【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2008年04月

1752c7f2.jpg4月30日 水曜日
庚子(かのえ・ね)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真南
旧暦:(小)3月25日





先日の記事にアップした合同稽古の日にちと曜日が間違っていましたので、ここに謹んでお詫び申し上げます。

正確な日時は
5月3日(土)
18:00より年少部
19:30より一般部
となっております。
ご迷惑をおかけしました。多数の皆様の御参加をお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。

9727bfe6.jpg4月29日 火曜日
己亥(つちのと・い)三碧木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:南南東
旧暦:(小)3月24日
雑節:昭和天皇誕生日




井手ちゃんぽん唐津店に行ってきました。

数年前に唐津にもできていたことは知っていましたが、なかなか行く機会に恵まれず、今になってやっとのれんをくぐりました。
味は本店と変わりませんが、なぜか値段が微妙に違う…。


唐津店のいいところは、特製ちゃんぽんに各種大盛があるところです。腹ぺこ小僧のわたくしには嬉しい限り。

腹ぺこすぎて、写真を撮る前に玉子の黄身を割ってしまいました。


残るは諸富店だけです。

e8482088.jpg4月28日 月曜日
戊戌(つちのえ・いぬ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:東南東
旧暦:(小)3月23日
雑節:立教開宗会




今年はツツジの当たり年のようです。

毎年毎年、花は同じように咲いているようにみえて、やはり咲き方は微妙に違うもの。年によって、特定の花が極端に綺麗に咲き乱れたりします。
おととしはアジサイが綺麗でした。
それに、花ではありませんが、柿の実のよくなったこと。
それにひきかえ、去年はとりたてて目をひくような咲き方わした花はなかったような気がします。


今年はツツジの当たり年です。


それはもう、どこのツツジも見事です。

でも、今日の写真はアジサイ、しかも葉っぱだけ。
なんでまたこんなおもしろくない写真を撮ったのかといえば、理由は2つありまして、1つ目は、今年のアジサイの新しい葉っぱには例年にない勢いがあって、きっと2年ぶりに花が栄えそうな予感がするから。

もう1つは、今朝の天気が薄曇りで、残念ながら期待していた日の出が写せなかったからです。


なんで今朝の日の出を撮影しようとしていたかと言えば、今日4月28日は、我が日蓮宗の記念すべきスタートの日・立教開宗会なのです。


宗祖日蓮大聖人が、千葉県は旭ヶ森で昇りゆく朝日に向かって
『南無妙法蓮華経…南無妙法蓮華経…』
と初めて唱えたと言われる御聖日。この日を以て立教開宗の日と定められています。


この日、佐賀県日蓮宗青年会(通称:佐賀日青)は、鎮西本山・松尾山光勝寺に結集し、奥の院まで唱題行脚し、南無妙法蓮華経の御題目のうちに朝日を遙拝します。


朝日を拝める確率は、経験上50%弱。


今年は、曇り空のもと、今か今かと待ちながら唱題を続けていましたら、いつの間にか6時を過ぎていました。


んで、帰りがけに仕方なくアジサイの新緑を撮影したのです。

去年おととしとバッチリ拝めたんですけどねぇ…。

また来年に期待します。

90241e7b.jpg4月24日 木曜日
甲午(きのえ・うま)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真北
旧暦:(小)3月19日





追加です。

5月3日(土)の一般部スパーリング練習に先駆けて、18時より年少部特別練習を行います。
特別講師には、もちろん白蓮会館世界チャンピオンの平木博仁先生。せっかくの機会ですから、普段の自分を出し切って、そして有効なアドバイスをいただけるようにしましょう。
連日遠方でのイベントで大変ですが、ぜひ福岡道場生も積極的に参加してください。

写真は先日行われた菱岡道場の大会で入賞したM永拳士とI崎拳士。

52a0d343.jpg4月23日 水曜日
癸巳(みずのと・み)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:北北西
旧暦:(小)3月18日





