【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2008年08月

a68061da.JPG8月24日 日曜日
丙申(ひのえ・さる)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
旧暦:(大)7月24日





白蓮会館九州本部は現在、試合前の追い込み中です。
みんな自分なりの追い込み方を覚え、毎回灰になるまで頑張っています。


わたくし、スタミナ練習に付き合う時もあれば、あぶれることもあります。

わたくし今週は、列からあぶれて号令係に徹することが多かった。


そんな中、再び股ズレになりました。


しかも前回よりも痛い。


さすがのわたくしも、本日ようやく減量を決意しました。


とりあえず、
・稽古終了後の炭水化物を抜く(出稽古などが来て、道場生と会食する場合は除く)。
・衣のついたフライ物を食べない。

この2点を年内は実行します。



というわけで、今日の体重は83.0圈




…………。




昔、白蓮会館には大野英章という軽量級の選手がいたそうな。

その大野選手は西日本新人戦に65坩焚宍蕕能仂譟
極真会館のウエイト制や正道会館の全日本大会には70坩焚宍蕕能仂譴靴泙靴拭
3年前の佐賀県ボディビル選手権の大会当日の体重は、絞りに絞って71圓任靴拭


あの日以来、12堊。

2リットルのペットボトル6本分の贅肉を身にまといました。

せめてペットボトル3本分は落とします


って約束を読者の皆様を証人として宣言いたします。押忍!

e5ace5dc.JPG8月22日 金曜日
甲午(きのえ・うま)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
旧暦:(大)7月22日





きたる10月24日(日)佐賀県諸富町ハートフルにて、ドラゴンゲート佐賀大会が開催されます。

実はこの佐賀大会、ちからくらべの時からの縁で仲良くさせてもらっているプランニングジャンボの古賀さんがプロモーターなのです。
そして今回は、なんと我らが白蓮会館九州本部も協賛しています。

きわめて入手困難なリングサイドあたりの席も、白蓮会館分として特別にナマ券も数枚預かっています。

すでに数人の道場生からチケットの購入をいただいております。

大会詳細は佐賀・福岡道場にそれぞれ張り出しております。
希望者はお気軽に事務局まで。

3ba9d6b1.jpg8月21日 木曜日
癸巳(みずのと・み)一白水星
五黄殺:南の方
暗剣殺:北の方
旧暦:(大)7月21日





佐賀市鍋島にある進学塾:大成学館では、夏期講習の真っ盛りです。

お盆前の前半には、おもに私立中学を受験する6年生のクラス、後半は中学3年生を、各学年それぞれ2クラスずつ担当しました。

受験生とはいえ、夏休みってまだまだ余裕。これが冬期講習になると、いよいよ受験直前という緊張感と、本番を目前に控えた子供達の自発的な勢いを感じられて、こっちも乗せられますが、それに較べると夏休みはのんびりしたもの。さてさて。冬休みにどれくらい意識が変化しているでしょうか。また彼らと12月に再会するのが楽しみです。


ところで、何の科目より国語の授業を担当できるって幸せだと思っています。

国語のテキストに用いられている文章は、極めて洗練された良文ばかり。ジャンルも様々で、ただでさえ良文の中の、その中でも筆者が最も伝えたいと思っているエッセンス部分をオムニバスで毎日精読できるのです。
確かに設問としては漢字の読み書きだの、前後関係から空欄に適語を補充せよだの、本文の意味内容とは無関係の枝葉の部分を見ていくことが多いのですが、何より知らなかったことを知りうるという新鮮な感動があります。
しかも、授業で子供達に解説しながら読んでいくので、丁寧に読むという意味ではこれ以上ないくらい丁寧に読みます。こんなにも丁寧に読むもんだから当然記憶に定着します。

