11日(火)の白蓮会館佐賀道場の年少部の稽古はお休み(?)で、みんなで佐嘉神社のお祭りステージの演武に参加します。

いつもなら稽古が始まる時間と同じ18時開始ですが、今日は30分早く、17:30からの演武開始です。
出演の皆様は、17:00に佐嘉神社境内に集まってください。
image

ぜひ年少部拳士の勇姿を観に、皆様もご来場ください。
image

今回は演武終了後、子供神輿の手伝いの依頼がありました。
お時間がある方は、演武終了後そのままハッピとハチマキを受け取って神輿を担いでお祭りに参加なさってください。


そう。

祭りとは、すなわち『祀る』であり、御神体に感謝と懺悔と祈りを捧げる場なのです。
いくら人出が多くても、そこに祈りがなければ祭りではない。
『まるでお祭りのように賑やか』
なだけであって、根本の精神が何もない。
日峯さんの縁日には、この佐賀の地に込められた祈りを讃え、後世のみんなが再認識する祭りの精神があります。
世の中にある『祭り』と呼ばれるイベントは、はっきり言って、ほとんどがただの発表会です。どこを探しても神が不在なのに、それが偉そうに祭りを名乗るなぞ、天地がひっくり返るようなもの。
どうか、そんな日本に伝統的に存在した本当の祭りが衰退してしまわないよう、皆様のご助力をお願い申し上げます。

神社に足を運んでください。
ちゃんと本殿にお参りしてください。
帰りに露店で何か買ってください。
少しでもお金を使ってください。

よろしくお願い申し上げます。


なお、一般部の稽古は通常とおり行います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。