肉食をやめて半年が過ぎました。

いろんな方から
『どう?何か変わった?』
との質問を受けます。

なにかひとつくらい、ココが変わった!とか言いたいのですが、特に何も変わりません。

ただひとつ気になることがありまして、ちょうど肉食をやめたあたりから、あからさまにカラダが固くなってます。
昨年、いつもマッサージをしてくれる福岡道場生の高山拳士から『70秒ストレッチ』というものを教えてもらって、現役の頃の柔軟性を取り返し喜んでいた矢先のこと。
いま絶望的に固い。

肉食と関連があるのか。
それとも偶然か。

何を馬鹿なことを、と思われた方もいらっしゃいましょうが、いや、これがね、わたくし職業として毎日ストレッチをしているわけですよ。
しかも、大勢の人に見られながら。

年少部と一般部でそれぞれ柔軟体操をやりますから1日2回。それを週5日。

日課であり、さらに全道場生の前で見本を見せなきゃならないから手抜きできないわけです。

という事情で、わたくしは日々の自分のカラダの柔らかさに非常に敏感です。


ちなみに『70秒ストレッチ』とは、読んで字のごとく70秒間のストレッチをやる。
どうやら筋肉といいますか、筋肉を包む硬膜といいますか、それらは1分くらい引っ張られてから伸び始めるという性質があるらしく、通常なら静止10秒くらいですが、それを思い切って70秒に延ばしてみたら、これがみるみる柔らかくなり、わたくしだけではありません。道場生みんなです。めちゃめちゃ効果がありました。
現役の時みたいに両脚開脚して前屈し、胸が床につくレベルまで回復しました。

それが1年くらい前。

12月から肉をやめました。

12月くらいからカラダが固いんです。

開脚して、床に肘がつかない。

これまでこんなことはなかった。
30分くらい時間をかければ一応床に胸がつくようにはなります。でも、年少部に新入会があったり、見学者が来たりした時なんか、あらかじめ自分のストレッチに30分もかけていられない。

そしたら、固いんです。

これはマズイ。
道場の正面で指導しているのは、開脚して肘がつかない先生。
そのせいで入会を取りやめられたらどうしよう。
ひょっとしてこれは肉を食べていないからなのか。
偶然かもしれませんが、毎日同じことの繰り返しの中で突然カラダが固くなるもっともらしい理由がほかに思い当たらない。


『肉食をやめる カラダが固い』

などの検索ワードで調べてみました。

出てくるのは、ほとんどが『ヨガ』関連。
世間で肉を食べない種族というのはほとんど格闘技界には生息しておらず、だいたいヨガ業界に集まってます。

ヨガ = 柔軟体操

こんなイメージすらありますね。

しかし、調べても調べても、ヨガ業界の人の記事は、肉食をやめることに対してほぼ肯定的な記事ばかりで、肉食やめることとカラダが固くなることの関連性を述べた記事はひとつも見当たりませんでした。

全くもって、今の段階では仮説でしかありませんが、わたくしは肉食をやめるとカラダが固くなるのではないかと、自身の体験から考えています。

で、他の症例が欲しいわけです。
ほんとのところはどうなのか。

毎日(またはそれに近い頻度で)ストレッチをしている人が、ある日を境に肉食をやめて、自分のカラダの柔軟性に変化を感じたかどうか。

どなたか体験なさった方、もしくはこれから自分のカラダで実験してもいいよ、という方、ぜひレポートお願いします。

そんな人を知ってるよ、という方も歓迎です。

現在のわたくし、開脚してすぐには片方の肘すら床につきません。
アゴが床につくまでに必要なストレッチの所要時間は約20分です。
なんとかしたい。

どうかよろしくお願い申し上げます。



↓こちらは先月佐嘉神社で演武をして、御祈祷を受けた後の記念写真。
IMG_5901

カラダが固くてもできることを頑張ろうっと。



【 白蓮会館 福岡道場 】092-852-1488 
福岡道場


【 白蓮会館 佐賀道場 】0952-34-4151 
トップ一人ひとり


【 日蓮宗仙道山勝嚴寺 】0952-72-2788
IMG_5241