【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2007年06月

b8b02b84.jpg6月30日 土曜日
乙未(きのと・ひつじ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:北北東
旧暦:(大)5月16日
雑節:〇望月(ブルームーン)





えー。



今日は知る人ぞ知る、ウチの親分の誕生日です。


遠く九州より、謹んでお祝い申し上げます。

おめでとうございます押忍!



ちなみに親分の着信画面はこれです。
なので、悪い用事じゃなくっても毎回ビビってます。

1b5e0267.jpg6月26日 火曜日
辛卯(かのと・う)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真西
旧暦:(大)5月11日




先日の道場稽古中の初エアコンに続き、初の一晩中エアコンをやっちゃいました。

本当に熱帯夜でしたねぇ。


わたくしは車のエアコンが苦手で、だいたい窓を開け放って走行するのですが、梅雨の時期はさすがにエアコンをつけるしかなく、雨天時の福岡〜佐賀の長いドライブはこたえます。


さて、偶数月最終日曜日は年少部の合同強化稽古です。
今月は、1日ずれこんで7月のアタマになりました。
今週末の1日(日)15:00〜白蓮会館佐賀支部にて行います。

来月、大阪府立体育会館で開催される白蓮会館全日本Jr.選手権に、九州本部から3人がエントリーしました。年少部からは初の遠征となります。

選手の皆さんは、留守番のみんなの想いを汲み取って、悔いのない試合ができるように頑張りましょう。
もちろん留守番の皆さんも、オレには関係ない、みたいな態度ではなく、常に一緒に戦うつもりで稽古してください。

fd171106.jpg6月25日 月曜日
庚寅(かのえ・とら)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:西南西
旧暦:(大)5月10日





よい結果を得られた時と全く同じやり方で試合に臨んでも、もうすでに柳の下に泥鰌はおらず、やはり結果は落ちるもの。
少しでもいいから、何かを壊して、新しいことに挑戦しないと上には伸びません。
メンテナンスは一見現状を維持しているようで、その実、後退です。
常に何らかの革新がなければ勝てないのがこの業界の法則です。




だからといって、全てを壊してはいけない。


稽古とは
『古きをなぞる』
という意味です。
厳密にいうと、練習と稽古は意味が違うのです。

練習は、創意工夫を盛り込みながらやるものですが、稽古にそんな余地はない。


やっている内容を変えたらダメなのです。



道場の空手は、稽古と練習と両方をやります。
伝統と革新の両輪がうまく回ってこその実戦空手なのかなと思います。



さて、来週末の8日(日)14:00より、白蓮会館福岡道場にて昇級審査会です。

昇級審査受験者は審査料が¥5,000必要です。
審査対象でない方の参加は無料です。

一般的に昇級審査と呼ばれていますが、あくまでも研修会であり、その中での審査です。
今回昇級審査を受験しない人も必ず出席するようにしてください。

b3947570.jpg6月24日 日曜日
己丑(つちのと・うし)二黒土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:南南西
旧暦:(大)5月9日





今年、われわれ白蓮会館は、流派の総力を挙げて極真連合会のウエイト制全日本選手権大会に挑戦しました。

それが今日だったのですが、応援に行ったメンバーの話では、あまり芳しくない成績だったそうです。
非常に残念です。



狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり。
悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。
驥に学ぶは驥の類ひ、舜に学ぶは舜の徒なり。

偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。




強くなりたい…




そう願って空手やってますよね?



強くなるためには、我々は何から始めるべきですか?


最終的にそうありたいゴールを決めて、そこに到達した人をよく観察することでしょうか。

もしそこに誰もいなかったら、想像力を働かさなければなりません。

道の果てに広がる光景を。

3a697bbd.jpg6月23日 土曜日
戊子(つちのえ・ね)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真南
旧暦:(大)5月8日






先日、知り合いの大工さんの自宅が全焼しました。

この大工さんは、今では数少ない宮大工で、勝厳寺のちょこちょこしたものを作っていただいてます。
今のわたくしの部屋も、その方が作られたものです。
壁紙を使うのが嫌だとおっしゃって、木目のおもしろい板を組み合わせて仕上げてもらいました。


火事ですから、生活用品みな失っておられます。もし、お見舞い品など供出できる方がいらっしゃればご連絡ください。






6月ももう終わり。

今から2日間、善神堂に参籠します。

2b8c3766.jpg6月22日 金曜日
丁亥(ひのと・い)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:南南東
旧暦:(大)5月7日
雑節:二十四節気『夏至』




