46e2f7bb.jpg4月9日 月曜日
癸酉(みずのと・とり)四緑木星
五黄殺:北西の方
暗剣殺:南東の方
日破:真西
旧暦:(小)2月22日





大成学館は、毎月通知表をつけて全家庭に郵送します。
成績概要や出席状況のほか、各教科の担当講師は、200字ぐらいのメッセージを生徒ひとりひとりに書き添えます。

しかし、講師からすると、このコメント作成はかなりの仕事です。
200字ですから、ひとりあたり原稿用紙半分の量です。
現在の白蓮会館佐賀支部が常設道場になる前は、わたくしもいちお〜常勤でしたので、毎月終わりに莫大な数の個人宛てメッセージを書いていました。

よく人から、毎日のブログ更新をねぎらっていただくことがありますが、大成学館の講師レポートの大変さからすれば全く較べものにならない。
それぐらいの重労働でした。



しかし、今は気楽な非常勤。

レポートの数も大したことなく、割と数時間でこなせるようになっていました。

ところが前回お伝えした通り、卒論作成以来10年愛用のNEC文豪miniがぶっ壊れまして、途方に暮れておりました。
しかも、ここ数日の殺人的スケジュールで、塾長に提出日を延期してもらうよう懇願。無表情に承諾していただきました。

提出日の朝は地鎮祭があり、まるまるハマらなければならず、久しぶりの徹夜です。
兄のパソコンに、ワープロのフロッピーのデータを移行し、ピッチを合わせ、何度もミスしながら真夜中にやっと終了。
付き合ってくれた兄に感謝です。

わたくしはそのまま地鎮祭のための幣束を朝まで作りました。


塾の卒業生で、今もなお付き合いのある生徒もいます。
その子達が口を揃えて言うには、わたくしの生徒の評価はかなり厳しいそうです。
親に、
『あんたなんやのっ!
国語をもうちょっと頑張りなさい!』
と怒鳴りつけられ、はて?今回そんな国語の成績悪くなかったんだけどなぁ、とよくよく聞いてみると、単にわたくしが辛口だったそうで…。

今更ながら反省しております。


さて、このレポート提出で、わたくしはかなり肩の荷が降りました。
また、新人戦の成功に向けて頑張ります押忍!