【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2008年07月

29037e82.jpg










関西に生まれ育った方なら、当然のように修学旅行のお決まりコースだったでしょうが、わたくしこのたび人生で初めて伊勢神宮に参拝してきました。


前日、伊勢市内のホテルの予約ができず、また、時間的にも到着が難しく、仕方なく大阪に泊まることに。


電車の窓から見える布施の街も変わりました。沿線の〇ティがなくなり、コーナンができてました。城東貨物線に駅ができてました。元の白蓮会館総本部のビルには不動産会社と学習塾が入ってました。

小阪から鶴橋まで戻り、賢島行きの特急に乗り換えます。
近鉄鶴橋駅には、若かりし頃の寺山支部長と一緒に遊んでひどい目に遭った思い出があります。



長瀬を過ぎて、以前住んでいた源氏が丘のアパートがチラッと見えました。



10年…。



全ての景色がわたくしに話しかけてきます。

なかなか感慨深いものがあります。


やがて近鉄八尾駅をスルー。

八尾ほどの大きな街にさえも快速が停まらないのは、近鉄が所有の不動産を高く売るため、あえてあまり人の住んでいない別の駅に快速を停車させ、周辺の物件の値段をつり上げているからだと聞いたことがあります。


朝5時半に出発したため、そのまま伊勢までウトウトしてしまいました。

つづく

77aefd99.jpg










白蓮会館総本部から徒歩10分のところにあるUコミュニティーホテルってとこに泊まってます。


あまりに夜遅い時間に到着したため、残念ながら総本部の電気は全部消えてました。


せっかく大阪まで来といて、いや、それどころか近鉄河内小阪駅で降りといて、いっさい空手をせずに帰る。


たまにはこんなのもありかも。


明日の早朝、伊勢神宮に参拝してきます。


その後、昼から名古屋で別のイベント系の仕事です。

近鉄特急に乗るのは10年以上ぶり。楽しみです。

f10c1df3.jpg7月16日 水曜日
丁巳(ひのと・み)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:北北西
旧暦:(小)6月14日





ちからくらべDVDのご購入ありがとうございます。

もうすでにご購入の方はご存知と思いますが、ちからくらべDVDは、作成サイドのchuyさんの努力のおかげで、パッケージの簡略化等、いくつかの経費削減に成功、価格の大幅引き下げと相成りました。
つきましては前半・後半それぞれ一枚500円にて御提供いたします。


ご購入希望の方は白蓮会館佐賀支部においてます。黒帯の誰かまでお申し付けください。
このブログのコメント欄でも結構です。


さて、写真は、家族5人全員が空手を学ぶという、白蓮会館九州本部のみならず空手界においてもレアな桃田一家のご長男・隼生くんの変態的特技『人差し指そらし』です。

現物をナマで見るとかなりひきます。

71b68b57.jpg7月14日 月曜日
乙卯(きのと・う)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真西
旧暦:(小)6月12日






すっかり夏ですな。



お待たせしました。

2008年4月13日にエスプラッツホールで開催された『佐賀んもんのちからくらべ』のDVDが完成しました。

前半と後半の2枚組で、残念ながら今回は前半のみの先行販売です。
来月には後半部分の販売もできると思います。少々お待ちを。

販売価格は前半後半ともに各1,000円で、初回特典として大会パンフレットがついています。
お求めは白蓮会館九州本部各道場ならびにイベントスポンサー各店まで。

仲間同士でダビングしないで、欲しい方はちゃんと買ってくださいね。


イベントからだいぶ時間が経ってしまいましたが、よろしくお願い申し上げます。

4c28ddb3.jpg7月13日 日曜日
甲寅(きのえ・とら)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:西南西
旧暦:(小)6月11日





半年ぶりに白蓮会館福岡道場にて夏期研修会ならびに昇級審査を行いました。

たまたま福岡道場生の受験者が多く、地元での開催とあって、近年稀にみる人の入りでした。福岡道場のエアコンは最新型のたいへんよく効くタイプのものですが、さすがに100人を超える人に、室内もかなり蒸し暑くなりました。

