fa89cd22.jpg4月1日 日曜日
乙丑(きのと・うし)五黄土星
五黄殺:なし
暗剣殺:全方位
日破:南南西
旧暦:(小)2月14日




NHKで激流中国という特集番組をやっています。
平日わたくしは毎日道場にいるため、普段テレビをほとんど観ないのですが、日曜日の夜のNHK特集だけはけっこう観ます。

〜新シリーズ・激流中国〜

◇超格差社会の壁10億円の邸宅と錬金術
◇引き裂かれる親子 貧困村の出稼ぎ

という感じの内容でしたが、かなり考えさせられました。

較べるものじゃありませんが『硫黄島からの手紙』より泣きました。

ドキュメント番組は、時に人の心をえぐります。
バックミュージックもない。
効果音もない。

単に中継映像のつなぎ合わせです。

しかし、そんな演出のないそっけなさの中に、衝撃と感動があるのです。

NHK特集の制作スタッフには本当に頭が下がります。
よくぞ、あそこまで無駄を省いて、しかも伝えるべき情報を洩らさず、視聴者に衝撃と感動と問題意識を長く刻み込み、1時間という限られた枠の中に簡潔にまとめるもんだなぁと、ほとほと感心します。



いや〜素晴らしかった。


それにしても、よその国ながら急いで中国をなんとかしなければならないと痛感させられました。
中国の未来は、Aさんとえん(Clowns2号)さんに託します。
わたくしはできる限りの協力をしますので、中国をよろしく。


ちなみに、わたくしの言う『できる限り』の指す範囲は極小ですので、あらかじめ御了承ください。


写真は、最近の食事中のもこら

う〜む。丸い…