勝者は、得るものが大きな時に大きな賭けをし、
敗者は、得るものが少なく、失うものが大きな時に大きな賭けをする。

勝者は注意を集中し、
敗者は注意散漫である。

勝者は「見つけよう」と言い、
敗者は「誰も知らない」と言って諦める。

勝者はミスした時「自分が悪い」と言い、
敗者は「自分のせいではない」と言う。

勝者は、敗北を恐れない。

勝者は、努力して時間をつくる。
敗者はいつも忙しいと言って、必要なことにも手が回らない。

勝者は、大きな問題も細かく分解して解決してしまう。
敗者は小さな問題をたくさんかかえて、解決できなくする。

勝者は問題に正面から取り組み、
敗者は回り道をした挙句、解決できない。

勝者は実行し、
敗者は約束だけする。

勝者は良いプレーによって前の失敗を償うが、
敗者は「すまない」と言うだけで同じ失敗を繰り返す。

勝者は、戦う対象と妥協する対象を知っているが、
敗者は安易な妥協をし、価値のないことで戦う。

勝者は、すでに高いレベルに達していても「もっとよくなりたい」と言い、
敗者は「自分は他の人ほど悪くない」と言う。

勝者は人を傷つけようとしないが、
敗者は知らないうちにそうしている。

勝者は聞く耳を持ち、
敗者はしゃべる番を待つ。

勝者は好かれることより尊敬されることを望むが、
敗者は尊敬されることより好かれる方を望み、軽蔑されても仕方ないと思う。

勝者は周りの空気に敏感であり、
敗者は自分の感情にだけ敏感である。

勝者は強いがゆえに寛大になれるが、
敗者には臆病と横暴が交互に現れる。

勝者は自分より優れた人を尊敬し、彼らから何かを学ぼうとするが、
敗者は彼らに腹を立て、あら捜しをしようとする。

勝者は説明し、
敗者は言い訳をする。

勝者は、自分の仕事以上の責任を負うが、
敗者は「これだけしかできない」と言う。

勝者は「もっとよい方法があるはずだ」と言い、
敗者は「今までやってきた以外の方法はない」と言う。

勝者は自分のペースを知っているが、
敗者はヒステリックに動き回るか、ダラダラ動くかの二つのペースしかもっていない。


これらの格言は、わたくしの敬愛する同級生の田中文弥君が、自身のページにアップしていたものを紹介させていただきました。

この中で、わたくしが心に響いたのはこの3つ。

1、
『勝者は、強いがゆえに寛大になれるが、敗者には臆病と横暴が交互に現れる。』

スパーリングを見ていていつも思うのですが、強者には軽くしか攻撃しないくせに、弱者に強くあたる者は、実に卑怯です。
なぜなら、強い相手に軽く攻撃することで、そこに自分への反撃を軽くしてもらおうという魂胆があるのと、弱い者に自分を実力以上に強くみせようとする焦りの心があるからです。
実力の有るものほど、弱者には優しく、逆に強者には本気で対決するものだと思います。

2、
『勝者は、自分より優れた人を尊敬し、何かを学ぼうとするが、敗者は、彼らに腹を立て、あら捜しをしようとする。』

もちろん、どんなスーパースターでも、あなたに劣る点もあるでしょう。
しかし、自分の方が優れている点だけを見て、それにしがみついているうちは、はっきり言ってあなたに進歩はない。

負けを認める事は大変なことです。
特に、あなたがライバル視している人に対してならなおさらです。
しかし、いったん素直に負けを認めてみましょう。
負けた相手を尊敬し、そこに学んでみよましょう。

そうすると、あなたが彼に追いつくのは意外に早いと思うのです。

3、
『勝者は、戦う対象と妥協する対象を知っているが、敗者は安易な妥協をし、価値のないことで戦う。』

これは受験の時によく考えました。

あなたがいま一生懸命に取り組んで、努力した気になっているものは、果たして勝利を得るために本当に必要なことだろうか。
実は、勝利を得るために絶対に避けられない事を避け、どうでもいい事に時間をかけ過ぎているのではないか。
折りに触れ考え直してみる必要があるのではないかと思うわけです。

ラミネートして、道場のトイレに貼っときます。


各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】

白蓮会館九州本部の道場生の皆様への連絡事項はこちら
日蓮宗仙道山勝嚴寺の檀信徒の皆様への連絡事項はこちら