【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2007年04月

13d6fb23.jpg4月30日 月曜日
甲午(きのえ・うま)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真北
旧暦:(大)3月13日




今日は偶数月最終日曜日に定期開催している年少部合同強化練習でした。

いつもは他流派同士ライバル心むき出しのガチンコが繰り広げられ、あちこちで泣き出したり、列から抜けたりする子が続出しますが、今回は、やや物足りないかな?と感じるくらいソフトなスパーリング。
その代わり、数はかなりこなせました。

ちょうどファイティングオープントーナメント九州空手道新人戦大会まであと2週間です。
おかげで道場生には目立ったケガ人もなく、調子は上々です。

さて、昨日もお伝えした通り、ゴールデンウィーク期間中の稽古日程をご案内いたします。


【第1回】

日時:5日(土)18:00〜
場所:白蓮会館佐賀支部
対象:年少部選手クラス
内容:試合向け選手強化練習。


【第2回】

日時:6日(日)11:00〜
場所:佐賀市金立丸山古墳公園
対象:年少部、一般部、父兄
内容:トレッキングによるスタミナ強化トレーニング
服装:登山に適したスポーツウェア及び靴、飲み物各自持参のこと


以上

eb66492b.jpg4月29日 日曜日
癸巳(みずのと・み)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:北北西
旧暦:(大)3月12日
雑節:昭和の日



ゴールデンウイークに入りましたが、ただいま試合直前の大事な時期なので、白蓮会館佐賀支部にて5日(土)の18:00から年少部選手クラスを対象に特別強化練習を行います。
練習時間はだいたい2時間程度です。

翌、6日(日)11:00より、スタミナ強化のための屋外トレーニングとして、金立丸山古墳公園から山腹にある正現神社までトレッキングを行います。
こちらは一般部選手やご父兄の方の参加も歓迎です。
服装は、一瞬空手着も考えましたが、普通にスポーツウェアでお越しください。


さて、伊万里の腰岳の山頂付近には古くから宝塔があります。
4月28日には、伊万里妙顕寺(日蓮宗)の檀信徒がこの宝塔に参拝する慣習がありまして『ほっとさん参り』といわれ親しまれています。

この御一行は、帰りしなに麓の腰岳稲荷に立ち寄って、腰岳稲荷側のもてなしを受けます。
当日わたくしも腰岳稲荷に行き、ほっとさんの御一行の到着を待っていました。

腰岳稲荷境内でほっとさんの御一行を接待するのは腰岳稲荷の信者さんの他に、地元の富士町という小さな集落の住民達です。

ちなみに、わたくしの母の実家は富士町にあるので、わたくしは皆様を存じ上げないのに、皆様はみんなわたくしのことをよく知ってらっしゃる。



妙な気分です。



御一行がお着きになり、お経を上げてくださるかと思いきや、妙顕寺の御住職は午後からの急用のため先にお帰りになったとか。

わたくしは、5月3日のお祭りのこともあるし、単に腰岳稲荷に縁のある皆様に一言ご挨拶申し上げるためだけに来ていました。
けれども、このような状況のためわたくしが導師を務めることに。


やはりこれも縁でしょうか。


今の腰岳稲荷の祭主は五代目。
その方はなんと父のいとこなのです。

今日お集まりのご接待の地元の面々は、昔から母をよく知る人達ばかり。

ほっとさん参りの御一行も、毎年富士町の皆様にお世話になっているため、わたくしが誰なのかみんなご存知です。


わたくしは、本日腰岳稲荷にお集まりの約30人の方々を、ひとりも存じ上げません(もちろん祭主のことは知ってますが)。

ひとつだけ確かなのは、法華経と腰岳稲荷に対して信仰のある人達だということ。
あとは、名前も、お住まいも、何もかも存じ上げないのです。


しかし、向こうは皆様ひとり残らずわたくしのことをよくご存知なのです。
わたくしの祖父が誰で、祖母が誰で、母が誰で、父が誰で、今どこに住んでいて、どのようなことをしているのか…。


去年、祭主側の事情により、腰岳稲荷のこと、要するに掃除も、お祭りも、管理も全面的にわたくしの方に依頼されました。

あれよあれよという間に、今日この場に座っています。



初めから腰岳稲荷はわたくしに巡ってくるようになっていたのでしょうか。




ああ恐るべし。

まだ覚悟してないし。

73c7a7da.jpg4月28日 土曜日
壬辰(みずのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西
旧暦:(大)3月11日
雑節:立教開宗会