今回の審査は子供達の組手が多く、初めて見学に来られた父兄の方に、いかに茶帯にいたるまでの道のりが困難なのかということを理解していただけたと思います。

ここには書けないビッグゲストにもおいでいただき、大いに盛り上がりました。
次回は10月、白蓮会館佐賀支部で行います。道場生の皆様の積極的な御参加をよろしくお願い申し上げます。




昇級審査の写真を撮り損ねたため、とりあえずもこらでも載っけときます。

827277f6.jpg7月12日 土曜日
癸丑(みずのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西
旧暦:(小)6月10日





ぱっと見、白蓮会館福岡道場はきれいにしています。
しかし、実はそれなりに不潔です。



わたくし、言わなくていいことをみずから率先して世間にバラしてますかね。



つるかめ。



なんといっても、地下室であるため湿度が高い。湿度が高いうえに微妙に漏水しているのでカビが生えやすい。道場には布団とかその他いろいろ備品があるのですが、それらがどうしてもカビくさくなってしまいます。


12日の翌日は白蓮会館福岡道場で半年ぶりに昇級審査です。
こんなきっかけがないとなかなか大掃除とかしないもの。審査の一週間前に一念発起して、道場に大鉈を振るうことにしました。一度に全部は無理ですから、場所を区切って少しずつ集中的に、しかもそれを毎回継続して行うことにしました。


まずはトイレ掃除から。
白蓮会館福岡道場はここ最近女子の活躍が目立ちます。男どもが年末に荒っぽく掃除して以来、まともに掃除したことがなかったトイレも、さすがは女性特有の気遣いで道場史上最高にきれいになりました。

続いてカフェスペース。
冷蔵庫な食品棚の中には賞味期限の切れたものや、一度も使った試しのないお皿などがいっぱい。

それらをズカズカ捨てました。

それらを思い切って捨てたら、半分くらいのスペースになりました。

今まで棚を2つ使っていたのが1つになりました。

余った1つを道場に移動し、散らかりがちだったヘッドギアなどを直しました。

一挙両得でした。


最後に、幽霊の会議室こと男子更衣室に取りかかります。

ここには、わたくしの友人・ゴキブリの集合住宅があります。子供達の忘れ物の靴下や、よくわからないその他の道具の集積地なので餌には事欠きません。


一気に捨てました。

たいがい捨てました。


意外と男子更衣室って広いんだと気が付きました。


そうじ力恐るべし。
さっそく、いいこともいくつかありました。
絶対に明日からもっといいことあります。

残るは支部長室だけです。この話はまた後日。

d5243f89.jpg7月11日 金曜日
壬子(みずのえ・ね)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真南
旧暦:(小)6月9日





前回、長崎での煌心会に行く途中、大雨の高速道路でバーストしたために参加できなかったということは、きっと強力な魔が入ったのでしょう。


最近、ろくろくお経が読めてません。

煌心会にしても、
4月は定期総会。
5月は全国日蓮宗青年会熊本大会のリハーサル。
6月は長崎に行く途中リタイア。

7月、久しぶりに如来寿量品36巻の読誦に身を浸らせることができました。



別府の本光寺は、いつも一進会の大会が開催されている別府アリーナの徒歩圏内でした。本光寺で煌心会が開催されるのはもうすでに4回目ですが、わたくしはこれまた本光寺の時は常に魔にやられてまして、4回目にしての初参加となりました。

今まで空手では近くまで来てたのに、なんとお寺の山門まで遠かったことか。


ちなみに、わたくしの知る限り、本光寺ほど立派なお寺はありません。もちろん本山級の由緒寺院は除きますが、別棟に会館はあるし、その中にエレベーターもあるし、なにもかもが圧倒的でした。開山以来まだ五代目ということで、歴代の先師達の地元別府での教線拡大の御苦労は相当なものであったと推察されます。


煌心会で3時間読誦三昧に入ってみて、最近太ったことに気がつきました。

足が耐えられないほど痛いのです。

少し減量します。


おんなじこと
昨日も言ったなぁ…。

2ee99e89.JPG7月10日 木曜日
辛亥(かのと・い)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:南南東
旧暦:(小)6月8日





