昨日の夕方、突然なにかに焚き付けられて、自宅から佐賀道場まで走っていくことにしました。

自宅から道場までの距離約9km。

ところが、あまりにも辛くて途中で嫁に電話して迎えに来てもらいました。

桜マラソンに過去数回出たことがあるから大丈夫だと思ってましたが、特に昨日は日中の気温はかなり高く、おそらくは35度くらいあったでしょう。やはり4月上旬と真夏日は違う。

それと今回の敗因は、あまり水分を摂らずにスタートしたこと。
3km過ぎたら汗を全くかかなくなった。
気力うんぬんとかでなく、ほんとにカラダが重かった。

もちろん体重が昔と違う。
10kgくらい痩せたらもう少し走れるのだろうか。

結局、卸団地入口のローソンでクルマに乗って道場へ。
あと2kmちょっとなのにもったいない気もしましたが、いやいや、クルマに乗った時には口がきけないくらい疲れていました。


そんなわたくしにお構いなく、嫁はその足で腹が減ったと回転寿司に入り、
『食べたくないんならわたしの食べてる姿でも見てて』
と鬼嫁ぶりを発揮してさっさと着席。

わたくしは食欲もなく、お茶をおかわりしながら嫁がバクバク寿司を食べてる光景をひたすら眺めていたものでした。

金曜日は唐津道場から片峰兄弟が出稽古に来てくれて、もう道場は活気に溢れて人が入りきれないくらい。

そんな中、僕の未来の彼女・ほうちゃんは今日は魔女スタイル。
画像1

ちゃんとホウキを脚で挟んでるのわかります?

ほうちゃんは魔法を使ってお菓子やジュースを次々に出してたので、迎えに来たお母さんを不思議がらせていました。


そのまま稽古終了後にトンカツ定食。
翌日は佐賀の名店ミール珈屋凪のヒデシマライス。

いくら走ったところですぐ取り返しますな。