【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2008年06月

f95ccf08.jpg6月30日 月曜日
辛丑(かのと・うし)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:南南西
旧暦:(小)5月27日





九州教区の『ミトラサンガ』の総会があり、お声掛けをいただいて、初めて出席いたしました。


ミトラ・サンガ(mitra sangha)とは、お寺に生まれて僧侶になったのではなく、一般在家から佛道を志し、出家して僧侶になった方々を応援・養成するための集まりです。




母、即ち告げて言わく
『汝が出家を許す所以は如何、佛に値奉ること難きが故なり』

是に於いて二子、父母に白して言さく
『善哉父母、願わくば時に雲雷音宿王華智佛の所に往詣して親観し供養し給え。
所以は如何、佛には値い奉ること得難し。優曇波羅華の如く、また一眼の亀の浮木の孔に値るが如し。しかるに我等、宿福深厚にして佛法に生まれ値へり。
是の故に父母、まさに我等を許して出家することを得せしめ給ふべし』
(妙法蓮華経 妙荘厳王本事品 第二十七)




ミトラサンガは、これからお坊さんになってみたいとお考えの一般人の方のお手伝いをします。
もしブログ読者の中にそのようなお考えの方がいらっしゃいましたら、是非とも御連絡くださいませ。

南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経

0d2ac9f7.jpg6月29日 日曜日
庚子(かのえ・ね)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真南
旧暦:(小)5月26日





白蓮会館と交流の深い統一空手道連盟の誠武館が主催する西日本交流大会に行ってきました。

白蓮会館九州本部からは、期間限定の内弟子・だいずまん(別名:灰ナース)が出場しました。さすが佐賀、福岡のどちらの道場でも一番遅くまで練習しまくるだいずの試合とあって、たったひとりの出場とはいえ、両道場からかなりたくさんの応援団が編成されました。


この大会は4回目の開催で、何が特徴的かって、普通の顔面なしフルコンタクト空手ルールの他に、型の部があり、ここまでは他の大会でも散見されますが、防具着用のポイントルールの部、さらにはグローブ着用のキックルールの部まであるのです。古武道具を持った選手からTシャツ・トランクス姿の選手まで、ありとあらゆる打撃系の選手がわんさかいるのです。二階席から全体を見渡すと、各コートそれぞれに特色があり、まるで体育館のアリーナ全体が大きな雑煮のようでした。


さて、パンフレットを見ると、だいずの出場した一般女子の部の出場者は3人で、総当たりのリーグ戦でした。しかも対戦相手は外人と黒帯(しかも女子の強豪流派の二段)。先入観だけで負けそうです。

しかし、心配するほど試合内容は悪くなく、優勝こそできなかったものの、ポイントを稼ぐ蹴り技に頼らず、試合前に練習していた接近してからの技が自然に使えたし、新たな課題も見つかったし、きっと次につながる試合だったと思います。


そうそう。


会場の外に出店が出てました。焼きそばやらお好み焼きやら。

ワクワクしますね。

ウチの大会にも呼びたいなぁ。


この大会では、決勝まで終わったブロックから表彰式があって、意外に早く帰ることができました。
主催者からすれば、大会後半に観客がみるみる減ってしまい、盛り上がりに欠けるというデメリットもありますが、一参加者からすれば、早く帰れるのはやっぱり嬉しいもの。
ウチでも検討してみます。

49d31487.jpg6月24日 火曜日
乙未(きのと・ひつじ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:北北東
旧暦:(小)5月21日





