いや。負けたんですけどね。

11月23日(土・祝)佐賀県立総合体育館において開催された、正道会館主催・葉隠カップ全九州空手道選手権大会の、レジェンドの部というワンマッチに出場しました。
IMG_8241
このレジェンドの部というコンセプトが実におもしろい。

普通、空手の試合といえばトーナメント。
一般部はもちろん、小学生もトーナメントだし、壮年部のおっちゃん達もトーナメント。全国各地、どこを見てもトーナメント戦ばかりです。
しかし、トーナメントって結構残酷で、ただ1人のチャンピオンを除いて、他の全選手は必ず負ける。
まぁ、最初はそうやって誰もが生存競争を勝ち抜いていかなきゃならないのですが、それぞれの道場で、その道場の代表者だったり、高段者の師範代クラスの方が、いくら勝っても勝っても、優勝以外は負けるまで永遠に対戦させられるトーナメント方式に出るのは、なかなかつらいものがあります。

そこで昨年から葉隠カップで採用された『レジェンドの部』。このクラスは、ボクシングとかで一般的な、ワンマッチ形式なのです。
しかも、勝った人は翌年どなたかの挑戦を受ける。いわゆる防衛戦です。出場資格は40歳以上で、道場の責任者もしくは二段以上の師範代クラス、または往年の全日本タイトル保持者。

チャンピオンは観客の前で『来年は◯◯会館の◯◯先生とやってみたいです』などと爆弾発言をする。

過去、こんな恐ろしい大会があっただろうか。
大観衆の見てるところで名指しされるなんて。

でも盛り上がるんです。
そんなこんなで、御指名により今大会の出場は昨年から決まっておりまして、正道会館大分南支部の関義人選手と対戦しました。
IMG_8227
関選手は、つい数年前の正道会館全九州空手道選手権大会の一般重量級で、総本部の若手有力選手を破って優勝するなど、まだレジェンドというより、ほとんどリアルタイムで全盛期の強さを保っています。
ちなみに関選手とウチ(白蓮会館九州本部)の選手も過去、田中亮、田中徳晃が対戦していますが、これまでみんな負けていて、そのリベンジの意味もありました。

しかし、試合が近づいてもモチベーションが全然上がらない。
拳も痛いし、膝も痛い。練習できない言い訳をすると、いくらでも出てきます。 

なにより、気力がない。
長距離のロードワークや山道ランニングには行こうと思えるのですが、瞬発力を付ける練習、ダッシュやスタミナのミットなどがとにかくしたくない。

これを、肉を食べていないからと肉断ちのせいにしてみたり。
まぁ、なんとか走り込みだけに頼ってスタミナをつけて、今回の大会に臨みました。

ウォーミングアップは、なんと龍士會の南原先生に付き合っていただきました。
IMG_8231
まぁアップなんてその時になって誰かに頼めばいいや、くらいに軽く考えていたのですが、ウチの道場生も大会スタッフとかでバタバタしていて全然つかまらない。
ちょうど南原先生が
『アップしました?』
と声をかけてくださって、生意気ながら先生にミットを持っていただけないかとお願いしました。
南原先生とは最近でこそかなり仲良しですが、つい5〜6年前まで口も聞いたこともなかったのです。まさかそんな他流派の先生に、こうやって一番大事な瞬間に助けてもらうことになるなんて想像もつかなかった。改めて御礼申し上げます。

試合はなんと、一般上級の重量級決勝戦よりもあと、完全に大会のファイナルでした。
しかも演出がかなり良くて、正面のステージからMコートへ入場。
IMG_8285

IMG_8281

IMG_8278

こーゆーの、オッサンになっても意外に嬉しい。

IMG_8234
内容は本戦0-0、延長マスト2-3のスプリット判定で、まぁ恥ずかしくない動きはできたのかなとそれなりに満足しています。
IMG_8244
試合前はとにかく精神的にも体力的にもキツくて
『もう試合なんて2度と出るもんか』
とか思っていましたが、終わってみると反省点だらけで、ああすればよかった、こうすればよかった、といろいろ湧き上がり、すぐにでも再戦を申し込みたくなるから不思議です。

試合そのものは、関選手の左の上からの打ち下ろしがとにかく痛くて、距離を詰めるのを躊躇しました。自分の感触ではめちゃくちゃやられてたように思っていたのですが、後でビデオを見てみると、あら?意外に互角に打ち合ってるなぁと思いました。

わたくしだけかもしれませんが、試合中は白い霧に包まれて視界が狭くなるような感覚になるのです。久しぶりにその白い霧に包まれました。ああ、そうそう。試合ってこんなかんじだったな、と。
IMG_8279
しかしながら翌日になっても、したたか喰らった関選手の左のパンチの痛みが酷い。あまりにも痛いから月曜日に病院に行きました。

レントゲン撮りましたが別に骨には異常なし。
これで折れてたら
『いやー先日、空手の試合に出ましてね、その時にパンチで胸骨を折られちゃって』
とか自慢してみんなの気を引こうと思ってたのに、なんとも残念です。
IMG_8275
大会主催の甲斐孝先生を始め、石井館長、東本部長、対戦していただいた関選手、そのほか表に裏に応援してくださった全ての皆様に感謝申し上げます。
IMG_8229

翌日は、白蓮会館九州地区研修会で、福地将人選手をお招きしてのセミナーもあり、大変有意義でした。
内藤先生がYouTubeチャンネル開設してますので、よかったら皆様チャンネル登録をお願いします。

今回は道場生の試合のセコンドにほとんどつくことができませんでしたが、また週明けから指導を頑張ります。