よってわたくし、講習終了時にはもちろん疲れもありますが、新たに蓄えた知識のために、疲れよりも気力の充実が勝っているのです。

だからやめられない塾講師。

ふと気がつけば、今の塾だけでもう10年になります。

00269d1a.jpg8月19日 火曜日
辛卯(かのと・う)三碧木星
五黄殺:西の方
暗剣殺:東の方
旧暦:(大)7月19日





我が勝厳寺の年間最大行事である施餓鬼会大法要が、無事挙行されました。

ここ数年、準備がなかなかはかどらず、前日の夜中2時3時まで掃除をしたり、飾り付けをしたり、なんしかモタモタしてばかりでしたが、今年は取り掛かりが早く、昼過ぎには本堂、広間、座敷ともに行事を迎える形になり、ゆっくりした前日を過ごせました。


当日の朝はあまり天気がすぐれず、檀信徒の出足もまばらでしたが、手応えのある法要ができました。最近、方々から数種の施餓鬼の必要性を指摘されていたので、疑わしきは全部ひっくるめて水向供養ができた感じです。

さて、だいたい終わってからゆっくりと食事をするのですが、わたくしは直後に大成学館の夏期講習でしたから、法要が終わって即スーツに着替えて出勤しました。
朝から準備でバタバタして、朝食を取らず、もちろん昼食も取らず、道場に行く直前にやっと一食取れました。その一食が半端な量じゃなかったので、1日分の必要エネルギーを一回で補給できた感じです。

また明日から輝ける未来が待ってますように。

3dca2bee.jpg8月18日 月曜日
庚寅(かのえ・とら)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
旧暦:(大)7月18日





今月21日木曜日、白蓮会館佐賀支部の年少部選手クラスに、エフエム佐賀が取材に来ます。

テレビなら人数集めて賑やかな雰囲気を無理やりでも演出しますが、ラジオですからそこまでしたところでリスナーには伝わらない。

でも、取材の雰囲気って独特ですよね。
その緊張感をみんなに経験してもらいたいのです。

木曜日は通常選手クラスですが、今週は取材用特別メニューで行います。基本クラスの道場生もふるって参加してください。

11a63975.jpg8月17日 日曜日
己丑(つちのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
旧暦:(大)7月17日





世間は、お盆に付随したこの週末の連休をゆっくりお過ごしのことと思います。

しかし、佐賀県は小城市三日月町にて、この夏より、空手道場が新たに始動しました。


白蓮会館小城道場。


よくよく数えてみると、白蓮会館佐賀支部には小城市から通っている道場生が、わたくしを含めて全14人。
週に1度(毎週土曜日)に、わたくしの故郷・三日月町は『ゆめりあ』にて白蓮会館小城道場を開設します。責任者は、同じく三日月町出身の岡本大地指導員です。
別に小城市民に限らず、白蓮会館の道場生ならガンガン稽古に参加してください。そして地域の方々に白蓮会館の存在を知ってもらいましょう。
みなさまよろしくお願い申し上げます。

いちお正式発足は9月からですが、現在プレオープン期間です。先週の第1回目は佐賀市域からの多数の道場生の協力もあり、参加者13人と、実に賑やかなスタート。

今回はお盆休みの真っ只中ということもあり、全部で3人。しかも全員佐賀市民。

わたくしも第2土曜日は参加します。
重ね重ね、白蓮会館小城道場をよろしくお願い申し上げます。

c343a470.jpg8月16日 土曜日
戊子(つちのえ・ね)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
旧暦:(大)7月16日





来週火曜日(19日)に、勝厳寺にとって年間最大の行事・施餓鬼会大法要が行われます。

さらにこの日の前後の約一週間、組寺(お互い協力して行事を執り行う関係の寺院)の施餓鬼があり、何も予定がないのは、まさに今日だけなのです。
とは言っても、勝厳寺の施餓鬼の準備は少しでもしていかなきゃならないのですが。


ちなみに今日は、我が佐賀北高2コ下の後輩、女優の夏秋佳代子さんの誕生日です。
それにつけても世間の縁とはまことに異なもの。巡り巡って、彼女は現在、白蓮会館軽量級チャンピオン井内徳次支部長が代表取締役を務める螢謄鵐澄璽廛蹐暴蠡阿靴討い襪里任后

また、この秋は舞台公演『佐賀のがばいばあちゃん』に出演し、全国ツアーに回ります。
詳しくは新☆なっちんの気ままにGO!!を参照してください。

2732f101.jpg8月15日 金曜日
丁亥(ひのと・い)七赤金星
五黄殺:東の方
暗剣殺:西の方
旧暦:(大)7月15日
雑節:終戦記念日




追い討ちをかけられました。


ここ数日、わたくしは股ズレに苦しんでます。

さらに今日、脇ズレが始まりました。



わたくし、そんなにデブですかね?