ロータスボクシングジムを堂々と裏切って、道場生を連れて鍋島のブラザーズジムに行ってきました。



いやいや、ちゃんと理由があります。

ロータスボクシングジムはかなりハードカリキュラムなのです。


白蓮会館佐賀支部の女の子達何人かがボクシングをしてみたいということで、一回体験させてあげようと思っていました。
ロータスは、そんな子達が混じって一緒に練習するにはちょっとハードなので、フリースタイルのブラザーズにしたのです。ブラザーズなら、白蓮会館の道場生特典があり1回につき500円でビジター参加ができます。これ読んでる白蓮会館の道場生も、稽古が休みの日には行ってみてはいかがでしょう。

ちなみに男ならロータスに行きなさい。

ボクシングの練習をする効果としてはいろいろあります。

足の体重シフトなどが、空手では考えられないほど神経質にこだわってます。
もちろんステップもそう。

顔面を叩く競技ですからディフェンスも神経質。

2本の腕しか使えないから、無策に攻めてもよけられる。攻め方に関してやはり頭を使うしかない。誰しも自ずと組み立てを考えさせられるのです。
コンビネーションも空手に比べてはるかに神経質なのです。

空手家も、年に数回でもいいから、ボクシングに限らず他の格闘技というフィルターに自分のスタイルを晒してみて、定期的に別角度から自分を客観評価する必要があると思います。

自分の道場に帰ってきた時、必ず何か変化が起きます。




さて。


ブラザーズのエース、佐賀県の天使こと一ノ瀬くんが、練習生のみんなのために杏仁豆腐を大量に作ってきていました。


これがまた、とんでもなくうまい!

あいつはヤバい。

顔かっこいい。
背も高い。
やさしい。
ボクシング強い。

それに杏仁豆腐つくるのも上手ときたもんだ。


思わず結婚しようかと思いました。




練習直後ですから、止まらなくなって3人分ぐらい食べました。

よそのボクシングジムに出稽古に行って、所属の練習生よりもたくさんデザートを食べる遠慮知らずの空手の先生。
本当はもっと食べたかったのですが、そこは慎み深く引き下がることにしました。


ところが実際は食欲に火がついてしまい、どうにも止まらなくなって、びっくりドンキーでキャラメルマキアートのロングサイズを注文して一気に食いました。


酒を飲まないわたくしにとっては、甘いものこそ自分への最高のご褒美です。


なお、わたくし明日から減量する予定です。

863d3f5d.jpg7月9日 水曜日
庚戌(かのえ・いぬ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
日破:東南東
旧暦:(小)6月7日





仕事中の方、申し訳ございません。

今日、海水浴してます。


写真は、まさに今からバーベキューの金網の上で焼かれ喰われんとするアワビくん。よくよく観察すると、目や口や触覚があって、そのさまはまるでカタツムリのよう。

ただ願わくば以後、汝等網捕に逢わず、その天年を尽くし、命終の後、天上に生じ、天の快楽を受け、諸佛出世して妙経を説き給わんに彼の法会に於いて再び此の法を聞き、心に無生を悟り、まのあたり佛記を承け、威徳幟王の如く等しうして異なること有ることなけん。
南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経

51034098.jpg7月8日 火曜日
己酉(つちのと・とり)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:真東
旧暦:(小)6月6日





おととしは実にインターナショナルな年でした。


白蓮会館福岡道場にアメリカから別々に成人が2組。
あとニュージーランドから小学生の団体様だったり。


でも、去年、今年とさっぱりです。

まぁこれが普通なのでしょうが。


そしたら佐賀支部に数日前に一本の電話がありまして、内容は体験練習ができるかどうかの問い合わせでした。
もちろん体験できますと答えましたら、それが半月のあいだ体験練習をしたいんだと。ウチは体験は2回までです。さすがに半月ならレギュラーの道場生と同じ環境になってしまいます。

しかし、よくよく事情を尋ねてみると、アメリカ在住で、2週間だけ佐賀に帰ってきているそうな。アメリカで空手をやっているので、日本でも練習したいんだと。


そういう理由ならば、他流派からの出稽古と同じですから全く問題ありません。


果たして彼らはやってきました。

日本でいうと小学5年生と3年生の男の子。
親は佐賀県の御出身ということで、顔は完全なるジャパニーズですが、日本語がダメなのです。

以前アメリカから出稽古に来られた時は、背伸びして無理から英語を使ったわたくしですが、子供相手にへたくそな英語を使うのがなんとも恥ずかしい。
さらにウチの年少部拳士の前で英語をしゃべるのも恥ずかしい。
父兄の見てる前で英語をしゃべるのも恥ずかしい。
とにかく、なんだかえらく恥ずかしくて、最初から最後まで完全に日本語で貫き通しました。

