【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

カテゴリ: 勝厳寺の行事案内

14日(月)は、うきは市の本佛寺(佐野前延住職)の御会式でした。

御会式とは、宗祖日蓮大聖人がお亡くなりになった日(10月13日)の前後に、全国の日蓮宗寺院で行われる法要で、大聖人のご威光を讃え、報恩感謝を申し上げます。

で、九州で最も活気のある御会式といえば、うきは市の本佛寺なのです。
勝厳寺の自慢の纏(まとい)を持って万灯行列に馳せ参じました。
この纏を奉納してくださったのは、新役員を引き受けてくださった池田伴忠さんと、児島誓さんのお2人です。

直前になって、慌ててYouTubeで纏の振り方を1時間くらい練習して、頑張ってふたつほど技を増やしました。
本番前のリハーサルで両腕を酷使し過ぎたかもしれません。これが後に仇となるとは、この時はまだ知る由もない。

今回、呼びかけに応じて参加してくださったのは、原さん家族、川邊さん家族、芦刈妙長寺加藤智久上人です。
それに勝厳寺の寺族全員の計10人です。

集合場所には間に合わず、途中の隊列整理のための一時休憩場所で合流します。
遠くから光の列が見えてきます。
画像1

勝厳寺が遅刻して参列したため、現場も混乱しているようでした。
当初、最後尾からついていくつもりが、前から2番目に入るようにいわれ、全員でダッシュして先頭グループに混じります。
DSC_8082

そこから纏を持っている組だけは正面の石段から最後に登るため、ちょっと待機して、全員が境内に集まったところへ堂々と迎えられます。
DSC_8160

こちらは鳴りものを指揮する奥様。
DSC_8162

纏を振るのが下手くそのくせに、こんな晴れ舞台はちょっと気まずい。
しかも、交替がおらず、両腕は限界です。
DSC_8172

恐れながら一番最後に入っていきました。
そしたら、やはりというか、みんなバリバリ上手い!
疲れもあり、かなり怯みましたが、辞めるわけにはいかず、無心に振り続けます。

西身延青年会のみんなは約2分くらいで次々に交替しています。
つまり、交替要員が周りを取り囲んでいるわけで、こちらとしてもたまらず、
『すんません!代わってください!』
とお願いして何回か交替してもらいました。
DSC_8113

そうこうしているうちに、うちの纏の首がスポッと吹っ飛んで、現場は騒然。
慌てて取り繕って、なんとか纏の奉納は終了です。
画像1

行列参加の皆様の労をねぎらう日蓮聖人銅像護持教会主管の佐野前暁僧正と、本佛寺御住職の佐野前延上人。
画像1

勝厳寺から参加したメンバーで記念撮影。
画像1

わざわざ我々の為に個室を用意してくださっていました。

その勝厳寺の控え室に向かおうとしたところ、ちょうど作元上人が玄関口で
『あれくらいの短い時間で疲れたなんて言ってちゃダメですよー』
って皮肉を言われてしまいました。

でも、纏を振れる人員が2人しかおらず、しかも纏が2本だから、途中全く交替なしで振り続けたわたくしどもの苦労も推し量っていただきたい。


それから、今回は兄が
『あんた、えらいいろんな人から挨拶されよったねぇ』
と感心されるほど、実に多くの方からお声掛けをいただきました。
それは5月の本佛寺の佐渡団参で檀信徒の皆様とご一緒させてもらったからに他ならない。
ほんとにたくさんの方に
『あっ!佐賀のお上人!』
『来年も来てくださいねー』
と話しかけてもらいました。
まといのレベルも全然で、アウェイ感ありありでしたが、なんだか少しだけ居場所ができたような感じがありました。


帰りがけに纏を片付けようとしていたら、西身延青年会の高校生ぐらいのお兄ちゃん達が近寄ってきて
『すいませーん。良かったらちょっと纏を触らせてもらえませんか?』
と言ってきました。

もちろん、我々の纏に興味を持ってもらうのは嬉しいので、喜んで貸しました。
そしたら、
『お!めっちゃ軽い!』
『え?マジ?俺にも貸して!』
『わ!振りやすーい!』
『え?俺にも貸してー』
って、あっと言う間に大勢の人だかり。

こんなに重たい纏を『軽い』と言われたら、われわれ立つ瀬がない。

そうなんだ。この纏は軽くて振りやすいのか。

なら、弱音を吐いていられないなぁ。


ちなみにこの纏は梅谷仏具店(白蓮会館福岡道場生の武田豊史さんのお店)で制作されたものです。
いちお木工用ボンドなんかを使って自分で修理するつもりだったのですが、電話で相談したところ、さっそく翌日に福岡から勝厳寺まで来られ、修理のために持って帰ってくださいました。
画像1

来月12日が勝厳寺の御会式です。
それまでに間に合うように早急に修理してくださるとのこと。ありがとうございます。
画像1


勝厳寺の御会式は、
11月12日14:00から。
松尾山御真筆行列は17:00からです。
多くの方のご参列をお待ちしております。


この日の様子を書いた嫁ブログはこちら

070217_0326~0001

福岡県うきは市吉井町にある本佛寺(佐野前延住職)は毎年、九州で最大規模の御会式が開催されています。御会式とは、各日蓮宗寺院で開催される重要な年中行事のひとつで、日蓮大聖人の御命日(10月13日)前後に行われる、宗祖の威徳を讃える法要です。

本佛寺のある吉井町は、ちょうど小城町くらいのこじんまりした町なのですが、それが本佛寺の御会式の日には、中心通りは交通規制され、露店が建ち並び、いったいどこからこんなにたくさんの人が来たのだろうと言うくらいの人出で賑わいます。また、地区ごとにハッピを揃え、万灯籠(まんどうろう)や纏(まとい)のできばえを競い合い、いまや日蓮宗の檀信徒であるなしを超えて、全町民が総力を挙げて作り上げる大イベントとなっています。

ちなみに本佛寺は本山ではありません。明治に建てられた普通の新しいお寺です。九州の日蓮宗の本山は、小城町の松尾山光勝寺です。昔の松尾の御会式は、小城の町を埋め尽くすほどの参拝者がいたそうですが、現在その御会式に参列する人の数は、本佛寺に比べ極めて少ない。そのため、松尾山の御会式行列のスタート地点である勝嚴寺は、九州唯一の本山・松尾山の御会式を昔のように盛り上げるべく、研修を兼ねて本佛寺の御会式に正式参加することにしました。

つきましては、下記の通り参列出席者を募集いたします。多数の方のご参列をお待ち申し上げております。

  記


本佛寺おえ式

日時 平成25年10月14日(月・祝)
場所 福岡県うきは市吉井町 鎮西身延山 本佛寺

当日17時半に勝嚴寺集合18時出発
(現地直行可・22時頃勝嚴寺に帰宅予定)
持ってくるもの 
ハッピ、うちわ太鼓(お持ちでない方にはお貸しします)
備考 歩きやすい靴でお越しください