兄が帰宅しました。


見るからに
くたびれてます。



感応は…微妙だったそうで。

ヤケを起こして、帰りがけに福山まで足を伸ばした模様です。
大野兄弟は実はかなりの城マニアなのですが、新幹線の駅からよく見える福山城は、いつでも行けるという安心感から、なかなか行かない名城です。
a85d08e3.jpg

前日の昼過ぎに出発、夜中に到着。
翌朝参拝。
松江城(現存12天守のひとつ・五層天守は姫路・松本と松江の3つのみ)〜月山富田城(尼子の城)〜福山城。

帰宅は日付が変わった22日でした。




一説にはETCの通勤時間割引と夜間割引をフル活用したために、こんなに遅くなってしまったとの話もあります。


とにかくお疲れ様でした。

a00d3190.jpg6月21日 木曜日
丙戌(ひのえ・いぬ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:東南東
旧暦:(大)5月6日




兄が出雲に出掛けています。
出雲大社の大国主命に逢いに行きました。

行くと決めてから出発するまで40分。


夕方に出掛けて、23時に現地到着です。


ところが泊まるところがありません。
初期の予定ではネットカフェに泊まって、翌朝出雲大社に参拝するつもりが、車中泊だそうです。

その御苦労をきっと評価してくださるでしょう。


家ではもこらがゴソゴソしています。

c7619942.jpg6月20日 水曜日
乙酉(きのと・とり)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真東
旧暦:(大)5月5日




今までキッチンタイマーで時間を計っていましたが、無門塾の篠原先生の御厚意で壁掛け大画面タイマーが常設されたのは先日お伝えした通り。

さらにまた白蓮会館福岡道場に設備の充実が見られました。


その名も『メディシンボール』。


確かに、あれば便利ですが、どうしても後回しになるものです。
なのでメディシンボールが道場に置いてあるところなんて意外に少ないのではないでしょうか。

道場生のO原さんからいただきました。
ありがとうございます。


で、初日からさっそく子供達のいいおもちゃになっています。

道場に置いてあるものをおもちゃにして遊んでも、だいたいダメとは言わないのですが、やはりメディシンボールは没収しました。

放っておくと、窓ガラスが割れるか、小さな子供が怪我するかしそうです。


やはりメディシンボールは、大人をいじめるためのもの。
よって、次回から福岡道場の一般部の皆様には死んでもらいます。乞うご期待。

a9bbe80e.jpg6月19日 火曜日
甲申(きのえ・さる)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:東北東
旧暦:(大)5月4日




朝から猛暑でした。



白蓮会館佐賀支部は、屋外よりも暑いと評判です。

更衣室で着替えるだけで汗をかきます。

わたくしはいくつか仕事があったため、日中で最も気温が上がるといわれる3時頃佐賀道場に入りました。
そしたら、そこはまるで屋外駐車場に停めっぱなしの車内。
50℃ぐらいあるんじゃなかろうかと感じられるほど、温めた寒天の中を歩くような感覚です。

窓を空けて扇風機をかけます。


書き物をすれば、書類が右手の汗で濡れて波打ってしまいます。


稽古は最悪でした。


一般部の稽古が終わる頃、この夏初のエアコンをつけました。

このエアコンは優れものです。
あんだけ暑かった広い道場が5分で冷えます。


これで何かひとつの我慢が切れました。

たぶん明日からエアコンに依存です。
稽古中は酸欠になるのでつけませんが、稽古が始まるまで道場を冷やすことにします。

皆様そのぶん頑張ってください。

22533181.jpg6月18日 月曜日
癸未(みずのと・ひつじ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:北北東
旧暦:(大)5月3日




そういえば、今日いろんな手続きをお願いして、ウチに来た保険屋さんが、中学校の同級生でした。
もちろん向こうは、わたくしの家を訪れることを事前に承知してるのでしょうが、こっちは会ってびっくり!
ちょっとだけですが昔話に花が咲きました。

最近、懐かしい友達とよく再会します。
それがまた、本当に久しぶりの、例えば、それこそ20年ぶりとかの友達です。

旧友との思い出話は自己を振り返る良い機会ですね。
こういう日は割と一日中ニコニコしているものです。




やはりそうじ力でしょうか。



今日の福岡道場の稽古の終わる頃、突然無門塾の篠原先生が来られました。


両手には大きな黒い機械が。


バレーの試合などで、得点や残り時間を表示するアレです。正式な名前はわかりませんが、要するに、冒頭の写真に写っているコレです。

前から欲しかったのですが、なんしか高い!


