いやいや、日曜日は実に色濃い練習でした。
翌朝起きてあちこち痛い。

特にあばら骨が全般的に痛い。
わたくし普段うつ伏せになって寝る派なんですが、そのうつ伏せが痛かった。
朝起きたらなお痛い。

そういえば、勇征会にはフルコンタクト空手ルールでは珍しく肘打ちを使う選手が多かった。
わたくし自身はフルコンタクト空手ルールの中では肘打ちは使いにくいものだと勝手に解釈していたのですが、どうして勇征会の選手は意外に上手く使っています。

右のオーバースローのパンチに織り交ぜて右肘を多用する選手がいて、その肘打ち喰らうと、どうしてもやっぱ最初カチンときます。
レバーブローか左膝か、なんとかカウンターを合わせてやろうかと試みましたが、初見の技って、なぜか見とれてしまって、時間内は結局なにもできず。

くやしい。

で、翌日の今日、そこが一番いたい。

いらんことにこだわらなければよかった。

でも、ローは大丈夫です。
フリーのスクワットだけはコンスタントにしっかりやっていたからかな。


さて。

やっぱりここ数年、わたくし自身がテンションを上げたスパーリングをしていなかったことに気付きました。

なんしか、ボディが効きやすい。
現役時代はボディのタフさにそれなりに自信があったのでしょう。
パンチを恐れて自分から接近戦を一旦放棄したりしてしまいました。
そうこう言ってられないな。とにかく歳ですからもっともっと正確なディフェンスをせねば。

他にも反省点はいろいろありましたが、基本的に自分に足りない部分を発見するための機会でしたから、悪い部分が見つけられたことは良かったのです。
試合本番で欠点を突かれ、公式記録に残り、ビデオに残り、対戦相手のプロフィールに残り、会場に来ていた観客の記憶に残るよりはマシ。

さぁ、精進、精進です。


家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
住宅CMサービス佐賀

唐津で空手を始めるなら『白蓮会館』