わたくしの日頃の行いでしょうか。

毎年、見事な旭日遙拝をさせていただいております。


撮影時刻は5時49分。
撮影場所はもちろん鎮西本山・松尾山光勝寺。奥の院三十番神堂からです。
南無妙法蓮華経…

e285a924.jpg4月27日 金曜日
辛卯(かのと・う)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真西
旧暦:(大)3月10日




本日めでたく九州新人戦オリジナル大会パンフレットのデザインの原案が出来上がりました。


あれっ?この写真みたことあるぞ、と思うなかれ。


決してパクリではありません。
ただ、作成を東北大会実行委員会に依頼しただけのことです。
手抜きではありません。
ノウハウの共有です。



いやいや…それにしても北濱選手は絵になるね。
さっそく引き伸ばしてラミネートして、道場の前の道端に貼っています。


大会準備も山場を越え、やっとひと段落ついた感があります。
これもわたくしを支えていただいている皆様のおかげです。
ありがとうございます。

8cfc88fa.jpg4月26日 木曜日
庚寅(かのえ・とら)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:西南西
旧暦:(大)3月9日




ファイティングオープントーナメント九州空手道新人戦大会の申し込みを締め切りました。



いよいよ多忙になってきました。

ずっと道場に泊まってます。
布団に寝てません。



あまりの忙しさにマジでブログが書けません。


つきましては、しばらく更新を怠ります。


読者の皆様、瀕死の大野英章に心温まる応援メッセージをください。
なお、返事はいつになるかわかりません。

では皆様、しばらくのお別れでございます。
そいぎー
 

c2051fc5.jpg4月21日 土曜日
乙酉(きのと・とり)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真東
旧暦:(大)3月5日




前日の食事で、唯一わたくしだけが飲酒しました。



なぜ長距離ドライバーのわたくしがそのような暴挙に出たのかというと、翌日の新人戦の申込書の受け取りのために、道場に泊まるつもりだったからです。


道場に泊まるのは久しぶり。

昔、わたくしのメンタルマップでは佐賀と福岡は果てしなく遠かった。
当時の感覚では、気安く日帰りする所ではなかったので、福岡道場責任者就任の初期は、稽古が終わって帰る気力がなく、頻繁に泊まっていました。

月日が経つにつれ、あまりに日常化してしまい、佐賀−福岡の果てしなき道のりも、いつしかただの通勤路になり、全く遠いなどと感じなくなってきました。


福岡道場にはベッドと布団があり、仮眠をとったりすることはたびたびありますが、いざ泊まるとなると、このただっ広さが寂しいもの。



翌朝、事務所の机にかじりつきで新人戦の準備にかかります。

おかげさまで、たくさんの参加選手にお集まりいただきました。
選手の皆様の日頃の努力の成果を、充分に発揮できる場の提供に努めます。

e36bd6e3.jpg4月20日 金曜日
甲申(きのえ・さる)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:東北東
旧暦:(大)3月4日
雑節:二十四節気・穀雨




今日、熊本で白蓮会館の同好会を主宰したいという方が福岡道場に来られました。
その方は某流派で10年ほど修業され、数年のブランクがあります。

ご承知の通り、現在の白蓮会館の技術体系は少林寺拳法が母体なので、普通の空手道場で行う基本と大幅に異なります。
スパーリングのテクニック等に大差はないでしょうが、やはり基本的な技の名称もコンセプトも違います。

そのあたりを勉強するために、挨拶を兼ねて出稽古に来られたわけです。


一通り基本稽古が終わり、ミット練習へ。


折しも、白蓮会館は試合前。



最近のスタミナ練習はややハードです。

ミットが始まる前にこっそり
『ブランクはどれぐらいですか?』
と尋ねましたら
『3年くらいです。』
とのこと。



だいたいいつもと同じようなメニューをやりましたが、お客様には期待通りヘロヘロになっていただけました。

ちょうど試合前のデカ丸さんも出稽古にお見えになっていて、若い道場ながら少しくらいは有意義な練習環境を提供できたのではと道場生一同喜んでおります。


さて、終わった後は道場生みんなと食事へ。

遠慮のせいもあったでしょうか、最初はあまり話されなかった未来の熊本支部長とも、時間が経つにつれたくさんお話ができました。


あれこれ楽しい想像が盛り上がります。

もし熊本に白蓮会館の道場ができたら泊まりにいきます…

今度熊本の街を案内してください…



おかげさまで、本当に楽しい食事ができました。
なんだか、遠い未来がうんと近くなったような、そんな充実の稽古日でした。

36117df7.jpg4月19日 木曜日
癸未(みずのと・ひつじ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:北北東
旧暦:(大)3月3日