北海道は釧路市から、わざわざ干支九星を勉強するために勝厳寺までお越しになる殊勝なお上人がいらっしゃいます。

しかも毎年。

釧路から福岡って、直行便ないんですよ。

いったん新千歳空港か羽田空港で乗り換えて九州入りしなければならない。

今回も夕方5時に釧路空港を飛んで、福岡到着は10時前だったそうな。

そんなツワモノのお上人は、なんと日蓮宗ではなく法華宗本門流(本能寺の変で有名な京都本能寺がある)妙本寺の御住職・千葉晋佑上人。
画像1

誰が喜んどるって、住職が一番嬉しそう。
半端じゃなく酒に強い千葉上人。
住職がどれだけお酌しても、毎年最後まで住職に付き合います。

ま、わたくしの経験上『晋』とか『佑』などという漢字を名前に使っている人物は只者ではない。

本当は土曜日の【 勝嚴寺大學 】から参加なさる予定が、やんごとなき用事が入ったとかで、その日の夜到着と相成ってしまいました。

わたくしと言えば、土曜日の昼3時から9時までに2コマ。
日曜日、朝の10時半から夜7時まで千葉上人に付きっきり個人教授(薬師寺先生や飯盛部長も来られましたが)でした。

2日連続の長時間はさすがにちょっと疲れた。
画像1

でも、わざわざこんなに遠くから学びに来てくださるなんて、本当にありがたい。


さて、中2日しか空きませんが、水曜日は【 勝嚴寺大學 】佐野教室です。
内容は先天宿命。参加費は5000円です。
10:00〜16:00、勝厳寺にて。
たくさんの参加をお待ちしております。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

画像1

話は遡りますが、2月9日(土)の話です。

2月9日は『初午』であった。

初午とは稲荷神の縁日。
勝厳寺でも、最上位經王大菩薩と腰岳稲荷の祭祀を行います。
この日は朝から東京だったため、金曜日の佐賀道場の稽古終了後に伊万里市まで移動し、極寒の真夜中に初午のお祭りをしたもんだ。

ところで、翌朝に旅支度のために近所の某スーパー(有名店)に買い物に行った時のこと。

アナウンスで
『本日2月9日は【 初午 】でございます。当店ではお惣菜コーナーにてただいま稲荷寿司を販売しております。昔から初午の日は【 お稲荷さんの日 】として親しまれてきました。ぜひともこの日に家族みんなで稲荷寿司をお召し上がりください』

ってなことを言ってるのです。

節分には恵方巻き。
初午にはお稲荷さん。

ま、何と言うか、アレですね。

これまでになかった風習が新規(?)に作られています。

恵方巻きに関してはわたくしこのブログ内で過去に言及したことがあります(こちら)。
こういう理由で若干の違和感は否めません。

しかし、初午の稲荷寿司は歓迎です。

おそらく、この風習はかつて日本中にあった。
『伊勢屋・稲荷と犬の糞』
と言えば、日本中どこに行っても見かける三大名物だったそうな。
犬の糞はもちろん、稲荷神社と伊勢屋という屋号の店舗は不思議と日本全国に存在していたわけです。

それくらい古来より日本人に親しまれてきた稲荷神社。
当然、年に一度の最高級の縁日である初午も当時の日本には浸透していたに違いない。
稲荷神に捧げる供物としての薄揚げと寿司めし。
やがて、それが『おいなりさん』として、御神体の名前を冠するまでに普及した。

それがいつしか文化の盲目的な欧米追随の風潮のせいで忘れ去られ、日本人のほとんどが【 初午 】という節目を意識しなくなった。つまり、日本文化から消滅した。

それがですよ。

皮肉にもスーパーの商戦の販売促進材料として、平成の現代社会に復活しようとしているではありませんか。

良くも悪くも。

でも、たぶんこれでいいのだ。






各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

先日のブログ記事でも紹介した【 覚りの定義 】をもう一度掲載します。

『『悟り』とは、人間が生まれ、全体意識から自らを切り離して『自我』を確立した後に、『自我』を持ったまま、再度全体意識を理解する、というプロセスのことだと言えます』。


仮にこの定義に則ると、佛とは全体意識。
抽象度を究極まで高めた境地、みたいなものでしょうか。

『いったい創造主は、なにゆえ人間に自我を投与したのだろう』

それはおそらく、自我という最も具体化された枝葉の世界を経験して、そこから再び根幹たる佛の抽象的な世界に戻る、という全てのプロセスを我々に経験させようとして、敢えて創造主は、この厄介な『自我』を持たせてくれたのだろう。


成佛するためには『覚り』が要る。

その『覚り』とは、いったん佛から離れ、もがき苦しみ、死んで産まれてまた死んで
、もう、これ以上具体化できないというところまで佛から離れた時に、忽然と枝葉から世界全体が見渡せる瞬間のことなのかもしれません。

『覚り』とは『振り返ること』。

振り返る、といっても物理的に反対を向くわけではなくて、思考の方向を具体化から抽象度を高める方へ変える、ということです。

いや、『覚り』と『悟り』は厳密には違う。

『覚り』とは、成佛する究極の目覚めです。完全なる真理の理解のことで、これはめったにない。

『悟り』とは、この大いなる世界を断片的に理解すること。

そういう意味では、具体化された末端の狭い世界から、広大な全体意識に戻ったのが佛だよ、と理解したことで、小さな『悟り』を得たのかもしれません。

調子に乗ったらダメですが、多いに感動しました。



現代の社会は、究極まで具体化された世界で、それぞれがバラバラに存在し、お互いがお互いの関連性を見出せないで、それぞれが我欲の達成に邁進しています。

ところが、このまま進む先にはなんとなく希望がない。

ちょうど今の日本国内には、震災があり、不景気があり、みんなが縮小するマーケットの中で、競争するより助け合おう、という意識が芽生えたような気がします。

競争は青天井のうちは楽しい。
でも、どれだけ競争しても行き着く先はは袋小路であるということを悟れば、突然競争に魅力がなくなる。

いま、国内での企業間競争ほどバカバカしいものはない。

あまりにも増え過ぎた商品を統合して、技術、知識を持ち寄って、みんなが幸せになる方法を考えようよ、って雰囲気が出てきました。

これって、意識が具体化された自我意識から、大転換を起こしつつある兆候ではないでしょうか。

画像1

・四弘誓願(佛弟子の4つの誓い)

一、『衆生無辺誓願度』
(衆生は数えることができないくらいたくさんいるけど、その全員が佛を目指すように誓う)

二、『煩悩無数誓願断』
(煩悩は数えることができないくらいたくさんあるけど、それら全てを断ち切るように誓う)

三、『法門無尽誓願知』
(佛の教えは数えることができないくらいたくさんあるけど、それら全てを知るように誓う)