頼みの綱は、もともとのウチの道場生の振る舞いです。
つべこべ説明するよりも、ウチの子をよく見て真似をすることが近道だろうと考えました。



ところが、意外にウチの子らの動きが悪い。

いや、そんな悪いわけではないのですが、言葉のわからない人達が、見て真似するお手本としては動きが悪い。

こういった事件がないとなかなか気付かないことでしょう。まぁ、通常の稽古としては全く不満に感じないレベルですが、わたくしとしては、海外から空手を学ぼうとする方の規範になれるように常に準備しておかねばならないと思うのです。

そんなことを考えさせられた2週間でした。


毎年かどうかはわからないそうですが、佐賀に帰ってくる時は必ず白蓮会館に立ち寄ってくれるそうです。

またひとつ楽しみが増えました。

次に会うときまでウチもレベルアップしておきます。

5a558c04.jpg7月7日 月曜日
戊申(つちのえ・さる)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
日破:東北東
旧暦:(小)6月5日





去年も書きましたが『七夕』は秋の季語です。


二十四節気の立秋が来れば、季節は秋。
いくら猛暑でも、立秋以降の暑さは盛夏ではないため残暑と申します。


ご覧の通り、旧暦では今は6月のあたま。立秋になるころ、本来の7月7日が参ります。
だから、七夕の季語は秋なのです。



さて、例年は梅雨どきのため雨になることの多い今日ですが、今年はすでに梅雨明けで快晴です。


星に願いを。

03f11907.jpg7月6日 日曜日
丁未(ひのと・ひつじ)二黒土星
五黄殺:北東の方
暗剣殺:南西の方
日破:北北東
旧暦:(小)6月4日





佐賀県基山町にて、拳栄会館主催すみか杯ジュニア空手道選手権大会が開催されました。

白蓮会館と拳栄会館は、同じ佐賀県内にある数少ない流派なのに、なぜかこれまで接点がなく、やっと今年の初めに人を介して代表の梁井先生を紹介してもらいました。そんなわけで、この大会に白蓮会館九州本部勢が出場するのは初めてです。


開会式のルール説明で、よその大会と大きく違うところのみ詳しく説明がありました。
それは、判定基準はダメージよりもポイントを優先するということ。ハイキックのクリーンヒットはダメージがなくとも技有り、また、ただの転倒でも残心が取れていれば技有り、など他大会との違いを強調されていました。

現在のジュニア大会の流れは(九州では特に)以前に比べダメージ重視になってきている感があります。
そんな中でこの拳栄会館の大会は、他の大会の風潮に左右されることなく毅然と信念を貫き、ダメージよりも技術重視で判定すると明確に打ち出されていることに好印象を持ちます。



さて。


出場選手はみんな、全体的に落ち着いた試合運びで内容は悪くなかったのですが、ハイキックや転倒のポイントを恐れるあまり、何度も体勢を崩し、結果的に判定負けするパターンがほとんど。そこそこ相手にダメージは与えていたものの、テクニカルポイントを高く評価する試合ですから、完全な負けです。


勝つとか負けるとかの結果は、けっこう相手次第とも言えます。なので勝敗は二の次です。


大事なのは、ルールや相手のスタイルにいちいち影響されない自分を作ること。

いつも練習している技こそが自分を助けるのであって、相手やルールに影響されて付け焼き刃の技を出しても、所詮は本当の技ではない。自分でもしっくりきてない技だから、やっぱり通用しない。

