早いもので、もう一週間も経ってしまいましたが、先週の金曜日の話です。
吉木稔氏のJazz Liveの後、道場の指導をお休みしてそのまま博多駅筑紫口の(株)イシズエワークスで開講されたで出版実現塾に参加してきました。

講師は中野博さん。
そう。Facebookいいね!を25万も集めた日本人最強のリーダーです。
そんな中野博さんのFacebookページはこちら

ちなみに去年まで頻繁に東京に通っていたのは中野さん主催の帝王学講座を受講していたからなんですね。

ま。帝王学講座を受講なさっている皆様の中には著者が多くて、先輩達の御薫陶を受けて、どうしても自分で本を出したくなったのが1年前。
書きたい内容が定まったのが1ヶ月前。

で、ここ1ヶ月ほど暇さえあれば執筆をちょこちょことやっております。
まだ、タイトルやコンテンツは秘密です。

ところが、本を出すとなると実際問題、何冊売れるかの見込みが立たないと出版には至らない。
『じゃあ、あなたの本を買ってくれる人は、あなたの周りに何人いますか?』
と訊かれたら、うーん。少ない。

毎日のブログ読者数が、書いても書かなくても平均200ぐらい。
スマッシュヒットを飛ばした時の最高読者数は700ぐらいですが、実際お気に入り登録して定期購読をしてくださる有り難い読者の総数は300人くらいだろう。

でもその300人が全員買ってくれるわけがない。
20%くらい?だろうか。

じゃあ、60冊。

Facebookに友達が約1000人います。
だからといって、名刺交換しただけの人とか、あんまり付き合いのない人が15%ぐらいいるから、リアルに付き合いのある人は850人ぐらいか。

このうち、『本を出しました!買ってください!』とお願いして、ほんとに買ってくれる人は10%ぐらいじゃなかろうか。

しかも、そういう人達は必ずブログも読んでくださってるはずだから、重複を除くと40冊。

要するに100冊しか売れない。
100冊じゃ出版なんて無理。

ま、策はあります。複数。

そのうちのひとつが『大野 英章のFacebookページ』です。
話せば長くなるのですが、やはり本を売るためには作者のページがどうしても必要です。
Facebookページなんてもんは、友達が5000人の上限に達した有名人が、これ以上友達を増やせないので致し方なくファンと広く交流するために作るもんだと思っていましたが、すみません、生意気にも作らせてください。

今んとここちらのページはブログでの告知のみですが、のちのちは有料の広告なども考えています。

それがこちら

ぜひ皆様『いいね』クリックよろしくお願いします。

そしてもしわたくしが出版までこぎ着けた際はぜひとも1冊購入のご協力をお願いします。