四、『佛道無上誓願成』
(佛へ至る道のりは測ることができないくらい遠いけど、必ず到達するように誓う)


・妙法蓮華經方便品第二

『諸佛世尊 欲令衆生 開佛知見 使得清浄故 出現於世 欲令衆生 開佛知見 使得清浄故 出現於世 欲示衆生 佛知見故 出現於世 欲令衆生 悟佛知見故 出現於世 欲令衆生 入佛知見道故 出現於世 』
(佛は、衆生に佛の智慧を気づかせ、悟らせ、みんなが佛に至る道を歩むように、そのためにこの世に出現した)

・妙法蓮華經普賢菩薩勧發品第二十八

『若善男子善女人 成就四法 於如来滅後 当得是法華経』
(もろもろの善男子善女人よ。如来がいなくなった時、以下の4つの法を成就することで真実の妙法蓮華經を理解できるであろう)

『一者為諸佛護念』
(ひとつ目は、諸佛に護念されているという自覚を持つ)

『二者植諸徳本』
(ふたつ目は、もろもろの良き行いを行じる)

『三者入正定聚』
(みっつ目は、心を平安に保つ)

『四者發救一切衆生之心』
(よっつ目は、全ての衆生を救わんとの心を起こす)


つまり、自分ひとりの成佛を願っても、佛には近づけない。
自分だけでなく、みんなが幸せになるように、の心を抜きにしては、全体が見えないのでしょう。

一切衆生に対する慈悲の心こそが成佛の直道なのかもしれません。

慈悲の『悲』とは、泣いている人と、一緒になって泣いてあげること。
いわば『共感』です。

隣人と自分を違う存在だと分け隔てる心ではなく、『共感』し、意識を『共有』する時代になっていくことを心から祈ります。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

普通の人が佛になるための絶対必要条件は、『覚り』を得ることです。

覚りとはなにか。

その前に、普通の人と佛の違いを明確にしなければなりません。

とりあえず、簡単に、しかも主観的に、類型化してみました。


(普通の人)悩みがある
(覚った人)悩みがない


(普通の人)感情の起伏が激しい
(覚った人)常に穏やかでいる


(普通の人)自分の思い通りにならず苦しむ
(覚った人)この世は苦しみであることを知っている


(普通の人)幸も不幸もずっと続くと錯覚する
(覚った人)世の中は常に変化することを知っている


(普通の人)死んだら終わりと思っている
(覚った人)死は一時的な状態を指す


もちろん他にもいろいろありましょうが、とりあえずこの辺で。

また日を改めて皆様の知識をお借りして、佛と凡夫の『ある・ない』データバンクなんか作ったら面白いかもしれませんね。
画像1


どうやら、佛を得るためには『自我』が邪魔なようです。

『自我』とは何かに執着する心。

『快楽』に執着するから失うのを恐れる。
『苦』から逃れようとするのは『楽』への執着の裏返し。
『生』に執着するから『死』を恐れる。


覚りとはある意味、自我を超越することと似ているのかも知れません。


自我を消すためにはどうすれば良いか。

太古より人は自我を消す方法を探してさまざまに試行錯誤を繰り返してきました。

断食したり、滝に打たれたり、お経を読んだり、座禅を組んだり、瞑想したり、あとひたすら南無妙法蓮華經とお題目を唱えたり。


もちろん、わたくしも読誦行もします。
水行もしますし、お題目も唱えます。

これらの修行法が悪いわけではないのですが、修行の目的を誤ればなんにもならない。

曹洞宗の開祖・道元禅師は
『佛道を習うと言うは自己を習うなり。自己と習うというは自己を忘るるなり』
とおっしゃっています。

佛道って、何か目的を持ってやってちゃ佛に辿り着けない。

無心になれ、って言われても、無心になろう、って頑張れば頑張るほど『無心にならねば』という心に支配されます。

難しいですね。


基本、人が宗教を求める時というのは、困った時です。

日蓮大聖人も
『道心は病より起こるべく候』
とおっしゃっているように、人間、平穏無事な時は特に宗教に必要性を感じません。何か不幸な出来事があったおかげで菩提を求める心を起こすものです。

だからと言って、現状を打開するためだけに修行を重ねても全くダメなんですね。

『今より良くなりたい』
『幸せになりたい』
という自我を満足させようとしているわけで、逆に自我に支配されきった状態に陥ります。


だから目先の利益を得たいという心で、いくらお題目を唱えてもダメ。


目先の利益をゴールにしてお題目を唱えるというのは本末転倒で、やはり得道・成佛という、もう、圧倒的な目標達成を考えなきゃいけないのです。

ところが普通の人は、成佛を目的として信仰しない。
学業増進とか、病気平癒とか、商売繁盛などを神仏に祈ります。

その祈りのゴールには、常に自分で作り上げた幸せな自己像があって、進めば進むほど自分の仕掛けた罠に入り込んで抜けられなくなってしまう。

どんどん具体化して、究極の自己像を自分で具体化させすぎて、いったい自分とは何なのか余計にわからなくなってしまう。


祈りのベクトルが真逆なのです。


『佛道を習うと言うは自己を習うなり。自己と習うというは自己を忘るるなり』

徹底的に自己を省みて、そして自己を忘れることが佛道らしい。

別に神仏に商売繁盛を祈ることがダメではないのでしょうが、そこをゴールにして、そこで祈りが止まったら、かえって佛から遠ざかってしまう。


それにしても、この世界の創造主は、なにゆえに人間に『自我』という厄介なものを投与したのだろう。


つつく



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

今回の【 勝嚴寺大學 】で思ったのは
『過剰な具体化は退化なのではないか』
ということです。

ここで言う退化とは
『佛から遠ざかった』
という意味です。
画像1

『ねぇ。キミの話は要領を得ない。もうちょっと具体的に頼むよ』
と言われることはあっても、普通その逆はない。

『もっと抽象的に言え』
なんてことを要求されることなんて、この社会ではほとんどない。

われわれの社会は、物事をより具体的に変換していくという作業を、ひたすら善だと信じて、人類を総動員してやってきたのです。

そうやって、ありとあらゆるものを際限なく具体化していった究極の姿が、現代の社会なのではないか。

具体化し過ぎると、他者との関連性がわからなくなります。
そうして枝葉だけを見つめていった結果、バラバラになった世界こそがまさに佛教でいうところの煩悩界。

自己と他者を区別する心・いわゆる『自我』が支配する世界です。


先日、極めて興味深いネット記事をたまたま読みました。

【 覚りの定義 】
『『悟り』とは、人間が生まれ、全体意識から自らを切り離して『自我』を確立した後に、『自我』を持ったまま、再度全体意識を理解する、というプロセスのことだと言えます』。

これには一本取られた。

『自我』とは非常に厄介なもので、極端に言うと、人間の全ての苦しみは『自我』があるからこそ存在するものであって、もし自我がなくなれば全て解決できるのではないかと思えるほどです。