今日、大事な案件をすっとばしてしまいました。

ここに、佛祖三宝諸天善神ならびにブログ全読者のみまえにて、先罪を発露し、至誠に懺悔します。

…ごめんなさい
もうしません…



さて、気分を変えて、いいことをお話します。


ひょっとすると、白蓮会館熊本支部が誕生するかもしれません。

もちろん、まだ未定ですが、もし熊本に支部道場が出来れば、そこを拠点に鹿児島支部とも連携もとりやすくなり、今まで以上に白蓮会館九州地区の活動がまとまったものになります。

まずは同好会からのスタートですが、金曜日にその責任者が福岡道場に挨拶ならびに稽古に来られます。

ただただ楽しみです。
この勢いで九州各県に支部道場が開設されないかなぁ…。


では告知。

白蓮会館九州本部は、九州各地に同好会を募集します。
九州各地で空手の練習に汗を流す団体の皆様、われわれと一緒に白蓮会館の技術を学んでみませんか? 白蓮会館館長杉原正康印可の指導員が定期的に指導に伺います。

白蓮会館の名前で活動をやってみたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、
byakuren_kyushu@horse.livedoor.com
までご連絡ください。
詳しい案内をお送りいたします。



ついでに告知。

5月13日開催のファイティングオープントーナメント・白蓮会館九州新人戦大会の申し込み締め切りが迫ってきました。
締切は22日(日)です。

出場希望者は現金書留に出場費¥5,000-を同封し、白蓮会館福岡道場(〒814-0104福岡市城南区別府4-4-11アバンテ別府B1F・筺fax 092-852-1488)まで参加申し込み書を送付してください。
もしお手元に参加申し込み書がない場合は、御一報いただければファックスいたします。
よろしくお願い申し上げます。

5b0ccf3d.jpg4月18日 水曜日
壬午(みずのえ・うま)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真北
旧暦:(大)3月2日





はっきり言って
今日は寒い。
日中の最高気温は12℃までしか上がらないそうです。
我が家では久しぶりにストーブをつけました。

まったく、おとといは雹が降るし、今日もむちゃむちゃ寒いし、まるで春を感じさせない。



さて、昨日の白蓮会館佐賀支部の一般稽古はたいへん活気がありました。

この春、そんなに新入会者がいたわけではないのですが、長期の地下潜伏からの復活組がけっこういます。

復活組はいいですね。
復活組がいるだけで、休み時間や稽古終了後などにはいつも以上に昔話に花が咲き、道場の雰囲気が一気に明るくなります。



日曜日に昇級審査が終わり、福岡道場の一般部は青帯だらけになりました。

しかし、わたくしは昔から感じるのですが、道場の雰囲気は青帯が作るものだと思います。

今や新人戦に向けて一丸となった雰囲気があります。


やはり春はみんなが一斉に動き出す季節ですね。

eca19583.jpg4月17日 火曜日
辛巳(かのと・み)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:北北西
旧暦:(大)3月1日
雑節:●朔
   土用の入り



雹(ひょう)にやられました。



大和町を走っているときに、ワイパーをかけつつフロントガラスの雨粒をなにげに見ていると、気のせいか粒がはじけてるように思えて、よくよく注視してみると、タピオカみたいなちっちゃな氷が跳ね返ってました。




んで、いきなりの雹です。

雹というより、氷った雲の中にクルマごと突っ込んだような感じでした。



映画『プライベートライアン』の、ノルマンディー上陸作戦の時、トーチカに籠もっているドイツ兵から機関銃で掃射されるシーンがあります。
その時、生き残ったアメリカ兵は海岸の対戦車バリケードの陰に隠れるのですが、人数が固まっているのでそこをまた狙い撃ちされてしまう。
その時の鉄製のバリケードに機関銃の弾が繰り返し当たる音は、恐怖に満ちた実際の戦場の、悲惨さと臨場感を強くわたくしの心に刻みました。


全く、その音がするのです!


