【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2013年10月

月に1〜2回、海岸のゴミ拾いをやってます。
今回、久しぶりに地元有明海の沿岸域を歩いたわけですが、ちょっとした気づきがありました。
画像1

博多や唐津の海の場合、外洋から漂着するゴミが多いわけです。

タイヤとか、放棄された網とか。

ところが、有明海は完全な内海。
外洋漂着ゴミが迷い込む可能性は著しく低い。

それにしても、ゴミが多い。

そのゴミの主な構成は、ペットボトル、栄養ドリンクの便、空き缶、弁当のから。
それに、やたらと焚き火の跡がある。
少量のゴミを燃やしたのでしょうが、これまた不完全燃焼で始末が悪い。

要するに、地元民の生活ゴミばかり。


それは、海に投棄したものもあるでしょうし、川の上流で捨てられたものが海に流れてきたものもあるでしょう。

これは言い訳できない。

博多や唐津の場合、某国の連中め、と他人のせいにできますが、有明海は佐賀県民の責任です。

有明海の泥に落ちた空き缶や空き瓶の中に泥が入ったら、もはや人力では引っこ抜けないし、集めたものの中には泥がいっぱいで、もはや掻き出したりできない。

例えば、この写真。
画像1

どこにでもあるプラスチック製のカゴです。
砂をいっぱいに入れたバケツを持ち上げるのが一苦労なら、泥に埋まったカゴなんて、もはや大型機械がないと取り出せない。
せいぜい、小さめのビンとか、そんなのしか拾えないんです。

地元の皆様、意識を高めましょう。
画像1

14日(月)は、うきは市の本佛寺(佐野前延住職)の御会式でした。

御会式とは、宗祖日蓮大聖人がお亡くなりになった日(10月13日)の前後に、全国の日蓮宗寺院で行われる法要で、大聖人のご威光を讃え、報恩感謝を申し上げます。

で、九州で最も活気のある御会式といえば、うきは市の本佛寺なのです。
勝厳寺の自慢の纏(まとい)を持って万灯行列に馳せ参じました。
この纏を奉納してくださったのは、新役員を引き受けてくださった池田伴忠さんと、児島誓さんのお2人です。

直前になって、慌ててYouTubeで纏の振り方を1時間くらい練習して、頑張ってふたつほど技を増やしました。
本番前のリハーサルで両腕を酷使し過ぎたかもしれません。これが後に仇となるとは、この時はまだ知る由もない。

今回、呼びかけに応じて参加してくださったのは、原さん家族、川邊さん家族、芦刈妙長寺加藤智久上人です。
それに勝厳寺の寺族全員の計10人です。

集合場所には間に合わず、途中の隊列整理のための一時休憩場所で合流します。
遠くから光の列が見えてきます。
画像1

勝厳寺が遅刻して参列したため、現場も混乱しているようでした。
当初、最後尾からついていくつもりが、前から2番目に入るようにいわれ、全員でダッシュして先頭グループに混じります。
DSC_8082

そこから纏を持っている組だけは正面の石段から最後に登るため、ちょっと待機して、全員が境内に集まったところへ堂々と迎えられます。
DSC_8160

こちらは鳴りものを指揮する奥様。
DSC_8162

纏を振るのが下手くそのくせに、こんな晴れ舞台はちょっと気まずい。
しかも、交替がおらず、両腕は限界です。
DSC_8172

恐れながら一番最後に入っていきました。
そしたら、やはりというか、みんなバリバリ上手い!
疲れもあり、かなり怯みましたが、辞めるわけにはいかず、無心に振り続けます。

西身延青年会のみんなは約2分くらいで次々に交替しています。
つまり、交替要員が周りを取り囲んでいるわけで、こちらとしてもたまらず、
『すんません!代わってください!』
とお願いして何回か交替してもらいました。
DSC_8113

そうこうしているうちに、うちの纏の首がスポッと吹っ飛んで、現場は騒然。
慌てて取り繕って、なんとか纏の奉納は終了です。
画像1

行列参加の皆様の労をねぎらう日蓮聖人銅像護持教会主管の佐野前暁僧正と、本佛寺御住職の佐野前延上人。
画像1

勝厳寺から参加したメンバーで記念撮影。
画像1

わざわざ我々の為に個室を用意してくださっていました。

その勝厳寺の控え室に向かおうとしたところ、ちょうど作元上人が玄関口で
『あれくらいの短い時間で疲れたなんて言ってちゃダメですよー』
って皮肉を言われてしまいました。