『自我』とは、自分と自分以外を分ける心の作用。

自分という範囲で括られた個体の利益を求める力。

その自我同士がぶつかり合って、適当なところで妥協して、それぞれがそれなりに満足と不満足を持ちながら存在しているのが人間界です。


『初めに言葉ありき』。


神は、初めに人間に言語と論理性をちゃんと与えていた。
やがて人間はその言語と論理性で、地上の生物の頂点に立った。

しばらくして神は、人間の慢心による行為に怒り、言語からその命である論理性を奪った。

次第に人間は神から離れ、具体化された世界を追い求め、自我を肥大させ、全体の調和を見失い、戦争や貧困に満ちた現在に至る。

いま、人類は言語獲得以来最大の転換期を迎えたのかも知れません。


つづく




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

話は逸れましたが、今回の【 勝嚴寺大學 】の講義の内容は、一般的に表音文字の代表格だと思われているアルファベットも、実は元来は表意文字だったのではないか、という話でした。

これがまた、ほんとに面白かった。

言語の学会では認められていないものの、英単語の文字配列は、実はある法則に従って、整然とした秩序の中に存在する、という例をいくつか示されて、久しぶりに強い知的興奮を覚えました。

しかも、それが世界の言語(日本語にすらも)に共通して見られる特徴もあるとのこと。
これも説得力のある例示を出してもらいました。


ちなみに、猫や犬でもその鳴き声の中に5〜7種類ぐらいの情報伝達があるらしい。

とはいえ
『危ないよ』
『おれのものを取るな』
程度のものだそうですが。

カラスは犬猫に較べてだいぶ多いらしい。
よく知りませんが、下手すりゃ人間の幼児を超えるぐらいの情報処理能力があると聞いたことがあります。

ま、いくらカラスのアタマがよかろうが人間の脳とは比べものにはなりませんが。

人間の脳が他の動物より飛び抜けて発達した一番の理由は、二本足歩行を始めたからだと聞いたことがあります。
二本足歩行をすることで、前足が歩行業務から解放され、他の用途に回される。
歩行から解放された前足の次なる任務は、ものを持つことであった。

四本足歩行をしていた頃の『ものを持つ』任務は口が担っていましたが、前足がその役割を代わってくれたことで、口が解放された。

ここで自由を得た口は、言語を司ることになります。
他の動物が口をものの持ち運びに使っている間、人間は飛躍的に発音を進化させ、言語を複雑化させました。
当然それに比例して脳も発達していきます。


人間は、情報をより具体化することに成功したのです。


犬猫でも
『ここは危険だ』
という情報を仲間と共有することはできますが、
『この場所で、かつて危険な事件があった』
『昔あの山の向こうで犠牲になった勇敢な仲間がいた』
というような情報まで共有できません。

過去の、経験したことのない昔の出来事を考えたり、出逢ったことのない偉人に思慕の情を抱いたりすることができるのは人間だけなのです。
それらは全て、言語による、より具体的な情報伝達のおかげです。

画像1

エジプトにはヒエログリフと呼ばれる有名な絵文字が存在します。

その昔、無知無学なエジプトの民に、トト神という神が言語と文字を与えました。

民に、簡略な鳥の絵を見せては
『これが鳥だ』
とひとつひとつ教えていきます。

そうやってものの数だけ文字が増えていきます。

ところが、単純な名詞や動詞はいいとしても、抽象概念を絵にするのは困難です。

文字を理解できない3歳児に『困難』とか『改善』などという概念を絵で教えろと言われたらお手上げですね。

これと同じようにトト神も、エジプトの民に極めて具体的なものを表す言語と文字は大量に与えたが、抽象概念という思考の階段を上がらせてやることができず、途中で教育を放棄します。
結果、エジプトはあれだけの技術水準を有しながら世界の覇権を取れませんでした。

世界の覇権を長きに亘って握っていた国と言えば、直近の800年間がイギリス、その前の800年間が中国といえます。

今回の【 勝嚴寺大學 】で紹介された原始アルファベットの一文字一文字の意味は、極めて抽象度の高いものばかり。
これら抽象概念を複数組み合わせることで、より具体的な意味を作り上げていったのが原始英語、いや原始英語というか、世界の全ての言語の起源にあたる言語です。

一説によれば東インドで発生したこのアルファベットは、やがて拡散し、地域性を加味して変化しながら世界中に展開していきます。

中国に渡ったアルファベットは漢字となり、エジプトではヒエログリフとなり、北ではロシア語となり、ヨーロッパ各地でラテン語やゲルマン語となります。

ところが、文字の音も意味も形も、コピーにコピーを重ねるうちに、当初のアルファベットの持つ整然たる論理性は薄れ、どんどん劣化して雑然と拡散していきます。

『雑然』というのは、具体的に一用途に一単語が生産・配当され、さらにそれに接頭語・接尾語が無秩序に足されていった結果、単語同士の横のつながりが失われ、全てを別個のものとして認識する言語の状態です。

神々は、バベルの塔を破壊するとともに、人間の言語をめちゃめちゃにすることで、人間同士の協力・協調性を奪い、天上界に盾突くことを不可能にしました。

要するに神々は、人間の言語を極端に具体化させたのでしょうね。

そんな中、戦争などで他の言語の影響を受けにくい島嶼の国、ヨーロッパの片隅のグレートブリデン島で原始世界言語の形態を最も保存状態の良い形で守り抜いたのがイギリスです。

ひょっとしたらイギリス人は世界で最も抽象度の高い思考を持っているのかもしれません。
イギリスの言語・英語が現代の世界を席巻しているのはご存知の通り。
イギリスおよびアメリカは、その言語思考の力をもって、具体の世界で暮らす他国民族を圧倒できたのではないか。


ところがですよ。

これもまた最近たまたまネットで知ったのですが、現在の英語の単語総数は、シェークスピアの時代の5倍にまで膨張しているらしい。

英語が具体化しているのです。

いや、具体化するのはいいのですよ。
問題は、英語の抽象度が落ちてきているのではないかということです。

抽象と抽象を組み合わせて具体を作り出す、という大原則を無視してみんなが勝手に単語を作ると、どんどん論理性は失われてしまう。
中世の英語には、世界最高水準の論理性があったからこそイギリスが世界の覇王となったのに、世界中で英語が話されるようになったために英語の論理性が急速に失われ、無秩序な増殖を始めています。

このままではロンドン・ニューヨークを中心にした金融資本主義も終焉に近い。


イギリスの前に世界の覇権を握っていたのは中国。
易経などからも判るように、古代の中国は極めて抽象度の高い国であったのは間違いない。

わたくしも気学をやっていますが、例えば六白金星。
まるいもの、かたいもの、大事なもの、などという象意がある。
そこから、人体では頭、家族では父、組織では長、社会では自動車や財産、などというように具体化していく作業をやります。

