【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2010年05月

懸案の全九州空手道選手権大会が無事、いや多少のトラブルに見舞われながらも終わりました。

参加選手ならびに審判の先生方およびスタッフの皆様お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。

結果はまだ集計してませんので、また後日にアップということで。


わたくし的事件をいくつか。

選手宣誓を岡本指導員にお願いしてからというもの、夜も眠れない日々が続きました。
アイツが思いがけない大失敗をやらかして、この先何年も酒の肴になるかもしれないと思うと、あまりに不憫で、開会式で一番緊張していたのは、きっとわたくしだったに違いない。

しかし、関係者の期待を裏切って、見事な選手宣誓で幕開けした全九州空手道選手権大会。


今だから言える裏話。

前日に会場を借りられず、当日の朝に一気に設営をしました。
これなんか、ほんと気分が悪くなるくらい心配で心配で、外部からイベント専門のスタッフを依頼したくらいです。

しかし、わたくしの思う以上に動いてくれたスタッフ各位のおかげで無事定刻開始にこぎつけることができました。

決勝戦まで各コートでやると事前に決めていたため、ある程度早い進行ができるだろうとは予想していましたが、まさか2時半に決勝が始まるとは思いもせず、大会史上初の『休憩』を挟んだり。

書き間違い等で賞状が足らなくなったから、それを入賞選手宛てにおくらなきゃ。


あと、横断幕を貼り付けた両面テープの粘着力が強すぎて、体育館の壁の塗装が剥げまくったことに対する体育館側の弁償請求がどうくるかが、今後の不安材料です。


たくさんの奇跡的偶然がありました。

良くない意味で。

開会式の時のワイヤレスマイクの周波数が、たまたま体育館の下にある中学校の体育祭のマイクと同じだったのでしょう。
ひたすら混線して、わたくしがルール説明をしている最中に
『いちについてー』
っていう声が頻繁に混じる。

じゃあ逆に、中学校の運動場では
『いちについてー。注意2で減点。よーい。減点2で失格になります。ドン』
みたいになっていたのかもしれません。

じゃあ、おあいこだ。



最高の奇跡は、打ち上げの会場です。

九州最大の繁華街・中洲。

そこには数知れぬ飲食店がひしめきあって存在します。

大会前日の食事は、無門塾の篠原先生に手配していただきました。
篠原先生にとって、中洲は地元。先生なら間違いないお店を選んでいただけます。安心してお願いしました。

大会終了後の打ち上げのお店の手配は、福岡道場の桃田指導員と上田指導員にお願いしました。
数ヶ月前から、何軒か下見に行ってもらい、かなり雰囲気の良い店を押さえたとの報告を受けました。


よし。接待はこれで安心。


前日篠原先生に案内してもらったお店は、非常に高級感のあるお店で、料理もおいしく、居心地が良すぎて4時間も居続けました。


翌日。

大会が終わって、来賓の皆様をお店に案内する段になって、上田指導員にお店の場所と名前を聞いて、まるで冷水を浴びせられたかのような衝撃が走りました。


昨日の店だ…。



ありえない。

佐賀の田舎の街ならさもありなん。
しかし、今回は中洲ですよ。
いったい中洲に何軒の店があるだろうか。


しかもコースまで全く同じときた。

いくら美味しい料理でも、二日連続はつらい。

イカの活き作りの後料理を、天ぷらから塩焼きに変更したことが唯一の違いでした。

来年から気をつけよう。


他にもいろんなことがありすぎて書ききれません。
思い出すたんび、ぼちぼち書いていきます。

門流の興廃
この一戦にあり
各員一層奮励努力せよ


舞台の上に上がった選手には、いくら指導者とはいえ、もはや一切の手助けはできない。
しかし、わたくしは常に遠くから皆様を応援しています。

愛する道場生の皆様。
わたくしは常に心を皆様に合わせます。
だからこそ各員、一層奮励努力してください。

南無妙法蓮華経

言うの忘れてましたが、明日は白蓮会館九州本部オリジナルTシャツをなるべく着用でお願いしますね。

今回の大会の準備は例年よりかなり早いペースですすんでおります。
これも全て白蓮会館九州本部関係各位の御厚情の賜物と深謝致します。
ありがとうございます。

今年の大会の出場者総数は331名。
去年までの平均出場者は270名前後で安定していましたから、約25%増です。

去年までの270という選手を2コートで済ませてたから、今では信じられないくらいの冒険でした。
今年は3コートで、それぞれ決勝戦まで通してやる予定です。
ですから、もちろん油断は禁物ですが、時間的には幾分余裕があります。

