8月上旬に二十四節気『立秋』が来て、気学上の季節は秋となりますが、単に気温だけで言うなら8月の方が暑い。

暑いと言っても、本気で暑いのはお盆までというイメージがあります。
画像1

ところが今年はお盆の後の方が本気で暑い。
19日、勝厳寺の施餓鬼会の日の佐賀の気温は39.4℃で全国3位。
翌20日は39.0で全国5位。

なんてこったい。

昨日、一週間ぶりに白蓮会館佐賀道場の稽古日でした。
屋根裏のない佐賀道場、室内気温の上昇は凄まじく、普通の日でも床のジョイントマットが波打ちます。
だから、いつもなら全ての窓をほんのちょっと開けて帰ります(ちなみに道場の窓の高さは普通のマンションの3階に相当。工事車両などがないと登れません)。

ただ、このお盆の長期間のお休みに、台風や夕立があると心配ですから、さすがに完全施錠しておきました。

久しぶりに道場に行ったら、御宝前のろうそくがドロン。
画像1

まるでコンビニ傘の柄です。

まさかこんなに道場の室内温度が上がっていたなんて。

もはや通常用途には使えませんが、2人で合わせてハートにして遊ぶこともできます。
画像1


ま。そんなこんなでお盆も終了。

お盆期間にはいろいろありました。

盆棚經、九州地区研修会、施餓鬼会、大阪からの出稽古。
気が向いたら書きます。