気学をやってみると解りますが、とにかく抽象度が高い分野なのです。

この中国も、覇権を西洋に明け渡す前に、漢字を作り過ぎたのかもしれない。
東洋思想の持つ整然たる抽象的概念をぶち壊してしまったのかもしれない。



つづく



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

今回は話が横道に逸れてます。
坊さん以外の皆様には退屈かもしれません。
ちょっと辛抱して読んでくださいませ。
画像1

宗門では近年の
『若者の寺離れ』
を非常に問題視しています。

その解決方法として、寺の中で各種イベントを開催したり、有名人を呼んだり、全国各地でいろんな努力がなされています。

しかし、寺は本来、佛になるための修行をするところ。

佛教と関係ないイベントで集客しても、人々はそのイベント目的で集まったわけであって、当然イベントが終わると同時に再び寺から離れていきます。

言葉は悪いが、エサだけ食い逃げされている状況で、若者の寺離れにとってなんの解決にもならない。

空手道場がお菓子を配って近所の子供を集めても、集まった道場生に空手の面白さを教えないなら、お菓子が尽きた時に道場生は辞めるに決まってます。

今の佛教寺院は、まさしく『佛』の素晴らしさを教えきれていない。

2500年間、国を超え、時代を超えて伝えられた佛教。
もし『佛』がつまらないものなら、とっくに消滅しているはずです。
でも現在でも脈々と続いているということは、この2500年間、佛の素晴らしさを伝えてくれた先師達の存在のおかげです。
これこそが『佛』『法』と並んで『僧』も三宝として礼拝される所以です。

しかし、われわれ現代日本の僧侶が『佛』の素晴らしさをどれくらい理解しているのだろうか。

話が上手でなくても、腹の底から何かを信じている人には説得力がある。
でも、他人の受け売りの話は、いくら話術に長けていてもほとんど人の心に響かないものです。

僧侶(能化)が佛を分かってないなら、そりゃ絶対に一般の人に伝わらない。

まずは僧侶が本気で佛を目指すところから日本佛教は再出発するべきではないか。


考えてみてください。

お寺にいくたびにお坊さんが
『いや、佛さまホントすごいですよ。いやーほんと僕も佛になりたーい!』
って子供のようにはしゃいでいたら。

最初は
『なにこいつ?』
と思われるかもしれませんが、毎回こんなに生き生きと嬉しそうに佛を語る僧侶が寺にいると、次第にみんな佛に興味を持ち始めます。

興味を持ってくれたら、憧れが生まれます。
それが集団になると、強い求心力となり、佛を目指す人が次々に集まってきます。

それが正しい寺院の姿でしょ。

有名人では釣れない。
広告は良くても商品が悪いから。

あくまでお寺は佛の素晴らしさを売っていくしかない。

なのに、今のお寺は実際、佛以外の商品を売っているようです。


この一連の記事のタイトルは
『過剰に具体化する社会』
です。

佛を売るための釣りの商品が、佛に近づくための方便が、あまりにも具体化しすぎて、もはや佛に戻れなくなってしまった社会なのです。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

わたくしは佛教系の大学で学んだ経験もありません。
はっきり言って素人です。

ただ、僧侶としての立場で(もちろんその立場からでも批判はありましょうが)佛
について少しお話しします。
画像1

佛とは、悟った人です。

佛はもともと普通の人であった。

普通の人が悟ったから、その時から『佛』になります。

なので、佛は一人ではない。
過去に悟りを得た人(佛)はたくさん存在します。

もちろんわたくしも悟れば佛です。
いつかわたくしも佛になります。
誰でも佛になれます。

佛教は、他の宗教と決定的に違うところがあります。

それは、佛教だけが礼拝の対象物(本尊)に対して
『わたしも神になりたい』
『わたしを神にしてください』
と祈るところです。

お正月、多くの方が神社に初詣に行きます。

テレビなどで
『どんなお願い事をしましたか?』
というアンケートとかありますね。

まさか
『わたしを神にしてください』
という願いを掛けた人はおるまい。

キリスト教の教会で出口調査してみても、
『わたしも神になりたい』
と祈った人はいないでしょう。


ところが、佛教寺院での正しい祈りは
『わたしも佛になりたい』。

これが許されるのが佛教。

というかむしろ、これ以外の願は掛けてはいけないくらいです。


ここが他の宗教と佛教が違うところ。


でも実際、寺で祈ってるだけでは佛には成れません。

もちろん、『チャンピオンになりたい』という強い憧れがない人が絶対に頂点に立てないのと同じように、祈りなき佛道にもゴールはない。

とにかくまず、祈らなければならない。
『わたしも佛になりたい』と。
これが第一です。


次に、佛になるためには『実践』が必要です。

それは、憧れだけでは空手が強くなれないのと同じです。

ビデオを観るだけじゃダメ。
とにかく練習せな。
とにかく反復せな。


ところが残念ながら、現在の日本佛教には、祈りはそこそこあるが、あまり実践がない


と書いたばかりで恐縮ですが、残念ながら現在の日本佛教には、実はあまり祈りもありません。

西洋のジョークに、博打ばかりやって全く教会に足を運ばない飲んだくれの男に、神父が注意するシーンがあります。

その飲んだくれの男は、神父に反論します。

『あっしが神に不敬ですって?とんでもない!あっしほど神に毎週毎週祈ってるやつぁいませんぜ』

『あっしが100ドル賭けた馬が最終コーナーを曲がる時の祈りの強さなんざ、歴代のどんな偉い法王さまの祈り方よりも強い祈りでさぁ』。

現在の日本佛教に祈りがない、というのはこういう意味です。

お金を払って祈願を入れる人が信仰深いわけではない。
宗教活動に高額なお金をかけることができるかどうかが信仰の深さを測る物差しではない。

自分の欲望を叶えてくれるところなら、よく当たる占い師でも、有名なパワースポットでも、なんだっていいのです。


そりゃ、絶対に欲望を叶えてくれる保証があるなら、お金なんてなんぼでも積めますよ。
その神様が、払ったお金よりも大きな我欲を達成してくれるわけですから。


そういう意味で、本当の祈りは少ない。

本当の祈りは
『わたしも佛になりたい』
以外、あってはならないのです。

一歩譲って、
『わたしが佛になるために必要と思われる懸案の成就』
だけが許されるのです。

それが佛道に於ける『実践修行』となります。



つづけ。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

第9回勝嚴寺大學が開講されました。

それにしても、今回の講義は面白かった。
画像1

佛教の目的は、成佛すること。
『佛になるための教え』だから『佛教』。

佛教徒なら、成佛を目指さなければならないのです。

なんで佛になりたいの?
別に佛になんかなりたくないし。

そんなことを考えた方がいらっしゃるのも無理はありません。

一般の方は佛をご存知ない。
誰だって知らないものには憧れない。

わたくしはゴルフをやりません。
だからゴルフで勝つ喜びを知らない。
当然ゴルフのランキング上位に名前を連ねたい、などという夢や憧れはない。

空手なら知ってる。
だから空手で強くなりたいと思う気持ちは、知れば知るほど大きくなりました。

最初は空手をよく知らなかった。
だから適当なところで適当に辞めようと思ってました。

でも、知れば知るほど憧れが大きくなってくるのです。
最初から全日本選手権でチャンピオンになりたい、なんて考えながら入門してくる人など極めて稀です。
でも、同じ道場で尊敬する先輩が、全日本でチャンピオンになるために毎日毎日努力をしている、その姿を見ているうちに、なぜこの先輩はこんなにも頑張るのだろう?全日本チャンピオンとはそんなにも魅力的なものなのだろうか。ならば自分もその境地を覗いてみたい、と知らず知らずに憧れの心が芽生えてきます。

