【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

2014年01月

結果を先に言うと、2人共1回戦敗退でした。

内容に言及すると、亜久里は体重の重い相手に真っ向勝負を挑み過ぎた。
憧子は、不得意な技を使えるように努力するあまり、最も得意の膝を捨ててしまった。

とにかく、負けた自分の試合のビデオは少なくとも100回は観直してみましょう。
そうすれば、必ず許せない自分を発見できる。
発見できたらそこを改善すればいい。
今は誰しも簡単に自分の試合を映像に残せる良い時代です。
記念に保存するのではなく、活用してください。


さて。みんなで東京を楽しんでおります。

試合が終わった後、いったん体育館で九州本部のメンバーは解散し、18時に片峰さんの提案で南青山のニコライ・バーグマンというおしゃれなカフェで待ち合わせ。
それまでは各々で東京を楽しむことにしました。

とりあえずわたくしは表参道を散策することに。

そしたら、そう。東京は今まさに都知事選挙期間中ですよ。
片峰さんは今朝細川さんを見たらしいし、拳栄会館の野口空くんのお父さんは田母神閣下と握手したそうな。

わたくしはこの方と名刺交換を。
画像1


この方に関しては、言いたいことがあり過ぎますので、日を改めて書きたいと思います。

ま、でも、話ができてよかった。

待ち合わせの時間まで、南青山ではあり得ないくらい価格の安い中華料理屋さんを発見し、そこで嫁と2人で6500円分飲み食いして店員に感心されました。
ラーメンが380円、生ビールが280円という安さの店で6500円使うことが、どれほど大変なことかわかりますか?

お会計の時に、店員さん
『酢豚、かた麺焼きそば、坦々麺と炒飯のセット、バンバンジー、上海塩焼きそば、麻婆丼の大盛り、生ビール6杯。失礼ながら、おふたりでえらい食べてましたねー。』

そんなこんなで山岡家、片峰家と合流、近くの居酒屋でまた乾杯!
画像1

ここでは、カッコつけて少食のふりが上手くできたと思います。

この居酒屋、大当たりでした。
どれも味が良く、価格も安かった。

原宿の駅まで佐賀弁で大勢でくっちゃべりながらホテルに帰ってきました。
途中、200円弁当なるものを発見し、とりあえず2つ買って、これは明日の朝食にします。

暴飲暴食、体重計に乗りたくない。

さて、明日は市川市にある正中山法華経寺の大荒行堂に行ってきます。
行僧の皆様は、あと15日ですね。

東京に来ております。

白蓮会館九州本部から、山岡亜久里(福岡道場)と片峰憧子(唐津道場)の2人がJKJO全日本選手権大会に出場していて、その応援のため国立代々木体育館第一競技場に来ております。
画像1

ちなみに全国の白蓮会館からウチ以外に大阪堺支部からしか出場していないみたいです。
せっかく数少ない同一流派からの出場だから応援してあげたかったけれども、会場があまりに広くて断念するかもしれません。

白蓮会館の各支部の皆様、あまりこの大会を目標にしてないんでしょうなぁ。

あと、全日本だから当たり前ですが、とにかくここは知らない道場ばっかり。

もちろん九州の流派も来てるんでしょうが、圧倒的に知らない流派だらけです。
そんな知らない流派の名前を誇らしげに刺繍したウインドブレーカーとかに囲まれて不安な心持ちです。

あ、でも、新極真会がいるのが少し新鮮です。

極真といえば、往年の極真の名選手が独立して流派を起こしていらっしゃるケースが実に多い。

時代は変わったなぁ。

そんな感じで、この会場はアウェイ感ありありです。
画像1


ところで、ほとんど現金を持たずに来てしまったことを昨夜遅くに気付きました。
羽田のATMで下ろせばいいやと安心しきっていたら、クレジットカードも、キャッシュカードも、とにかくカード類を1枚も持っていないことに気が付いて青ざめました。
ただ、通帳は持ってたので今朝、郵便局でお金を下ろしてひと安心。

やっぱカード大事。


追伸

このブログを書いてまもなく野見山支部長(本人は支部長じゃないとおっしゃってます)から電話があり、堺(3人)だけでなく、鎌倉湘南(1人)、山梨(1人)、岸和田(5人)からも出てるとのこと。

よかった。
じゃあ全国の白蓮会館からは合計12人もいるんだな。実に心強い。

白蓮会館がんばれ!

