ここへきての凄まじい雷雨に興奮しております。

この時期に恒例の三日月町ソフトボール大会は当然中止になったわけで、江利部落の先発ピッチャーだった嫁の登板は来週に延期となりました。

さて、わたくしと言えば今日のお昼からBB Sports Club(旧ロータスボクシングジム)のジム開きの法要に行ってきます。

それに先駆けて昨日、会場の下見と、まだ御神体のいらっしゃらないジムに神棚を造り付け、ジムのある諸富町山領の氏神である北川副町『西宮社』に参拝し、お札をいただいてきました。
画像1

この西宮社という神社は奥床しくもおもしろい神社でした。
参道が長く、見た限り鳥居はみっつ。
画像1

拝殿も大きく、白蓮会館佐賀道場の氏神神社である堀江神社並みの建物です。
画像1

それに舞台もあるし、なにより楼門がある。
画像1

楼門のある神社って佐賀にあっただろうか。

ただ、今風に言うと立地がよろしくない。
なかなかこの神社の存在を知る人は少なかろう。
画像1

氏神はどちらになりますか?と問い合わせた佐賀県護国神社の中にある神社庁の職員も
『おそらく宮司さんは常駐されていないと思いますが』
とおっしゃった。

期待していなかったのですが、社務所はある。
カーテンが閉まっていて、人がいない雰囲気でした。

ところが、中からかすかに音楽が聞こえます。
社務所の玄関を開けようとしたら鍵がかかってます。
しかし、縁側が空いてました。

ガラッと開けて
『こんにちは!』
と挨拶したら、御高齢のお爺様が謡曲を練習なさっていました。
『お札を譲っていただけませんか?』
とお願いしたら、やはりというか、どこにあるかわからないご様子で、しばらくあちこちの引き出しをかき回しておられました。
『あんたは誰ね?』
『僕は地元ではないのですが、この近くにボクシングジムがオープンしたので、御神体をいただきたくて…』
って説明しててもさほど興味はないご様子。

お札が見つかり
『おいくらでしょう?』
『いくらでんよかよ。お気持ちやけん』
『じゃあ千円』

『千円?ぎゃーんよんにゅーや?』

一連の会話から察するに、やはりこの神社は参拝者が少ないのだろう。

流行りの神様を追いかけるのではなく、国民全体が地元の氏神様を第一にする、本来の姿勢が戻ることを願います。
西宮社、もともとは相当に栄えていたのだろう。
現代ではアクセスが悪く、地域住民すらもその存在を知らず、こんな風にさびれてしまった。
氏神神社の退廃は、すなわちその地域の衰退と比例します。
北川副・諸富地区の復興はこの西宮社の隆盛にかかっていると思います。


ホームセンターに寄って棚とその他の材料を買い、再びジムに戻り、神棚を据え付けます。
画像1

画像1

西宮社の御神体と大曼荼羅御本尊を勧請して、今日のジム開きの準備は終わり。
画像1

今日のジム開きが盛会となりますよう祈念いたします。
画像1



さて。
今日は15時から白蓮会館佐賀道場にて北部九州地区スパーリング交流会が行われます。
参加費無料、流派不問、どなたでも(中学生以上に限る)参加できます。
単純に2分のスパーリングを3時間続けるというシンプルな交流会です。
途中で何度でも休憩できます。
適当に飲み物を飲んでかまいません。

どうぞお気楽に参加なさってくださいね。