勝った人の話、負けた人の話、勝って不動の地位を築き上げた人の話、もう少しで全てを手に入れられるところまできて、その全てを失った人の話。
飽きもせず、
『かっこえーなー』
と言いながら同じビデオをひたすら繰り返し観る先輩の姿。

そんな情報の中で、自ずと自分自身も全てを賭けて空手の全日本チャンピオンを目指してみたくなってきました。

勝つために、結果を出すために一番必要なものは、どのトップアスリートも口を揃えて言うように、やはり『絶対に勝ちたい気持ち』他ならない。

でも、冷静に振り返ると、その『絶対に勝ちたい気持ち』というものは、最初から自分に備わっていたものではなく、環境によって運良く育ててもらったものなのだと、今更ながらありがたく思うわけです。

進学校にいるから、周りの友達がみんな大学を目指すからこそ大学に行きたくなるわけで、確かに長時間勉強して良い大学に入った人は評価されるけれども、その人だって違う環境なら違う人生です。

遊び盛りの高校生が、なぜ自由な時間と引き換えても長時間勉強したい!と自分から思うようになれるのか。
それは、誰かがこの努力の向こう側に待っている素晴らしさを教えてくれたから。
あなたが一人で努力したわけじゃない。
いま苦しい努力しても一向に自分は構わない、という思考を作ってくれた環境のおかげです。


わたくしは、お寺に生まれました。

幸い、一般家庭に育った人よりは佛に触れる機会に恵まれながら暮らしてきました。

だから、幸い、一般の方よりも少し佛に対する憧れの心があります。

なので、これまでの人生で日々、後輩や道場生に空手の素晴らしさを伝えていったように、これから佛について皆様に知ってもらえるように頑張りたいと思います。

一人でも多くの皆様が
『せやなー。成佛を目指してもええかなー』
と思っていただけるように。



つづけ。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

5月に地鎮祭を挙行した江利天満宮の神殿に、めでたくも8月25日に落慶の祝祷を捧げることができました。
ちなみに地鎮祭の様子はこちら

わたくしは棟札を書きます。
2012-08-26 09:14:23 写真1

裏も表もびっしり書きます。
普段書き慣れていないので、どうしても筆を持つ手に力が入ってしまい、前腕がパンプアップしてしまいます。

完成。
2012-08-26 09:14:57 写真1


この棟札に使われている板は、先日取り壊された社屋の建材で、それを丁寧に磨きあげたもので、いわば、建物の魂に当たる部分です。
失敗したから新しいの、とはいきません。
一文字一文字、緊張しながら書きました。


夕方の宮座(大人による法要)で、諸天善神に落慶の奉告を申し上げます。
2012-08-26 09:15:44 写真1

夜は地域の子供達による『灯付け』と呼ばれるお祭りです。

我々の住む江利部落では、毎年8月18日に観音様、23日に清正公、25日が天満宮、31日に毘沙門天のお祭りがそれぞれ子供達によって行われます。

ま、最近はほとんど大人が大半の準備しているようですが。

いずれにせよ、部落の神様があるべき場所にちゃんと納まったのはスッキリします。

昔の写真なんかを見ると、出征兵士や、結婚式など、氏子は人生の節目節目に必ず正装して天満宮にその奉告に参っていたのでしょう。
しかし、いつしかほとんどの人が地域の神を大事にしなくなり、観光ガイドに掲載されているような有名な神社にのみ人は集まるようになりました。

神の威力とは、境内地の広さや建物の豪華さに比例するわけではない。
ところが、人は悲しいかな、見た目の良くない小さなおやしろの神々の位を低く見て、より絢爛豪華な建物の神社に祀られている神々を選ぼうとする。

神の威力とは、人が崇めるからこそ高まり、人が手を合わせなくなれば本地に戻られる。
地域の神は、地域の人の要請を受けて応現なされ、そこにいらっしゃるわけです。
それなのに、地域の神を素通りして、敢えて縁もゆかりもないヨソの地域の有名な神社に、物見遊山の気分で参拝している氏子ばかりなら、どれほど悲しまれることでしょう。

幸いなるかな江利天満宮では、こうして年に数回、お祭りがあります。

しかし、もう一歩踏み込んで、人生の節目には身だしなみを整え、気持ちも新たに氏神様に報告するということをやらなきゃいけないなと痛感させられました。

それは儀式としてではなく、あくまでもおのれ自身との対話として。


各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

2012-08-19 08:58:32 写真1


最近は嫁が常に最新情報を発信してくれるもんだから、油断してブログ更新を怠り気味で反省しています。

そういえば、おととい久しぶりにバーベルスクワットをやりました。
全体的に高齢な方が多いトレーニングルームに、ふと、これ見よがしに重いベンチプレスをやっている総合格闘技系のマッチョな若者2人を発見。
間違いなくこのトレーニングルームのヌシ的存在です。

いや、大人げなくてお恥ずかしい。

燃えましたね。
対抗心バリバリ出しましたね。

かなりのブランクがあるくせに(7年)、ベンチの隣のスクワットラックに行って、アップもそこそこ、後先考えずにいきなり100kg担いでみたら、なんとなくいけそうな予感がして、おんどりゃーとフルスクワットに挑戦してみたら、できた!

なんのために?