最近、白蓮会館九州本部道場生ならびに関係者各位のお力添えにより、広告活動が充実してきております。

城南区役所のロビーの大型モニターの15秒CMも完成しました。7月から繰り返し繰り返し、ひたすら流されるみたいです。

3月に佐賀で行われた某イベントに協賛した際に、特典として佐賀支部の15秒CMを作っていただきました。

今回の福岡道場のCMは、佐賀支部のCMを作ってくださったのと同じ方で、いつもお世話になっているからと無料で作成してもらいました。まこと深謝でございます。

これで、佐賀でも福岡でも、いつだって道場生募集のテレビCMが打てます。

もちろんそんな予定なぞ今のところ全然ありませんが。


前回作ったフライヤー広告は、わたくしかなりの自信作でした。しかしそれを小学生に手配りしてみたところ、意外にも『怖い』という反応が多かった。

それを聞いた護身塾のT橋さんが、例の白蓮会館マスコットキャラクターを使った、かわいいフライヤーを200枚ほど作って持ってきてもらいました。

これがまた小学生にウケがいい。



2年前、回覧板にも広告を打ちました。

早いもので、もう契約が切れます。営業の方が契約を継続するように言ってきました。


たぶん契約更新はしません。


一部だけ記念に大事に保管しておきます。

3df14555.jpg6月23日 月曜日
甲午(きのえ・うま)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真北
旧暦:(小)5月20日





昨日申し上げました通り、日曜日にキックボクシングの試合を観に行きました。

嬉しいことに、その日は夕方からすきやきでした。

このすきやきは、某他流派のN君が企画してくれたものです。
でも、すきやきの買い出しやら準備やらは結局白蓮会館の女の子達がしてくれたみたいです。

会場は白蓮会館福岡道場。
福岡道場には、電子レンジもあるし、大きな冷蔵庫もあるし、その中には前回の試合の打ち上げの残りのビールもたっぷりあるし、明日はゴミの日だし、みんなで集まってワイワイ飲むには最適。

当初の予定では、4〜5人程度で行うつもりが、どんどん人数が膨らみ、結局10人を超えました。しかも、よその道場所属の知らない人とかもいるし。ここまでくれば、果たしてなんの集まりなのかさっぱりわかりません。


そんな微妙な空気の中、乾杯。

ここは道場ですから、格闘家が群れて酒飲んでますから、やがて、どうしても避けられないものが始まります。
この業界お決まりの、酔っ払い同士のフリースタイルのスパーリングが各地で勃発。
わたくしはケガをするのがイヤなので、こういう輪には絶対に混じりません。
皆様バカみたいに汗かいてましたね。


そんなこんなで夜も更けて、みんなで後片付けしておひらき。

あー楽しかった。


企画していただいた皆様、本当にありがとうございました。
あれだけ飲み食いしたのに会費は1500円でした。今回はなぜか腹痛を訴える人が続出しましたけども、ぜひまたやりましょう。



ちなみに、食うことに一生懸命になりすぎてすきやきの写真を撮り損ねたので、定番のもこらを載せときます。

910731f8.jpg6月22日 日曜日
癸巳(みずのと・み)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:北北西
旧暦:(小)5月19日





初めてキックボクシングの試合を観に行きました。

比山ジム主催の『直方決戦』。

この試合のメインイベントは、九州最強のキックボクサーとの声も聞かれる田中康行選手。先日開催された『佐賀んもんのちからくらべ』でもセミファイナルを飾り、会場を大いに沸かせたことはまだまだ記憶に新しい。

さて、会場は直方のとんでもない山奥でした。その名も『直方いこいの村』。だってキャンプ場ですよ。そこに至る道のりは、まさに日本の原風景的なところで、こんなところで興行をするのかと信じられないほど。

会場についたら案の定駐車場が狭いんです。でも山奥だから路上駐車し放題って感じで、わたくしもそのへんに停めました。

一緒に行ったのは、同じく『佐賀んもんのちからくらべ』の実戦空手でメインを張ったFくん。
聞くところによると、Fくんはかなりの格闘技マニアで、彼の部屋は格闘技のビデオが大半を占め、それらが生活スペースを圧迫しているそうな。そんな彼と一緒だったから、わからないこともいろいろ解説してもらえてお得でした。


大会は全9試合で、それが3時間で終わる予定です。
たった9試合で3時間もかかるのかなぁと思っていましたが、本当に時間が過ぎるのが早く、あっという間にメインイベントまできました。やはりそれだけ試合に引き込まれていたのでしょう。


