【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2008年02月

60e70488.jpg2月29日 金曜日
己亥(つちのと・い)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:南南東
旧暦:(小)1月23日






うかうかしてたら逃げられました。


せっかく1日余分に待っててくれたのに

52cce31f.jpg2月28日 木曜日
戊戌(つちの・いぬ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:東南東
旧暦:(小)1月22日





写真は、某道場生からバレンタインにいただいたチョコレートです。
さきイカをチョコレートでコーティングしたもので、残念ながらわたくしの口には合いませんでした。

他の人はどうだろうかと思って数人に食べさせてみましたが、皆様口を揃えておいしくないとおっしゃいました。

なかなか売ってないと思いますが、さきイカとチョコレートを一緒に口に入れてよく噛んでみれば、極めて具体的に味の想像がつきます。ぜひお試しください。

とことんおいしくないチョコレートをセレクトしていただき、ありがとうございました。

df32592d.jpg2月27日 水曜日
丁酉(ひのと・とり)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真東
旧暦:(小)1月21日





なによりカラオケを愛する友人・ちゃあまSSDさんに何度となくいざなわれ、おかげでわたくしのダミ声も少しずつ回復の兆しをみせています。


直接わたくしをご存知の方なら既に御承知とは思いますが、わたくしの声は生来キーが高く、それが日蓮宗大荒行堂での二度の読経三昧によって枯れてしまい、後天的に低い声になりました。
もともとカラオケは大好きだったのですが、その平成12年の第初行成満以来、まるっきり声の音域が変わってしまい、まるで歌わなくなりました。


ところが、最近また声が出るようになったのです。
これもひとえに、ちゃあまSSDのおかげです。ありがとうございました。


そういえば、わたくしバービーボーイズが好きで、白蓮会館内部でも神戸と佐賀の2カ所で地味にファン活動を続けてまいりました。久しぶりにカラオケに行ってみると、待ちに待ったバービーボーイズのメドレーが入ってました。
ファンとして当然チャレンジしますが、なんだかえらく難しくて全然歌えない。全国のバービーボーイズファンの皆様、ぜひ挑戦してください。



ちなみに、最近の機能にガイドボーカルというものがあります。
このボタンを押すと、お手伝いのボーカルが入るんです。さすがに歌のうまい方が歌われていて、まぁなかには残念な方もいらっしゃいますが、ほとんどは聞きほれるほどうまい。

実は、このガイドボーカルは一般オーディションから選ばれているそうな。
Edyで100円払って自分の歌声を録音して、それを会社に転送します。
後日オーディションがあって、選ばれると日本全国のカラオケボックスで自分の歌声が流れるわけです。

歌手になりたいとかいうような願望は、誰しも一度は夢見たのではないでしょうか。
しかし、歌は好きだし自信もあるけれども、歌手になるとかいうほどの強いモチベーションはない。
そんな方も、ガイドボーカルオーディションにチャレンジしてみたらいいかもです。
なんといっても、エントリーが簡単。カラオケボックスのコントローラーで全部できちゃうんですからね。
もし選ばれたら、この歌に関してのうまさ日本一だぞ!みたいなものです。わたくしがもし選ばれたなら絶対みんなに電話しまくって、
『〇〇〇の〇〇〇〇っていう曲のガイドボーカル聴いてみろよ。オレが歌ってるから』
って言いふらします。
絶対ブログでもしつこく告知しまくります。
良かったら皆様チャレンジなさってみてください。たかがカラオケですが、それがにわかに目標ができて歌い方も変わると思います。

eba5a650.JPG2月26日 火曜日
丙申(ひのえ・さる)三碧木星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:東北東
旧暦:(小)1月20日





その年少部の合同稽古が終われば、いよいよ一般部の合同稽古です。

年少部の合同稽古は、基本的に偶数月の最終日曜日。12月を除く年5回と決まっています。かれこれもう10回以上やってます。良くも悪くも慣れっこになっているというか。


しかし、今回の一般部の合同稽古は、これまでとはひと味もふた味も違う。
他流派と組むことはあれど、やはり相手も実戦空手の道場。だいぶクセも違いますが、それでも空手という競技の枠内です。



なにせ今回は、空手以外の競技と合同でしたから。


空手以外に、ボクシング、テコンドー、キックボクシング、総合格闘技などなど…。

これらを、ただいっしょくたにしてしまえば、それこそただの異種格闘技戦。いわばキワモノに成り下がってしまいます。


そこで、ボクシング30分、実戦空手30分、キック30分、総合30と、インストラクターの指導バトン方式で、他競技に臨む時は、いったん自分の競技のプライドを捨てて、改めて新入会員の気持ちに戻って、他競技に再入門する、といった感じの合同練習にしました。