5月3日(土)19:30より白蓮会館佐賀道場にて、合同強化練習を行います。

今回はゲストに平木博仁選手(白蓮会館大阪池田支部長・中量級世界チャンピオン)をお招きしております。

内容は、春の大会シーズンに向けたスパーリング中心のメニューにしていく予定です。

他流派の方の参加も大歓迎です。
皆様の積極的な参加をお待ちしております。
よろしくお願い申し上げます。

b5d25186.jpg4月22日 火曜日
壬辰(みずのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西
旧暦:(小)3月17日





圧倒的な大権力者の前で、小市民はただ一喜一憂するしかないのでしょうか。

Googleで『白蓮会館』と検索すると、わが白蓮会館九州本部は現在6位です。前日は500位まで探して登場しなかったのに、意味がわかりません。



でも嬉しい。



とにかく、ネットの法則はわかりにくい。

ネットだけではない、いったいどんな業界でもマーケティングというものはあまりにも広大すぎる。

いま考えれば、受験なんて、実に因果関係がはっきりしてます。
学力なんざやれば伸びるし、やらなければ伸びない。もちろんラッキーや個人的な能力差もありましょうが、条件が極めて限定的で、その結果に至った原因がわかりやすい。わかりやすいから反省もしやすい。

スポーツも、競技のルールがはっきりしているぶん、勝つためにやらなきゃならない課題は明らかです。
結果を出すのは、目標達成のために行動をしたのか、しなかったのかに尽きます。


でも最近、つくづく思い知らされます。
マーケティングは本当に難しい。
まず、対戦相手の正体がわからない。相手は複数であり、刻一刻と変化を続けています。そんな誰ともわからぬ市場を相手に戦いの準備をするのです。これが正解、っていうものが明確に存在しない。ある意味、全て正解かもしれないし、逆にどんな成功者でも真実の正解を出していないのかもしれない。他にもっと素晴らしい答えがある可能性は、常にゼロにはならないのです。


ふー。



白蓮会館九州本部は、道場生を募集しています。

白蓮会館には、素晴らしい設備に情熱的な指導者と、そして何より温かい仲間が揃っています。われわれと一緒に強さを求めて頑張ってみませんか。

・佐賀道場…0952-34-4151
・福岡道場…092-852-1488


思わず宣伝してしまいました。


もちろん個人的なブログですから何でも遠慮なく宣伝していいのでしょうが、あまり慣れないことで少々気がひけますね。

道場生ならびにご父兄の皆様、なにとぞ新規会員の御紹介をよろしくお願い申し上げます。


つるかめ。

c0249c12.jpg4月21日 月曜日
辛卯(かのと・う)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真西
旧暦:(小)3月16日





その昔、わたくしが中学生だった頃。

音楽業界では、レコードの代わりにCDが出現し、みんなこぞってそれをテープに吹き込みました。

テープのラベルには、みんな色ペンをおしゃれに駆使し、かわいくタイトルや収録曲名を書いたり、それはそれは、結構こだわったものです。

そんな中でも最もおしゃれなのはレタリングシートでした。
レタリングシートとは、特定のフォントのアルファベットが透明な極薄のプラスチックの板にずらりと並んでいて、その文字を、くっつけたい場所にあてがって、鉛筆で軽くこするとその文字が紙に写るというもので、はっきり覚えていませんが、そこそこの値段だったような気がします。

わたくしは当時バービーボーイズのアルバムを集めていました。
ところがバービーボーイズのアルバム名ときたら
1st Option
Freebee
3rd Break
Listen! BarbeeBoys 4
ア5
eeny meeny Barbee moe
+α
・Blacklist
・RADIO-K
アルファベットの『e』が全部で15回も出てきます。
そして、それぞれのタイトルの後にアーティスト名を『Barbee Boys』と書き足すもんだから(4枚目と6枚目を除く)プラス12個、合計27個ものアルファベットの『e』を消費してしまうのです。