田中康行選手は、照明の影響も多少はあるでしょうが、かなり日焼けした感じで、余計に引き締まって見えました。

ムエタイの試合の前には、ワイクーといわれる祈りを捧げる踊りのようなものがあります。映像で見たことはありましたが、実際に見るのは初めてでした。映像で部分的に見ると滑稽な印象もありますが、現場で最初から最後まで見ると、選手の真剣さと、ムエタイという競技の伝統と格式が充分感じさせられます。素直にカッコいいと思いました。


試合内容は五分でした。
相手は本場のタイ人。田中選手は右の蹴り、特にローが得意と聞いていましたが、相手選手はとにかくローをカットするのがうまい。仕方なく田中選手はミドルを多用しますが、これをいちいち相手がつかむ。反則にはなりませんが、あまりフェアではない戦い方です。

エキストララウンドで、田中選手のパンチが相手選手を上回り、見事判定勝利。

ファンや関係者に囲まれて、勝利者の田中選手は忙しそう。錬成塾のみなさんと田中選手に一言だけご挨拶申し上げて、とっとと帰りました。


なかなかモチベーション上がりましたよ。
選手としても、プロモーターとしても。

今度、どなたかわたくしと一緒に田中康行選手が所属する錬成塾に出稽古に行きませんか?
1回見に行きましたけど、ばりばりハードですよ。


たまには違う世界のイベントを観て、勉強しなければなりませんなぁ。

cb2f5ed8.jpg6月21日 土曜日
壬辰(みずのえ・たつ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:西北西
旧暦:(小)5月18日
雑節:二十四節気・夏至




わたくし最近ウエイトトレーニングを復活しました。


3年前に佐賀県ボディビル選手権に出場して以来、ぴたりとやめてしまったウエイトトレーニング。
空手を始めてからというもの、空手とウエイトは表裏一体の存在で、実に12年間休むことなくトレーニングを続けていました。荒行堂に入っている時を除けば、2週間も連続でバーベルを握らないことはなかった。

それが、白蓮会館の福岡進出の時期とも重なって、選手権を境に未練なくストップ。


みるみる筋肉量は低下し、反比例して体脂肪が増加していきます。

ウエイトトレーニングの効果にはさまざまなものがありますが、なによりも体型維持・向上による精神の充実だと思います。
トレーニングを止めたことで最も感じることは、スポーツパフォーマンスの低下よりも、気力の低下です。
気力の低下は空手だけにとどまらず、仕事やプライベートまで生活全般に及びます。


ここで、以前のような気力に満ちた生活に戻すために、ウエイトトレーニングを復活させた次第です。


しかし、ひとりでやってもあんまり面白くない。

それで同好会を結成し、定期的に集まってトレーニングをすることにしました。

現在、毎週火曜日の午後2時からと、土曜日の4時からの計週2回。
場所は佐賀県立総合体育館ウエイトトレーニングルーム。先月、白蓮会館九州新人戦を開催したとこの隣の部屋です。

白蓮会館九州本部の道場生はもちろん、空手は無理でもシェイプアップぐらいは…とお考えの一般の方まで、参加費はウエイトトレーニングルーム利用料の320円(高校生以下160円)のみです。インストラクターは、わたくし大野英章(いちお2005佐賀県ボディビル選手権新人の部準優勝)が務めます。
室内シューズ持参で、だいたいその時間に現地集合です。

健全な肉体には健全な精神が宿る。
皆様の積極的な御参加をお待ち申し上げます。

5aee933f.jpg6月19日 木曜日
庚寅(かのえ・とら)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:西南西
旧暦:(小)5月16日