練習内容は、全て担当のインストラクター任せ。どんなに初歩的なメニューでも文句を言わず、新入会員の気持ちで真摯にやる。

まずはルールの狭い方から広いほうへと。

最初こそ硬い雰囲気でしたが、総合格闘技のレッスンの頃には、皆様だいぶ打ち解けられたみたいで、あちこちで笑い声が聞こえるほどの和やかさへ。



これの最も良かった点は、参加した各ファイター達が、他競技を素直に認めるようになったこと。

『ボクシング?あいつらロー蹴りゃ一発だろ』
『空手?顔たたかないケンカなんて存在しないよ』
『キックの蹴りって、ただ当ててるだけじゃん』
『総合のパンチって、腰の入ってないただの手打ちだ』。

口に出さないまでも、どこか心の隅に醜い優越感と劣等感を合わせ持っているのではないでしょうか。


でも、他競技をゼロから学ぶことにより、そんなあら探しの気持ちが、いつの間にか敬意に変わったと思うのです。
終わって何人かで食事に行ったのですが、みんな口々に
『やっぱ、なんやかんや言ってもボクシングすごいわ』
などといった会話ばかり。


足を引っ張り合うだけでは何も生み出さない。
でも、お互いに認め合って力を合わせれば、新しい価値観が創造されていくでしょう。
きっと、今までになかった、何か新しいものが芽生えるはずです。


そして、参加者みんなが、改めて自分が一生懸命にやってきた競技のことを、どれほど自分が愛しているのかに気づいてくれたようです。
これを機に、皆様いっそう空手のことを好きになっていただければいいな。




そして、またもやわたくしは帰るのが遅くなったのでした。

なぜなら、2日連続で朝までカラオケに行ったから。

あー寝不足…

でも自己責任…

50362369.JPG2月25日 月曜日
乙未(きのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北東
旧暦:(小)1月19日





日曜日はなかなかハードな1日でしたよ。

朝は武雄で星祭りの御祈祷。
とんぼ返りして年少部の合同稽古。さらに一般部の合同稽古。そして飲み会へと。

そうそう。

わたくし前日の宗玖寺の帰山式あと、佐賀に帰ってきて、友達にカラオケに誘われて、そこで調子に乗って徹夜したんです。このことについては改めて記事にいたします。


そんなこんなで足元ふらふらの年少部の合同稽古です。

今回はいつものレギュラー参加道場の都合がつかず、いつもより少ない人数でしたが、その代わり福岡から王丸道場の初参加がありました。
プラス、来月大会初出場の福岡道場の新人達がたくさん参加してくれたことも嬉しかった。
試合よりも先に、知らない人とのスパーリングから馴れていくほうが結果に繋がると思います。

とにかく、いつもと違うメンバーとの手合わせで何かしらつかむものがあったならと期待しています。

写真は白蓮会館九州本部の新しい年少部拳士のイメージキャラクターです。
つきましては、このキャラクターの名前を募集します。可愛くて強そうな愛称をつけてください。


って、嘘です。


あ、でもやっぱり募集します。
読者の皆様よろしくお願いします。

9f16b1a7.jpg2月24日 日曜日
甲午(きのえ・うま)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真北
旧暦:(小)1月18日





梅一輪

一輪ほどのあたたかさ




ちなみにこれは父によるものです。
余白を残すことに耐えられない父の生ける花は忙しくてあまり好きになれませんが、なぜか梅だけはいつも見事に飾ります。

5f8a7bb0.JPG2月23日 土曜日
癸巳(みずのと・み)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:北北西
旧暦:(小)1月17日





今日はわたくしのリスペクト博多宗玖寺副住職・本年度第参行行規隊長渡邉正顕上人の帰山奉告式でした。

この日は朝から全国的に風が強く、福岡も例外ではありません。海に程近い東浜のビルの間に作られた宗玖寺の水行場には、まっすぐ立っていられないほど。
寺の近所にはコインパーキングが少なく、そこそこ遠いところに停めるしかありません。そこから歩いてくる道中のなんと寒いことか。

そんな寒い中、仏具屋である白蓮会館福岡道場のT田さんも前日に引き続き設営の手伝いをしていたそうで、水行場の竹を風に飛ばされぬように補強なさったり、もう、見るからに寒そう。

そうこうしているうちに国道3号線沿いのファミレスから行僧達が歩いて帰ってきます。思えばわたくしも8年前は行僧として清浄衣を着てこの道を歩いたなぁなどと考えながら、感慨深いお迎えです。


御宝前は実に見事に飾り付けられて、そんな中に白蓮会館九州本部の事業繁栄を百日間祈願していただいた特大の木札を発見。これがまたなんとも嬉しい。

福岡県の帰山式は、佐賀と違って、近所や法縁の寺院のみの出席で、そんなに僧侶の出席がありません。青年会も原則総出仕の佐賀とはえらい違いです。

というわけで、設けられた来賓寺院席は8人分。佐賀なら平均40人分ぐらいは用意してあるでしょうか。
その8人の来賓のうち、正伝師、宗務所長、宗会議員、修法師会長の祝辞をおっしゃるお偉方が4人。福岡市域の有力寺院の住職とおぼしき御老僧が3人。