ボディパンチのポイントが少ないからといって、白蓮会館の選手が接近戦でパンチを打つことをやめたら何が残るのか。

極端な話、空手家が柔道家とケンカするのに、相手に合わせて打撃を捨てて投げ技で挑むようなものです。

そんなお人好しが格闘技界で生き残れるわけがありません。

自分のスタイルにプライドを持ってください。
よその土俵でも自分の組手をするのみです。

その自分の組手を誰に対してもできたならば、すなわち、その人がトーナメントのチャンピオンになるのです。

小手先によらない、本当に強い自分を作り上げましょう。

099f8296.jpg7月5日 土曜日
丙午(ひのえ・うま)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
日破:真北
旧暦:(小)6月3日





今年になって初めて蝉の鳴き声を聞きました。

九州北部地方は梅雨明け宣言を受け、一気にたたみこむような猛暑です。日差しもセミの鳴き声が似合う夏の輝きになってきました。


中洲を通れば、曳山が圧倒的な存在感を放っています。
山笠は博多の人にとっての夏の幕開け。街もだんだん夏の色が濃くなってきます。


いや、別にわたくし飲み歩いているわけじゃないですよ。


残念なのは、白蓮会館福岡道場の道場生の何人かが、山笠が近づくと忙しくなって練習に来れなくなることです。


まぁ、仕方ないか。


わたくしの同級生の歌手"フッチー"こと渕上史貴さんが、6年振りにニューシングルを発売しました。

『365日のラブソング』。

仕事の忙しさや日常の些細なケンカ等で
あなたは、1年で何日幸せですか?


色々寂しい思いをさせるかもしれないけど
"1年365日あるなら、せめて300日幸せにしようと思います"
今回は、県内を中心に活躍中のジャパレゲ3人組ユニット『NJAPA JAPAN』をフィーチャーして、素敵なコラボを実現。彼ら自身、待望のインディーズ・デビュー。

販売価格は¥1,050-。
購入は白蓮会館佐賀支部道場まで。

71d4c3b5.jpg7月4日 金曜日
乙巳(きのと・み)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:北北西
旧暦:(小)6月2日





今日は母の誕生日でした。

プレゼントなんにも用意しなくてごめんなさい。


家に帰ったら、とりあえず法味言上しますので勘弁してください。

99f7cfba.jpg7月3日 木曜日
甲辰(きのえ・たつ)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:西北西
旧暦:(小)6月1日
雑節:●朔月





ある晴れた昼下がり
市場へ続く道

かわいいくるま
売られてゆくよ

ドナドナ ドナドナ〜



結局、黄ビーは、人を介して知り合いに譲ることになりました。
きたないクルマですが、大事にしてやってください。



いやいや。

納車の日のワクワクは、今でも忘れられません。


それにしても、あのスタイルと色は、佐賀という田舎町ではあまりにも目立ち過ぎました。


あの車で葬式に行くのがためらわれました。


車内で気分良く歌っているところや、見られたくない場所に出入りしている現場を頻繁に誰かに目撃されて困りました。

今度からはしばらく街の景色に溶け込みます。


数々の思い出をありがとう。

ちなみに次期オーナーは福岡の春日在住です。
いずれどこかでまたすれ違おうぞ。

60d48ab2.jpg7月1日 火曜日
壬寅(みずのえ・とら)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
日破:西南西
旧暦:(小)5月28日





たまたまコンビニに寄ったら、赤ちゃんの頭蓋骨ぐらいのサイズのとんでもないプリンが売ってありました。
しかも、プリンってカタカナで書かずにひらがなです。いかにもボリュームを感じさせます。


子供の頃、ヤクルトをジョッキで一気飲みしてみたいなどという願望と共に、プリンをどんぶりで食べてみたいと思ったことはありませんか?

そんな積年の夢が、今ここに叶うのですよ。

さっそく買って食べてみました。





味そのものもおいしいし、かなり満腹になりました。






でも、あまり満足できないのはなぜか。


量が多いということは、贅沢な反面、相対的に希少価値がさがります。
やはり、果物の盛り合わせとかにちょこんと飾られるプリンなんかの輝きは別格で、熾烈にみんなから奪い合いにされます。
各メーカーも馬鹿ではないので、やはり消費者の、最もおいしいと感じ、もうちょっと食べたいなぁと思わせるギリギリの分量を計算して売り出しているのでしょう。

たまにいるわたくしみたいな餓鬼に標準を合わせていては儲けにならんのですなぁ。

↑このページのトップヘ