当然レタリングシートは『e』からなくなっていきます。
友達に、余ったレタリングシートを貰うと、今まで使っていたのと微妙にフォントが違ってたりして、並べた時にしっくりこない。
中学生の頃って、コレクター魂がやたら強くて、集めることや、並べることを非常に重視していたように思います。
音楽そのものが大事なのに、なによりも隣同士に並べたラベルの微妙な違いがどうしても許せない。仕方なくまた新しいレタリングシートを買う。
その新しいレタリングシートも『e』だけなくなる。
結果、『e』だけ激減したレタリングシートが大量に家に使われずに増えていくという現象が起こりました。

きっと神戸支部長を始めとする当時のバービーボーイズファンは、みんな共通の悩みを持っていたのではないでしょうか。


そういえば、バービーボーイズとほぼ同時期にファン層を二分していた『BOOWY』は皆様よく御存知でしょう。
いまみちともたかと布袋寅泰はどっちがスゴいギタリストか、とかね。素人のくせにみんな熱く語ってましたね。ちなみにわたくしは音楽に好き嫌いくらいはあれど、上手いだの下手だの評論なんてとてもできません。音楽に関しては全くの素人です。

そのボウイの『PSYCOPATH』というアルバムの中の曲は、ほとんど英語のタイトルなのですが、一曲だけ『季節が君だけを変える』という日本語名の曲がありました。
当時の友達に、アルバム内の全ての曲名までもを全部レタリングシートで作ったツワモノがいて、字が下手な彼は、最後のその曲だけ空白にせざるを得ず、悔しそうにしていました。


懐かしいなぁ…。





さて。


ここからが本題です。


誰か、昨日の『SMAP&SMAP』を録画したDVDを貸してください。お願いします!

e8f977ac.jpg4月20日 日曜日
庚寅(かのえ・とら)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:西南西
旧暦:(小)3月15日





なんだかよくわかりませんが、またしてもGoogle検索から我が白蓮会館九州本部のホームページが消えてしまいました。
『白蓮会館』で検索したら、土曜日まで5位だったのに、日曜日には500位にも入ってません。あまりにも下位に転落しすぎているため、現在いったい何位なのか探す気にもなれません。
いつもいつも突然で、原因もわかりません。
原因がわからないので、手の打ちようもありません。
まったく夜も寝られません。
一般ユーザーの知らないところで何が起きているのか、そのカラクリを知りたいものです。



さてさて。

日曜日は白蓮会館九州本部の春期研修会ならびに昇級審査でした。

今回は組手審査が多く、特に九州本部の年少部史上初の黒帯が出ました。
空手歴7年目の森永仁也拳士。いや、今日からは晴れて森永仁也指導員と呼ぶべきでしょうか。体格に恵まれず、試合ではなかなか勝てなかったものの、そのテクニックと、空手に対する情熱は誰がみても納得の昇段です。また、下の子供達の面倒見もよく、リーダーとしての立場でも道場生を引っ張ってきました。

十人組手では、年少部拳士相手に圧倒的な格の違いを見せつけ、全く息も乱れません。こんなに簡単に昇段してもらうわけにもいかず、一般部の黒帯が混じって、やっとこさバテさせた感がありました。
今回は福岡道場から審査を初めてご覧になるご父兄の方も多く、そういった意味で、皆様に黒帯獲得の何たるかをわかっていただけたのではないかと思います。

とくに森永家は、数少ない父子共に空手をされているところで、9人目に父親も混じり、感慨もひとしおだったことと思います。
あとは、息子に遅れを取った父親の昇段審査が楽しみです。


さて、今日の写真は、同じ日に緑帯昇級の三人組手を受けたU拳士(女性)の二の腕です。
『青あざは女の勲章さ』
って言葉なんてありましたっけ?
個人差もありましょうが、ここまで黒くなれば私生活にも支障が出るでしょうに。これじゃあ温泉にも行けません。

ちなみに犯人は内山です。

76bc9cd7.jpg4月19日 土曜日
己丑(つちのと・うし)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:南南西
旧暦:(小)3月14日





