白蓮会館は通常、手技による顔面攻撃なしの直接打撃制ルール・別名フルコンタクト空手ルールの試合に出場しています。金的、背後への攻撃と、手による顔面攻撃が禁止されていることを除き、突き蹴りを自由に相手の身体へ直接当てていきます。当然同じように相手の反撃を食うことも覚悟して出場してください

試合会場には原則、各自で集合します。突発的な事故等でやむを得ず選手を会場に送迎できない場合、本部長に連絡してください。

近年、選手の昼食が出ない大会が増えています。会場付近に買い物ができるお店がないことも多いので、あらかじめお弁当など昼食の準備をしておいてください。

試合に負けた子供は温かく迎えてあげてください。まれに試合会場で負けた子供を怒鳴りつけたり、殴ったりする親を散見しますが、武道の品格を貶める許されない行為です。絶対にやめてください。

時間があるときは、我が子と同じようにできるかぎり道場の仲間も応援してください。

白蓮会館道場生の最後の試合が終わった時点で解散式を行います。また、後日道場にて、自分の試合のレポートを全道場生の前で発表してもらいます。
e6f21e7c-s

格闘技は全身を使った知的ゲームであり、白蓮会館の道場生には、空手を通して、学校教育で軽視されている非言語思考力を鍛えてもらいたいと考えています。

選手としての実績は、それが空手界でどんなに素晴らしい成績でも、残念ながら社会ではほとんど評価されません。しかし、試合に挑戦した中で得られた経験(努力する大切さを学ぶ・プレッシャーに打ち勝つ・思いやりの心を育む・仲間の協力に感謝する・成功体験を積み重ね自信をつけることなど)により、空手以外の各分野で有益な人材として活躍できると信じています。
だからこそご父兄の皆様には、我が子が試合に勝っても奢らないように、試合に負けても腐らないように見守りながら、温かく長い目で応援していただければと思います。
IMG_6793