日蓮宗佐賀県青年会(通称:佐賀日青)には雅楽部があり、原則として日青会員は全員雅楽部に参加しなければなりません。


わたくしは平均よりも僧侶になるのが遅く、しかも随身(ずいしん:よその寺の師匠について身の回りの世話をすること)の経験もないため、なにをするにも他人に後れをとってしまい、コンプレックスだらけでした(もちろん今でもたくさんコンプレックスを持っていますが)。
のうのうとワンルームマンションで普通の学生時代を過ごしてきたわたくしが、いまさら衣を畳むスピードや正確さ、読経、木鉦、その他の法要所作、宗学などで、厳しい集団生活を過ごしてきた同世代の仲間に勝ち目はありません。

そんな中、みんなとスタートラインが同じジャンルといえば『雅楽』。
誰もが僧侶になってから始める雅楽ならば、なんとかみんなに並ぶことができるかもしれません。



自分が評価される分野はこれしかない。

そんな希望を持って臨んだ雅楽の稽古。

確かに、最初の頃はよく練習しました。


しかししかし、初期の大志はどこへやら、最近はめっきり練習してません。



そんなわたくしも、いつしか日青会の役員につく年齢になり、今年度から雅楽部長に任命されました。

数ある役職の中でも、誰もやりたがらないのが雅楽部長。しかしわたくしの同級生はみんな雅楽部長を一度はやってきました。周りを見渡すと、やってないのはわたくしひとり。
腹をくくって引き受けます。


雅楽部長(楽長)の最初の仕事は、総会を開催すること。
会場の予約だったり、宴会や二次会の設定だったり。

あと、事前に総会用資料としてのパンフレットも作らねばなりません。
このパンフレットが厄介でした。忙しい中、作成の時間をなんとか捻出し頑張って作りましたが、不必要なページをはさんでしまうという大きな間違えを犯しました。

今まで各種の総会などに適当に参加してきたわたくし。
初めて開催側の立場に立ってみると、まるでわからないことばかり。全て行き当たりばったりで、とりあえず形だけこなしました。


会議が終わって食事、そして二次会へ。
先輩の皆様方のありがたい励ましをたくさんいただきました。


帰りし、車のキーが見あたりません。
ホテルに電話したり、宴会場に電話したり、さんざん大騒ぎしてみんなに迷惑かけたあげく、カバンの底にありました。

こんな感じで平成20年度の雅楽部はスタートです。
ご覧の通り、頼りない雅楽部長でございます。皆様のサポートなしではやっていけません。会員の皆様、これから2年間よろしくお願い申し上げます。

c002572d.jpg6月15日 日曜日
丙戌(ひのえ・いぬ)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:東南東
旧暦:(小)5月12日





実戦系の読者のみなさま。


ひょっとして伝統派空手の組手競技を『当てない』という一点の理由のみで低く評価しておられませんか?


わたくし人生で初めて伝統派の大会を観戦してまいりました。
白蓮会館福岡道場のM(♀・中学3年生)は、学校の部活動をしておらず、内申書の課外活動の欄に書く事項を増やすため、という、極めてよこしまな理由で中体連にエントリーしたのです。



感想はただ一言
『ハイレベル』!!


型競技に関しては、白蓮会館の科目に古式の型がないため、正直あまりわかりませんでした。


しかし、組手は本当に侮れません。


中学生とはいえ、組手のスピードは凄まじい。

顔面への突きのスピードなんて、アマチュアボクシングのマススパーリングのパンチみたいです。
『ピッ』っと有効技の旗が一斉に挙がっても、わたくし恥ずかしながら、なんで今のは赤なの?何が入ったの?というくらい目がついていきません。
しかし、初老の審判の先生方にはちゃんと見えていらっしゃる。



恐ろしいことです。


しかも、寸止めといっても顔面への突きはほとんどフルコンタクト。単発攻撃がメインかと思いきや、多い時は7連打ぐらいのコンビネーションで攻めていきます。まるで、ローとヒザのないキックボクシングみたいな印象でした。


実戦系の選手も、根拠のないうぬぼれを捨てて、一度は伝統派の大会を見て、たまには交流もしてみて、実際にこのルールで勝つための練習をしてみるべきかもしれません。きっとむちゃくちゃ勉強になると思います。