そりゃ、隣の2人組に負けたくないからさ。

初対面の2人。
今後二度と会わないかもしれない2人。

でも、そんなことに関係なく、男として負けたくない。

忘れていた闘争心をほんの少し思い出しましたね。

ちなみに、あとはベンチをまたいで、安全にMAXまでいって、クールダウンもせずに、風呂はいって帰りました。

で、翌日の筋肉痛がすごい。

でも、やっぱウエイトトレーニングいいですね。
嫁にケツを叩かれ、イヤイヤながらいったものの意外に楽しかった。
何より消えてなくなっていたと思っていた闘争心が少なからず自分にまだ残っていることが嬉しかった。


そんなこんなで、本日は勝厳寺の大祭・施餓鬼会大法要です。
NHKの取材も入ります。

ぜひおのおの志す霊位の菩提を弔うために御参拝ください。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

2012-08-16 13:05:06 写真1

『盂蘭盆』とはサンスクリット語の『ウラーバーナ』の音訳で、本来『逆さに吊るされた苦しみ』という意味だそうです。

この一週間、正座し過ぎて足首が痛い。

足首を縛られて逆さ吊りにされたら、おそらくこれくらい痛いのだろう。

でも、ようやくそんな苦しみからも解放されました。



兄・龍祥が入院しました。

ふた手に分かれて盆經を廻っていたからこそある程度楽だったのに、兄の戦線離脱は大きかった。
なんといっても、今まで6時間で終わっていた盆經が12時間かかりますからね。
14日(一番軒数が多い日)なんて、朝8時から廻り始めて、終わったのが21:30。

兄もなんとかお盆の忙しい時期をやり過ごしてから病院に行くつもりだったのでしょうが、患部が悪化し、わずか数日ですらも猶予を持たせられないようになり、お盆經の中日に病院に診察へ、それで即入院と相成りました。

家族みんなでサポートしていきたいと思います。

田中指導員が長く入院していた佐賀記念病院です。
実はわたくしもお盆の最中はあまりにも忙しく、まだお見舞いに行っていないために兄の病室の番号をしりません。
受付でお尋ねください。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

2012-08-11 23:33:05 写真1


お盆ですな。

世間はお休みのところが多いようですが、われわれ僧侶は今が一番忙しい時。

まだまだ大丈夫ではありますが、やや長時間の正座の痛みの蓄積を感じています。

そうそう。

北九州市のお檀家さんに、使わなくなったロデオマシンを譲っていただきました。
佐賀道場には、これまた別のお檀家さんから譲っていただいたロデオマシンがすでにありますので、今度のはもちろん福岡道場に配備しました。

これで、福岡道場生のウエストもがぜん細くなるね。

みんな、夏に向けてボディメイクだ!

いや、もう立秋です。
暦の上ではもう秋です。

夏の終わりって寂しいですね。

僧侶をやってると、なお寂しく感じます。

明日は長崎方面のお檀家さんのお宅にお伺いします。よろしくお願いします。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

372794_401679046549211_1673708575_n
今年もやってきました。
夏と言えば日蓮宗青年会主催のキャンプ? 林間学校? いや、日蓮宗佐賀県ではこれらを『行学道場』と呼ぶのですが、この行学道場が夏休み最初の月曜日から2泊3日で開催されます。

すでに白蓮会館の道場生のリピーターの10人ほどから申し込みをいただいております。

ちなみに今年の行学道場のポスターは、すっかり常連になった白蓮会館佐賀道場の岩杏果による絵が採用されました。

日蓮宗の行学道場は、参加者の宗派に関係なく、自然とふれあいながら命の大切さを学ぶというコンセプトで行われます。
あ、でも、それなりに長時間の正座はさせますけどね。
子供達がなかなか自然とふれあう機会が少なくなった昨今、ぜひこの機会に子供達を短期間の修行(?)に出してみませんか?

以下は、我らが青年会長の渕上 泰之からのご挨拶、ならびに開催要項です。

合掌 初夏の候、御尊家の皆様におかれましては益々の御清栄の段大慶に存じ上げます。
今年も恒例の少年少女行学道場を下記の要領で開催いたします。この行学道場も今年で49回目を迎え、わたくしども日蓮宗佐賀県青年会の活動の中で最も伝統ある年中行事となっております。
本年は福岡市東区『八大龍王寺』をメイン会場として,お子様達がお話や体験を通して、『報恩感謝』というテーマで感謝や思いやりの心、命の大切さを身につけられるような道場になればと思っております。お誘い合わせの上、ひとりでも多くのお子様が御参加くださいますようお願い申し上げます。再拝

日蓮宗佐賀県青年会
会長 渕上 泰之


日時 平成24年7月23(月)〜25日(水)2泊3日

会場 福岡市東区『八大龍王寺』

参加資格 小学3年から中学3年まで(知り合いや兄弟がいる場合は小学1年生から可)

参加費 お一人様10,000円(兄弟割引あり)

携行品 学習道具 タオル バスタオル 寝間着 洗面用具 着替え
帽子 常備薬 水筒 保険証の写し 虫除けスプレー 水泳用具 ビーチサンダル
 ※ ゲーム類・お菓子の持ち込みは禁止
 ※ 自然散策などを予定しております。必ず靴を持参してください。

集合場所 
  平箴)福岡市東区『八大龍王寺』
 ∈寛豸小城市三日月町織島『日蓮宗勝妙寺』
 G鯱_餞杠寛貽讃
 で鯱_餞枴_道場
 ダ臚算馨〉郢

集合時間 7月23日(月)午後0時(※“大龍王寺への集合時間) 

解散時間 7月25日(水)午後0時 

申込締切 いちお7月10日ですが、直前まで大丈夫です。たぶん。

お問い合わせ・申込先 

日蓮宗仙道山勝嚴寺
0952-72-2788

白蓮会館福岡道場
092-852-1488

白蓮会館佐賀道場
0952-34-4151

主催:日蓮宗佐賀県青年会

参加申し込み方法:
仙道山勝嚴寺または白蓮会館九州本部各道場にて申込書に必要事項を記入、参加費を添えて各事務局まで提出してください。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】

白蓮会館九州本部の道場生の皆様への連絡事項はこちら
日蓮宗仙道山勝嚴寺の檀信徒の皆様への連絡事項はこちら

【中野博と語ろう!】Facebook交流会in佐賀


というイベントを企画しております。


と き:平成23年10月8日(土)18:00〜21:00
ところ:佐賀県唐津市・虹の松原ホテル(0955-73-9111)
会 費:4000円

facebookいいねランキング日本一の中野博さん(現在なんと9万いいね!)を交えての交流会を、佐賀県は唐津市の風光明媚な景勝地・虹ノ松原で開催します。
皆様が今お使いのfacebookをもっと活用させるためのヒントがきっと見つかります。

ホテルの食事会場の関係上、参加募集人数は最大24名です。
宿泊を希望なさる方はご連絡ください。
(交流会参加者特別割引プランあり)

小型ノートパソコン、iPad、スマートフォンなど、簡単にfacebookにログインできるアイテムを持参されることをお勧めします。


【ゲストプロフィール】
中野 博 (なかの ひろし) 
�エコライフ研究所 代表取締役
国際環境ジャーナリスト
環境ビジネスコンサルタント

1964年愛知県生まれ。早稲田大学商学部卒業。ノースウエスタン大学院、ハーバードビジネススクールにて実戦的経営学を学ぶ。株式会社デンソー入社後、自動車、住宅業界の調査会社に勤務。1992年、国連地球環境サミットに参加し、コール首相をはじめ世界100カ国の元首を直接取材して、レポートや記事を執筆。京都会議(COP3)に参加後独立し、1998年、株式会社エコライフ研究所を設立。世界43カ国の環境とビジネスの現場を取材し、その数は累計で1,800社を超える。
「エコハウス」「エコリフォーム」「エコスマート」など、600社を超える「エコ」を軸にしてのコンサルティング指導実績あり。『エコブランディング』『家づくりの教科書』『グリーン・オーシャン戦略 ―「恩」を次の世代につなぐ経営実学』等、著作は22冊。