全国霊断師会身延結集に、うちの兄が出席しております。

日蓮大聖人が遠く千葉の両親を偲んでいた身延山の山頂には、現在『思親閣』という堂宇が立てられています。


土曜日の身延山頂は霧がとても深かったそうです。

465d36f1.jpg4月18日 金曜日
戊子(つちのえ・ね)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:真南
旧暦:(小)3月13日





日曜日は、白蓮会館九州地区春期研修会です。

午後2時より約3時間ほど、白蓮会館佐賀支部にて行います。この年に4回の研修会の中で昇級審査があります。あくまでも研修会の中のカリキュラムのひとつです。昇級審査の対象でない拳士も必ず参加するようにしてください。


さて、5月25日(日)に佐賀県立総合体育館にて行われる白蓮会館主催:ファイティングオープントーナメント九州空手道新人戦大会の出場申し込み締め切りは、5月9日となっています。出場しない道場生も、当日は大会運営スタッフとして協力してください。
以上、よろしくお願い申し上げます。

00963e5e.jpg4月17日 木曜日
丁亥(ひのと・い)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:南南東
旧暦:(小)3月12日





会長権限を生かし、今年の煌心会の定期総会を、強引に白蓮会館佐賀支部にて開催しました。

いろいろ議案はありましたが、平成20年度の煌心会最大の議案は、会計の抜本的見直しです。なんといってもお金にだらしないわたくしが暫定的に会計と兼任しており、このままでは煌心会の財政が危うくなるのは必至です。
ありがたいことに、わたくしよりも先輩にあたる御三方が快く会計を引き受けてくださり、これで煌心会の財政も安泰です。
あと、年会費の見直しも満場一致で可決され、だいぶ風通しがよくなりました。

他に挙がったのは、CDの作成、宇佐神宮への参拝などなど。
ぜひ今年中には実現させたいことばかりです。


懇親会は、ちからくらべの打ち上げパーティーでお世話になったMIXXに行きました。
前回いろいろサービスしてもらったので、直後に団体で利用できて良かった。

ちなみに次回の煌心会は、熊本の本妙寺で全日青の結集のリハーサルを兼ねたかたちで行います。会員各聖、よろしく御出仕お願い申し上げます。

a35a6bfa.jpg4月16日 水曜日
丙戌(ひのえ・いぬ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:東南東
旧暦:(小)3月11日





子供達はなんでこんなにも武器が好きなのでしょう。


居残りスパーリングのあと、久々に高橋さんがヌンチャクの指導をしてくれました。
子供達は練習が終わっても、帰れと言われるまで延々自主トレを続けます。

あなた達、空手の自主トレなんてこれっぽっちもしませんやんか。

ヌンチャクに嫉妬です。空手もそんなふうに楽しくしてくださいよ。



…みんな、空手も楽しいよ。



技術や体力も大事でしょうが、とにかくもっと徒手格闘の楽しさを伝えなきゃいけませんね。



翻って、自分はなんでこんなに空手が好きなんだろうかと考えてみます。

ところが、空手が好きになった明確な理由がわからない。
空手が好きなのは、もう、誰にも負けないくらい好きなんです。

けれども、自分がそうであったように、人が空手を好きになるように仕向けることのなんと難しいことか。

最近の課題です。

ec71c0bd.jpg4月15日 火曜日
乙酉(きのと・とり)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真東
旧暦:(小)3月10日





とりあえず落ち着きを取り戻しました。
とはいえ、新たに支払いの日々が始まりますが。


イベントが終わっても忙しさの度合いは相変わらずです。ちからくらべの翌日、片付けやらなんやらでブログ更新しなかったのですが、とにかくその日の訪問者数のすごかったこと!
一言でもいいから何か書いとけば良かったなと後悔しています。



そういえば最近、妙なことが福岡道場で流行ってまして、壁にお尻、胸に椅子を当てて開脚をするのですが、こうすると格闘家なら誰しも憧れる、両足が180度開いて胸が床にベターってつく境地が実感できるそうな。