さて、ウチのM。


なんといっても、白蓮会館の道場生ですから。


わたくしは空手の型なぞひとつも知りません。
この1ヶ月は、極真から移籍したウチの道場生による型のスパルタ特訓でした。

白蓮会館の道着を着て、全空連ルールの試合に出場し、極真の型をするという、なんとも変な選手。

付け焼き刃の型では、やはりと言いましょうか、ま、初戦で敗退。

しかし、組手は頑張りました。

ちゃんと顔面へのパンチをよけながら相手にカウンターを叩き込んでたし。

しばらくして右ハイレが炸裂!

かぽーんと響き渡る音と同時に、副審が一斉に顔の横でバツを作ります。


どうやら反則です。

Jr.のフルコンタクトルールなら技有りでしょうなぁ。

そして、本戦で決着がつかず、延長で判定負け。


あれだけの準備期間で本当によく頑張りました。

今回の目的は、もちろん勝つことではなく、戦いの場に上がること。そして相手の正面から堂々と戦うこと。

そういう意味では満点です。



ちなみに本人の名誉のために付け加えますと、今大会へのエントリーを勧めたのは学校の先生であり、本人が積極的に内申点を稼ごうとくわだてたのではありませんからね。



今週は彼女、期末テストで練習をまるまるお休みしてます。

どうか実力で受験本番を突破なさってください。

2bc143d7.jpg6月13日 金曜日
甲申(きのえ・さる)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:東北東
旧暦:(小)5月10日





先日、手配り用のフライヤー広告を作りました。

本人には無断で作りましたが、師匠には報告してます。


これがまた実に評判がいい。
このフライヤーを知り合いの女性に配ったら
『うそっ!!こんなカッコいい先生が教えてくれるのっ?』
などと言われるそうです。




あっはっは。





教えるのは僕です。




キャッチが良過ぎて、実際との落差が大きいのも考えものです。
見学者に逃げられないように中身で頑張ります。

1882696c.jpg6月12日 木曜日
癸未(みずのと・ひつじ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:北北東
旧暦:(小)5月9日





どなたか車の購入を検討なさっている方、いらっしゃいませんか?

わたくしの愛車をご希望の方にお譲りしたいと考えてます。


フォルクスワーゲン
『ニュービートル』
色:レモンイエロー
グレード:プラス
年式:99年式
車検:21年7月
走行距離:134,000km
その他:社外ETC、現在履いているタイヤ以外に新品4本付き


わたくし佐賀県〜福岡県を往復しておりますので、ご覧のように走行距離はたいしたものです。今日買い取り専門店に査定してもらいましたが、さすがにこれだけ走ってますから、まぁそれなりの値段を提示されました。

しかし、どこか遠くの知らない人より、どうせならわたくしに縁ある方にお譲りしたい。ブログ読者の皆様には、だいたい業者の見積もりに依った適当な価格でお譲りしたいと考えてます。

わたくしのダイレクトメールをご存知なら直接連絡ください。ご存知ないならコメント欄にアドレスを添付してくださればこちらから御連絡差し上げます。

よろしくお願い申し上げます。
e77721f3.jpg

いまご成約の方には、可愛い造花のカーネーションがついてきます。

159f51ee.jpg6月11日 水曜日
壬午(みずのえ・うま)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真北
旧暦:(小)5月8日





今日は長崎県は雲仙市にて煌心会が開催されました。

今日の会所は日誠寺(森下雅広あらため森下龍雲上人坊)でした。わたくし前回の日誠寺での煌心会を欠席しておりましたので、今回こそは必ず参加しようと意気込んでおりました。


折しも九州北部地方は豪雨。



嬉野インター手前で突然バーストしました。


あの気味の悪い感覚!
ゆっさゆっさと揺れるような、水の上を走るような。
『あ!なんかやばいかも…』
と思って減速して、しばらくしたら急に『バタバタバタバタ!』
と、完全にバーストした手応え。