残る1人が、わたくしですからね。

いやいや。
とんでもないですね。

正直トイレに逃げようかと思いましたね。

皆様、金欄五条に本衣か居士衣ですしね。中啓も持ってらっしゃるし、きっちり襟巻もされてる。


んで、わたくしひとり、改良服ですよ。

しかも白。


この若造は、見事に浮いてましたね。
皆様のわたくしを見る目の冷たいこと。
『誰やこの見慣れん若造は?』
みたいな。
自己紹介する隙すらもない。


はい申し訳ございません。


ちなみに煌心会の花は御宝前の左側の2番目に飾られていました。たくさん花が届けられた中で、かなり良い位置に飾っていただき、ありがとうございます。


法要終了後、行僧と一緒の部屋でメシ食いましたよ。
さすがに来賓寺院と一緒に食事をとる根性はない。



そうそう。

本題から大きくずれますが、この日数年ぶりに大型のアメ車を運転しました。
異常に車両が大きい上に視界も狭く、めちゃめちゃ緊張しました。事故なぞ起こさず何よりです。

ちなみに人生で初めて運転したアメリカ車はシボレーカプリスで、おそらく今頃はバラバラにされて、パーツとして個別に全国で活躍していることでしょう。

今回わたくしが運転した車も廃車になりませんように。


それと、今回わたくしが運転した車の左のバンパーの傷が早く直りますように。

aa0b162a.JPG2月21日 木曜日
辛卯(かのと・う)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真西
旧暦:(小)1月15日
雑節:〇望月




写真は勝厳寺に勧請されている加藤清正公(せいしょうこう)の尊像です。
日蓮宗佐賀県宗務所が発行している『慈眼』という教箋があります。今回の特集は、熊本城築城400年を記念して加藤清正公でした。その記事の文責がわたくしで、写真はその時に掲載用に撮影したものです。勝厳寺勧請の清正公大神祇をこのブログに紹介するのは実は2回目です。よかったら過去にさかのぼって探してみてください。

慈眼の本文は、まだ発行されてないうちにブログで勝手に公開するのも顰蹙ですから、次回の慈眼が県内寺院に配布されたら載せます。

08eecb78.jpg2月20日 水曜日
庚寅(かのえ・とら)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:西南西
旧暦:(小)1月14日





今週末の日曜日は、年少部・一般部ともに他流派との合同稽古です。

年少部は15:00より約2時間半。
一般部は19:00よりそれぞれの格闘技団体のインストラクターによるオムニバス指導が4タイプ各30分で2時間。最初にボクシング、続いて実戦空手、キックボクシング、総合格闘技と、ルールの狭い競技から広い競技へと移行していきます。最後に約1時間ほどフリータイムを設けます。スパーリング希望者は、その時間帯に自由に練習してください。
佐賀県内の格闘技団体所属選手ならどなたでも無料で参加できます。当日の飛び込みも歓迎です。

日曜日の夜ですが、稽古終了後に懇親会を考えています。時間の許す方は積極的に御参席ください。

さて、ラミネーターが直りました。

くさったわたくしに代わり、杉原指導員がとっとと修理してくれました。
単にコードが一本外れてるだけのことでした。
実はこのラミネーター、サイズが大きいというだけでなく、ダブルローラー方式といって普通のより高性能なタイプだったんです。値段もそこそこ高かったし。早まって捨てなくて良かったと胸をなで下ろしています。

どなたかラミネートが必要な方、遠慮なくわたくしに言ってきてください。わたくしは今、愛用のラミネーターが無事に直って、たいへんに機嫌が良いので、どんどんサービスいたします。

e3bdec81.jpg2月19日 火曜日
己丑(つちのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西
旧暦:(小)1月13日





ラミネーターがぶっ壊れました。


ラミネーターご存知でしょうか。
紙をラミネートフィルムでコーティングする機械です。これすると紙の強度が増し、ビラやポスターにする時便利です。
白蓮会館のラミネーターはA3まで対応する大きなタイプです。なかなかの値段でした。B4までのやつならそんなに高くないのに、A3に使おうと思うと極端に値が張ります。

今までさんざん使い倒してきました。
今日もまたいつものように使い倒していました。

そのとき何かの拍子にわたくしの体が原稿に触れ、反対側のへりをラミネーターに巻き込んで大変なことに。
慌てて進行方向と逆にちからずくで引き抜きました。

その後しばらく順調。

ラスト2枚で終わりというところで、バリバリと音を立てて、しわしわに原稿を食ってます。
どうやら中で原稿がローラーを一周してしまったらしく、どんなに力を入れても取れません。紙じゃないから始末が悪い。


しかたなく分解します。

やたらネジが多く、不安になりながらやっと障害を除去。
ようやく残りの2枚にとりかかります。


しかし、なぜか今度は全く熱くならない。

ラミネーターは、ラミネートフィルムに付いている糊を熱で溶かしながら紙をコーティングするものです。その熱がない。

分解した時、むちゃくちゃたくさんコードがくっついてました。その時うっかりどっかのコードを切ってしまったのでしょうか。

また分解して修理すれば直るのでしょうが、ネジが多くて、また分解する気になれません。
どなたか希望者がいらっしゃればお譲りします。

fa2fb633.jpg2月18日 月曜日
戊子(つちのえ・ね)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真南
旧暦:(小)1月12日