決して大袈裟ではなく、クルマのボディが穴だらけになるかと思いました。
まわりのクルマはみんな急ブレーキ。
そして木陰に避難。



山の雹は平野部に比べて粒がでかい。


本当にひどかったのは20秒ぐらいでしたか。
窓を開けて見てみると、カップジュースとかの氷より、やや大きいサイズの雹が路肩に積もってます。


降りてクルマのボディを確認してみると、さすがに傷はありません。

しかし、Wikiで調べてみると、ほぼ毎年、日本のどこかでは雹でクルマがボコボコにされているようです。

あー恐ろしや…。


福岡道場に着いて知りましたが、北九州全域で雹が降ったみたいですね。

おかげで、まだ夕方なのに外は暗くて寒い。
例によって道場生も少ない。
地下に吹き込む隙間風が、よりいっそうの寂しさを演出してくれた1日でした。

110c0cd2.jpg4月16日 月曜日
庚辰(かのえ・たつ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:西北西
旧暦:(小)2月29日





本人にとっては重大事なのに、その感動を思うように他人と共有できないものがあります。



代表的なものとして、昨晩あまり睡眠時間を確保できなかった時。


朝、いつも以上に寝ていたい自分にうち克ち、寝不足を我慢して出勤、そのことを同僚にこぼしてみます。

『ちょっと聞いてくれる?実はオレ、昨日2時間も寝てないんだよね…』
『へぇ〜大変だったね。でさ、今日の午後の〇〇の打ち合わせなんだけど…』

などと、いかに自分が今朝つらい寝起きをくぐり抜けて会社に来たのかとか、今でも寝不足のせいでカラダがフラフラしていることとか、もっと一緒になって感動してほしいのに、他人からはこちらが期待するほどのリアクションをいただけない。


交通法規違反で警察に切符を切られた時もそうです。


『がばぃむかつく〜!昨日警察に20劵ーバーで止められて、¥16,000払うてきたばい!』
『へぇ〜そりゃあ大変やったねぇ。場所はどこ?』
『国道〇〇号線の□□橋を下りたとこ。』
『ふーん。じゃそこ通る時は気をつけようっと。』


良くて、これくらいの反応です。

自分としては、普段はそんな飛ばさないのに、たまたま偶然が重なって急いでいて、そこにたまたま警察が検問していて、いかに自分の運が悪かったかとかを聞いてほしいのに、そこは薄っぺらな相づちだけでとんとんと会話が流され、さらに、罰金を払うことと引き換えに得ることのできた、貴重な検問情報だけをウマウマと持っていかれて、かえって損した気分になります。



以上、前置きです。

要するに、他人とは思いのほか感動を共有してくれないという比喩説でした。

このことは喜びという感動にも当てはまります。

何が言いたいのかと申しますと、わたくし携帯電話の機種変更をしたのです!





………。





ほらね?


誰も一緒になって喜んでくれない。

読者の皆様にとってはどーでもいいことでしょうが、わたくしにとっては嬉しくてたまらない出来事なのです。

皆様がわたくしの携帯に興味をお持ちでないことは重々承知ですが、新しい携帯電話について、もうしばらくお話します。
今回わたくしが手にしたのは、以前使っていた日立製作所の後継機(W51H)で、一年半の間に3回モデルチェンジをしています。

同じメーカーだから、使い勝手はさほど変わるまいと思いきや、さして使いやすくもない。

まぁ、習慣の問題でしょうよ。

価格は、ポイントを使ったので¥3,460でした。


例のごとく、兄と一緒にauショップに行きました。
わたくしが手続き中、ヒマを持て余す兄は、やはり携帯いじり。

兄の携帯は、年末に発売されたソニーのワンセグの、あの、割と世間を騒がせたタイプ(写真)のものです。
それをスタッフが目ざとく見つけ、
『それはいつお買い上げでしたか?』
と訊いてきます。

『発売を待って買いました。』
『じゃあ一番高い時に買われたんですね。』
『そうですね。あの時は2万いや、3万以上しましたねぇ。ちなみに今いくらになってます?』
『どれぐらいの期間ご利用されました?』
『いや機種変ではなく、新規だったんですけど。』


『………。



新規でございますか。

…申し訳ございません。
新規のお客様は、この機種に関しましては、おとといから「無料」になりました。』




兄、絶句…!