でも、纏を振れる人員が2人しかおらず、しかも纏が2本だから、途中全く交替なしで振り続けたわたくしどもの苦労も推し量っていただきたい。


それから、今回は兄が
『あんた、えらいいろんな人から挨拶されよったねぇ』
と感心されるほど、実に多くの方からお声掛けをいただきました。
それは5月の本佛寺の佐渡団参で檀信徒の皆様とご一緒させてもらったからに他ならない。
ほんとにたくさんの方に
『あっ!佐賀のお上人!』
『来年も来てくださいねー』
と話しかけてもらいました。
まといのレベルも全然で、アウェイ感ありありでしたが、なんだか少しだけ居場所ができたような感じがありました。


帰りがけに纏を片付けようとしていたら、西身延青年会の高校生ぐらいのお兄ちゃん達が近寄ってきて
『すいませーん。良かったらちょっと纏を触らせてもらえませんか?』
と言ってきました。

もちろん、我々の纏に興味を持ってもらうのは嬉しいので、喜んで貸しました。
そしたら、
『お!めっちゃ軽い!』
『え?マジ?俺にも貸して!』
『わ!振りやすーい!』
『え?俺にも貸してー』
って、あっと言う間に大勢の人だかり。

こんなに重たい纏を『軽い』と言われたら、われわれ立つ瀬がない。

そうなんだ。この纏は軽くて振りやすいのか。

なら、弱音を吐いていられないなぁ。


ちなみにこの纏は梅谷仏具店(白蓮会館福岡道場生の武田豊史さんのお店)で制作されたものです。
いちお木工用ボンドなんかを使って自分で修理するつもりだったのですが、電話で相談したところ、さっそく翌日に福岡から勝厳寺まで来られ、修理のために持って帰ってくださいました。
画像1

来月12日が勝厳寺の御会式です。
それまでに間に合うように早急に修理してくださるとのこと。ありがとうございます。
画像1


勝厳寺の御会式は、
11月12日14:00から。
松尾山御真筆行列は17:00からです。
多くの方のご参列をお待ちしております。


この日の様子を書いた嫁ブログはこちら

13日(日)に勇真会が主催する空手新人戦トーナメント交流試合ですが、いつもと会場が違います。

久留米市立明星中学校武道場
(久留米市高良内町4482−1 0942-21-9468 )

am9:30開場 10:00試合開始です。

昨夜、Facebookその他で試合開始時刻を1時間早く勘違いして告知してしまいました!
申し訳ございません!

am9:30開場 10:00試合開始です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
関係者各位には多大なご迷惑をおかけしました。 なにとぞご容赦お願い申し上げます。

さらに、今大会には選手係がいません。
出場試合の番号を保護者は充分に把握し、選手の監督をしてください。

では、明日の選手の皆様の健闘を祈ります。

早いもので、もう一週間も経ってしまいましたが、先週の金曜日の話です。
吉木稔氏のJazz Liveの後、道場の指導をお休みしてそのまま博多駅筑紫口の(株)イシズエワークスで開講されたで出版実現塾に参加してきました。

講師は中野博さん。
そう。Facebookいいね!を25万も集めた日本人最強のリーダーです。
そんな中野博さんのFacebookページはこちら

ちなみに去年まで頻繁に東京に通っていたのは中野さん主催の帝王学講座を受講していたからなんですね。

ま。帝王学講座を受講なさっている皆様の中には著者が多くて、先輩達の御薫陶を受けて、どうしても自分で本を出したくなったのが1年前。
書きたい内容が定まったのが1ヶ月前。

で、ここ1ヶ月ほど暇さえあれば執筆をちょこちょことやっております。
まだ、タイトルやコンテンツは秘密です。

ところが、本を出すとなると実際問題、何冊売れるかの見込みが立たないと出版には至らない。
『じゃあ、あなたの本を買ってくれる人は、あなたの周りに何人いますか?』
と訊かれたら、うーん。少ない。

毎日のブログ読者数が、書いても書かなくても平均200ぐらい。
スマッシュヒットを飛ばした時の最高読者数は700ぐらいですが、実際お気に入り登録して定期購読をしてくださる有り難い読者の総数は300人くらいだろう。

でもその300人が全員買ってくれるわけがない。
20%くらい?だろうか。

じゃあ、60冊。

Facebookに友達が約1000人います。
だからといって、名刺交換しただけの人とか、あんまり付き合いのない人が15%ぐらいいるから、リアルに付き合いのある人は850人ぐらいか。