子の日です。


子の日といっても、アリューシャン近海で撃沈された初春型駆逐艦のことではありません。
十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)の最初が子なのです。気学の考えでは、物事は子で終わり、子から始まるのです。最近ではめっきり注目されなくなったものの、昔から何かを始めるには子の日が選ばれていました。


こんな子の日の吉辰を幸いとして、ブログを始めた方がいらっしゃいます。

わたくしの家から徒歩1〜2分のところに在住、サンコー商事代表・飯盛良隆さんです。

このブログの中で飯盛さんは、これから家造りを考えていらっしゃる方に、建築業者選びを始めとする様々なアドバイスをしてくださいます。

多くの人にとって、おそらく家は一生で最高額の買い物。だからこそ慎重に検討したいものです。

しかし、良さげな情報は世の中に溢れんばかり。たしかに家の営業マンは親身に我々の相談に乗ってくれるものの、やはり自分の会社と契約させることが目的です。そうなってくると、いったい何が正しい情報なのかわからない。

飯盛さんは、どこか特定の企業の肩を持つことなく、我々が将来的に望む環境や家造りに対する考え方を徹底的に聞き出し、客観的にそのお客さんに最もふさわしい業者を紹介して、絶対に後悔しない家造りのお手伝いをしていきます(ハウジングリテラシーの考え方)。

そんなサンコー商事の新しいブログはこちら
「 さが 住宅生活リフォーム相談所」

皆様、家造りの前に一度相談なさってみては?
地元の工務店、設計士、大手ハウスメーカーまで、顧客に最適な形を提案してもらえます。


ちなみに、なんでわたくしがこんなに一生懸命このブログを宣伝しているかといえば、レイアウトやデザインなど、ほとんど大野英章プロデュースなのです。

わたくしが強引に作ったわけじゃないですよ。わたくしは一切キーボード叩いてません。隣でやかましく騒ぎ立てていただけです。

ただ、ブログの出来は、オープンしたてとは思えない完成度の高さ。内部リンクを駆使し、初めての訪問者でも容易に概要を窺い知ることができるような構成になってます。

末永くよろしくお願い申し上げます。



ちなみに、本日の帰山式は午前午後とダブルヘッダー。
朝は九州のくせになぜかマイナス3℃。そんななか団扇太鼓を叩いて行僧を先導したせいで、数年ぶりにしもやけができました。

写真は三日月町仁俣の妙せん寺(『せん』の字は変換不可能)での水行式。いくら行僧でも今日の水はつらかったはず。

fafe5d71.jpg2月17日 日曜日
丁亥(ひのと・い)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:南南東
旧暦:(小)1月11日





唐津市の大乗寺の帰山式が終わりました。

司会者は会行事(えぎょうじ:プロデューサーのこと)を兼ねますので、かなりの重責です。
前日の準備から入念に打ち合わせを重ね、届いた祝辞の読み合わせをし、マイクやその他の小道具の位置の確認をし、家に帰って当日の原稿を作らねばなりません。


しかし、先日お伝えしたように、わたくしは前日に熊本で結婚式。司会者なのに前日準備を完全にすっぽかしました。


それにしても熊本は楽しかった。

深酔いしてやっとこ帰宅したのは午前3時過ぎ。翌朝は唐津に9時には到着していなければなりません。


朝、起きたら全ての原稿が出来上がっていました。

兄です。


前日準備で、わたくしの代わりに全ての打ち合わせを済ませ、読み上げの原稿を作ってくれていました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

わたくしがこうしてのうのうと生き長らえていられるのも兄・大野龍祥上人のおかげです。これからも宜しくお願い申し上げます。

よって、当日のわたくしはただの朗読マシンとして機能するだけでした。
しかも何人かに
『いい司会だったよ』
とか褒められたし。

すみませんほとんど兄です。
結果オーライ。

b4cab519.jpg2月16日 土曜日
丙戌(ひのえ・いぬ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:東南東
旧暦:(小)1月10日
雑節:宗祖日蓮大聖人生誕会




昨年、白蓮会館佐賀支部の道場生(♀)が結婚して、遠く名古屋に連れて行かれました。

すでに式は名古屋で親族だけで挙行されていたのですが、今回新婦の出身地である九州で、なかでも新郎が学生時代6年間を過ごした熊本で披露パーティが催されることになりました。