帰り道、兄は、わずか数ヶ月で無料になった自分の携帯を嘆き、かたやわたくしは、機種変更で新しくなった我が携帯を喜ぶという、自分以外の人の気持ちを思いやるかけらもない空間になっていました。

慈悲の『悲』とは、つらい目に遭っている人と同じ気持ちになって、一緒に泣いてあげることです。
大野兄弟はお互いにもう少し慈悲が必要ですね。

aa862034.jpg4月13日 金曜日
丁丑(ひのと・うし)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:南南西
旧暦:(小)2月26日





ある本に
『成功者は、時間のなさを決して言い訳にしない』
とありました。


ふ〜ん…
なるほどなぁ。





ところで、最近わたくしは忙しくて困ってます。
このままでは成功者になれませんな。




話は変わりますが、佐賀支部の道場生で、新年度からの塾のカリキュラム変更で、週3回の稽古のうち2回が来れなくなった子がいます。

わたくしはそれを聞いて、暗い気分になりました。

いくらなんでも塾(要するに大成学館なのですが)の受講スケジュールの変更はきかない。
どちらかを諦めて切り捨てるしかないのです。



春休みが明け、塾の通常講習が始まりました。

しかし、彼は今までと同じように道場に来ています。
そして、今日は稽古中に早退しますと断ってきました。

短時間でも空手の稽古に参加して、その足で学習塾に向かう。




感動…!





わたくしは、そこまで考えが及びませんでした。

どちらも車での移動です。
家族の理解と協力あってのことでしょう。


確かに周りの人よりも時間的なハンディを負うことになるでしょう。
しかし、思う存分できないもどかしさは、強烈な集中力を産みます。


なるほど『成功者は決して時間のなさを言い訳にしない。』

勉強と空手道、どちらでも結果を出して、家族の期待に応えてやってほしいと思います。

e733aad5.jpg4月12日 木曜日
丙子(ひのえ・ね)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真南
旧暦:(小)2月25日





今日はウチで三夜待が行われました。

今回の参加者は10人。
兄が鉢盛を予約し、お酒を買い、おでん、豚汁、サラダを自分で作ります。


わたくしは……。


わたくしは無力です。


お座敷に掃除機をかけました。

あと、メンバーの出欠の確認もしました。



年少部選手クラスの指導が8時までで、わたくしが自宅に帰ってきたのは9時前でした。
7時から開始の三夜待には2時間の遅刻。

しかし、かなり盛り上がっていました。

途中で何人か帰られたものの、おひらきになったのはなんと午前3時。

兄の手作りの品々も好評でした。

うさぎも、初めてみる人が多かったらしく、やたら可愛がられていました。

こんなにも皆様が長時間いてくださるということは、居心地の良さを提供できたということでしょうか。

ホスト側の兄弟としては満足度の高い三夜待でした。

dad558ed.jpg4月11日 水曜日
乙亥(きのと・い)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:南南西
旧暦:(小)2月24日
雑節:下弦




春になると人間も動きます。


新入会員が来るのもこの季節。
いろいろな事情で会員が去っていくのもこの季節。


福岡道場の年少部には、特に選手クラスなるものを設けていません。
希望者は稽古が終わった後に残って強化練習をします。
しかし、自由参加となると、やはりみんな痛いのは嫌いらしく、メンバーはいつも決まっています。


ところが今は春。


人が動く季節です。



ここにきて、居残り稽古の参加者が一気に増えてきました。
人数が増えると、おのずと活気が出てきてレベルも上がります。




しかし、問題も発生。



後から選手クラスに入ってきた子達の方が、前から地道にコツコツやってきた子達より強いんです。

特に細かなディフェンスなど教えてないのに、なぜか最初から強い。

まぁ、でも、こういうことって多々あります。

わたくしも選手として長いことやってきましたので、自分自身似たような経験をしてきました。
指導の立場になってからもそうです。


ただ、古くから残って強化練習をしてきた選手達は、いつも半泣きです。

痛くて泣いてるわけじゃない。
悔しくて泣いてるんですね。




こういう場合、
選択肢はふたつ。




嫌になってやめるか。
ただただ続けるか。



勝負の土俵から降りれば、もはや永遠に負けることはない。

賢明な選択です。



でも、わたくしは、
とにかく土俵の上が好きだった。


ひたすら歩いてさえいれば、いつか必ずいいことがある。

ただ、そう信じられるかどうかです。


♪くじけりゃ
誰かが先にゆく

後から来たのに
追い越され

泣くのが嫌なら
さぁ歩け


わたくしは色帯の時に、おりにふれ助さん角さんに励まされてきました。


自分を信じる。

空手を愛する。

この想いが強い人が最後に残ります。
ここは、いっちょうバカになって、自分の未来を信じてみましょう。

c95a4114.jpg4月10日 火曜日
甲戌(きのえ・とり)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西南西
旧暦:(小)2月23日





