不謹慎といえば確かに不謹慎かも知れませんが。
先日の齊藤家の通夜には、白蓮会館佐賀道場のみんなが呼び掛けに応じて70人くらいが参列し、そのみんなの姿を見て、こう、なんとも言えない、不思議な高揚感がありました。
練習日でもないのに、全く空手とは関係のないところで、こうやってみんなが弔問に集まって、先生はボケーッとしてても道場生はこうやって団結してるんだなぁと、ものすごい感動がありました。

さて。
普段空手着姿と私服しか見ることのない道場生や御父兄の喪服姿も新鮮で、特に子供達の制服姿は印象も意外。

普段、道場では兄貴格の帯上の上級生達も、ゆったりした空手着姿はものすごく大人びて見えますが、半ズボンにポロシャツの小学生スタイルを改めて見ると、ほんとただのガキ。
あまりのギャップにみんな大笑いです。

せっかくだからと、時間のあるみんなで道場でワイワイ撮影会やってました。

こちらは女子。
画像1


そして中学生男子。
画像1

こいつらのヤンキーうんこ座りバージョンもありますが、道場の品位が下がるので掲載しません。



なお、あとから聞いた話ですが。
お通夜の時に長男謙斗が胸にブラ下げていたサングラスが気になった方もいらっしゃるかとおもいますが、あれは亡くなった御父様のものだそうです。
サングラスのみならず、当日彼が年齢に不釣合いなアクセサリーをしていたのは、全て御父様の遺品ばかり。

なるほど。そういうことだったのか。

とにかく、白蓮会館佐賀道場は齊藤兄弟をこれからも全力で応援します!
三兄弟の稽古の復帰が楽しみです!