仕方ない。
天花粉を買いに行こう。

と思いましたが、今どき天花粉なんて売ってるのでしょうか。自分でその単語を口にしておきながら、可笑しくなるくらいご無沙汰の品名です。ひょっとして天花粉は名前を変えて今も存在してるのかも知れませんが、わたくし現在の一般的な呼称がわかりません。


昨日、先物番長さんから、股ズレにはスパッツが良いというアドバイスをいただきました。

現役の頃は何枚かスパッツも持っていましたが、いくら探しても見つからない。

その代わり父のステテコを発見。

ステテコって要するにスパッツみたいなもんですよね。
これで代用します。
脇ズレもしてるので、ついでに肌襦袢も借りました。

ステテコと肌襦袢を着用したわたくしの姿は、あたかもサザエさんの波平のよう。

この上から白衣を着て、袴を履き、法衣をまといます。
いくら若さがなかろうが、重ねて服を着れば外見は普通です。全く問題ない。

ただ、当然普段より厚着になります。この暑いさなか、先が思いやられます。


ところが、これぞ日本伝統の知恵。


なんと重ね着した方が、暑く感じるどころかかえって涼しく感じます。このことは知識としては知っていましたが、実際に体験してみると相当感動ものです。


あんなに悩まされた脇ズレ・股ズレもいい感じ。


重ね着ばんざい!



そんなこんなで脇ズレという意外な追い討ちをかけられながらも、気分良くお盆の最終日を迎えることができました。



しかし、朝起きたら凄まじい土砂降りです。

丸1日原付で動く予定のわたくしは、いきなり足留めを喰らいました。

でも、雨足が弱くなった隙を狙って、途中で檀家さんのお宅で雨宿りさせてもらいながら、つつがなく全行程を終了することができました。

72a60a22.jpg8月14日 木曜日
丙戌(ひのえ・いぬ)八白土星
五黄殺:南西の方
暗剣殺:北東の方
旧暦:(大)7月14日





足も痛いし、声も出ないし。

毎日暑いし。


でも何よりも。



実は、股ズレに苦しんでます。
歩くのがかなり痛い。

やはり、太ったせいでしょうか。

行灯袴(あんどんばかま:股の割れていないスカートタイプの袴)で、別に誰かに襲われる心配もないのに、常に差し変え足で歩いています。



さて、今日は皆様の祈りのおかげで、まったく雨に降られることなく全行程を終了することができました。
ありがとうございます。



お経を読んでいると、お説教のネタになりそうなひらめきをいくつもいただきます。
『なるほど!大聖人がおっしゃっている意味は、こういうことだったのか』
とか、それはもう、めちゃくちゃ感動します。そんな感動の瞬間が今日1日だけでも5回ぐらいありました。やはり法華の風にどっぷり吹かれていると、菩提に近づく手応えを感じます。


でも家に帰ってくると、残念ながらそんなひらめきの内容がひとつとして思い出せないのです。
浮かんでは消え、そしてまた浮かんでは消える。


まさに一念三千。




俗世の三毒の炎が、せっかく出現しかけた己心の宝塔を焼いてしまいます。


まだまだ悟りには程遠い。



明日も1日、法華霊山虚空の風に吹かれてきます。

また、あの素晴らしい感動をいただけますように。


それと、ひとつぐらいそれが記憶に定着しますように。

2a485b43.jpg8月13日 水曜日
乙酉(きのと・とり)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
旧暦:(大)7月13日