もう何回目でしょうか。

真盟会館・大阪天保山支部の濱崎甚支部長が、白蓮会館佐賀支部の一般稽古に来られました。


来られるたびに濱崎支部長に指導をいただく時間を作っています。
毎年わが道場生にマニアックな技術を伝授していただいているのですが、今年はスパーリングの時にさっそく使っていた人が多かった。

技術はもちろん使えば使うほど身につくものです。

この調子でしっかり練習して、来年また同じ日に来られるであろう濱崎支部長を驚かせましょう。

ちなみにどのような技を教えていただいたのかは企業秘密です。
ウチがすっかり習得できたあかつきに公開します。

さぁ!
試合まであと1ヶ月。
せっかくの秘密兵器を、秘密のままで終わらせないように頑張りましょう。

46e2f7bb.jpg4月9日 月曜日
癸酉(みずのと・とり)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真西
旧暦:(小)2月22日





大成学館は、毎月通知表をつけて全家庭に郵送します。
成績概要や出席状況のほか、各教科の担当講師は、200字ぐらいのメッセージを生徒ひとりひとりに書き添えます。

しかし、講師からすると、このコメント作成はかなりの仕事です。
200字ですから、ひとりあたり原稿用紙半分の量です。
現在の白蓮会館佐賀支部が常設道場になる前は、わたくしもいちお〜常勤でしたので、毎月終わりに莫大な数の個人宛てメッセージを書いていました。

よく人から、毎日のブログ更新をねぎらっていただくことがありますが、大成学館の講師レポートの大変さからすれば全く較べものにならない。
それぐらいの重労働でした。



しかし、今は気楽な非常勤。

レポートの数も大したことなく、割と数時間でこなせるようになっていました。

ところが前回お伝えした通り、卒論作成以来10年愛用のNEC文豪miniがぶっ壊れまして、途方に暮れておりました。
しかも、ここ数日の殺人的スケジュールで、塾長に提出日を延期してもらうよう懇願。無表情に承諾していただきました。

提出日の朝は地鎮祭があり、まるまるハマらなければならず、久しぶりの徹夜です。
兄のパソコンに、ワープロのフロッピーのデータを移行し、ピッチを合わせ、何度もミスしながら真夜中にやっと終了。
付き合ってくれた兄に感謝です。

わたくしはそのまま地鎮祭のための幣束を朝まで作りました。


塾の卒業生で、今もなお付き合いのある生徒もいます。
その子達が口を揃えて言うには、わたくしの生徒の評価はかなり厳しいそうです。
親に、
『あんたなんやのっ!
国語をもうちょっと頑張りなさい!』
と怒鳴りつけられ、はて?今回そんな国語の成績悪くなかったんだけどなぁ、とよくよく聞いてみると、単にわたくしが辛口だったそうで…。

今更ながら反省しております。


さて、このレポート提出で、わたくしはかなり肩の荷が降りました。
また、新人戦の成功に向けて頑張ります押忍!

a3d9236a.jpg4月8日 日曜日
壬申(みずのえ・さる)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:西北西
旧暦:(小)2月21日





昨日に引き続き、今日も忙殺されました。

金曜日に調子に乗ってやりすぎたジャンピングスクワットの筋肉痛は、日曜日にピークを迎え、組寺でもっとも若僧のわたくしのフットワークを低下させます。

師匠が塔婆を落とした際、わたくしは足がとにかく筋肉痛でパッと駆け寄ることができず、結局、燕尾七条という一級正装の師匠に拾わせてしまいました。

このことに関して、出座の御老僧から厳しくお叱りを受けました。


いやいや。


悪気はなかったのですが…反省します。



業界では、座る際に膝が地面にぶつかって音を立てることを『けもの座り』といって戒めていますが、わたくし1日で40回ぐらい派手にドカンと大音声を出して座りました。

法要中、客観的にみっともなかっただろうなぁ。。。。


今後はスクワットを封印します。



日曜日とはいえ、朝から夜までスケジュールがびっしり。
しかも珍しいことに、その全てがお寺の仕事です。

さらに夜は、締め切り間際の月例報告や塾のレポートに追われ、さらに翌日朝一番に地鎮祭があるため、幣束も作らねばならず。


上記の理由により、2日間もブログの更新ができませんでした。


でも忙しいのは
いいことだ。

朝はまた来る。


では寝ます。
(現在時刻・10日1:25)