このうち、『本を出しました!買ってください!』とお願いして、ほんとに買ってくれる人は10%ぐらいじゃなかろうか。

しかも、そういう人達は必ずブログも読んでくださってるはずだから、重複を除くと40冊。

要するに100冊しか売れない。
100冊じゃ出版なんて無理。

ま、策はあります。複数。

そのうちのひとつが『大野 英章のFacebookページ』です。
話せば長くなるのですが、やはり本を売るためには作者のページがどうしても必要です。
Facebookページなんてもんは、友達が5000人の上限に達した有名人が、これ以上友達を増やせないので致し方なくファンと広く交流するために作るもんだと思っていましたが、すみません、生意気にも作らせてください。

今んとここちらのページはブログでの告知のみですが、のちのちは有料の広告なども考えています。

それがこちら

ぜひ皆様『いいね』クリックよろしくお願いします。

そしてもしわたくしが出版までこぎ着けた際はぜひとも1冊購入のご協力をお願いします。

大型で強い台風という前評判に肩すかしを食らった翌朝、つくづく肥沃な佐賀平野の稲が無事で良かったと思います。
朝からお寺の全ての雨戸を開けて回っています。


ところで、わたくしのこのブログ、URLが
『http://blog.livedoor.jp/toshibadynabook/』
だったのが、このたび
『http://oonohideaki.blog.jp/』
になったんですね。

これはわたくしの中では大事件でして、単にURLが短くなっただけじゃありません。
かれこれブログを始めて8年、当時はわけもわからずドメインの自由入力に『toshibadynabook』と、わたくし個人と何の関係もない、ただ、当時自分が使っていたパソコンの名前を打ち込んで、それをそのまま8カ年もの間使い続けていたわけで、かなりのコンプレックスでした。
最近では過去の記事もろとも全部新しいドメインに引っ越してやろうかとすら考えていたのですが、このたびlivedoorブログの無料サービスで『〇〇〇〇.blog.jp/』というドメインが開放中なんですって。
さっそく申し込んでみたら、わたくし以外のオオノヒデアキさんはまだ申し込まれていなかったみたいで、すんなりサブドメイン獲得になったわけです。

8年越しの宿願達成!
読者の中でlivedoorブログをやってらっしゃる方、早い者勝ちだそうですよ。
『管理画面』『ブログ設定』『ブログURL』『サブドメインを使用する』で設定できます。



さて、ブログ開設からは8年ですが、白蓮会館福岡道場設立からは早10年になろうとしています。

雨の日も、雪の日も、三瀬峠を運転して通いました。

そんな三瀬峠、トンネル+ループ橋を通る有料300円コースと、ヘアピンカーブばかりの旧道走り屋御用達コースとございます。

たまに通る分にはよかろうが、毎回往復600円もかけていられない。
だいたいわたくしはめっちゃ急いでいる時や積雪で通行止めとかになっていない場合は旧道を通るのですが、有料道路も旧道の実際の時間差を知らない。

10年目にして初めて正確な時間を計測してみました。

有料=4分30秒
旧道=8分30秒

その差4分。

ま、それだけのことですが。

わたくしにとっては重大な事実だったわけです。

今日はここまで。

まだ、夜半頃に最接近するとかいう情報もありますから油断はできませんが、

油断はできませんが、思いっきり空振りでしょ?これ。

なんたる肩透かし。

なんといっても昨夜から福岡市内、佐賀市内の全ての小中学校が休校すると、前日から発表があったことなぞ、これまで記憶にない。

ところが、どうよ。
実に穏やかな一日だった。

下校時刻あたりの夕方頃に最接近するから、それを見越しての休校だったのに、夕方も無風。まるで無風。

その情報を受けて、我が白蓮会館佐賀道場も休館を決めたのが午前中。

なのに、夕方になっても無風。まるで無風。

ネット上で道場が休みだということをお知らせしたものの、念のため道場で待機しておりましたら、高田さん親子、森くん、内山指導員、野方くんが来てくれました。
画像1

現在21:30。
無風です。まるで無風です。

台風はどこに行ったのだろう。
野方くんの話では、20時くらいはそこそこ風が吹いたそうですが、それでも全然大したことなかったそうで。


だいたい強い台風が近づくと、ウチの父が興奮します。

昨夜遅くに福岡から帰宅したら全ての雨戸が閉められていました。
このまま明日まで勝嚴寺は完全に閉ざされているのでしょう。

画像1

なんでも、台風の日はコロッケを買いだめする風習が、古来我が国には広く伝わっているだのなんだのという情報を受けて、兄に大量に買ってきてもらったのですが、食べるタイミングを失いました。