実は新郎は某有名流派の実力選手。
当然パーティ会場は、あちらの道場関係の方々がたくさん来られます。


佐賀・福岡から参加のメンバーは、高校の同級生を含めて計6人。やはり我々白蓮会館勢は敵地熊本でアウェイの戦いを強いられます。


わたくしは江北町福正寺(第参行・野口雅孝住職)の帰山式の後、道場に待ち合わせて一路熊本へ。
披露パーティの会場は、店内に雑貨や洋服の販売コーナーも設けてあるカジュアルなレストランバー。
地下一階にあるお店でしたが、広いドライスペースにグリーンをたくさん植えてあるような開放的な場所。道路を歩いていると、少なからず店内の様子が伺えるような造りです。

そしたら、ちょくちょく試合会場でお見かけする、いかにも空手の匂いの強い一団が、もうすでに座っていらっしゃる。
我々もおそるおそる店内に入ります。


ちなみに、この時点であちらの道場の代表の先生はまだお見えでない。
話によれば、少々遅刻なさるそうな。


遅れて先生が登場。
道場生は一斉に立ち上がり
『押忍!』
と挨拶。
わたくしも居合わせた皆様と同じように挨拶。

先生とはやはり空手の話で盛り上がります。
今回は特に時間がたっぷりあったので、他の道場生ともゆっくりお話ができました。

しかし、こうした付き合いというのは普段なかなかできません。
試合会場で挨拶をして、良くて世間話をする程度。
本当に素晴らしい夜でした。


そして店を変えて二次会へ。


ここで、例の先生がついに壊れます。

噂には聞いていましたが、実に迫力がありました。

写真もたくさん撮りました。
皆様にお見せしたい気持ちはやまやまですが、ネット上に流さないでと釘を刺されましたので掲載は控えたいと思います。てゆーか、頼まれなくても掲載できないような写真ばかりですが。
将来、息の根を止めてやりたくなったら使います。




翌日お昼には名古屋に戻った新郎新婦。
それにしても深酒のあとの飛行機はつらいだろうなぁ…。
特にお腹に赤ちゃんのいる新婦の体調が心配です。
衆人環視のなか、新郎に『廻し崩してチュー』とかされてたし。


おめでとうございますというには時間が経ち過ぎているような感もありますが、ともあれ、いつまでもお幸せに〜
元気な赤ちゃんを期待しています。

7bd852ff.jpg2月15日 金曜日
乙酉(きのと・とり)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真東
旧暦:(小)1月9日
雑節:釈迦涅槃会




寒い日は、子供はそうでもないのですが、大人の出足にもろに影響します。
しかし、今日の一般部は他流派からの出稽古も含めて結構な出席者数。
人数が多いと自ずと気合いも入ります。

そういえば、こんなわたくしにもバレンタインにチョコレートをくださる方がいらっしゃることに心より感謝申し上げます。

わたくしバレンタインとかいう以前に、何よりもチョコレートが大好きで、おかげさまでしばらく至福の時を過ごせそうです。ありがとうございました。



さて、本日2月15日は釈尊の入滅の御聖日です。
明日は我が宗祖日蓮大聖人の御生誕の日。
なんとも佛教色の濃い数日間です。
こんな吉辰に、佐賀県では大荒行成満帰山奉告式が真っ盛り。しばらくは疲労と戦わなければなりません。

今週はブログを少しお休みするかもです。あしからず…

d318973f.jpg2月14日 木曜日
甲申(きのえ・さる)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:東北東
旧暦:(小)1月8日
雑節:上弦





写真は、春から白蓮会館福岡道場で護身術教室を始めるTさんの作品。もちろんプロです。


誰の似顔絵かは言わずもがな。


以前、柔道をしている子供の絵を見せていただいたのですが、それがまためちゃくちゃかわいくて、ぜひこれの空手版もお願いしますと勢いで依頼してしまいました。現在、白蓮会館Jr.拳士の公式キャラクターを作成してもらっています。完成したあかつきにはもちろんブログで紹介しますので、皆様お楽しみに。

69e59e06.jpg2月13日 水曜日
癸未(みずのと・ひつじ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:北北東
旧暦:(小)1月7日





2月10日に日蓮宗大荒行堂が終わり、修行僧達がおのおののお寺に帰ってきます。その時に御宝前に荒行の成満と無事帰山したことの報告をするのですが、その奉告式のことを一般に帰山式と呼びます。

それは修行僧がひとりで行うわけではなく、近県のお寺の御上人同士が組み、数人でそれぞれのお寺を回ります。
修行僧達は各地で行われる祈祷会に引っ張りだこになる上に、自分のお寺に来ていただいた御上人のお寺にも必ず行きますから、平均して7〜15軒のお寺を回りながら約1ヵ月間全国各地を巡業します。

佐賀県の修行僧の帰山式は16日の土曜日から翌週の火曜日まで。
修行は修行でもちろん大変な御苦労ですが、帰山式シーズンの留守番の御上人達も大変です。
帰山式の時は、御宝前に独特の飾りつけを施さねばなりません。外には水行場も作ります。堂内には総天符をはじめとして、それぞれ結界を作ります。
他にも、参道に竹を立て、縄を張り、幣束を下げなければなりません。また、出席者の名簿の確認、引き出物の準備、式次第の作成、マイクや音響のセッティングなど、とにかく大忙し。