【株式会社エコライフ研究所 ホームページ】

【中野博さんのfacebookページ】


ようするに、こんだけごっつい人と、楽しく一緒にメシ食いませんか、って話ですわ。

ちなみに、つい先日、東京で行われた中野博さん講演会の会費は20000円。

佐賀は、会席料理と飲み放題つきで4000円。

東京の参加者は100名超。
佐賀は最大でも24名。

どれほど直接お話しする機会に恵まれていることか。
東京のビジネスパーソンは万単位のお金を払っても、直接個人的な細かい質問したりは、おそらく難しい。
我々は一緒にメシ食って、ひょっとしたら二次会にも行けるかもしれない。


すごいこっちゃ。


すごいこっちゃで。


参加希望者はこのブログのコメント欄にその旨ご記入ください。




福岡で空手を始めるなら『白蓮会館』
追善供養・水子供養/葬儀・墓地購入のご相談は『日蓮宗勝嚴寺』

先日のスパーリングで自分がいかに弱くなったのかを痛感させられました。

皆様も毎日毎日
『ボディが打たれ弱くなった』
とか
『来月までにスタミナを強化しなければ』
なんて課題がありましょうや。

そんな枝葉のことはさておき、わたくしがもっとも恐れるのは、最近の全日本上位入賞選手の動きがとりわけ立体的なこと。

足を止めて、狭いスペースで打ち合うだけなら、九州の選手も中央の選手に別にそれほど負けてはいないと思うのです。

しかし、なんと言いましょうか、我々はまだ三次元世界に住んでいるようです。
その進化の袋小路に突き当たった三次元の技術をいくら煮詰めても、もういくらもダシは出ない。
同じ場所をぐるぐる廻っているだけじゃ劇的変化は訪れません。

三次元とか四次元という例えは悪いかも知れませんが、三次元の組手の10を極めた選手でも、おそらく四次元の組手の修得レベル3程度の選手には、もはや勝てない。

それは士気揚々の旧幕府軍の士族達が、付け焼き刃で戦争の仕方を教えられた農民達で構成される新政府軍に、わずか数日で完膚なきまで叩きのめされるような、そんな雰囲気です。

じゃあ四次元の組手って何なの?と訊かれても、わたくしもよくわかりません。
低次元から高次元を説明できないのは当たり前。せいぜい立体的、とでも言っときましょうか。

でも、何かひとつでもいい。
それぞれが自分の立体的変化パターンを発見して活用していかないと、ちょっと生き残れないような、そんな時代の過渡期に来ているような気がするのです。

『確かにアイツは強いけど、フォームがバラバラ』
的な選手がなぜか選手権の上位にいます。

今までの経験上、あんなスタイルで強い奴はいなかった。
だからといって弱いのかと言えば、現実に誰も彼を止められる選手がいなかったりするからおもしろい。

『あいつは軸がぶれている』
『ガードが下がっている』
なんて偉そうに批判しているくせに、いざ対戦してみると、なぜかコテンパンに負けてしまう。

今までの戦いの常識が通らないのです。


なぜか。


たぶんそれこそ、彼は次元が上がってしまったのだ。

低次元の世界で重要視されていた要素は、必ずしも高次元の世界で重要視されるわけではない。
では、高次元の世界では何が重要なのかを説明できる教科書は、たぶんまだそんなにたくさんはない。

今の強い選手は、システム化された従来のマニュアルに則って戦っているのではなく、言語に依らない自分独自の身体思考で戦っているのでしょう。


ニュータイプですよ。

おととし、F王子が何かのテレビ番組の中で言っていた。

『僕は、本気で飛びたいと思っていれば、いつか必ず飛べるようになると思うんですよ』。

確かに動物は、自分のカラダのここがこうだったら良いのに、という強い種の意思で進化してきたのかもしれない。
もし、高い木々の実を食べたくて首を伸ばしてキリンが生き残ったのならば、いま空を飛んでいる動物は、他のどの種族よりも強く飛びたいと願った連中なのだ。
その馬鹿げた願いが数世代を超えて叶って、そして今、連中は実際に空を飛んでいる。


たぶん、勝ちたいという気持ちが一番強いヤツが勝つ。
そんなふうにできています。


だから皆様、どうやったら勝てるかを本気で考えましょう。



いやはや、今朝方の雨はひどかった。

朝の6時前あたりから約1時間。
各地で防災放送とかが飛び交っていました。
その放送が雷でかき消されるくらいの凄まじい雨。
大型の積乱雲の中に飛行機で突入しない限り、こんな雷雨は経験できないだろう。



いい大人になって、雷の音に恐怖を覚えましたよ。

おかげで、ゆっくり寝るつもりがめちゃめちゃ早く目が覚めた。
この恐怖を共感してくれる人を求めて、雷にお構いなく爆睡こいてる嫁さんに
『怖いねぇ』
と言ったら、
『そう?わたし雨好きだけど』
と、ぶっきらぼうに返されました。

いや、好きとか、そんなレベルじゃなくて、これは恐怖を感じるくらいのすごい雨だよね?と言いたかったんですけど。

だいたいね、凶悪犯罪者を精神鑑定すると、一様に晴れの日よりも雨の日を好む傾向にあるそうですよ。
偉そうに雨の日が好きだなんて言うもんじゃないよ。

雨が降ってくれないと商売あがったりでぃ!っていう職業でもないんだから。


さて、今日の江利部落(わたくしの住む地域名)は、綾部神社参拝の日。

こうやって、江利部落は未だに宗教活動が公式の行事になっているところが何とも言えない(もちろん良い意味で)。

綾部神社は、三日月町から約20km離れた神埼郡の山中にある極めて小さな神社で、なぜ、我が江利部落がそんな遠くまでみんな揃って公式参拝するのかの縁起がはっきりしません。
しかし、綾部神社の御祭神はこの辺では珍しく風神さまです。
おそらく米どころ三日月町民の、これから訪れる台風シーズン前に五穀豊穣を祈るため、佐賀平野随一の風神さまにご挨拶に行くという意味合いなのでしょう。

ちなみに、父が遅刻したせいで部落全体の出発時間が大幅に遅れている模様です。




福岡で空手を始めるなら『白蓮会館』
追善供養・水子供養/葬儀・墓地購入のご相談は『日蓮宗勝嚴寺』

↑このページのトップヘ