6b7eb176.jpg4月7日 土曜日
辛未(かのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北西
旧暦:(小)2月20日





今日は盛りだくさんの1日でした。


昨晩、稽古終了後、でかまるさんに誘われて、福岡道場のいきまつSS指導員と3人で、近所で評判のステーキハウスに行ってきました。
700グラムのステーキとライスのセットを、1人で完食すれば半額になるというキャンペーン中でした。




わたくし、ラーメンの替玉なら余裕で7回いきます。

スープも全部飲みます。


700グラムのステーキの完食が不可能なわけがない。




ところが…。



意気揚々と例のステーキハウスに行ってみると、その700グラムの肉はすでに売り切れていました。

仕方なく高いお金を払って普通のステーキを食べてきました。

しかし、これがまためちゃめちゃうまい!
福岡在住の方にはおすすめです。
ついでに、ニンニクを一度にたくさん食べ過ぎると、翌日の尿に異変が起きるということも学びました。


それからはるばる佐賀まで運転して帰り、帰宅、即、翌日の大祭の準備。

限界を感じ就寝。

そして早起きしてまた準備。


今回の御経会には、我らがいきまつ整体治療院の、いきまつSS先生(白蓮会館指導員)がゲストでやってくるのです。
まぁ、ゲストと言いますか、お祭りに参詣なさった檀信徒の皆様に、いきまつSS指導員の時間の許す限り、無料で施術するというコンセプトで来ていただきました。


無財の七施のうちのひとつ『身施』ですね。


といえば聞こえはよろしいが、要するに少しでもいきまつ整体治療院の知名度を広げられれば、ということです。

法要が終わり、いったいどれくらいの希望者がいるのか心配でしたが、いざ蓋を開けてみるとなんと長蛇の列!

大繁盛の無料施術会で、次回のお祭り(8月19日:施餓鬼会)にも来ていただきます。

さすが御経会、縁結びの祈りですね。
大聖人の手に持つ勺から、色とりどりの縁の綱を十方に結び、最後に境内の宝塔に繋げます。
今や宿福甚幸の幸いあって霊山値遇の大縁な結ばしめ給え。
南無妙法蓮華経


商売繁盛疑いなし!

ffd566cf.jpg4月6日 金曜日
庚午(かのえ・うま)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真北
旧暦:(小)2月19日





明日は勝厳寺の御経会(おきょうえ)です。

前日になって、こんなに準備ができていない大祭も初めてです。

しかも昼過ぎから福岡道場に行かねばならぬ。

今日は寝られません…。

77471ea7.jpg4月5日 木曜日
己巳(つちのと・み)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:北北西
旧暦:(小)2月18日
雑節:清明
本日13:05より気学上の4月
甲辰(きのえ・たつ)九紫火星
暗剣殺:南の方

今日は、日蓮宗煌心会の平成19年度定期総会でした。



一番の事件は、わたくしが二代目を襲名してしまったことです。




全力で精進します。

皆様、御指導の程よろしくお願い申し上げます。

38d27369.jpg4月4日 水曜日
戊辰(つちのえ・たつ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:西北西
旧暦:(小)2月17日




久しぶりに花市場に行ったら、麦が売られていました。

いま、佐賀平野は見渡す限り麦だらけです。

そんな中、お金を払って麦を買うのも抵抗ありますが、かといって人様の田んぼに入って刈り取るわけにはいきません。


結局かなり大量に買い込みました。



佐賀・福岡道場の御宝前と、それぞれの玄関に飾ってまだ余る。

余った分は、明日観音峠の向き合い観音さまにでも上げてきましょう。



土曜日は勝厳寺の御経会(おきょうえ)です。

本堂の大聖人像の手の尺から縁の綱を本堂に張り巡らし、最後に境内中央の宝塔に結びます。
その宝塔の脇に、例年、桜の大枝を奉るのですが、去年はよい桜が見つからず、代わりに菜の花を使いました。

毎年、住職がどこからか桜を切り出してきます。
しかし、桜ってたいがい誰かの所有物。
そのうちトラブルを起こさないか心配です。


そういえば、さっき鍋島の『さくらふる〜る』にかなり大きな桜の枝が売られていました。


てゆーか、いったい誰があんなにでかい桜を買うのだろう…?