値段が高いんです。


無門塾には、どういうわけか以前から2台あったそうで、1台おすそわけしていただきました。
ちなみに、もらったわけではなく、使わせてもらうということになりました。
篠原先生ありがとうございます。


これで、また白蓮会館福岡道場の設備が充実しました。

やはりそうじ力でしょうか。


これで今週から神戸支部なみの鬼のスパーリングができますね。

eab7cdf3.jpg6月17日 日曜日
壬午(みずのえ・うま)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真北
旧暦:(大)5月2日





木を隠すなら森の中。


人を隠すなら人ゴミの中。



殺人を隠すなら…?


もちろん殺人の中。


というのがクリスティーのABC連続殺人事件の解決に至る発想でした。



すみません脱線しました。



汚れを隠すなら、やはり汚れの中が一番です。

きれいな場所の汚れって目立つんですね。
周りがとことん散らかっていると、多少の散らかりは気にならない。

まさに佐賀支部はそんな病気でした。




5月の九州新人戦が終わって、大量のゴミが出ました。
それらを捨てるために白蓮会館佐賀支部の大掃除をしました。

そしたら、縁あって佐賀支部を書道教室に貸すことになりました。

そしたら、書道教室の方々がめちゃめちゃ丁寧に道場を掃除してくれます。

全体的にきれいになると、今まで気にはなるものの、あとでいいやと先延ばしにしていたことをやり始めます。

例えば、連盟旗が下にたるんできたことや、新しく入った道場生の名札など、急ぐ必要がないからとなかなか手を付けられずにいたところが次々と処理されていきます。

応接室に置きっぱなしの、誰が持ち込んだかわからないような漫画本なども、全部古本屋に持っていって処分しました。
白蓮会館佐賀支部は、ひょんなことから本当に生まれ変わりました。


その勢いで勝厳寺も積年のゴミを出すための大掃除をしました。

せっかくの機会だからと、福岡道場のゴミを持って帰ることにしました。
福岡道場は佐賀支部に較べて、いつもだいたい整頓されています。それでも気になる不要品が全くないわけではない。

そしたら、出るわ出るわで、レガシィのシートをフルフラットにして天井に触るくらいゴミがでました。こんなにも捨てるものがあったのかと驚くほどです。

わりときれいにしている福岡道場が、さらにスッキリなりました。



なんだか、たったひとつのきっかけで、ドミノ倒しのように連鎖して、わたくしの周りの環境が整っていきます。




もう、白蓮会館九州本部の両道場には、ちょっとの乱れが目立たないような隙はありません。
片付いている道場の掃除なんて、基本的にラクです。
これからますます励みます。




しばらく、いいことの連鎖が続きそうです。

いやいや。
そうじ力恐るべし。

e9df1af3.jpg6月16日 土曜日
辛巳(かのと・み)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:北北西
旧暦:(大)5月1日
雑節:●朔月




以前お伝えした通り、今日は勝厳寺のゴミ出しです。
日頃の行いが良いからでしょう。連日の雨も、夕方のゴミ出しの時だけやみました。



わたくしは今日、かなりの過去を捨てました。




まず、カセットテープ。


カセットを聴かなくなって10年が経ちます。
10年使わなかったものは、さすがに捨てるべきでしょう。

心を鬼にして引き出しを開けたら、約200本のカセットテープ。

そこには懐かしいアーティストの名前がずらり。
いずれも大好きだったアルバムばかりです。



捨てる前に、最後に、もう1回だけ聴いてから捨てよう…




などという、自分の中から湧き上がる強い誘惑を振り切って、それはもう、一気にいきました。


さようなら青春。

さようならPERSONZやprincess princess…

さようならレタリングシート。

長生きしてあればまたどこかで出会うでしょう。
さすがにレタリングシートに出会うことはなさそうですが。



それから、わたくしの中では割と大きな心境変化ですが、選手時代の記念のゼッケンを捨てました。
極真や正道、思い入れのあるものばかりですが、やはりその中でも新人戦時代の広告のない素っ気ないゼッケンは大事にしていました。