わたくしは日曜日に、唐津にある名護也山大乗寺(第参行・久保田智尊上人坊)の司会を務めます。
たかが司会と思うなかれ。
荒行の帰山式に於いては、司会が総責任者を兼ねるのです。
行僧と連絡を取りつつ、前日の会場準備の指揮を執り、当日の全ての流れを把握し、全ての局面でのイニシアティブを取るような重要ポストなのです。


そんな忙しい帰山式の前日の土曜日、ウチの道場生が熊本で結婚式を挙げやがります。


わたくしは新郎新婦どちら側からも招待される立場上、喜んで出席します。


そこで司会として幾ばくの責任を感じるわけです。
前日に司会が不在なんて…と、せめてもの罪滅ぼしに、今日大乗寺に行ってきました。
短い時間でしたが、できうる限りの準備のお手伝い。

我が勝厳寺自慢の超耐水幣束で本堂入口を荘厳してきました。この五垂、きっと帰山式どころか、夏まで保つはず。

写真はその五垂を下げた注連縄と『名護也山』の山号額。大乗寺は豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、熱心な法華経の信者である加藤清正公が開山したお寺なのですね。

1624c44f.jpg2月12日 火曜日
壬午(みずのえ・うま)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真北
旧暦:(小)1月6日
雑節:初午



初午とは、立春明けの最初の午の日のことで、稲荷の縁日です。

我が勝厳寺には最上位経王大善神が勧請されています。大祭としては行いませんが、やはりそこは稲荷の縁日、寺族だけで祝祷を捧げます。

ちなみに勝厳寺は、伊万里の腰岳の稲荷様のお世話もしております。
初午には腰岳にも登ります。
なので、初午の日は毎年必ず小城と伊万里の遠距離ダブルヘッダーになるのです。大変です。


さらに、勝厳寺から分譲された稲荷様もいらっしゃいます。そういった分体を勧請されている各家庭にも、あらかじめ初午の日を連絡し、平素より豪華にお祀りなさるようお勧めしています。

もし皆様の御家庭の神棚に稲荷様がいらっしゃれば、来年の初午の日にはいつもより派手にお供えをなさってください。きっとお力添えいただけると思います。

ちなみに、今年の初午は終わりましたが、まだ手遅れではありません。
二の午といって、あと12日後に巡ってくる午の日もちゃんとした稲荷様の縁日なのです。今日お祀りし損ねた方はこの日を狙ってください。

写真は、先週東京に行った際に何から何までお世話になったex先物番長さん宅のお稲荷さま(正一位妙得大明神)の初午のお祀りの様子。きっとex先物番長さんは、今年も家庭円満、仕事も順調でしょう。

64268ce9.JPG2月11日 月曜日
辛巳(かのと・み)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:北北西
旧暦:(小)1月5日
雑節:建国記念日



佐賀の20代を中心に構成されるサークル『Youth』主催で護身術セミナーが、本日14:00より白蓮会館佐賀支部で行われました。
『Youth』の正確な在籍人数は不明ですが、おそらく300人ぐらいはいらっしゃるみたいです。

彼らはサークルの活動理念を明らかに掲げ、毎月1、2回スポーツイベントを企画し、そのほかにも勉強会や各種フィールドワークなど、多彩な活動をしています。

そんな中、たまには格闘技や護身術なんてのはどうだろうかと、半分ウチの道場生のタテガミくんから提案をいただきました。
こちらとしても、ちょっと面白い企画です。当然快諾しました。

練習は今日の2時から3時間。
途中に長めの休憩をはさみながら、前半ストレッチ、中盤ミット、後半柔法というメニューでした。
中でもミットなぞはなかなかハードで、最後の方はそこそこ心拍数を上げる内容でした。しかし、キツいキツいと言いながらも、途中でリタイアすることなく、ほとんどの参加者は左右のミドルのダブル・トリプルぐらいできるようになり、その上達ぶりに驚かされます。


まぁ、今日の稽古を縁に、空手に興味を持ってくださる方がひとりでも増えればと思っています。
今日参加なさった『Youth』の皆様、もし身近に格闘技を始めたいと言う方がいらっしゃったら、ぜひ白蓮会館をお勧めしてください。
『あそこの先生はいいよ〜』
と、しゃべりまくってください。
もちろん、今日参加された方が、もっと空手を深く学んでみたいと、改めて白蓮会館に入門なさるのも大歓迎です。


でも、純粋に楽しゅうございました。
第2回はないのでしょうかね。
ともあれ我が白蓮会館に再び皆様が訪れる機会を楽しみにしております。

455c53c7.jpg2月10日 日曜日
庚辰(かのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西
旧暦:(小)1月4日





ありがとうございます!
ありがとうございます!