毎年どっからか勝手に頂戴していた桜を、もしまっとうに店頭で買うとしたら、いくらぐらいするのでしょうか。


ちなみに麦は、長さ1mぐらいのをひとつかみしたぐらいの量で150円でした。


さすがに桜は値が張りそうですね。

しかし、もしウチの住職が良い桜を見つけられなければ、最悪花屋さんから購入です。



ところで、麦といえば、『神童』の天才ピアニスト・和久井冬麦さんの話題を最近よく目にします。
やはり、彼女の名前と、今のこの麦の季節とを合わせてのことなのでしょうか。

麦は、枯れてもしおれないし、色もきれいな黄色になるし、飾るには最高です。
次回、同じ麦の時間を経たバージョンの写真を掲載します。

990064c1.jpg4月3日 火曜日
丁卯(ひのと・う)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真西
旧暦:(小)2月16日




親愛なる神戸支部長が生まれて36年が経過した今日。

わたくし、とある人にこう言われました。




『サンリオが作った悪役みたい』






………。






こういう場合は、暴れた方がいいのでしょうか?




常不軽菩薩ってやっぱりえらい。

そう思い知らされた、大変ありがたい瞬間でした。


さて。



今日の白蓮会館佐賀支部の一般部の稽古は活気がありました。

体験者も来て、他流派からの出稽古もあり、久しぶりのメンバーも現れ、なんだか嬉しい限り。

終わる頃に、稽古に参加はできなくとも、せめて見学に、という道場生もあり。

まさに活況でした。

白蓮会館九州本部にとって、今年度はいい年になりそうです。

47a8056b.jpg4月2日 月曜日
丙寅(ひのえ・とら)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:西南西
旧暦:(小)2月15日
雑節:○望月




福岡道場一番の期待の選手が、週末にアバラを折りました。
試合まであとひと月半。
果たして間に合うかどうか…。


そのアバラが折れた原因が、これがまた空手と全く無関係なのです。

骨折の理由はこうです。

友人の家族と一緒に酔っ払って銭湯に行ったそうな。
待合室というか、休憩室で子供達と遊んでいたものの、お酒も回っていい気分…。
しばらく横になってウトウトしていたら、突然、さっきの子供達がアバラの側面に片足で飛び乗ってきた。



まさに悶絶!



今まで喰らったどんなミドルよりも効いたそうです。


病院に行ったら、アバラ3本折れてますよと言われたんですって。


格闘家にとって、何が屈辱的かって、戦いの舞台と全く関係ないとこで負傷しまったことでしょう。

みんな笑ってはくれますが、絶対に共感してくれませんし。



中学生とミットを組んでましたが、一発目の前蹴りで悲鳴を上げてました。


あぁ、福岡道場のエースなのに。

気力で間に合わせてくれることと信じております。
宗玖寺の諸天善神、何卒よろしくお願いします!

fa89cd22.jpg4月1日 日曜日
乙丑(きのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西
旧暦:(小)2月14日




NHKで激流中国という特集番組をやっています。
平日わたくしは毎日道場にいるため、普段テレビをほとんど観ないのですが、日曜日の夜のNHK特集だけはけっこう観ます。

〜新シリーズ・激流中国〜

◇超格差社会の壁10億円の邸宅と錬金術
◇引き裂かれる親子 貧困村の出稼ぎ

という感じの内容でしたが、かなり考えさせられました。

較べるものじゃありませんが『硫黄島からの手紙』より泣きました。

ドキュメント番組は、時に人の心をえぐります。
バックミュージックもない。
効果音もない。

単に中継映像のつなぎ合わせです。

しかし、そんな演出のないそっけなさの中に、衝撃と感動があるのです。

NHK特集の制作スタッフには本当に頭が下がります。
よくぞ、あそこまで無駄を省いて、しかも伝えるべき情報を洩らさず、視聴者に衝撃と感動と問題意識を長く刻み込み、1時間という限られた枠の中に簡潔にまとめるもんだなぁと、ほとほと感心します。



いや〜素晴らしかった。


それにしても、よその国ながら急いで中国をなんとかしなければならないと痛感させられました。
中国の未来は、Aさんとえん(Clowns2号)さんに託します。
わたくしはできる限りの協力をしますので、中国をよろしく。


ちなみに、わたくしの言う『できる限り』の指す範囲は極小ですので、あらかじめ御了承ください。


写真は、最近の食事中のもこら

う〜む。丸い…


↑このページのトップヘ