前輪がそろそろヤバいなと思っていたら、なんとバーストしたのは後輪でした。

こりゃ4つとも交換しなければなりません。


高速道路上のことですし、雨も降ってるし、とりあえずJAFを呼びました。

しかしJAFの方々が現場に到着したのは電話から1時間後。
雨の中、曇った窓からぼぉーっと外を眺めていました。


ちなみにわたくしの車のスペアタイヤは、贅沢なことにアルミホイルです。
左後ろだけ新品で、あとのタイヤは全てボウズの車。
まっすぐ走っててもふらふらしてる気がします。


午後から福岡道場にお客様と会う用事があったため、煌心会はけっきょく欠席。
またもや日誠寺の御宝前に参拝できませんでした。
森下上人、申し訳ございません。今度こそ万障差し合わせて行きます。

4cfbfb34.jpg6月10日 火曜日
辛巳(かのと・み)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:北北西
旧暦:(小)5月7日





なにが3年ぶりかと申しますと、ウエイトトレーニングです。

実に2年9ヵ月ぶりにシャフトを握りました。

今日のメニューは、
・ベンチプレス
・バックプレス
・スクワット
・デッドリフト
・ベントロー
の5種目です。日にちを確保できないため、あまりパーツを分割できないので、なるべく全身まんべんなくやったつもりです。



福岡道場を預かるようになって、ピタリと辞めてしまったウエイトトレーニング。
これからヒマを見つけて週に1回ぐらいは続けてやりたいと思ってます。あくまで希望ですが。


さて、九州は今日から梅雨入りです。もこらを連れてうさんぽできるのは夏休みに入ってからでしょうか。

a1ad0bf2.jpg6月8日 日曜日
己卯(つちのと・う)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真西
旧暦:(小)5月5日





白蓮会館主催・ファイティングオープントーナメント全関東空手道選手権大会が国立代々木第2体育館にて開催されました。

この大会は、この秋に行われる世界大会の予選を兼ねており、例年の全日本のメンバーがずらりと出場し、とても地方の一大会とは思えないほどのレベルの高さでした。


わたくしと同世代の選手もたくさん出場していて、まるでわたくしひとり取り残されたよう。

しかし、空手界の世代交代ははっきり進んでいると言えます。
往年の名選手達の、昔とほとんど変わらぬ動きも素晴らしかったが、それ以上に強い無名の若手選手のいかに多いことか。

この大会で地元九州から、勇征会の伊東選手が決勝戦まで進出し、晴れて世界大会重量級の日本代表に選ばれました。


ちなみに重量級でその伊東選手を破り、堂々優勝したのは、This is白蓮・南豪宏支部長です。

南支部長は前回の世界大会以来三年ぶりの復活で、完璧な仕上がりで、わたくしのカラダの深いところに染み込んでいるあの強さそのものでした。いや、こと回転のスピードに関しては、わたくしの記憶史上最高だったかもしれません。


さて、南支部長以外で印象に残った選手は、軽量・中量級それぞれで優勝した極真會の重政選手と宮崎選手。独特のリズムでつかみどころがないという感じでしたが、オールラウンドに対応する力を備えた実力者だと思います。
MACの田中選手も強かった。負けた試合は見てませんが、白蓮会館の吉田憲一選手と寺山達也選手の2人のランカーを引きずり下ろす見事な戦いっぷりで、この勢いで優勝するんじゃないかと思ってました。


あと壮年部の朝井支部長と平山師範。一回戦の平山師範のKOなんて、空手史上に残るくらいの壮絶な倒れ方でした。お相手の方のその後が心配です。


他にもいろいろ印象深い選手や試合もありましたが、とても全部書ききれません。とにかく、いい大会でした。



そうそう。


わたくし開会式の演武で、浅田支部長に蹴られて吹っ飛びました。

この演武は、空手界史上、空前にして絶後となる演武であったことに間違いないでしょう。

780a3dc1.jpg6月7日 土曜日
戊寅(つちのえ・とら)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:西南西
旧暦:(小)5月4日