Facebookでは以前から告知していましたが、ブログでは直前のご案内になってしまい恐縮です。
明日、北部九州地区の各流派の有志によるスパーリング交流会があります。

日時 1月19日(日)15:00〜18:00

場所:白蓮会館佐賀道場
(〒840−0801佐賀市駅前中央3-16-14 tel:0952-34-4151)
駐車場は20台ありますが、満車の場合、道場から東へ徒歩3分の夢咲公園の駐車場をご利用ください。

参加道場:王丸道場、修和会館、菱岡道場、白蓮会館、勇征会、龍士會、黎明塾
   その他、流派名を公表できない道場いくつか

参加費:無料

約3時間を目安に行います(みんなが飽きたらやめます)
WKO世界大会日本代表も数名参加するハイレベルの交流会です。
だからといって色帯の方もだいじょうぶ。
マイペースに休憩しながら参加できます。
参加対象は中学生以上(小学生の参加はご遠慮ください)
飛び入り参加もOKです。

終わって懇親会(会費1000〜3000円程度)も予定してます。
時間の許す方は是非そちらにも出席してください。

こちらは前回(平成25年8月)の参加者の顔ぶれです。
1505353_557549381006735_2034972564_n

毎回、10〜15流派から、一般部のみ40〜60名のご参加をいただいております。



原則として小学生の参加は遠慮してもらっているのですが、女子は一般男子に比べ、比較的参加者が少なく、後半は同じ相手とばかり手合わせしなければならないことと、競技で活躍する中心世代が若いことなどから、女子に限り、小学生高学年の参加を認めてはどうかとの声を複数いただきました。

そこで、今回から
・中高生女子とのスパーリングに耐えうる技量・体力を有すること
・中高生女子にノックダウンさせられても異議を申し立てないこと
の条件を満たす小学生女子の参加を認めようと思います。

直前ではありますが、各道場にて声掛けいただければと存じます。


なお、次回の交流会はGWに開催する予定です。

img_1239304_27928846_0


佐賀を舞台とした、こんな素晴らしい映画があったことをご存知ですか?



出演者




中村雅俊




浅野ゆう子



中村玉緒
 

垣内彩未 

河相我聞 

藤村俊二 

竹中直人 

竹脇無我 

本田博太郎 

松田悟志 

笹野高史 

哀川翔



監督・脚本

栗山富夫(釣りバカ日誌シリーズ)


あらすじ

裏社会を生きていた”ふうけもん”(※佐賀弁で「バカ」の意味)が心機一転、”便利屋”に!今度はひたすら他人の為に生きるふうけもんとなって、人と人の架け橋となるべく奔走した男の実話に基づく感動ドラマがついに映画化!
便利屋の仕事の依頼は庭の手入れ、ドブさらいから、時には死体の処理、孤独な老人の話し相手など様々。
家族の埋めがたい隙間、現代社会が抱える寂しさや歪みが便利屋稼業を通して浮きぼりになる・・。


ウェブサイト http://www.fukemon-movie.com


どうです?


知らなかったでしょ?
この映画の存在を、佐賀在住のあなたでさえ知らなかったでしょ?

なぜみんな知らないのか。
『ソフトボーイ』は知ってても、『ふうけもん』は、なぜ知られていないのか。

出演者、めっちゃ豪華ですよ。

便利屋・右京サービスを創業し、人のために奔走する”ふうけもん”に中村雅俊。
右京サービスの専務として、公私共に彼を支える妻役に浅野ゆう子、娘役に垣内彩未、その他中村玉緒、河相我聞、藤村俊二、竹中直人、本田博太郎、笹野高史、哀川翔といった豪華実力派キャストが集結。
またメガホンをとったのは「釣りバカ日誌」シリーズ(1-10作)を手がけた栗山富夫監督。

それなのに、世間に知られていないのには理由があります。



この映画、公開されなかったのです。

その理由はこちらとかこちらをクリック。

ま、理由はいいとして、佐賀が舞台のこの豪華キャストの映画、純粋に観てみたくないですか?


