あと少し


あと少し

というところで
諦めたらなんにもならない


武者小路実篤




空手の試合の勝敗の分岐点を、なんて簡潔に要約した言葉だろうと感動したのが今から約一年前。

昨年の井上道場のブログの、 白蓮会館の九州大会レポート に、杉原館長の挨拶を受けて思うところを書かれていた記事でした。

それまで白蓮会館佐賀道場に掲げられていた書額の文字はご存知『昼夜常精進』。

しかし、現在の佐賀道場は瀬戸口書道教室に貸しており、瀬戸口先生ではない方の書額のあるのも変な話で。
『昼夜常精進』は福岡道場に持って行くことで、佐賀道場の額を新規で書いてもらうことにしました。

そこで、なんと書いてもらうかが悩むところ。

空手の道場です。

妙法寺の日光上人は『金剛不壊』と書いてもらったら?とおっしゃいました。

悩みました。

結果、上記の言葉にしました。


あと少し


あと少しというところで
諦めたら
なんにもならない



福岡で空手を始めるなら『白蓮会館』
追善供養・水子供養/葬儀・墓地購入のご相談は『日蓮宗勝嚴寺』