今年の進行状況の良さの原因は、白蓮会館九州本部の道場生の皆様の積極的なご協力ももちろんですが、とある人にアイデアをいただいた大会準備チェックシート記入方式の導入が大きい。
ひょっとして知らなかったのはわたくしだけかもしれませんが、やり残した仕事が目に見えて浮き彫りになるのがいい。


しかし、とにかく2コートが3コートになったため、スタッフや審判の負担は1.5倍になります。

5審制なら2交代で審判員は10人が必要です。
それが3コートだから審判30人。

本部席スタッフは、アナウンスと記録、計時、おじゃみと試合番号パネルの3人。
赤・白コーナーそれぞれ選手係が2人ずつ。計4人。


スタッフ合計7人。
2交代で14人。
それが3コートで42人。

試合は淡々と進んでいきますが、実に72人の人達が協力して運営されているのです。


たいへんだわ。


白蓮会館九州本部は現在、大会ボランティアスタッフを募集しております。
協力してくださる人数が多ければ多いほど、1人あたりの負担が軽くなります。
協力してくださる方は、
byakuren_kyushu@livedoor.com
まで御連絡ください。

なにもお返しはできませんが、スタッフの皆様のご多幸を心から御祈念させてもらいます。
よろしくお願い申し上げます。

1abd367f.jpgお寺の事務所にエアコンがつきました。
ダイキンの、かなりいいヤツです。

最近のエアコンはもはやフィルターがない。
いや、どっかにはついてるのでしょうが、外側からは見えない。

いつもお世話になっている吉村空調工業さまにお願いしました。
皆様もエアコンのご用命はぜひ吉村空調工業にお願いしてください。



さて、モルテンのデジタルタイマーを探しています。
白蓮会館佐賀道場に置いてるやつです。


実はあれはうちの持ち物ではなく、友好道場の無門塾の所有物です。どういうわけか篠原塾長がどちらからか2台もらったそうで、道場にふたつあっても仕方ないとウチに長期的に貸してもらってます。客観的にはどうみてももらったのと同じですが、厳密には借り物でして。


あれがまた高いんです。
3万円以上します。

今回は試合会場も増えるし、もう一台福岡道場用に買うことにしました。
これで福岡道場も佐賀道場と同じようにラウンド間インターバルをきちんと決めたスパルタサーキットができるわよ!




さて、わたくし。

ラーメン屋で浜崎億昌寺の若上人から替え玉競争を挑まれました。

彼はかなりの大食いで、常人以上の体重もあります(120kg)。
食べる量に関してはたいがいの負け知らずだったようですが、某湊のサーファーお上人に
『おまえも確かによく食うが、たぶんヒデ(わたくしのこと)には負けるばい』
と言われたことに腹を立てて、わたくしをラーメン屋に呼び付け、替え玉競争を挑んできたわけです。




結果ですか?