もう足が痛い。

声が出ない。

あと2日もある。


今まで狂ったように襲いかかってきた夕立が来ません。

夕立が来ないと夜中まで暑い。

夕立に来てほしい。
でも、明日から原付です。
しばらくのあいだ晴れててほしい。



わがままばっか。


疲れてているのでしょう。

同業者の各聖、あと2日頑張りましょう。

43159c02.jpg










最近の夕立は、ほんなごてはらかいたごと激しく降ります。
粒の大きさも、風の強さも、まさに台風並み。昨日なんか雷が近すぎて全身が光に包まれました。正直、足がすくんで動けなくなりました。雷に恐怖を感じたのは生まれて初めてです。


ところが長崎では全然夕立が来ないんだそうです。

佐賀や福岡では身の危険を感じるほどの大雨なのに。



さて、例年なら松井派の大会の日からお盆の檀家回りが始まるのですが、そこは兄貴にお任せして、翌日から合流しました。

坊主にとっては最も大変な時期です。

今年は、あまりに7月が暑すぎたためか、エアコンの効く国産車に乗り換えたせいか、このお盆期間の気候が少し涼しいように思います。

ま、多少気温が低かろうが、それでも僧侶にとって大変な時期には変わりない。

全国の同業者の各聖、気合いで乗り切りましょう。

b180d46e.jpg










極真会館福岡県大会に行ってきました。

結果(入賞者のみ)

小学3年生の部
優勝  鶴丸 大志(白蓮会館佐賀)
準優勝 木村 歩夢(白蓮会館佐賀)

一般女子の部
優勝 上田 都(白蓮会館福岡)

以上です。

それにしても3位決定戦の勝率が悪すぎます。準決勝進出選手はけっこう多かったのに、全員敗退でした。
確かにデッドエンドの戦いに対してモチベーションが上がらないのはわかります。
でも、それは相手も一緒。気持ちの強い方が勝つのです。


でも、他流派で2階級も取れたので良かった。


昔ながらの極真の伝統を感じるところも随所にありました。
開会式直後の本戦進出選手全員による試し割り。
4種目それぞれの割り方の合計数が最後まで有効という、新極真ではほとんど見られなくなった方法です。

これがまた想像以上に駆け引きを要します。
積みすぎると失敗しやすくなり、失敗すると3枚。それでも失敗すればゼロになります。ムキになると怪我の恐れもあるし、本当におもしろい。

阿部師範の演武もすごかった。
後ろ蹴りによる角材折りには会場中が拍手しました。

また機会があれば挑戦していきたいと思います。

選手の皆様、応援の皆様、大会スタッフの皆様、今日は1日お疲れさまでした。

d1f762b0.jpg8月9日 土曜日
辛巳(かのと・み)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:北北西
旧暦:(大)7月9日





ついに明日、白蓮会館九州本部としては史上初!極真会館(松井章圭館長)の大会に選手が出場します。



極真が分裂してはや十年以上。

大学を卒業し、黒帯をいただいた96年、舞洲アリーナへ杉原館長と一緒に全日本ウエイト制を観戦しに行ったのが、わたくしにとっての松井派との最後のコンタクトでした。


わたくしは大学で中村道場(旧極真会館兵庫支部・大阪南支部)の道場生と仲が良かった。
白蓮と極真、いつか大阪府立体育館のウエイト制大会の舞台で対戦することを夢見て、お互いそれぞれの道場で精進しました。
極真が分裂してしまい、中村道場に通っていた大学の友達や先輩と、もはや公式の場で試合をする可能性がゼロになってしまいました。
どこか最終的な目標を失ったような記憶があります。


それから、当時大山派といわれていたもう一方の大会での上位進出を目指し、白蓮会館の仲間と共に一生懸命頑張りました。まさに青春でした。



個人的には松井派の方々とも割と仲良くさせてもらってましたが、お互いに大会に選手を出すとかの付き合いはありませんでした。


そんな中、ひょんなことで福岡支部長の阿部清文師範と知り合うことになりました。びっくりしました。
阿部師範と言えば、試し割り記録保持者であり、アジアチャンピオンであり、なんといっても第5回世界大会当時、最強の外国人選手と言われ、黒豹の異名で恐れられたマイケルトンプソンを引きずり下ろした方です。