わたくし、おかげさまで完全に後厄を脱出いたしました。

不肖大野英章、本日2月10日めでたく第34回目の誕生日を迎えることができました。
今年の目標は、借金の完全返済とあわよくば貯金です。
ブログ読者の皆様、なにとぞこれからもぴっぴの兄こと大野英章をよろしくお願い申し上げます。


f68aa08f.jpg2月7日 木曜日
丁丑(ひのと・うし)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:南南西
旧暦:(小)1月1日
雑節:旧正月●朔月・春節



最近、焦げ付いた鍋、食器の茶渋などの洗浄に重曹が有効であるとの話をよく耳にします。
そんな我が家にも、だいぶ前から重曹がありました。


ある日突然、思い立って風呂掃除を始めますが、あまりに手ごわい目地のカビとの長時間の格闘に、わたくしもさすがに疲れを覚え始めます。そうして約1時間が経過した頃、重曹の存在を思い出しました。


期待を胸に重曹で掃除。


しかし、なんの手応えもない。
汚れが落ちてるという実感が、まったく得られない。


期待を大いに裏切られました。


いろんなところに使えるとは聞いていたが、きっと重曹にも得意不得意があるのだろう。
大量に残っていますが、ぼちぼち台所で使っていきます。


ところが翌日、風呂に入ろうとドアを開けたらビビるほどの美しさ!
もう、本当に全体的に真っ白です。


重曹め、時間差フェイントを使ってその本領を発揮してきやがるとは。
ちょっと惚れたかも。
重曹おそるべし!
皆様もぜひ一度ご使用あれ。

e9c48a31.jpg2月5日 火曜日
乙亥(きのと・い)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:南南東
旧暦:(大)12月29日




実はわたくし、荒行堂大好きなくせに外堂祈祷を受けるのは初めてでして、今日のこの瞬間を相当楽しみにしておりました。

今回導師をお願いしたのは、もちろんわたくしの1の2、あわれな立番組長と花の行規班長、しかし今では何の因果か白蓮会館福岡道場の道場生、そして初代煌心会副会長・渡邉正顕上人(福岡)です。
脇導師には、わたくしの尊敬してやまない久保田智尊上人(唐津)・畠山義淨上人(千葉)。

周りを見渡せば、1の2、2の3でお世話になった再々行S入上人(福岡)。
佐賀から入行の各上人。九星勉強会で最も真面目なN口上人、子供を白蓮会館佐賀支部に通わせていらっしゃるT上人、同じ三日月町内の再行M島上人、わたくしの2の1行規M越上人。初行では組寺のK藤上人など、あんまりキョロキョロできなかったので、他にもたくさんいらっしゃったのですが、わたくしがこれまでお世話になった上人方が、たくさん御出仕いただいていました。

木剣が髪の毛に触れるぐらい近いし、これだけたくさんの修法師に囲まれると、むしろ恐怖すら覚えます。
祈願回向も実に丁寧に言上していただきました。これで借金もなくなりそうです。


法華経寺の節分会のため、荒行堂もなんだか慌ただしい雰囲気で、皆様ともほとんど話せないまま外へ。

節分会の出仕が終わり、渡り廊下を走って帰る修行僧の皆様を遠目に眺め、ただ手を合わせるのみの別れのご挨拶でした。



この間ずっと裸足だったわたくしは、とにかく一刻も早く着替えたくて着替えたくて、行僧が戻った瞬間、一目散に鬼子母神堂に移動しました。
そしたら、なんとマイミクのるーたさんと玄関口で遭遇。
るーたさんは昨年夏の煌心会の勉強会の講師としてお招きした和歌山の御上人。一昨年のドイツ研修でもご一緒させてもらいました。
偶然千葉県で会うというところが、なんとも言えない。
しかし、あまりお話しする時間がなくて残念でした。


さて、洋服に着替え革靴を履きます。
ところが、この底がツルツルの革靴がまた困ったもの。雪道ではこの上なく歩きにくい。重い荷物、傘、歩きにくい靴、溶け始めた雪の4つのストレスに悩まされました。

わたくしは新宿にホテルを取っていたため、途中でex先物番長さんとお別れです。

夜は夜で、これまたマイミクの法秀さまと待ち合わせしてお会いしてきました。
そしたらとにかく話が盛り上がり、気がつけば6時間も経過していました。
何もかもご馳走になり、しかも最後は逆方向のホテルまで歩いて送っていただきました。本当にお世話になりました。もし佐賀に来られる際はしっかりお返しいたします。

部屋に着くなり爆睡。
目が覚めたらチェックアウトの時間。
まるで東京から追い出されるように帰ってきた平成20年立春の大吉日でした。

6995e9e2.jpg2月4日 月曜日
甲戌(きのえ・いぬ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:東南東
旧暦:(大)12月28日
雑節:立春
本日より気学上の平成20年
戊子(つちのえ・ね)一白水星



中山法華経寺で加行中の荒行僧に面会してきました。


ご存知の通り、節分の東京は大雪。
高速道路各線は通行止めで、友人(ex先物番長さん)と車で行く予定が、急遽電車で行くことに。
車だからこそ法衣に着替えて行くつもりでしたが、雪の日の電車…でしょう?どうするか悩みました。しかも足袋を忘れているし。