あちらの戦意喪失によるわたくしのTKO勝ちですわ。

愛する我が兄・たかひここと龍祥ですが、ここ最近はいろいろありました。

いったん退院したことはこちらでもお知らせしましたが、その後4月あたまから、また佐賀大学医学部附属病院に入院、3度も目の手術をおこないました。

その後、経過をみて佐賀記念病院に転院し、現在にいたります。今のところ6月あたままでこちらの方にお世話になる予定です。

そういえば、昔よくこのブログにコメントをいただいていた塩鯖さんのご主人が偶然隣室に入院されてきたり。


現在兄は348号室におります。お時間に余裕があればぜひお見舞いよろしくお願い申し上げます。
なお、当然ながら飲食ができませんので、一切のお気遣いなさらずに。

この春開局したばかりのFM唐津に生出演します。

86.8mhzです。
トミー富岡さんの番組に殴り込みます。
唐津市〜東松浦地区にお住まいの皆様はぜひ聴いてください。

やはり誰しも一回戦だけは勝ちたいもの。


ところが、二回戦を迎える時の心境はどうでしょう。
心の中に、とりあえず1試合勝ったから、ここで負けても、まぁ、いいじゃないか、って、負けてもいい理由が現れる。

もし開会式まで勝ち上がったら、開会式まで進んだんだから上出来だよ。ビデオにも写るよ。

もし準決勝まで勝ち上がったら、トロフィー持って帰れるんだから上出来だよ。3位入賞だよ。すごいよ。

決勝まで勝ち上がったら、ファイナリストだよ。ここで負けても準優勝だし。よくやったよ。

みたいな感じで、すぐ戦いをやめようとする。


負けてもいい理由は、そこらじゅうにあります。

次の相手は前年度のチャンピオンだ。負けても仕方ない、とか。

今日は朝から熱っぽい、とか。

昨日はよく眠れなかった、とか。

今大会前は、仕事が忙しくて思うように練習できなかった、とか。

あそこをケガしてる
ここをケガしてる、とか。

だいたい、俺はこの大会に出るのはイヤだったのに、支部長に言われて仕方なく出た、とか。



負けても仕方ない理由を、知らず知らずに口にして、自分自身をどんどん洗脳します。

なるほど、俺はケガをしてるから負けてもいいんだ。
ケガをしてるなら負けるのは仕方ないことなんだ。
ケガをしてる選手が負けるのはむしろ正しいことなんだ。

じゃあ、俺はここで負けていいんだ。

という思考が完成して、やっぱり負ける。



知らず知らずに精神を蝕んでいく、こいつら『負けてもいい理由』。

こいつらのことを仏教では『魔』と呼ぶのです。


魔に勝つにはどうすればいいか。


そりゃもちろん魔と反対に作用する力を利用するしかない。

負けられない理由を集めるしかない。
勝たなきゃならない理由を集めるしかない。


よく、
『優勝したいと思う気持ちが一番強い選手が優勝する』
といいますが、勝たなきゃならない理由がたくさんある選手は、途中で試合を捨てない。

もちろん誰しも迷う瞬間はあるでしょう。
でも、勝ちたい理由、負けられない理由が全身を包み込み、底力が発揮できるのです。

皆様の勝ちたい理由は?

負けられない理由は?

それを集めて試合に臨んでください。


ひるがえってわたくしの現役時代を考えても、負けてもいい理由が正当化された瞬間、全試合負けてます。

逆に、勝ちたい理由が多い時はほとんど負けてない。


わたくしが現役のころ、とにかく館長に褒められたかった。

だから勝ちたかった。

白蓮会館の全日本タイトルが他流派に持っていかれるのがとにかくイヤだった。

だから負けられなかった。

一緒に練習してきた先輩や仲間の応援に結果で応えたかった。

勝つしかなかったのです。




皆様、白蓮会館を愛してますか?
愛しているなら、お願いです。ぜひタイトルを守ってください。


…トロフィーでかいよ。


すっかり負けてもいい理由が増えて、いくら探しても勝ちたい理由が見つからなくなった時、人は引退するのです。

いや、正直言って、新しい携帯になってストレス溜まりまくりでして。

馴れない操作で文章がなかなか思うように書き進めきれない。
なので、ブログ更新の頻度低下は、主に携帯から記事をアップするわたくしの機種変更、いや、会社変更のせいですな。


以上で言い訳終わります。


さて、白蓮会館主催ファイティングオープントーナメント全九州空手道選手権大会の組み合わせが完成しました。
つかの間の自由時間です。

出場選手総数なんと331名。
わが九州空手大会史上最大規模になりました。

しかし、それだけ多くの人に評価されるわけですから、一層気を引き締めて頑張ります。
道場生の皆様、一丸となって九州空手大会を成功させましょう。
よろしくお願い申し上げます。

白蓮会館から出場する選手は、わがとこの城をなんとしても守る気概を持って臨んでください。

他流から出場なさる選手は、どうぞタイトルを取りにきてください。
我々は全力で阻止します。

それがお互いの向上に繋がれば、空手界はもっと良くなる。

共に精進しましょう。


ちなみに選手権の部の優勝トロフィーは、かなりデカイです。お楽しみに

翌日は沖縄大会です。

朝起きたら、本土では有り得ないほどのスコール性の土砂降り。
岩崎さんに車を体育館の前に付けてもらったのに、すっかりずぶ濡れ。
車を遠くに停めた岩崎さんはもっとずぶ濡れ。