アホくさ。


『支部長も試してみてください』
って言われましたが、絶対やるもんですか。
そんなもん実感したところで柔軟性そのものは何も変わらないし。



仕方ないから、あとで人が見ていないところで、ひとりこっそり試してみます。

04004ca0.jpg4月14日 月曜日
甲申(きのえ・さる)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:東北東
旧暦:(小)3月9日





ちからくらべが終了しました。


関係者の皆様、言葉は尽くせませんが、本当にありがとうございました。
そしておつかれさまでした。



自己採点では75点です。


次は、気が向いたらそのうちまたやります。
その時は今回よりもいいものを作るつもりです。
よろしくお願い申し上げます。

96417945.jpg4月7日 月曜日
丁丑(ひのと・うし)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:南南西
旧暦:(小)3月2日





4月7日は勝厳寺の春の大祭『御経会』です。


この日わざわざ北九州からマイミクのめぐみさん(ゆきさん)が来られました。


そうそう。


ブログ開設以来、実に2年ものあいだ、皆様に言うのを忘れてましたが、我が勝厳寺には自慢の一品があるのです。




それは…



なーんと、わが宗祖・日蓮大聖人直筆の大曼陀羅御本尊です。

大聖人の直筆大曼陀羅は、あの有名な『ギャラリーフェイク』という漫画でも扱われたので、ご存知の方も多いかと思いますが、大部分の信仰をお持ちでない方にとっては、別に驚くことではなかったかもしれません。


でもこれって結構すごいことなのです。
現存する日蓮大聖人の直筆の大曼陀羅は約150幅。
しかし、その大部分は千葉、静岡、山梨あたりの有力寺院が保有しており、九州には僅か2つしかない。


そのうちのひとつが何故か勝厳寺にある。

勝厳寺って、ちっちゃい寺なんです。普通の寺なんです。

でも、そんなしがない田舎の寺に、流れ流れて宗祖の真筆がやってきた。

九州唯一の本山・松尾山ですら持ってない真筆本尊。
そりゃあ恐れ多いほどの宝物です。

ゆきさんもひょっこりお詣りしたいとの申し出をくださり、いったいどんな予兆かしらと思っていましたら、真筆本尊御開帳の行事に導かれたのでしょうか。

この日の様子は、ゆきさん(めぐみさん)の日記に詳しく書いてあります。
この日記はまさに気持ちのこもったレポートで、わたくしが書くよりもはるかに伝わります。わたくしも何回も読み返しました。ですからわたくしは詳しく書きません。わたくしが書いても内容が落ちますので。皆様も是非ゆきさんの日記をご参照ください。


ちなみに次の御開帳は11月12日の御会式です。
興味を持たれた方、どうかその日に勝厳寺へ御参拝くださいませ。

c0d95131.jpg4月6日 日曜日
丙子(ひのえ・ね)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:真南
旧暦:(小)3月1日
雑節:●朔月




桜の季節には、意地悪なくらいタイミングよく雨が降って、ただでさえ短い桜の鑑賞期間を縮めてくれます。

しかし、今年は稀にみる満開の日曜日の快晴で、きっとたくさんの人が花見を楽しまれたことでしょう。


この日曜日の夜には、4月13日(日)に佐賀県内の格闘技団体有志で企画・開催される『佐賀んもんのちからくらべ』の打ち合わせ兼懇親会でした。

佐賀は、忘年会を団体合同でやったり、団体複合で合コンに行ったり、格闘技団体同士の仲が非常に良いのです。

今回のイベントも、各競技・各団体から1人ずつ選手を出してエキシビジョンマッチをバラエティー豊かにやれば、一般の人も観にきてくれるんじゃないかとの安易な発想で始まり、今回で2回目になります。
確かに、この『佐賀んもんのちからくらべ』の始まり方はそんな軽い感じでしたが、どうして1回目から狭いライブハウスに500人の満員御礼でした。
今年だって、すでに前売り券600枚(スタンディング席2500円)は完売です。
あとはこの潤沢な予算を使ってイベントをどう演出するかです。