大丈夫です。

観られます。


映画「ふうけもん」故梅津正彦を偲ぶ試写会が、佐賀で行われることとなりました。
(梅津正彦氏=南海キャンディーズのしずちゃんボクシング専属トレーナー)

有名人であって無名人のごとく、映画のスクリーンの表と裏を支えた人。
去る7月23日、44才で他界され、先日、喪が明けられました故梅津正彦氏は、映画、スポーツ界で大いに貢献された方です。
しずちゃんボクシング専属トレーナー、映画「明日のジョー」ボクシング指導など。

特に、この映画「ふうけもん」の制作の際には、映画出演、アクションディレクター、キャスティング、監督の送迎など、一人四役の働きをされ、この映画製作に欠かせない存在でした。

生前、栗山監督と親しかった梅津氏は、映画「ふうけもん」が全国の劇場で公開の際には、”一緒に回りたい”と夢を語っておられ、その輝いた眼差しと笑顔が忘れられません。

その梅津さんのご労苦を労う意味で、去る11月14・15日、よみうりホールにて映画「ふうけもん」故梅津正彦追慕試写会を開きました。

多くのマスコミが駆けつけ、栗山監督、二人の俳優の記者会見もあり、
3社のスポーツ新聞他、 日刊スポーツ芸能速報、テレ朝news、ORICON STYLE、SANSPO.COMウェブニュースなどがこの追慕試写会を取り上げてくださいました。

この映画は、釣りバカ日誌シリーズ栗山富夫監督のもとで、主演中村雅俊他、豪華実力派キャストが集結しました。
元祖便利屋の実話にづいた人間愛、家族愛、絆、和解がテーマであり、心の渇きを覚える、まさにこの時代に必要とする映画です。

試写会の舞台挨拶のために、南海キャンディーズのしずちゃん、『釣りバカ日誌シリーズ』の栗山監督が来佐します。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(スタジオJ&K INTERNATIONAL Co., Ltd. プロデューサー 金テレサさんの言葉より)

-----------------試写会詳細------------------

■日 時 :2014年2月7日(金) 全3回上映
     開場10:00 開演10:30 上映終了12:50
     開場13:30 開演14:00 上映終了16:20
     開場17:00 開演17:30 上映終了19:50

南海キャンディーズのしずちゃん、
『釣りバカ日誌シリーズ』の栗山監督の舞台挨拶あり!

■会 場:佐賀市文化会館中ホール(814席)
     佐賀市日の出1-21-10(tel 0952-32-3000)

■料 金:全席自由席
     当日券1500円
     前売り券1000円
    (前売り券は、白蓮会館、スメトコプロモーション、仙道山勝嚴寺、ブラザーズジム等にて取り扱っております)

■注意事項
※転売目的でのご購入は、固くお断りいたします。
※場内でのカメラ・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※お座席は指定いただけませんので、予めご了承ください。

前売り券は、わたくしも取り扱っておりますので、ぜひともお声掛けください!
わたくしは10:30開演の第1部に行こうと思っています。
一緒に観に行きましょう!

来週月曜日は勝嚴寺の星祭です。

名称  星祭 および鬼子母神・大黒尊天新春大祭
日時 2014年1月13日(月/祝) 14:00〜15:30
場所  〒845-0033 小城市三日月町樋口637 仙道山勝嚴寺

詳細
13:50 水行式 
14:00 報恩法要
15:00 法話
16:00 檀信徒総会
17:00 檀信徒新年会

昔から1月15日の成人式の日に、勝嚴寺では星祭が行われていました。
ハッピーマンデー法案のおかげで成人の日が第2月曜日へ移動したことに伴い、勝嚴寺の星祭も成人式に合わせてその年ごとに移動することにしました。(勝嚴寺星祭の詳しい経緯はこちら)平成26年は13日(月)です。