それらを捨てました。

ゼッケンを捨てたところで、別にタイトルを捨てるわけじゃないし。


あと、古いビデオや服や靴など。

いつの間にかなくなっていたとしても、気がつかないものはほとんど捨てました。
たとえそれがどんなに思い入れがあるとしても。




それにしても庭に積み上げられたゴミの量は半端ではありません。
いくらなんでも多すぎるとS君に怒られそうです。

今日捨てたゴミをもう一度家の中に収納せよと言われても、絶対に無理。
確実に六畳間ひと部屋を潰してしまう量です。


S君が来るのは昼過ぎの予定でしたが、なかなか来ません。
でも、かえってそれで助かりました。もし約束通りお昼に来られてたら、家の中は捨てそこねのゴミだらけだったでしょう。



夕方S君が来ました。

それにしても彼は良く動きます。

絶対2tトラックに積みきれないだろうと思っていましたが、そこはさすがプロ、S君はコンパクトに積み込んで、荷台の半分ぐらいに収めてしまいます。



あれだけあったゴミは、今やすっかりなくなりました。
今の気持ちはかなりスッキリです。
家がきれいになると、なんだかやる気が湧いてきます。


そうじ力恐るべし。
こりゃ絶対いいことあるね。

6c358f71.jpg6月14日 木曜日
己卯(つちのと・う)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真西
旧暦:(小)4月29日




ちょっと変わった初体験をしてきました。

その名も『おがくず風呂』。


書道教室を紹介してくださった勝厳寺の檀家のK原さんが、今回の一連の騒動のお礼にと、ありがたいことにおがくず風呂のご接待をいただきました。
場所は白蓮会館佐賀支部から北へまっすぐ。平塚交差点のやや手前、高木瀬セブンの隣りです。


なんでも、わずか15分の入浴で、ジョギング2時間分の発汗効果が得られるとか。



お店に到着すると、まず酵素ドリンクとやらを試飲。
そしておがくず風呂へ。

酵素(だったかな?)を振りかけてある檜のおがくずに、砂風呂の要領で首だけ残して埋められます。
なにせ、おがくずがすでに自然発酵しているので体温ぐらいの温かさがあります。

ちっちゃなプールぐらいの大きさの風呂に、ただ、おがくずのみ。
そこに人が一人入るぐらいの穴を掘ってあり、首だけ出して横たわります。
そしておがくずをカラダにかぶせられます。


その瞬間だけはかなり熱い。


しばらくするとその熱さにも馴れます。

でも、身動きするとまたやたら熱い。


どうやら空気に反応した瞬間に熱くなるそうなのです。


わたくしは一応スポーツマンといわれる立場にいるにもかかわらず、昔から汗をかかない体質でした。
決して手抜きしているわけではないのに、道場生がみんな汗だくな時にも、わたくしだけ道着が濡れていないなんてこともしばしば。

普通の人は15分が限界らしいのですが、例によってわたくしはまだ汗をかきません。

しかし、その15分を過ぎた瞬間から滝の汗が!


来た甲斐ありです。

半身浴も含め、40分ぐらいゴロゴロさせていただきました。


埋められた体勢で、要するに身動きが取れない姿勢での我慢の限界が、わたくしの場合は40分ぐらいのようです。
母は昔、指宿で5時間とか連続で砂風呂に入ったことがありますが、今さらながらその辛抱強さを尊敬します。




続いて『カップ吸引』とやら。
背中や太ももに真空状態のカップを押し当て、血行を良くするのだとか。


写真はその成果です。
色が変わっているところほど不健康なんだそうな。

わたくしは右のお尻と右の太ももの裏が痛いのですが、そちらにはほとんど変色が見られません。

ひどいのはご覧の通り、肩です。



てゆーか、かゆい。


やはり不健康なのでしょうか。
筋肉とか骨格の歪みではなく、血管とか、そういう箇所の問題なのでしょうか。


それよりもなによ見てくれがよろしくない。
一応バックラットスプレッドを決めてみましたが、ポーズの練習もしてない上に、長生きするためのタンクを腹周りに必要量以上に装着しているため、まったく絵になりません。

この背中の模様は、いつになったら消えるのでしょうね?

c903a9d9.jpg6月13日 水曜日
戊寅(つちのえ・とら)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:西南西
旧暦:(小)4月28日




