荒行堂に入っている時を除き、どんなに面倒くさくても月に1度は更新していたブログが、先月ついに途切れました。

開設当初は、ブログ人口も少なく、無料で大勢に向けて発信できる唯一のツールだったので、ほぼ毎日更新し続けました。
毎日更新することが、より多くの読者を獲得する方法です!みたいな風潮もあって、別に伝えたいことがあろうとなかろうと、無理して話題を探し、したためてきました。

ところが時代が変わり、さまざまなSNSが登場し、内容的に厚みのないものなら別の媒体を使うことが増えてきて、やがてブログの(わたくしにとっての)役割も変化してきたように思います。

なので、思い切って更新頻度を下げて、月に1度書けばいいや、と肩の力を抜いて、長文を書く時だけ使うようにしたこのブログですが、それがさらに悪化して、8月は1度も更新せずに終わり、複雑な自己嫌悪感情に陥っております。

ま、言うほど気にしてませんけれども。

ブログをやっていらっしゃる方のほとんどがそうかもしれませんが、記事を書かない時はネタがないから書かないのではなくて、ネタがありすぎて書けなくなっており、おかげさまで刺激の多い暮らしをさせてもらっています。

ところが、ブログを書かなくてもいいや、というふうになってしまってから気になり始めたことがあって、アウトプットを放棄してしまうと、同時にインプット機能が衰えてしまうということです。

『あ。これはおもしろいな』
という小さな感動が最近めっきり少なくなった。
『正見』と言うには傲慢でしょうが、最近、今まで見えていたものが見えにくい。
確実に『無明』、要するに、目の前にある現象に気づきにくくなってきております。

賢者というものは、特別なものが見える人を指すのではなく、みんなと同じ景色がみえているのだけれども、そこからみんなとは違う発想をし、新しい価値を見出すからこそ賢者であり、いわゆる超能力的な霊視とか透視とかができるわけではない。みんなが見ている景色と同じ景色を見ているわけです。
内容の正誤はともかくとして、何か情報を発信しようとする者は、常に聞き手からの評価・裁きを受けねばならず、無言でいるよりも緊張感があります。
情報発信をする方はとにかく大変です。
別に情報発信をする方が上位に立つわけではないのですが、意見や考えを言わないという選択は、自分が評価される積極的な機会の放棄ですから、大幅な減点はされない。ラクなんです。
ところが、無言は停滞であり、周りは少しずつ進化する分、相対的に時間をかけて地位を低下させていくもの。

情報発信をやめてみて、あら?最近いろいろ劣化してるなぁ、と実感して落ち込んでいるのです。


大丈夫です。
別にブログをやめる気はありません。
めったに書かないブログなのに訪問してくださる方に心よりお詫びと感謝を申し上げます。


さて。
実はわたくし最近子供が産まれまして。
アホみたいに写真を撮りまくっているのですが、特にお気に入りの写真を何枚か載せたいと思います。

IMG_3296
この顔、この角度から見るのが好きで、とある漫画のキャラに似てるのですが、それが思い出せません。
黒い服を着て、赤いマスク(メガネみたいなの)をかけてる、ちびっこギャングみたいなキャラです。心当たりのある方、ご連絡ください。

IMG_3121
こちらは叢林塾の田村先生にいただいたお召し物。この夏一番のお気に入りでした。

IMG_3513
こちらは福地支部長のお母様からいただいたお召し物。目のあたりを蚊に食われてます。

IMG_3504
早く大きくなってほしい願いと同時に、いつまでもこのままの大きさでいてほしいというわがままな気持ちと両方あります。

正確な体重はわかりませんが、たぶん今6kgぐらいあるんじゃないか。
IMG_3332
なぜか小指の関節が4つある(ように見えます)。
ウチの父は、ああ見えて手相マニアで、
『いや、ひょっとすっぎん、アカネはどがんじゃい大物になっかもしれんばい』
と、この手相を見るにつけ呟いています。
なにやら特殊な手相なんですって。
IMG_3445
ともあれ、父は光子さんが小学生になるまでは元気でいると決めているらしく、光子さんのおかげでおそらく健康寿命も伸びたに違いない。