でもせっかく持ってきた法衣、使わないのももったいないので、裸足に雪駄、法衣の上にコートというアンバランスないでたちでとりあえず出陣。

ちなみにその日の雪駄は普段よりおめかしして本畳のタイプ。要するに、本物のワラを編んだもので、普通のビニールのフェイク畳に比べ極めて水に弱い。足袋なんか履いていれば、最初こそ寒くないものの、次第に濡れ雑巾で足を巻いたような状態になるため、かえって良かったかもです。


しかし、世の中そう甘くはなかった。
雪も深く、轍も深い。
雪は降り続きますが、さすがに日中には気温も上がる。
気温が上がれば、当然雪は溶けます。
その雪溶け水が轍に溜まり、足元はびちょびちょ。

よく挨拶で
『本日は足元の悪い中、わざわざお越しいただき…』
とか言いますが、まさにその言葉通り。本当に足元が悪い。

重い荷物を持ち、傘をさし、袴をたくしあげ、なるべく雪の溶けていないところを選びながら歩くのは、かなりのストレスでした。

さらに、さも奇異なものを見るような世間の目線も痛かった。
『うーわ何やろアイツ。こんな雪の日に裸足に雪駄で出歩くなんてバカじゃねーの?』
という心の声が聞こえてきます。それもかなりのストレスでした。


でも電車に乗ればひと安心。足元に鞄を置いて、まず世間の目から我が足を隠します。直接足に向かう座席下の暖気も快適です。あまりに気持ち良さ過ぎてうたた寝してしまいました。


中山に着いたら、なおひどい雪。
この際チェーンを巻いたタクシーで法華経寺境内まで直行です。


最初に面会したのは参行のW上人。運悪く正午の直前に面会の受け付けをしたため、四番水の時間帯に直撃しており、約40分程待たされました。
1時から大本堂にて節分会です。それが終わる2時に外堂祈祷(荒行僧による化他の加持)を予約。

そのまま節分会の豆まきにあやかろうと本堂に移動します。
しかし悪天候のため豆まき中止なんだと。
せっかく来たのに…。

それにしても美輪明宏さんの人気は絶大です。
毎年、法華経寺の節分会には美輪明宏さんが来られます。
みんな、悠然と渡り廊下を歩いてくる美輪明宏を見るなり
『美輪さ〜んっ!』
と声を揃えての大合唱。
美輪さんも、にっこり笑顔で応えます。それで皆様さらにキャーキャーお喜びになる。


そういえば美輪明宏さん、明らかに、わたくしに対して、はっきりと、会釈をなさいました。
わたくしを見て、わたくしに対して、会釈なさいました。

やはり群集に混じってもなお輝くわたくしのオーラでしょうか。




………。



あれ?



申し訳ございません。

まぁ、独りよがりの幸せな勘違いだと流してください。
たぶん来年から美輪明宏さんから年賀状が送られてくると思います。


節分会終了後、また外堂に戻って、ex先物番長さんと2人で御祈祷を受けます。
はい。


長くなりましたので、続きはまた明日。

94b8e49f.jpg2月3日 日曜日
癸酉(みずのと・とり)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真東
旧暦:(大)12月27日
雑節:節分




東京は有り得ないくらいの積雪です。
朝起きたらビビりました。

川崎在住の友達の家に泊まって、一緒に車で市川市まで行くつもりでしたが、今日は高速道路各線は通行止め。
仕方なく電車でいきます。


こういう日に限って足袋を忘れました。

まぁいいや。

0357f23c.jpg2月2日 土曜日
壬申(みずのえ・さる)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:東北東
旧暦:(大)12月26日





東京に来ています。

明日は節分の大吉辰。
こんな良き日に中山法華経寺の日蓮宗大荒行堂に面会に来ました。面会には明日行ってきます。


ところで、中山法華経寺がある千葉県市川市に正道会館市川道場が存在することを水曜日に知りました。
責任者は正道会館全日本選手権準優勝の本田浩先生。
本田先生はもともと長崎の出身で、西南学院大学に進学後、当時正道会館が福岡になかったため正道会館佐賀支部に入門。地方支部から全日本入賞など考えられなかった時代に堂々の準優勝。東京や大阪の一部の強大な道場が独占状態だった全日本のタイトルへの道を切り開いたパイオニアです。

オープンして間もない白蓮会館佐賀支部の道場にも駆けつけていただきました。

わたくしは、だいぶ前から市川行きを計画していたのですが、ほんの数日前に本田先生がその市川市に常設道場を出したと聞いて、こりゃきっと何かの縁に違いないと挨拶に伺いました。

聞くところによれば、本田先生も日蓮宗だとか。道場に特大の日蓮宗の祈願札がありました。

まさにシンクロニシティですね。
わたくしが3回目に入行する際もたぶんお邪魔すると思います。その時はどうぞよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