定期的に開催しております
「知っていたらごめんなさい住まいづくりの基礎講座」
第8回目の講座を6月5日に開催します。

日時  6月5日(日)15時〜
場所  マリトピア 3階 若竹の間
(〒840-0850 佐賀県佐賀市新栄東3丁目7−8 tel0120-33-1333)
      
第1部  住まいにおけるスケルトン・インフィルの重要性
        15時〜16時30分
         講師:住宅CMサービス部 飯盛良隆


第2部  住まいに関する相談会
         (個別相談)
          16時40分〜17時30分 

        東日本大震災による住宅市場への影響など
        住まいに関する一般的な相談
                    担当:飯盛良隆


        九星による住まいづくりの助言  
                    担当:企画営業部 大野英章

詳しくはこちらから

東日本大震災後、暮し方そのものの見直しも叫ばれています。

オール電化住宅を続けていいのか否か。
時代と共に変わる住宅の設備。

一方で、時代が変わっても住み続けたいのが新築する住宅です。
長く住み続けるための家づくりとは、ということが第1部のテーマとなります。

第2部では、震災対策で検討され始めた「復興税」。
消費税が上がる前が、住宅の建て替えのチャンスとなるのか。
1997年に消費税が3%から5%に上昇したときに市場はどう変化したのかを振り返りながら、今後の家づくりを考える機会にしていただければと思います。

なお、わたくし大野英章は日経テスト受験のため、若干遅刻して合流いたします。

どうぞ、お気軽にご参加ください。
多くの方の受講をお待ちしております。