白蓮会館九州本部の主な行事予定をお知らせします。


6月30日(土)
白蓮会館全日本Jr.選手権大会出場申し込み締め切り
※30日は総本部事務局への締め切り日のため、出場を希望する道場生は木曜日までに提出のこと


7月1日(日)
15:00〜18:00
年少部合同稽古
於:白蓮会館佐賀道場


7月8日(日)
14:00〜17:00
九州地区夏期研修会(昇級審査会)
於:白蓮会館福岡道場


7月15日(日)
白蓮会館沖縄県大会
白蓮会館北海道大会


7月22日(日)
白蓮会館全日本Jr.空手道選手権大会
於:大阪府立体育会館



以上、よろしくお願いいたします。

b57742db.jpg6月11日 月曜日
丙子(ひのえ・ね)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真南
旧暦:(小)4月26日




ついに勝厳寺のアンタッチャブルゾーンに足を踏み入れます。
今週末に廃品回収業者のSくんの協力により、大規模なゴミ出しを決行、これを機に荒れ寺の汚名を返上せねばなりません。


要するに、問題は母の部屋です。


しかし、これがまたうまくいかない。


家族、親戚の思惑が複雑に絡んで、思いのほか難航しています。


リミットはあと4日。
急がねば。




白蓮会館佐賀支部を、木曜日の日中の週1回、書道教室に貸すことにしました。
主宰者は多久市に住む檀家の親戚の方です。


道場の壁面に作品を展示するから掃除をさせてほしいとのことで、もちろん快諾しました。

そしたら、その掃除が徹底的!

書道教室の先生のご家族、親戚の方総出で、道場内はもちろん、トイレも、更衣室も、キッチンも、もう、本当に見違えるほどきれいになっています。

『男の城・白蓮会館』。
勝厳寺より先に大鉈が振るわれています。

嬉しいけど恥ずかしいという感情の方が先行します。
だってキッチンなんて酷かったんですもん。
あんだけ汚い部分をおめおめと見せてしまったことは士道不覚悟でした。



しかし、すべて結果論であります。




これでいいのだ。




『そうじ力』の本に書いてありましたが、これから絶対いいことがあります。

これでいいのだ。

e204f390.jpg6月12日 火曜日
丁丑(ひのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西
旧暦:(小)4月27日




今日は、とある事情でタテガミさんのプライベートレッスンを夕方2時間弱やりました。

ご存知の方も多いと思いますが、タテガミさんは夜のお仕事。道場の通常稽古に参加するのは無理です。
なので夕方の出勤前、年少部の稽古開始前の時間に特訓することになりました。

とある事情とは、年末に開催される格闘技イベント『佐賀んもんのちからくらべ』へのタテガミさんの出場が決定したからです。

とはいえタテガミさんは全くの格闘技未経験者。
しかし、具体的な目標と時間制限がありますので、学ぶ体勢ができています。


実に楽しいひとときでした。


もちろん稽古の雰囲気は指導者が作るものでしょうが、学ぶ者の熱い姿勢が、指導者を勢いづかせることもまた事実だと思います。




以前
『毎日の満員電車も、今日が初出勤だと思えばなかなか楽しい』
という吊り広告がありました。

空手の稽古に行くのが億劫な時、空手を習い始めた時の、あの情熱はどこへ行ってしまうのでしょう?

空手を始めたばかりの頃、中1日の休みの日でさえも待ち遠しく感じられました。
稽古のある日は、朝から高揚してどうしようもないくらい楽しみでした。
初めて総本部で指導日をもらった時は、何度も鏡の前で号令の練習をしました。
常設道場の第1回目の稽古なんて、まるで夢を見ているような喜びに包まれていました。


そんな大好きな空手も、繰り返しの中でいつしか感動がなくなり、やがて義務感を伴ってイヤイヤ行くようになる。


聖書には
『あなたは初めの愛から離れた』
という言葉があります。

確かに『初心』とは言い古されるほどの言葉ですが、初心って、本当にちょっとでも油断すると、すぐに見失ってしまいがちなものです。



久しぶりに今日は、練習に没頭して時間の過ぎるのを忘れてました。
悲しいことにわたくしは、いつも時計を見ながら、時間配分を気にして稽古を組み立てるという癖がついているのです。



いずれにせよ、何らかの道を歩み始めたその時の想いというものは常に確認し、振り返り、大切にしなければならないのでしょう。

720f8b5c.jpg6月10日 日曜日
乙亥(きのと・い)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:南南東
旧暦:(小)4月25日