東京に来ています。

久しぶりにスカイマークを利用しました。

受付カウンターも搭乗口も端っこに追いやられ、航空業界から虐待されている感の否めないスカイマークエアラインズですが、今回利用してみて、他社よりはるかに優れている点があることに気がつきました。

もちろん料金が安いということではありません。

それは非常の際の緊急脱出方法などの説明が、極めて具体的でわかりやすいこと。

他社は、いちお決まり事だから形だけ、っていう印象です。
要するに、スカイマーク以外の航空会社は、もし実際に非常事態になった時に動けるような知識を乗客に提供できているかといえば、ちょっと疑問です。わたくしも何度となくビデオを見てはいるものの、緊急事態に対応できる自信はありません。毎回のことですから仕方ないとは思いますが、機内を見回しても誰も注意を聞こうとしていません。



ところが、スカイマークは違います。

具体的に、酸素マスクがどこにあって、救命衣がどこにあって、それをどんなふうに使うかなど、一切省略せず全てを視覚情報として提供していました。


今後わたくしの乗る飛行機が墜落しても、今日のビデオで事態に冷静に対応できる自信がつきました。もし帰りの飛行機に万一のことがあっても大丈夫です。

皆様もスカイマークを積極的に利用しましょう。

4dd3ba32.jpg6月4日 水曜日
乙亥(きのと・い)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:南南東
旧暦:(小)5月1日
雑節:●朔月




白蓮会館九州本部からの各種お知らせです。

九州地区夏期研修会および昇級審査会の日程が確定しました。

日時:7月13日(日)14:00〜
場所:白蓮会館福岡道場

年に4回しかない貴重な研修会です。道場生の皆様は今のうちから日程を調整して必ず参加するようにしてください。



〜イベントのお知らせ〜

九州比山ジム主催
『直方決戦』

日時:6月22日(日)
   会場 13:30〜
開始 15:00〜
場所:直方いこいの村
入場料:¥3000


メインイベントは『佐賀んもんのちからくらべ』で白熱の好試合で会場を沸かせた錬成塾の田中康行選手vs.ユキレック・ウィラサクレック
60垠戚鵤格×3R
あの彼が本場のタイ人とどう戦うか。チケット希望の方は、白蓮会館九州本部まで。


〜佐賀県日蓮宗雅楽部定期総会〜


巡り巡ってわたくしに雅楽部長が回ってきました。
雅楽部は新規会員を募集いたします。今年度は集中強化練習を企画し、新たに始められる方に対して敷居を下げた活動を考えております。まずは県内教師の御尊聖の総会への積極的なご参加をお待ちしております。




そういえば、mixi内に『白蓮会館九州本部』のコミュニティができました。

管理人はぱんだです。いくつもトピックを立てたり、頑張って内容を充実させてくれています。
白蓮会館九州本部の道場生はもちろん、ご父兄、OB、はたまたわたくしのファンの方、道場生の誰かのファンの方、お友達、スポンサーの皆様、同じ白蓮会館の他支部に所属なさっている道場生の方、これから白蓮会館九州本部に入門を考えていらっしゃる、まだお会いしていないそこのあなた、とにかく、白蓮会館九州本部に少しでも縁のある方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

念のためID番号
3381527
です。よろしくお願いします。

fc7cb57e.jpg6月3日 火曜日
甲戌(きのえ・いぬ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:東南東
旧暦:(大)4月30日





白蓮会館佐賀支部…。


自慢ではありませんが、ウチの道場はかなり広いんです。


せっかくのこの広い道場に、練習生の参加が少ないと、寂しいことこの上ない。
狭い空間でも、それに見合う人数がいれば活発に感じるし、逆だとなんだか力が抜けたような印象を受けます。