星祭とは、全天の覇王たる妙見大菩薩に報恩感謝を捧げる法要です。
あわせて大黒尊天そして鬼子母尊神もお祀りします。
各家庭に勧請されている福・禄・寿の神、大黒尊天の御尊像をお寺に持って来ていただくと、黒豆の煮汁や酒などを合わせた法水で一年間の御尊像の汚れを祓い、大黒尊天の一層の御威光倍増を祈念します。

御祈願 1件2000円(平成26年星祭札を授与)
大黒天沐浴 1体3000円(御祈願1件を含みます)

ご自宅にお祀りしている大黒尊天像をお持ちください。
7fdfb1e5

丁寧にお浄めし、御威光の倍増を祈ります。
5ddee460

こちらは勝嚴寺格護の北辰妙見大菩薩
901541b1

昨年の大祭の様子
b7a0459d-s

06f30194-s

4043e7c0


また、
この日の法要終了後に勝厳寺檀信徒の総会が開催されます。
寺院に対する意見、要望等ございましたら遠慮なく発言していただきたいと思います。
1人でも多くの檀信徒の皆様のご出席をお待ちしております。

さらに総会終了後、檀信徒の新年会を行います。
勝嚴寺の檀信徒であればどなたでも出席できます。
この機会に檀信徒の皆様同士の親睦を深めていただきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

この正月休みの間、立て続けにふたつ新年会がございました。

ひとつ目は3日、北九州市小倉にて、北部九州空手関係者の新年会です。
画像1

地元福岡を中心に、佐賀、大分、熊本の各道場の先生方が集まっての交流会で、今年は11流派16人の師範が集まりました。

白蓮会館からは、内藤貴継指導員と江口拳士とわたくしで参加、なんと映像でいつもお世話になっている原さんに、送迎までしてもらいました。

さすがは正月3日なだけあって、Uターンラッシュもゴツかった。高速道路がめちゃ混んでて佐賀〜小倉で3時間かかりました。
今回は皆様割と遠方からの参加ばかりで、比較的早く解散。
小倉を去るのをためらいながら帰途へ。

帰りし、宗像でこんなうどん屋を発見。
画像1

北九州地域に縁の深い原さんや江口くんによると、これは残念ながら『ひでちゃん』ではなく『えいちゃん』と読むらしい。

早く新年会が終わった腹いせに焼肉でも喰ったろかと意気込んでいた4人でしたが、ここでうどんを食べて一気に眠くなり、もう、焼肉とか飲み直すとかどうでもよくなって、とっとと解散。

ちなみに来年の新年会会場は佐賀だそうです。佐賀の先生方、来年は地元で大騒ぎしましょうね。


続いて翌4日は、白蓮会館九州本部有段者の年頭会および新年会です。
画像1

会場は、わたくしの自宅である勝嚴寺。
嫁さんが、全員分の食事を用意してくれます。ほんと立派な嫁さんです。わたくしにはもったいないくらい立派な嫁さんです。ありがとうございます。

ちょうど正月ですから、総本部の内藤貴継指導員も遅れて駆けつけてくれました。
だいたいこのメンバーは元旦にもこの場所で朝まで飲んだ連中ですから、解散は割と早く、23:30にお開き。

後片付けは、なんと田中亮指導員が全員分の食器を洗ってくれました。
画像1

本当に立派な指導員です。わたくしにはもったいないくらい立派な指導員です。ありがとうございます。


よくよく数えてみたら、白蓮会館が佐賀にできたのが平成11年の1月。今月で丸15年が過ぎました。
牛津町セリオで産声を上げた白蓮会館九州本部。当時のセリオ時代からのメンバーも現在有段者会にわたくしを含め6人が在籍。

有段者をはじめとして道場生各位のおかげでここまで来ることができました。ありがとうございます。
今後も白蓮会館九州本部を、どうぞよろしくお願い申し上げます!