今日は、福岡市の中洲にある日本空手道『無門塾』(篠原秀嗣塾長:092-262-1166)の昇段審査にお邪魔してきました。

無門塾では審査会が年に一度しかなく、そういう意味ではまさに年間最大のイベントになります。
以前は年末に行われていましたが、一昨年の常設道場の移転などとの兼ね合いで、今年はこの時期になりました。
この無門塾の昇段審査には、わたくしが白蓮会館佐賀支部を開設して以来、荒行堂に入っている時以外は、必ず出席させてもらっております。

今回、白蓮会館佐賀支部からはI田指導員が十人組手に参加。

もったいなくも若輩者のわたくしにわざわざ名札つきで椅子席までご用意してありました。
せっかく道着を持ってきたのに、すわっているだけなのも申し訳ない。
それに、近くで見ているとどうしてもやりたくなります。
わたくしも飛び込みたくってウズウズしておりましたが、おとなしく座ってろとのことでした。






無門塾の十人組手は厳しいのです。


なにがって、1ラウンドが2分ですからね。どんなに短くっても20分はやらなくっちゃいけない。本当にみんなヘロヘロになります。


さらに組手のパートナーが容赦しません。

確かに、しつこくローを集めたり、ガードを下げさせて顔を狙ったり、続行不能になるような組み立てはありません。

しかし、とにかく皆様の一発一発がマジなんです。

グローブも着けませんしね。


ここの十人組手は、ほんとお値打ちです。

今回の昇段者は3人。
以前からわたくしともコンタクトのある方ばかりだったので、見てるだけとはいえ、かなり感情が入りました。
昇段者の皆様、おめでとうございます!

終わればそのままの流れで打ち上げをするのも無門塾らしいところ。
道を渡ったすぐのお店のお座敷で大宴会。
年少部の子供達なんて、みんな道着を着たままで、サーバーを手に、
『ビールいかがっすかぁ?』
などと叫びながら、大人に生ビールを押し売りしてきます。

おひらきになって、解散するかと思いきや、みんなぞろぞろ道向かいの店に移動。

店に入りきれない道場生は道端に座り込んで飲んでます。
道場から椅子を持ってきて、歩道にテーブルを広げ、まるで冷泉公園の屋台の出張のような雰囲気で延々と続きます。


わたくしとI田指導員は、途中で無限を感じて先に失礼させてもらいました。

無門塾の皆様、本当にお世話になりました。そしてお疲れさまでした。

来年もまた呼んでください。

7629969e.jpg6月8日 金曜日
癸酉(みずのと・とり)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真東
旧暦:(小)4月23日




いや、別に大したことではないのですが、身内にとってはオオゴトです。



白蓮会館福岡道場の年少部には、ひとりのスーパーマンがいます。


彼は入門以来2年間、一度も道場稽古を休んだことがないのです。
週3回を2年間。
責任者たるわたくしでさえ、年に2〜3回は休むというのに。


2年連続の皆勤賞。
さすがに、誰も彼のマネはできません。


そんな彼が風邪をひきました。
かなりの熱だそうです。


福岡道場は異様な雰囲気。

なぜなら、彼は普段、1番か2番に道場に来るのです。

今日はほぼ全道場生が揃っているのに、それなのに、まだ彼だけが来ていない。

子供達は相当喜んでいます。
まるで、彼が休むという歴史的瞬間に立ち会えることが、この上なく誇らしいことであるかのように…。




…結局、彼は休みました。




入門以来、初めての欠席でした。




読者の皆様にとって、別に大したことではないでしょうが、白蓮会館福岡道場的には、今日、確かに『その時、歴史が動いた』のでした。





さて写真は、毎回稽古終了後にサンドバッグを吊るす鉄鋼に登って、ここは自分の家だと言い張ってくつろぐ小学校2年生の女の子2人。

a190877f.jpg6月7日 木曜日
壬申(みずのえ・さる)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:東北東
旧暦:(小)4月22日




気を悪くしないでください。


ただいま海水浴してます。

fbde817b.jpg6月6日 水曜日
辛未(かのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北東
旧暦:(小)4月21日




最近のブログ記事にも書きましたが、われわれ日蓮宗の総本山は、山梨県身延山久遠寺(みのぶざん・くおんじ)です。

身延といえば、戦後あの大山倍達(極真会館総裁)が修行した場所としても知られていますね。


しかし、日蓮宗以外の方にとってはどうしても馴染みが薄い。

よく、お坊さんになるために京都で修行してこられたのですか?などと訊かれますが、いやいやわれわれ日蓮宗僧侶はみな身延で修行してきたのです。
いわば日蓮宗僧侶にとって身延は心のふるさと。
やはりわれわれは、身延という単語に特別な反応を示します。





ところで。



佐賀の、とある国道添いに、なぜか『身延』と書いてある巨大なちょうちんがあります。
こんな遠く九州は佐賀の地に、いったいなぜ?


