花粉症がエスカレートしすぎて慢性的に酸欠です。

でも、いいこともありました。
上段回し蹴りおよび後ろ回し蹴りがスムーズに蹴ることができるようになりました。

なんで今さら?的な感も否めませんが、わたくしにとってこのコツを掴んだことは自分史上指折りの衝撃です。
しかも、それを他人に伝え、その人も必ずある程度の修得ができる技術論のシステム化に成功したという手応えもあります。

ところで、今日は懐かしいお客様が白蓮会館佐賀道場に現れました。
その名は矢ヶ部 一幸。

子供を入門させようと、我が子を見学に連れてきたんです。
ところが久しぶりでよっぽど面白かったらしく、一般部まで見学することに。

でも見学だけするのももったいない。
道着を貸して、練習に混じってもらいました。

最初のミットは前蹴り。
そしたら、その前蹴りが、むしろ今日の稽古参加者の中で一番じゃないかというほどキレがあり、みんな驚いていました。

ま、最後の方でカラダのあちこちが痛くなったらしく、休み休みでしたが、それでもほとんどブランクを感じさせない動きで、子供のみならず、この機に本人の復活も強く望むところです。

写真は撮り損ねました。
ま、また来るて言ってたからいいやろ。

昨日は福岡道場の年少部の稽古をお休みして、日蓮聖人銅像護持教会主管の佐野前暁僧正の本葬儀に出席しました。

外陣の一般諷経の僧侶だけでなんと400人だったそうな。
一般人はほとんど境内のテント。
内陣にもパッと見100人くらい僧侶がいたから、合計何人の方が全国から集まったのだろう。
故人の生前の御威徳の大きさが窺えます。
画像1

いずれにせよ、わたくしの人生史上最大規模の葬儀でした。

こちらは、夜の偲ぶ会までの時間に白蓮会館福岡道場に遊びに来てくれた東京の井上実直上人。
画像1

その後、年少部の稽古が終わる頃に道場に戻ってみると、柿山さんから宮島土産の紅葉饅頭と、松本さんから手作りフォンダンショコラが。
画像1

こんなに1度にたくさんのお菓子をもらえた君達は運がいい。

さて、明日はホワイトデーですね。
女の子に何かが届く予定です。
お楽しみに。