皆様にひとつお詫びをしなければなりません。

年賀状が遅れております。

申し訳ございません。
申し訳ございませんと言っておきながら、申し訳させてもらいますと、わたくし年末にうっかり年賀状を送る方々の住所録のグループを削除してしまったのです。
申し訳になってないことに今気が付きました。
順次、必ず返事は出しますのでお待ちくださいませ。

嫁のブログにもありましたが、年賀状自体は12月の上旬にすでに完成して、手元にずっと置いていたのです。

嫁さんはよくやってくれました。
全部わたくしが悪いのです。

それにしても、Macはアドレス帳の印刷部門が弱すぎますな。
これだけ日本にマーケットをもちながら未だに縦書き印刷がないなんて。

いろいろアプリも試しました。

『葉書AB』。
インストールはできたものの、開けなかった。説明書は開けたのにね。

『宛名工房』。
Mac用といいながら住所録が移行できなかった。

あと、郵便局がつくったなんとか、ってやつ。
もう試し過ぎて忘れたけども、なんかしら、どっかで行き詰まる。

結局、『Power Address』という有料のものを使ってます。
こちらは3年くらい前にインストールしたもので、さすが有料だけあって機能は多いのですが、ただ、説明書が庶民的じゃなくて、何を言っているのかさっぱりわからない。
こういう説明書読んでると、つくづく自分の読解力のなさに嫌気がさします。

ただいま鋭意年賀状印刷中でごさいます。
よろしくご容赦くださいませ。
画像1

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、毎年恒例となった勝嚴寺の年越し水行ですが、今年はなんと43人の申し込みをいただきました。
画像1

男性だけで記念撮影。なんか、大黒祭かなんかで子大黒の彫像が御宝前に並んでるのと雰囲気が似てる気がします。肌の色とか。

今年の水行はいくつか趣向を変えてみました。

まず、あまりにも寒すぎた昨年の反省から、寒さ対策を何点か。
ひとつ目は、お寺にあるだけのストーブを本堂にかき集め、21時から堂内をあたため、さらに!せっかくの暖気が逃げないように本堂正面出入り口を封鎖し、庫裏との通用口からのみの出入りに限定してみました。

これは当たり。

23:00にはかなり堂内が温かくなりました。
もちろん、当日の気温そのものが温かかったことも要因のひとつですが。

それに、境内で焚き火をしました。
勝嚴寺の浄焚式は12月8日に終わってはいますが、やはり年末にお焚き上げの仏具、御札、御守りは集まるもので、これらを大晦日に祓魂して浄火にふします。
もちろん燃焼時間が足りないので、ホームセンターで薪を購入し、随時追加していきました。

で、一般男性には、温かい本堂内よりこちらの焚き火の周りの方が人気。
ただ、皆様我慢できずに早いピッチで薪をくべられたのでしょうね。メインの水行の頃に燃えるものがすっかりなくなってしまい、本来の役割をあまり果たすことができなかったことが心残りです。

それから、音響。
画像1

外にいる人にもれなく進行具合を知っていただくために、スピーカーとマイクをセッティングしました。
効果の程は不明ですが、少なくともわたくしが小一時間絶叫し続けなくてよくなった。

そんなこんなで23:00前から続々とお参りの方がお見えになります。
今年は参詣者全員にカウントダウン用のクラッカーを配布し、年明けと同時に派手な新年を迎えることにしました。

まず、参詣者全員によるカウントダウンから一般希望者による水行。
まずは、とりあえずわたくしから。
画像1

続いて参加回数の多い人達から。
画像1

人数が多いので、一座7人ずつ7回に分けて行います。
画像1

おつかれさまでした!

その後、本堂で新春祝祷会〜特別祈祷へ。
ところが、これまでになかった光景として、裸の男達があちこちで記念撮影をしているんです。
画像1

そう言えば、これは今までになかったなぁ。
画像1

来年から日の丸とか日本刀とか、その辺にしれっと置いてたら写真撮影も盛り上がるかもしれません。

特別祈祷のあとは、大広間で朝5時まで大宴会!
だんだん変な方向に行きつつありますが、いずれにせよ盛り上がったことは間違いない。

本年も勝嚴寺および大野英章をどうぞよろしくお願い申し上げます!

↑このページのトップヘ