この正月休みの間、立て続けにふたつ新年会がございました。

ひとつ目は3日、北九州市小倉にて、北部九州空手関係者の新年会です。
画像1

地元福岡を中心に、佐賀、大分、熊本の各道場の先生方が集まっての交流会で、今年は11流派16人の師範が集まりました。

白蓮会館からは、内藤貴継指導員と江口拳士とわたくしで参加、なんと映像でいつもお世話になっている原さんに、送迎までしてもらいました。

さすがは正月3日なだけあって、Uターンラッシュもゴツかった。高速道路がめちゃ混んでて佐賀〜小倉で3時間かかりました。
今回は皆様割と遠方からの参加ばかりで、比較的早く解散。
小倉を去るのをためらいながら帰途へ。

帰りし、宗像でこんなうどん屋を発見。
画像1

北九州地域に縁の深い原さんや江口くんによると、これは残念ながら『ひでちゃん』ではなく『えいちゃん』と読むらしい。

早く新年会が終わった腹いせに焼肉でも喰ったろかと意気込んでいた4人でしたが、ここでうどんを食べて一気に眠くなり、もう、焼肉とか飲み直すとかどうでもよくなって、とっとと解散。

ちなみに来年の新年会会場は佐賀だそうです。佐賀の先生方、来年は地元で大騒ぎしましょうね。


続いて翌4日は、白蓮会館九州本部有段者の年頭会および新年会です。
画像1

会場は、わたくしの自宅である勝嚴寺。
嫁さんが、全員分の食事を用意してくれます。ほんと立派な嫁さんです。わたくしにはもったいないくらい立派な嫁さんです。ありがとうございます。

ちょうど正月ですから、総本部の内藤貴継指導員も遅れて駆けつけてくれました。
だいたいこのメンバーは元旦にもこの場所で朝まで飲んだ連中ですから、解散は割と早く、23:30にお開き。

後片付けは、なんと田中亮指導員が全員分の食器を洗ってくれました。
画像1

本当に立派な指導員です。わたくしにはもったいないくらい立派な指導員です。ありがとうございます。


よくよく数えてみたら、白蓮会館が佐賀にできたのが平成11年の1月。今月で丸15年が過ぎました。
牛津町セリオで産声を上げた白蓮会館九州本部。当時のセリオ時代からのメンバーも現在有段者会にわたくしを含め6人が在籍。

有段者をはじめとして道場生各位のおかげでここまで来ることができました。ありがとうございます。
今後も白蓮会館九州本部を、どうぞよろしくお願い申し上げます!