それが今日。


何年ぶりかに、昇級審査ですらこんなにたくさんは集まらないぞというくらい道場生が集まりました。
久しぶりに道場が狭いと感じました。


こんなに人が多いと道場の掃き掃除も早い。一瞬で終わってしまいます。

しかも居残りスパーリングも多かった。30分で総当たりできなかったもんなぁ。


いやいや、こんな贅沢な悩み事をこぼしてみたかった。この調子で稽古日を増やしたいものです。




写真は川副町小々森にあるお食事処『丸徳』の看板メニュー・大盛ちゃんぽんと丸徳丼(海老天ぷらとトンカツ)です。

絶品です。

佐賀南部バイパス大崎交差点を南へ約7分。道の右側です。

1c9b2870.jpg6月2日 月曜日
癸酉(みずのと・とり)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真東
旧暦:(小)4月29日





昨日はマイミクゆきさまのお導きにより結縁をいただいた北九州の七宝山妙法寺別院の朔日参に行ってきました。


このお祭り、なんと朝5時からでして、ゆきさんと小倉南のインターで4時に待ち合わせ、ということは佐賀を2時出発、ということは1時半起きで準備をしなければなりません。

ところが、前日はブログにも書いた通り白蓮会館佐賀支部の打ち上げ懇親会で、代表者たるものせめて中締めくらいまではいなければならず、日付が変わる頃にようやく退席しました。

家で仮眠を取って、いざ北九州へ出発。


菅生の別院はインターからそこそこ険しい山道を分け入ったところにあります。
夜明け前の真っ暗な山のお寺にぼんやり灯明がついてる雰囲気は、なんとも神々しく非日常的でした。

滝場で、水行を二座と、一時間ほどの読経を行い、それからお祭りでした。

その後、麓の御信者のお宅にてもう一座、それから別院の御上人のご自宅で朝食をいただきました。

以上、全行程が終了したのが午前10時過ぎ。



帰りの道中は、まさに死ぬかと思いました。いや、あまりに眠くて死んでもいいやと思いました。

しかし、諸天善神の擁護を受け、無事に帰宅。
勝厳寺の檀家さんのお宅に数軒お経まわりをして、死んだように眠りこけます。

晩ご飯の時だけ起きてメシを食います。

また寝ます。


で、先週に引き続き、相変わらず時差ボケに苦しむ数日間を過ごしております。

9612d769.jpg6月1日 日曜日
壬申(みずのえ・さる)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:東北東
旧暦:(小)4月28日





昨日は白蓮会館佐賀支部の打ち上げ兼懇親会でした。


2日連続で大酒を飲むと、お酒そのものをあまりおいしいと感じなくなります。


疲れているのでしょう。




佐賀支部の懇親会は、最初から道場の中で行います。会費も安く抑えられるし、高校生の多い佐賀道場ではこっちのほうが何かとやりやすい。


何がだるいって、買い出しや料理の注文などの煩雑な準備を全てわたくしひとりでしなければならなかったことです。
もちろん道場生の皆様に分担して任せりゃ済むことですが、ついついそんな役割分担の指示を後回しにして、結局時間切れで全て自分で抱え込むのは、わたくし毎度のこと。今度こそ学習します。


懇親会は予定より少し遅れて静かに始まりました。

参加者も、いつもより多すぎず少なすぎず、みんなと話ができる規模でした。
また今回は、道場の駐車場で一般部の道場生が年少部の道場生と一緒に花火をしたり、ちょっと今までとは違う雰囲気で良かったなぁ。



残念ながら、北九州の妙法寺の別院に、翌朝の4時からお世話になる予定でしたので、後片付けを皆様にお任せして、兄と2人で早めに失礼させていただきました。


今日、おそるおそる佐賀支部に来てみると、あらら実に見事に片付いてました。
ゴミだけ捨てに行かなければなりませんが。

それにしても、20個ぐらい買いだめしていたカップ麺が、ひとつ残らず持ち帰られていたのは痛かった。密かに楽しみにしていたのに。

↑このページのトップヘ