とりあえず写真を撮ってみました。





はい。
『身延』。






…あれ?






間違った。
こりゃ『丼処』だ。

359aa907.jpg6月5日 火曜日
庚午(かのえ・うま)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真北
旧暦:(小)4月20日




昨日も来たくせに、またまた唐津に来ています。

実は、木曜日にも別の仕事で唐津に来てまして。

日〜月曜日にまた別の仕事で唐津に泊まりました。

昨日唐津から帰ってきました。

で、また今日も唐津に来ています。



今日唐津に来たのは、先日のファイティングオープントーナメント九州空手道選手権大会でお世話になった方々に、ちょっとお礼としてお食事に連れて行ったのです。
その方の仕事が夜で、夜だったら選択肢としてたいがいいろんなお店が選べますが、昼限定となると、佐賀ではちょっと難しい…。

悩んだ結果、やはり水揚げ港のそばにするのがよろしかろうということで、呼子方面へ。しかし呼子ではなく唐津の湊付近です。


いくら接待とはいえ、連日いいものばっか食べ過ぎてますね。
こりゃあきっと罰が当たって口が腫れるに違いない。
是人當得千二百舌功徳
以是功徳荘厳六根
皆令清浄
南無妙法蓮華経…

5e11b221.jpg6月4日 月曜日
己巳(つちのと・み)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:北北西
旧暦:(小)4月19日




白蓮会館佐賀支部の更衣室にもうひとつロッカーが増えました。

佐賀県随一のバカ猫、いや、猫バカのクロネさんからいただきました。
本当にありがとうございます。




ロッカーといえば、わたくしは特別な感情を持っています。



わたくしが入門した頃、白蓮会館総本部では、一般の道場生が道場に私物を置きっぱなしにするのは御法度(もちろん今もでしょうが)。
しかし、黒帯の指導員には個人専用のロッカーがありました。


わたくしが白蓮会館総本部に入門した当時の指導員メンバーというのは、いわゆる有名人だらけでした。
しかし、初心者コースだけしか参加を許されない白帯のわたくしは、有名どころの指導員となかなか顔を合わせることができません。



更衣室にあるロッカーには指導員の名札が貼ってあります。

南、井内、平山、吉田、浅田、百々…。


雑誌で知っている有名選手の名前を見て、うおーすげーと、陰で大騒ぎしておりました。


たまに、ロッカーの扉が半開きだったりすると、どうしても中が見えてしまいます。
いけないこととは思いながら、恐る恐る中を覗き見してみると、国際空手拳法連盟 白蓮会館との刺繍の入った黒帯がかけてあったり、ボロボロになるまで使いこんだプロテクターなどが投げ込まれていたりします。

白帯のわたくしにとっては、もう、なんだか、それがたまらなくカッコよく感じられて、それもひとつの黒帯獲得への大きなモチベーションになったのだと思います。




それから数年後、わたくしは黒帯になりました。

黒帯になって、たくさんの嬉しいことがありました。

自分の名前が刺し抜かれた黒帯を巻く喜びはもちろん、館長に指導員としての名刺をもらったり、自分の指導クラスをもらったり。

その中でも、自分専用のロッカーをもらえたことは特に嬉しかった。
誇らしげに名札を貼って、本当に大切に使いました。

わたくしのような変わり者の色帯がいるといけないので、いつ何時見られてもいいように、きちんと整頓していました。



そして、さらに数年後、わたくしは佐賀支部を開き、現在、白蓮会館佐賀支部の有段者は七名。

佐賀支部の指導員にもロッカーがあります。





自分も黒帯になればロッカーが使える。


そんな憧れは、今の色帯にあるのかな?