玄貴ですが、一回戦いきなりの体重ダブルスコアの大型選手。延長戦までよく戦いましたが、マスト判定で敗退。

杏果の相手は、出場選手の中でもころっと動きのいい選手でした。最近の杏果の稽古中の動きを見てると充分上位進出も期待できましたが、腹を効かされ残念ながら完敗。
ちなみにトーナメントはその娘が優勝しました。


伶佳は1・2回戦共にパンチで技有りを奪う戦いっぷりで、とっとと決勝進出。
しかし、決勝の相手のそれまでの動きは別格で、あれに勝つのは大変たなと心配してました。
しかし、どっこい蓋を開けてみれば堂々たる互角の戦い。
延長で負けましたが、格上の選手相手にあれだけ渡り合えれば満足です。
しかも出場全小学生の中からたったひとり選ばれる敢闘賞までもらっちゃった。


さて。

後で発覚したことですが、杏果に勝った子と、伶佳に勝った子は姉妹だったそうな。
それを知った岩崎さんはちょっと不機嫌そう。
やはり親としては悔しいでしょうな。
こりゃあ来年また沖縄でリベンジするしかない!
ターゲットはロックオン。頑張れ岩崎兄弟!


そういえば、わたくしふたつの初体験をしました。

ひとつめは、舞台コートの上で主審をしたこと。
ありゃあ緊張しますね。
おかげで張り切りすぎて声が枯れましたもん。

もうひとつは、館長の演武で持ち手をしたこと。
こちらもまた緊張しました。
あの、例の、片方支持の手刀バット折りです。

だって、館長が失敗したら、どう考えてもわたくしのせいですよ。

しかし、さすがは我が師・杉原正康。
持ち手のレベルが多少低かろうと関係なく一発完遂。ほんと嘆息ものです。

夜は、真っ暗な中でビーチパーティー。
明るかったらさぞかし美しい眺めだったことでしょうよ。

その後、館長のマンションにお呼ばれして、ホイホイとお邪魔してきました。

マジ、すごかったっす。
ありゃリゾートマンションの極みですよ。許可さえ下りれば中の写真をアップして読者を皆様にご紹介したいくらいです。


翌朝は午前8時の飛行機で帰ってきました。
最近ブログの更新を怠っていたのは、沖縄との時差ぼけのせいです。

また頑張って更新します。読者の皆様、またこのブログに遊びにきてください。

473d04d7.jpg沖縄から帰ってきました。
とりあえず沖縄で起きたことを時系列で報告します。


福岡空港で岩崎家と待ち合わせしていざ沖縄へ。
機内から見下ろす景色は素晴らしく、阿蘇の外輪山、桜島、屋久島、奄美大島、そして話題の徳之島などがバッチリ見えました。

しかし、沖縄上空はいきなり雲密度が増して真っ白。その景観は美しいけれども、過去の沖縄旅行全ての天気が悪かったわたくしからすればいやな感じです。

着陸してみたらかろうじて曇り空。沖縄限定雨男大野英章は胸をなでおろしました。
レンタカーを借りて、みんなでわいわいドライブです。

宿泊のホテルは、空港と同じ那覇市内にあるワシントンホテル。市街地の建物の中でもひときわ目立つ綺麗なホテルでした。

ちなみに今回の旅費は、往復航空券+ホテル2泊分で、なんと驚きの19,500円!

