喩品第七から。

分身諸佛やら十二因縁やら、これまた難所。
難所に立ち向かう闘争心(?)で頑張ります。

be3c7087.jpg5月3日 水曜日
壬辰(みずのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西


先日の宣言通り、昨日は比喩品を読みました。

『妙法蓮華経 比喩品第三』
法華経全28品のなかでも最も長い章です。しかもえらい特殊な漢字が多い!

やっぱり一時間ぐらいかかります。檀家さんが『えらい長々と読みんさったな〜い』って感心されてました。

でもここが一部経の中の最大の難所だから、後は気が楽です。

ところで、稽古終了後に佐賀支部の道場生の秋丸拳士とメシ食いに行きました。

そしてメシの帰りに『バドゥ・ラウ゛ォワール(洗濯船)』という店に寄ったんです。

この店は、わたくしの数少ない行きつけの店で、ピアノの演奏などがある、たいへんお洒落なワインバーです。

ほとめかれて(注:佐賀弁※おだてられて、という意味)秋丸拳士、店のギターで3曲歌ったんです。

おったまげました!

息をのむ、うまさ。

前々からライブ活動を現役でやってるのは知ってました。でも、現場を見るのは初めて。

仕事は左官やさん。
いろんな角度から光を当てて、壁面が真っ直ぐななってるのか何度も確認しながら、塗りむらのない、真っ白の壁を塗りあげる職人です。今度道場の壁を漆喰で塗ってもらおう。

改めて秋丸拳士の才能の多彩さに敬意
(≧▽≦)ゞ

5月2日 火曜日
辛卯(かのと・う)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真西


われわれ坊主の生活は、ゴールデンウイークと全く無関係です。

しかしながら、どっか遊びに行かないと、世間に置いてきぼりをくらったような気がして、なんだか焦ります…!

佐賀支部の年少部は、試合直前なので強化練習だけはやります。

福岡道場は全休です。

ここのところクルマも働き詰めだし、ちょっと休めないと。

この間に、新人戦の準備のほか、5月の御祈祷、地域の溝掃除などをやります。


5月の御祈祷っていうのが、これまた厄介なんです。

お盆のお経まわりと同じように、5月にはほぼ全檀家に伺います。

帝釈天が1月、5月、9月に、人々の悪事を正すために、地上に降りてきます。

逆に言えば、帝釈天を始めとした諸天善神が地上にいらっしゃる時に、清浄に祈願を入れると、お聞き入れが早いんです。

昔から正五九(しょうごく)の御祈祷といえば、日頃のお願いをいっぱいしてもらおうと、みんな待ち焦がれていたそうな。

しかし、5月の御祈祷は若い世代の皆様には馴染みが薄く、坊主がこんな時期に何しに来たの?って感じで応対され、やりにくいことこの上ない…(>_<)

まさに頭蛇行ですなぁ…。

よし!1ヶ月で法華経一部を読誦してやろう!

昨日1日でもう巻第一終了。

今日は比喩品がんばりますとも。

目標があれば楽しくなるさ(*^-^)b

↑このページのトップヘ