07fdf59f.jpg5月7日 木曜日
辛亥(かのと・い)九紫火星
五黄殺:北の方
暗剣殺:南の方
日破:南南東
旧暦:(小)4月12日





ゴールデンウィークに道場がお休みである間隙を縫って宮崎県に行きました。

向かう先は興福山妙国寺(黒木報源住職)。
日頃の教学に於ける疑問点の噴出に、解答してくれる方を求めて、何でも知ってる黒木上人に教えをいただきに伺いました。


特に時間の制約のない旅は実に久しぶり。

突然押しかけたわたくしに、忙しい中時間を作っていただき感謝です。
しかも、だらだら長居した上に、おいしい食事もご馳走になり、さらに宿泊まで供養していただきました。
ほんといただきっぱなしです。



そのうち何らかのかたちで恩返しいたしますよってに。





わたくし、宮崎に行く機会は多かれど、滞在時間わずか、直行・直帰の味けないものばかりで、いつも通過するだけの高千穂に、いつか必ず寄りたいと常々思っていました。せっかくですから、翌日は高千穂に行くことにしました。
事前に計画してきたわけではないので、行き当たりばったりに天岩戸神社の天安河原と高千穂峡で実に4時間も費やしました。そうこうしてると、そろそろ出発しなきゃ道場の練習に間に合わない。

後ろ髪引かれる思いで宮崎を後にします。

やはり高千穂、日本を代表する霊跡聖地であり、天下の名勝であり、そりゃあ心にいただいたことなんてあまりにも多すぎて、なかなか書ききれません。

ひとつだけ言わせてもらうなら、わたくし将来ここに新寺建立したい。マジで。

いや、別に、今回軽々しく思いついたわけではなく、かれこれ7年ほど温めていたプランなのですが、今回の訪問でますます強い憧れを持ちました。

近いうちにまたゆっくり行きたいものです。




ちなみに、新寺建立のスポンサーも募集してます。