わたくしがブログを書き始めて12年になりますが、わたくしが九十九里浜に行き始めて15年になります。
IMG_3536

この9月に九十九里浜に行くのは、日蓮宗の干支九星気学研究所である天星会の天地制化活法相伝のためです。
場所は山武郡大網白里町(近年、市になりましたが)の山中荘です。
IMG_3535 
毎年毎年、食事が豪華で消化が間に合わず、必ず太って帰ってきます。


開講式
IMG_3528
この開講式は、井村大應会長が代務住職を務める東光寺にて行われます。

IMG_3527

天星会も創立当初は相伝講習の全ての日程をこの東光寺で完結させていました。現在では人数も増えて、開講式の後の日程は近くの山中荘に移動しています。

IMG_3531


そういえば、相伝の前日に地震がありました。

IMG_3523

大網白里の震度は3とありますが、わたくし自身、それを震度5くらいに感じて、恐怖におののいておりました。

阪神大震災を吹田市で経験し、福岡西方沖地震と熊本地震を佐賀で経験し、東日本大震災を仙台空港を出た直後に経験しました。
おいおい、俺氏、また現地で被災するのかよ、とひとりビビっておりました。なんと言ってもこの九十九里は高いところなんてない。見渡す限りの広大な平地です。もし津波が来たとして、走って逃げて、避難場所として考えられるのは、鉄筋2階建ての建物か、せいぜい湾岸道路くらいでしょうか。

めったに揺れない九州暮らしですが、いちお400日は千葉県市川市にて過ごしたことはあります。関東地方の日常的な揺れというものは充分知っているつもりではあります。

おかしいな。
もっと揺れた気がしたんだけどなぁ。
 
そういえば天星会に毎年聴講に来られている長崎の森上人、某国立大学の地質学専攻で地震を研究していたそうな。初めて会った時は怖い系のお兄さんかなと思っておりましたが、人は見かけによらないものだ。



さて。最近の光子さんのコーナーです。
IMG_3539
頭頂部の髪が薄いので、なんとなく男の子っぽく見えるのですが、帽子をかぶせるとそれがカバーされることに気づき、最近ではお出かけする時は帽子をかぶせることが増えました。すぐ脱げてどっか行くんですけども。
IMG_3541
おかげさまで4ヶ月を迎えました。
こちらとしては新生児の頃と全く変わってない気がしますが、いーはとーぶのスタッフが今月子供を産んで、隣に並べてみたら大きさが全然違う。
IMG_3473
いつの間にか、こんなに大きくなっていたのか。
毎日そばで見てると逆に子供の成長に気づけないものですね。

いくら現在の体格が違っても、この2人は同じ小学校、中学校の同級生。少なくとも15歳までは同じ学び舎の同窓生となります。

その頃、あたしゃ還暦ですわ。