その縁か、今回、この福岡県大会にお声かけいただきました。


ものすごく光栄です。


わたくしは白蓮会館を愛しています。
もし白蓮会館以外で空手をしてたら…なんて一切考えられません。

しかし空手を始める前は、やはり極真カラテこそ最強だと信じていました。極真カラテが大好きだったのです。

最近ではどの他流派も強くなり、極真内部でのお家騒動も重なり、相対的に極真のブランド力も以前ほどではなくなったような印象です。



『極真カラテが好きだった』。

そういえばこのことを数年間すっかり忘れていましたが、やはり極真が好きだったのは間違いない。わたくしはこの憧れの極真の大会で勝つために最も有効な方法を考え、悩みに悩んで、敢えて極真を捨て、白蓮会館を選んだのです。愛する極真を倒すために。



わたくしは現役を退きましたが、わたくしの道場生が、わたくしが出場なし得なかった極真会館の福岡県大会に出場する。


実はけっこう感動してます。



明日出場の白蓮会館所属選手の皆様。


最大限の敬意を持って優勝を狙いましょう。


出るだけの感動なら長続きしないのはわかりきってますから、お願いですから勝ってください。獲ってください。わたくしをずっと感動させてください。どうかよろしくお願い申し上げます。

4d72320a.jpg8月7日 木曜日
己卯(つちのと・う)六白金星
五黄殺:南東の方
暗剣殺:北西の方
日破:真西
旧暦:(大)7月7日
雑節:旧七夕
   二十四節気・立秋




今日、某流派のタァに『吸いだま治療』なるものを施してもらいました。

悪いとこほど色が濃く残るそうな。



今めっちゃ
背中がかゆいんです。

個人差があるものの、だいたい一週間ぐらい跡が残るそうです。
盆経が始まってしまいます。襟から黒い丸が見えてしまいます。来週月曜日までに根性で治します。


さて、白蓮会館九州本部の夏場の予定をご案内します。


お盆休み

福岡道場
・13日(水)〜18日(月)

佐賀道場
・12日(火)〜15日(金)


その他

福岡道場
・11日(月)
白蓮会館奈良・大東支部
  平野真一郎支部長特別指導

よろしくお願い申し上げます。

a2d4b81a.jpg










最近、いきまつ整体院が流行っています。

いきまつ整体院とは、白蓮会館福岡道場にて毎週金曜日に出張施術されている、カイロプラクティックを中心にした治療院です。院長はウチの杉原昭吾指導員です。


なんでも、軒並みウエストが細くなるそうな。

まずはウチの女子部員のウエストが軒並み5〜10僂盡困辰拭

素直な感動は瞬く間に周りに伝播します。

みんなmixi日記などで熱く語る。

また別の人が来る。
感動して帰る。

誰かにしゃべる。

また別の人が来る。
感動して帰る。

誰かにしゃべる。

また別の人が来る。
……。


見事なスパイラルです。


調子に乗って、わたくしもお願いしました。

まずは、正確なウエストのサイズを計測。



………。



あれ?



