提婆達多品は書き下しで読むことが多いので、漢文をそのまま真読する他の品よりも馴染みが深く、あらすじは概ねご存知の方も多かろうと思います。

施餓鬼供養といえば提婆達多品。
毎月、毎月、提婆達多品。
とにかく提婆達多品ばかりを繰り返し読みます。
たまにはほかのお経に替えてみたい気もするけども、やはり提婆達多品だけを読みます。

なぜか。

私見ですが、その理由を考察してみます。



佛教の目的と言うのは、我々が佛になることです。
本来それ以外の祈りはない。
佛弟子の祈りの根本は、釋尊と同様、自分も佛になり、みんなも佛になれますように、ということに尽きます。


佛に至る道の途中の障害となるのに三毒があります。
三毒とは、瞋恚(怒り)貪欲(むさぼり)愚痴(迷妄)とされています。
『愚痴』とは現在、現状に対する不満をこぼすことという意味で使われていますが、本来の佛教的な意味は、佛になる佛の智慧を求めようとしない心、佛になることを放棄して、佛以外の方向に気持ちを向けることなのです。

ちなみに一般人は、普通そこまで佛になりたいと思っていませんから基本、愚痴です。
一般の人がなぜ佛になりたいと思っていないのかと言えば、佛がどれほど素晴らしいかということを知らないからに他ならない。
佛がどれほど素晴らしいのか知っていれば、その人は勝手に佛を目指すはず。

例えば、ゴルフが上手くなりたいと思ってゴルフ練習場に通っている人はたくさんいますが、彼らは誰に強制されるわけでもなく自発的に練習しています。
彼らは自分がゴルフを上手くなるという事がどんなに素敵なことか知っていて、ゴルフが上手になった自分のイメージを持っているから、お金を払っても、時間を使っても、その価値があると考えて頑張っているわけです。
ゴルフの神様からすれば、彼らは菩薩です。

しかし、わたくしはゴルフに詳しくありません。言い換えれば興味がない。興味がないから努力はしない。お金も時間も使いたくない。
ゴルフに関する上達の可能性を放棄してますから、ゴルフの神様からすれば、わたくしは愚痴の世界の住人です。

現代人の寺離れ、佛教離れと言われて久しいが、その構造はこれと同じではなかろうか。

は?仏教?お寺?
それ何の役に立つの?

この質問に答えられなければ、当然お寺には人は集まらない。
たとえお寺で佛教以外の集客イベントを打って人を集めたとしても、肝心の『佛とは何なのか』を伝えなければ、おまけ目当ての人はおまけだけもらって去っていきます。

ゴルフを頑張っている人には、おそらくゴルフが上手い人が身近にいるのです。だから憧れるし、その目標に向かうための労力を惜しまない。

一般人に佛教を伝えるなら、その人が佛に近いか、それでなくとも佛とは何かを熟知していなければならない。それに、一心欲見佛、とにかく佛になりたい想いが溢れていなければならない。
『確かにオレ、佛には程遠いけど、とにかく憧れてるんだよねー!ああ、とにかく佛になりたーい!』
とワクワクしながら会うたびに僧侶が話していたら、最初は、なにコイツ?と思われるかもしれませんが、その想いはいつかきっと自然に伝わる。


わたくし自身はゴルフはやらなかったが、その代わり空手をずっと頑張ってきました。
大学に入る前までは全く興味なかったのですが、友達の勧誘があまりにもしつこいものだから根負けしてしぶしぶ始めました。
ところが、やってみたらだんだん面白くなってきました。
空手の仲間達は日夜、どうすれば強くなれるのか、身体の鍛錬方法、コンビネーション、何を食うべきか、有名選手のエピソードまで、とにかく強くなりたい気持ちで一生懸命空手の話ばかりしていました。
そんな仲間に交わっているうちに、自分ももっともっと強くなりたいと思うようになりました。将来、今よりも強くなっている自分に臨場感を持てました。きっと当時の周りの先輩や仲間達がそれほどまでにひたむきで魅力的だったのでしょう。
空手が強い道場は、このシステムが出来上がっているのだと思います。

ところが現代社会では、ほとんどの僧侶が本気で成佛を目指していませんから、一般人はなおのこと佛になりたいとは思わない。
僧侶のやる気のなさがわかるから、佛そのものが魅力的だとは思えない。

みんな心の奥底で、成佛という唯一絶対の目標を放棄しているわけですから、現代社会全体が愚痴に侵されています。この思い込みは重症です。

これは既成佛教だけに限りません。
勢いのある新興宗教であっても全く同じです。
その教団に於いて一見やる気のあるようにみえる会員も、その人を導いた指導的立場にある人も、佛に成ることではなく、ほとんどが別のやりがいで短期的な目標に向かって頑張っていますから、そういう意味ではおまけのお菓子に釣られて頑張っていることに変わりはない。

ま、それでも良いのですよ。
どんな不純な動機でも、それが道心を起こすきっかけなら如是縁、本末究竟等しく尊い。
ただ、このままでは誰も、いつまで経っても成佛という最終目標に臨場感を持てる機会がこないのが問題なのです。(つづく)
IMG_7421