北九州市にある正法附属法華宗妙法寺の牛尾日光上人が、近頃最新版の、たいへん高度な天体望遠鏡を購入なさいました。



それがお彼岸の今日、我が勝嚴寺にやってきたわけで。

真昼のことですから星は見えません。

だから、小城の天山山系の中腹にある、妙法寺管轄の墓苑に合わせ、信者さん達のお参り状況などを観察して楽しみます。

明日はお彼岸の中日。
わたくしは午前中に勝嚴寺本堂にて彼岸回向の後、小城の山にある妙法寺墓苑の墓前供養に出仕いたします。

その下見みたいなもんだな。

でも、意外に見えにくい。

天山山頂にある阿蘇惟直(中世肥前の豪族)の墓を確認しようとしたけれども、なんだかよくわからない。


墓苑で作業中の石井さんに、携帯で手を振ってもらうようにお願いして、お互いの存在を確認できると、しばらくしてから我に返ります。

日光上人が先日勝嚴寺に持ってこられた畳ぐらいある特大の御本尊


ここ数日、ウチでお経を上げましたが、日光上人、これから小城の山に登って勝嚴寺に向けて掲げるから、この御本尊が見えたかどうか携帯で確認するとおっしゃって、いま出ていかれました。


みんな子供です。


南無妙法蓮華経。


新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

福岡子供空手道場『白蓮会館』