…これ、おれじゃない。


わずか3年前にバリバリ減量して佐賀県ボディビル選手権に出場したわたくしはすでにこの世に存在せず、代わりにヒップとウエストの数値が同じ寸胴のオッサンがいました。


泣きたいのをこらえて、とにかく杉原先生の神の手にすがりました。



15分後。


あらら不思議。


マジで細くなってら。


男は女の子ほどの効果は現れませんが、それでも腹周りにえくぼができます。

なるほど、最近の患者さんが初診日に10回の回数券をみんな買っていく理由がわかりました。


皆さん、侮れませんぞ。

海に行く前に、水着になる前にまず、いきまつ整体院へ。

c6bf1425.jpg










近鉄伊勢市に到着したのは午前7時台。
それは、普段外仕事をやらないわたくしにとって、あまりにも強烈な日差しでした。

駅から外宮まで徒歩5分。


さいわい外宮は木が多いのと、参拝者も少ないのとで、まだだいぶ楽でしたが、手洗い所を過ぎてスーツの上着を着た時にはさすがに一気に汗がでました。


よくわかりませんが、敷地内には写真のように何らかの結界が至るところにありました。きっとどなたか神々がお住まいなのでしょう。


豊受大神と、その他の別宮(宗次郎のことではない)にお詣りし、バスで内宮へ


…と思いましたが、バスのりばには屋根がなく、しかも周りは広い道路のアスファルトの真ん中。ありゃあ絶対に気温50℃ぐらいあるはずです。

内宮までの距離は4辧
あっさりタクシーに乗りました。



内宮は、外宮に比べ、時間帯もあるでしょうが、圧倒的に参拝者も多い。
外宮は正装でお越しの方がほとんどでしたが、内宮は普段着姿の観光客然とした方がほとんど。団体も多いし、おしゃべりも多いし、そういう意味ではいささか来場者の品がなかったように思います。


内宮入口から本殿までは、やはりそこそこの距離があります。しかも日陰が少ない。

汗かきながら、果たして本殿(正宮)に着きました。
想像してた建物より、わりと小ぶりで、色もなく、全体的に質素な造りです。定期的な式年遷宮のため、古代の建物の趣をそのまま忠実に現代に伝えているのでしょう。





最近、偶像崇拝というものについてよく考えます。

偶像崇拝とは、特にユダヤ教などを筆頭に世界中のいろんな宗教で強く戒められており、意外にも仏教とてその例外ではありません。

偶像崇拝とは単に神々の像を拝むことを指すわけではありません。
信仰の対象は、あくまでも神(法)そのものであって、神の家や像を拝むのではない。
しかし、ついつい人は中身よりも入れ物の豪華さに目を奪われます。

『この神社は建物がデカいから、きっとここの神様もすごいに違いない』

この考え方では、崇拝の対象は神そのものではなく、神とは別の、建物が大きいから拝むという、まったく実体のない偶像崇拝をしていることになります。


まだ地方の神社ならその考え方にも一理ぐらいの分はあります。

仏は普門示現(時空間を超えて存在する)です。
ならば、寺がボロかろうが、小さかろうが、めちゃめちゃ立派だろうが、中にいらっしゃる仏に優劣などない。みな同じ、たった一人の仏ですから。

しかし、由緒ある古い寺のほうが、最近できたばっかりの新しい寺よりも、すごそうな気がする。

その考えでの参拝は、寺の古さを評価しているだけで、決して仏の威徳を讃えているわけではない。
古い寺を造り維持してきたのは、仏ではなく人ですから、人の仕事ぶりを褒めているわけです。


伊勢神宮は、まだ宮の建物が耐用年数の範疇でも、時期がくれば容赦なく取り壊し、しかも再び全く同じものをつくる。別に、前の建物よりも大きなものを造るわけでもなし、立派なものを造るわけでもなし。


そういった意味では、伊勢神宮というところは、神以外の偶像を徹底的に排除した、神だけを讃えるための究極の形なのかもしれません。


帰りは名古屋に行くため、特急をつかまえやすい宇治山田駅から乗ることにしました。



…宇治山田?



宇治山田高校といえば、佐賀県民にはピンとくる昨年夏の甲子園。佐賀北高校との2回戦での延長15回引き分け再試合は忘れられません。

タクシーの運転手さんに
『実は僕、佐賀北高出身なんですよ』
といえば、さすがにあちらも佐賀北の名前は覚えているらしく、しばし昨年の甲子園の思い出話で盛り上がりました。



ちなみにわたくし、内宮で調子に乗ってお金を包み過ぎました。
もう電車に乗る現金すらない。

タクシーの運転手の方にセブンイレブンに寄ってくださいと頼みましたら、この辺にはないそうな。
駅前の銀行に何軒か寄ってもらって、ようやく稼働中のATMを発見。これでなんとか電車に乗れます。
協力いただいたタクシーの運転手さんにお礼を申し上げ、猛ダッシュで次の仕事先・尾張一宮市まで移動したのであります。



余談です。


おすぎかピーコかわかりませんが、名古屋行きの同じ車両で、そのどっちかと乗り合わせました。


ほんと余談ですな。

↑このページのトップヘ