ちなみに、白蓮会館佐賀支部の指導員ロッカーの残数はわずかです。
希望者は、お早めに昇段するようにしてください。

c3505d53.jpg6月3日 日曜日
戊辰(つちのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西
旧暦:(小)4月18日




佐賀県人しかわからないとは思いますが、どっかのCMのパクリです。

同じこと以前にも書いたな…。



今日はこんなリッチな部屋に泊まってます。
海までの距離わずか数メートル!
しかもなんと、海が見えるテラスにバスタブとシャワーがあるのです。

なぁんて贅沢…。




たまには海辺のリゾートホテルでゆっくり休むのもいい…。


カッコつけてますけど、もちろん仕事です。全然休んでません。

ツインルームのシングルユースです。
貧乏性のわたくしにとっては、贅沢より寂しいのみ。

明日はきっと罰が当たってカラダが腫れます。

60f309aa.jpg6月2日 土曜日
丁卯(ひのと・う)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真西
旧暦:(小)4月17日




4年ぶりにプロ野球を観に行きました。

4年前はシーホークで結婚式がありまして、それに出席しまして、二次会が終わってドームの前を通りまして、そしたらもう8回でして、さすがにもうチケットなしでもスルーできまして、その際チラッと立ち寄ったっきりです。
ダイエーとどこがやってたのかすら覚えてません。


その前はイチローが日本最後の年。
イチローを九州で見られるのはおそらくこれが最後だろうと思われたダイエー対オリックス戦でした。


その前は、初優勝で街中が沸き返ったダイエーホークスと、愛する中日ドラゴンズとの日本シリーズでした。

あれからもう8年が経ちますか…。


ということは、中日のハッピに袖を通すのも8年ぶり。

前回の日本シリーズは、圧倒的にダイエーファンだらけ。中日ファンは300人もいただろうか。

しかし、今回はさすが交流戦です。
だいぶ前から日程がわかっているからでしょうか、今回のヤフードームの外野席の青い部分はかなり多かった。孤独なドラファンにとっては力強い。
太鼓もトランペットもそこそこ揃っていて、テレビ放送の音を聞いていても、そんなに負けていません。


とはいえ、やはり敵地は敵地。
アウェイの雰囲気バリバリです。

まるで極真会館のウエイト制大会に出場するため守口市民体育館にみんなで乗り込んだ時のような、懐かしい高ぶりを覚えます。




わたくしも気合い充分の状態で、いよいよ試合が始まりました。






でも、応援歌が歌えません。






今までさんざ熱く語っといて恐縮ですが、普段わたくし、全くプロ野球を観ないんです。





彦野とか川又の応援歌なら今でも歌えますがね…。




燃えよドラゴンズ以外は全部口パクでした。

職業・空手家のわたくしは、野球中継どころか、スポーツニュースすらも観ることができません。
愛するドラゴンズも、今となっては知らない選手ばかり。


でも、なぜかホークスの有名どころの選手の応援歌と、いざゆけ若鷹軍団ぐらいは、ファンでなくとも自然に暗記している九州人。
気がつけばホークス側の応援歌を自然に口ずさんでます。


それにしても、呆れるほどのホークス応援団の統制のとれ方よ。


裏の攻撃中にライトスタンドで座って観てる人なんかいませんよ。
いや、レフトスタンドにもいませんよ。端っこにいる人もみんな立ってるんです。

一斉に同じ動きを見せるメガホン。
一瞬、ここは電器屋のテレビ売り場かと思いましたよ。

内野席で上品に観ている人も、みなメガホンを持ってユニフォームを着ています。

そんな球団ありませんよ。
うらやましいことですね。





さて、試合はドラゴンズの勝ち。


絶対数が少ないものの、わたくしが観戦した公式戦では、未だドラゴンズは無敗です。

写真は青と黄色の境界線。
ホークス応援団の皆様、また日本シリーズでお会いしましょう!

95939c92.jpg6月1日 金曜日
丙寅(ひのえ・とら)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:西南西
旧暦:(小)4月16日




試合が終わって、福岡道場の一般部が壊滅状態です。

試合前はそこそこ後ろまで整列してたのに、今週なんて、3人とか。


わたくしを含めて4人でミットを叩きます。

そしたら、時間が過ぎるのが普段より遅い。


ノリって大事ですね。人数がいれば活気があり、つらいことでも周りの雰囲気にいい意味で飲まれて、わりと楽にできたりします。


また試合前みたいに、みんな一緒によだれたらしながら練習しましょうよ。



最近の携帯電話のカメラの精度は凄まじい。
月がこれだけでっかく写せるんですから。

昨年のブログの仲秋の名月の記事の写真とはえらい違いです。
世の中は進歩してますなぁ…

↑このページのトップヘ