ちょうど本番を一週間後に控えた6日の日曜日。
ごつい格闘家どもがクラブホールを貸し切ってイベントの打ち合わせです。
そこには空手家だけでなく、総合格闘技からボクサーまで、佐賀県内のいろんなジャンルのファイター達約40人が勢揃い。なかなか壮観でした。

懇親会では出場選手に対するインタビューとかもあって、むちゃくちゃ盛り上がりました。


まだまだやらなきゃならないことは山積みですが、なかなかの企画が仕上がりつつあります。
選手の皆様、これはあくまでもエンターテイメントですから、エンターテイナーらしく存分に暴れてください。
ウチから出場するデブちゃんも結構演出を考えているみたいです。

映像も素晴らしいのができています。
どうかお楽しみに。

633fcddb.jpg4月5日 土曜日
乙亥(きのと・い)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:南南東
旧暦:(小)2月29日







最近、どうしようもなく忙しいのです。
なかなかブログの更新ができません。わたくしのブログを楽しみにしてくださっている全国50,000人の読者の皆様にはご迷惑をおかけします。

でも、そんなにカラダはきつくない。
きっと気力が充実しているからなのでしょう。


そういえば、いいことがありました。

白蓮会館九州本部のホームページが、やっとGoogleの検索に登場するようになりました。
ただいま『佐賀 空手』で4位。
『福岡 空手』で13位。
『白蓮会館』で8位です。
以前の順位より良くはありませんが、とりあえず春の危機からは解放された感じです。

いったい何が起きたのでしょうねぇ。
わたくしの周りのRAK2ユーザーのホームページもみんなランキング外に追いやられていました。
真の権力者のさじ加減というものでしょうか。
かしこみかしこみ

35d8d645.jpg4月4日 金曜日
甲戌(きのえ・いぬ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:東南東
旧暦:(小)2月28日


a55e4c06.jpg
これなんか、いい感じでした。こんなかたちをしてたって、一応これも知恵の輪。あまり誰もやりたがりませんが、わたくし10分休みの時間内で解きました。


2d3448d4.jpg
数ある知恵の輪のうち、これが最大の難関。先生、生徒ともに、誰もまだ解いていません。もちろん、わたくしも解いていません。

a670a9ea.JPG4月3日 木曜日
癸酉(みずのと・とり)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真東
旧暦:(小)2月27日





普段はめったに停めないのに、今日に限って大成学館の建物の中に車を突っ込んでから出勤しました。
昼休みに食事に出かけようと車を見たら、フロントガラスにつばめ共の見事な急降下爆撃を喰らっていました。

他の先生が、最近盛んにつばくらめの巣を壊しているとのこと。
昔からつばめの住む家は栄えるといわれており、巣を壊すなんてとんでもないと思っていました。でもよくよく聞いてみると、とにかく車に対する糞の害がひどいんだと。作り始めたらすぐ壊すようにして、とにかくこの場所さえ諦めてくれたらということでした。

だからあの辺になるべく車を停めない方がいいよと言ってくださったのに、やられてしまいました。
学習能力の低下が実感できます。


ほんと、最近ブルーなことが続きます。


そうそう。

今日は、わたくしの尊敬してやまない白蓮会館神戸支部長の誕生日です。
おめでとうございます。わたくしからの祝福を受け取ってくださいますように。

be578b15.jpg4月2日 水曜日
壬申(みずのえ・さる)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:東北東
旧暦:(小)2月26日





がんばって、知恵の輪をひとつ外しました。



やったー。



…やればできるじゃないか俺。


………。



皆様はエイプリールフールにどのような嘘をつかれましたか?