あ―あ。

みんな一緒に来ればよかったのに。

さて。

ホテルの近所の食堂で沖縄そばを食べて、白蓮会館沖縄支部道場を見学させてもらって、白蓮九州御一行様は北谷(ちゃたん)町に移動しました。

ここで海に入ったり、買い物をしたり。

わたくしは米軍の払い下げ物品を販売するお店で、迷彩服Tシャツなどを買いました。担架とかヘルメットとか、他にも欲しい物がたくさんあったんですが我慢しました。


夕食は名護市にある『おばぁの家』(焼肉屋さん)に行きました。
この店は、わたくしの小・中学校の同級生・マイミクのTKさんこと岸川晃吉くんが店長なのです。晃吉くんと会うのは実に成人式以来。肉もめちゃめちゃおいしくて大満足です。

ただ、名護市は遠かった…。

店に着いたのは暗くなってから。おばぁの家の居心地が良すぎて、ホテルに着いたのは真夜中です。

名護の海はたぶん綺麗なんです。
でも暗すぎて何も見えなかった。

次回は明るいうちに名護の海で遊んで、不夜城北谷には夜中に行くべきである、と学びました。

つづけ

仕事中のみなさま申し訳ございません。

今沖縄の北谷の海浜公園に来ています。

のどかな時が流れています。

月曜日までゆっくりします。

ちなみに明日は白蓮会館主催・全沖縄空手道選手権大会です。
げんきの相手は60kg、伶佳の相手はアメリカ人です。でもあきらめません九州本部!せっかく遠くまで来たからには何か持ってかえります。


でも今日はリゾート気分です。
選手の皆様がんばって。

仕事中の皆様もがんばってくださいね。

346aa7cb.jpg携帯を変えて、なぜかブログの写真が回転してしまいますね。

よくわかりません。

それにしても、機種変更はストレスです。
主に携帯からブログを更新するわたくしにとって、いつものようになかなかうまく文字が打てません。

今日ソフトバンクに行って、メールアドレス変更のお知らせを一斉送信してきました。

最近は店内の機械を使って、自分でデータを移し替えたり、アドレス変更のお知らせメールを一斉送信したりできるのですよ。これは便利ですね。
これからなんかある時は、こそっとメルアド変更のふりして一斉送信したろかな。


それからアドレスが変わっているところから、エラーを知らせるメールが続々と届きます。正直かなり凹みます。アドレスを変えたことをわたくしに教えてくれなかった人が、こんなにもたくさん
いるなんて。

でも、嬉しいこともあります。

しばらくすると
『了解登録しました』
的なメールが3倍くらい届いたのです。

だいたいわたくしは返事しないたちですが、今回学びました。一斉送信的メールでも、返事が返ってくると意外に嬉しいものなのだ。
これからはわたくしもなるべく返信するようにしよう。


ちなみに、わたくしのアドレスをご存知でない方へ。

わたくしのツイッターの名前に@softbank.ne.jpをつけたのが、わたくしの新アドレスです。
どうかブログ読者の皆様、迷惑でなければまずはメールから友達になってください。
なお、ブログはわりかしまめに更新するわりに、メールの返信は極端に遅いので悪しからず。

6860ccb2.jpg大阪からの帰りがけの出来事です。

赤穂で9kmの事故渋滞があると掲示板にありました。
しかもガソリンの残量がカラカラで、仕方なく最寄のインターで給油のため降りることに。

そこが姫路だったのですが、姫路といえばやはり世界遺産『姫路城』。
わたくしは人知れず小学生の頃から城郭おたくでして、大学での専攻も城郭を中心にみた都市地理でした。
わたくしの小学3年当時の一番の願いは、姫路城に行くことで、両親に頼み込んで夏休みに連れていってもらって以来、実に7〜8回訪れたことがあります。

しかし、最後に来たのは大学生の頃。実に15年ぶりの姫路城です。


あいにく姫路城の天守閣および小天守などの主要建造物の大補修中で入れなかったのが残念でした。
また、聞いた話によると、まもなく天守閣に足場が組まれ、防塵ネットなどがかけられるそうで、そのせいか観光客も多かった。

そらで地図を描けるほど愛した姫路城でしたが、約15年ぶりに訪れた姫路城の印象はだいぶ違いました。
姫路城が変わったのか、わたくしが歳をとったのか。


帰りがけに坂岡先生が主宰する岡村道場を発見!
あまりに嬉しくて、思わず坂岡先生に電話しましたら、やはり道場は留守。
次がいつになるかわかりませんが、またの機会に道場の中を見せてもらおうと思います。

そして車は一路、九州に帰るべくインターへ向かいます。
そして高速入口付近で衝撃的なものを発見したのです。


つづく

↑このページのトップヘ