節分の恵方巻きと同じように、台風コロッケもいずれコンビニで全国展開される日が来るのだろうか。
画像1

先週の金曜日は忙しかった。

午前中は唐津で体育館の申し込み手続きをして、一瞬お寺に帰ってきた時にたまたま賽銭泥棒の現場に鉢合わせて警察を呼んだわけですが、高校の同級生の吉木稔くんのJAZZ LIVEの予約をしていたので、あとの対応を家族に任せて、神埼はラナカフェに行ってきました。
画像1

現在吉木くんは東京でミュージシャンとして活躍なさっています。
吉木くんとは高校時代ほとんど接点がなかったのですが、Facebookで繋がり、今回同級生が盛り上がって凱旋ライブと相成ったわけです。

昼の部と夜の部とあったのですが、わたくしはもちろん昼の部に。
誰かしらいるだろうと漠然と期待しておりましたが、昼間のラナカフェには知り合いがおらず、完全にひとり。
仕方なく携帯ゲームなんかで開演時間まで暇を潰しました。

そこで吉木くんわざわざわたくしの席まで挨拶に来てくれて、けっこうゆっくり話をすることができました。

その後、約50分の演奏を楽しみました。

音楽のことは良くわからないのですが、彼と握手した時の指の感触(コントラバスを指ではじいているのでとにかくざらざらな感触)や、演奏中の表情を見て、これまで積み重ねてきた時の重さ、ひたむきさの万分の一くらい推し量れたように感じました。

そんな優雅な午後。

070217_0326~0001

福岡県うきは市吉井町にある本佛寺(佐野前延住職)は毎年、九州で最大規模の御会式が開催されています。御会式とは、各日蓮宗寺院で開催される重要な年中行事のひとつで、日蓮大聖人の御命日(10月13日)前後に行われる、宗祖の威徳を讃える法要です。

本佛寺のある吉井町は、ちょうど小城町くらいのこじんまりした町なのですが、それが本佛寺の御会式の日には、中心通りは交通規制され、露店が建ち並び、いったいどこからこんなにたくさんの人が来たのだろうと言うくらいの人出で賑わいます。また、地区ごとにハッピを揃え、万灯籠(まんどうろう)や纏(まとい)のできばえを競い合い、いまや日蓮宗の檀信徒であるなしを超えて、全町民が総力を挙げて作り上げる大イベントとなっています。

ちなみに本佛寺は本山ではありません。明治に建てられた普通の新しいお寺です。九州の日蓮宗の本山は、小城町の松尾山光勝寺です。昔の松尾の御会式は、小城の町を埋め尽くすほどの参拝者がいたそうですが、現在その御会式に参列する人の数は、本佛寺に比べ極めて少ない。そのため、松尾山の御会式行列のスタート地点である勝嚴寺は、九州唯一の本山・松尾山の御会式を昔のように盛り上げるべく、研修を兼ねて本佛寺の御会式に正式参加することにしました。

つきましては、下記の通り参列出席者を募集いたします。多数の方のご参列をお待ち申し上げております。

  記


本佛寺おえ式

日時 平成25年10月14日(月・祝)
場所 福岡県うきは市吉井町 鎮西身延山 本佛寺

当日17時半に勝嚴寺集合18時出発
(現地直行可・22時頃勝嚴寺に帰宅予定)
持ってくるもの 
ハッピ、うちわ太鼓(お持ちでない方にはお貸しします)
備考 歩きやすい靴でお越しください

白蓮会館九州本部の年末の行事予定をお知らせします。
画像1

10月11日(金)
 日峰さんお祭りステージ演武(佐嘉神社)

10月13日(日)
 勇真会練習試合(久留米市立明星中学校武道場)

11月3日(日)
 福岡大学七隈祭演武(福岡大学)
 正道会館全九州選手権大会(別府市民体育館)

11月10日(日)
 清松会不退転杯(宗像ユリックス)
 智心会館勇輝杯(西日本シティ銀行記念体育館)

11月17日(日)
 白蓮会館全日本選手権大会(大阪府立体育館)

11月24日(日)
 九州地区研修会&昇級審査(白蓮会館佐賀道場)

12月1日(日)
 一進会西日本選手権(別府アリーナ)

12月15日(日)
 極真水口派全日本選手権(岡山武道館)

12月22日(日)
 秋岡塾クリスマスカップ(御船スポーツセンター)

12月27日(金)
 佐賀・福岡道場稽古納め

12月28日(土)
 唐津道場稽古納め

1月6日(月)
 福岡道場稽古初め

1月7日(火)
 佐賀・唐津道場稽古初め


あと、大掃除と忘年会をやりますが、直前に日程を決めたいと思ってます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