明日はわたくしの敬愛する白蓮会館神戸支部長の誕生日です。
みんなでお祝いしてあげましょう。



がんばれ俺。

わかる人だけ笑ってください。

0a9ba6b9.jpg4月1日 火曜日
辛未(かのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北東
旧暦:(小)2月25日





いったい誰がこんなものを考え出したのでしょうか。



今、大成学館では知恵の輪が流行っています。


なんといいましょうか、悔しいことに子供達は解くのが早い。わたくしなんか、とてもじゃないけど子供達には勝てません。
絶対無理!と、わたくしがあきらめて置いたものを、しばらくして見る間に外してみせたりします。思わず尊敬してしまいます。


それよりも何よりも、この知恵の輪そのものを企画した大人って何者でしょうか。
いかに難しいものを作るか、しかし必ず外れる。しかししかし、普段ちょっとやそっとじゃ絶対外れない複雑さ。
それでいて、見た瞬間、かんたんに外れるんじゃないかと勘違いさせるシンプルさ。

どんだけ計算し尽くしてんのよ、って感じです。


これらのうち外したのは現在のところ2つ。
大成学館の春期講習もあとわずかです。この残された時間で、あといくつできるか挑戦です。

567d6e2c.JPG3月15日 土曜日
甲寅(きのえ・とら)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:南南西
旧暦:(小)2月9日





先日ブログで触れた日蓮宗佐賀県教化センター発行の『慈眼』に、わたくしが寄稿した記事をいちお掲載します。


加藤 清正(かとう きよまさ)

加藤清正公は、安土桃山時代に活躍した武将です。『せいしょこさん』として、在世から現在に至るまで庶民に愛され、親しまれています。また、熱心な日蓮宗信者としても知られており、現在多くの日蓮宗寺院に守護神として勧請され、人々の信仰を集めています。




清正公は1562年、尾張の土豪である加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村(現在の愛知県名古屋市)に生まれました。血縁関係にあった豊臣秀吉に仕え、肥後北部の領主となります。肥後入国の際、かつて大阪に創建した本妙寺を熊本城内に移建し、以降日蓮宗を手厚く外護します。このため領内に相次いで日蓮宗寺院が建立され、本妙寺を中心に西九州における日蓮教団の教線は飛躍的に拡大しました。秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ヶ原の戦いで武功を挙げて肥後一国を与えられ、初代熊本藩主となりました。

数々の武勇伝を持つ清正公ですが、なかでも賤ヶ岳七本槍の一人としての戦功、朝鮮の役での活躍、および虎殺しの逸話などが有名です。

朝鮮出征に先立ち、帰依僧である京都本圀寺の日脳綽佑頬_攘舒賈部読誦会を依頼し戦勝の祈願を行いました。文禄の役には秀吉の授与された南無妙法蓮華経の題目旗をひるがえして戦場を駆け巡ったと言われています。本妙寺第三世日遥、小湊誕生寺十八世日延は、清正公が朝鮮から連れ帰り養育した人物です。

清正公は築城の名手でもあり、特に大きな反りを持たせた独特の石垣の積み方が知られています。日本三大名城に数えられる熊本城を築き、朝鮮出兵の際現地に築城した蔚山倭城、江戸城、名古屋城など数々の城の築城に携わりました。

また、領内の治水事業にも力を注ぎ、熊本県内には現在も清正による遺構が多く存在します。
特に、清正が熊本へ赴任した当初、領内の河川が年中氾濫を起こし、水害が深刻でした。藩主となった清正は、この水害を除くための大々的な治水工事に取り組み、暴れ川の鎮圧にあたります。
領民達にきちんと給金を払い、必要以上の労役を課すことなく、農事に割く時間を確保するなどの配慮のため、領民たちも男女の別なく事業によく協力したといわれています。

加藤清正といえば、どうしても剛の武者という印象が強いのですが、このように実際は卓越した行政手腕も持ち、まさに戦国時代を代表する智勇兼備の名将だったといえるでしょう。

慶長16年(1611年)3月、二条城における家康と豊臣秀頼との会見を取り持った後、帰国途中の船内で発病し、6月24日に熊本で死去します。享年50歳。

清正公の没後、清正公に対する崇敬と熊本における庶民信仰としての御霊信仰が結びつき、治病除災の神として清正公信仰が興り、それが全国に波及し、今日に至ります。

↑このページのトップヘ