【 大野英章の“昼夜常精進”】

空手道場 白蓮会館(佐賀・福岡) ならびに 日蓮宗仙道山勝厳寺の活動日記。

仙道山勝嚴寺は、佐賀県にある日蓮宗の寺院。各種因縁・未来鑑定/加持・祈祷修法・お祓い・追善供養・水子供養/葬儀・納骨堂・墓地/宗教相談/妙法蓮華經/観心の本尊

国際空手拳法連盟 白蓮会館九州本部は、佐賀・福岡で活動する実戦空手道場。護身錬胆・健康増進・精神修養。ステップ指導で無理なく上達/各会員の目的に応じたクラス編成/新人戦・選手権への挑戦/子供達の礼儀の徹底と体力の向上。

カテゴリ: お祓い・気学鑑定・霊断

翌日(月曜日)。

たまたま福岡市内でとあるパーティーに出席したわたくしは、その席で修行時代の師匠にあたるN上人と再会しました。
わたくしはその方に特にお世話になっていたので、偶然お会いできたことに感動し、パーティー終了後に食事をご馳走したいと無理から強く引き留めました。

本当に久しぶりでしたし、心から尊敬する方でしたので、もっとゆっくり話もしたかったし、自慢の道場も見てほしかった。
N上人も快諾してくださいました。

ということで、道場から歩いて行けるところで食事をすることにして、まずは道場に車を停めて、中を見てもらうことに。

道場には駐車場が4台分あり、ちょうどその男子更衣室に隣接しています。

そしたらN上人、車から降りるなり
『おろ?大野上人〜。ここ、えらいたくさんおるみたいやねぇ』
とおっしゃる。

びっくりしました。

てゆーか、その時は男子更衣室の存在をすっかり忘れていました。
そしたら、まさに昨日の今日。

このへん(男子更衣室付近)にたくさんおるねと指を差されたのです。

道場の中に入ったN上人、道場の御宝前で題目を唱えたあと、男子更衣室のドアほか数箇所に小さなお札を貼り、
『さ、メシ行こう』
と言ってスタスタ歩いて出ていきます。

慌てて追っかけて、近所のお店に入りました。
そこでわたくしがやるべき供養の方法などを教授していただき、約10日かけてなんとかタスク終了。



その後、Bさん、Cくんに訊いたら、もう声は聞こえなくなったとのこと。

本当はもう1人、強烈な証言をくれたDちゃんという元道場生(当時小1・1年くらい前に空手を辞めていた)の女の子がいたのですが、彼女の話はあまりにも具体的すぎるので割愛します。
その、すでに道場を辞めたDちゃんに、彼女の兄が道場生だったのでその迎えのついでに、わざわざ道場まで来てもらって、まだ霊的な存在を感じるか確認してもらいました。
そしたら以前のような感じはないとのお墨付き(?)をいただきました。

かくして道場の幽霊問題はとりあえず解決を見たのです。


この一連の証言は、お互いにお互いの証言を知らない者同士から、別々のタイミングでいただいたものばかりです。
しかし、内容はほぼ同じ。

わたくしは僧侶ですが、わたし霊感がある!とか言う人には懐疑的です。

それでも、別々に4人から、しかもほぼ同じ内容の証言を聞くと、さすがにその存在を意識せずにはいられない。


ご存知の方も多いでしょうが、ウチの道場は地下にあります。
地下と言っても、完全な地下ではなく、半地下です。

更衣室の天井の高さのあたりから声が聞こえるとの共通の証言から察するに、本来このあたりは地面の高さではないか。

思うに、その昔この場所は、空襲などで防空壕などに隠れていた子供達を爆弾が直撃したところだったのかもしれない。
死を自覚できないほどの即死だったのかもしれない。

あくまで想像ですよ。

もう数年前のことですが、あれから声が聞こえなくなりました。

節分に豆を撒く。

鬼を追い払うために。


鬼は、現代に生きる我々にイタズラをするから追い払わなければならない。

でも、鬼にも事情がある。
鬼だって、鬼になりたくてなったわけではなかろうし、イタズラと受け取られるかもしれないが、なんらかの必死のシグナルかもしれない。

死を覚悟して死ねる人は幸せです。
運悪くその自覚のないまま死んだ人を、現代に生きる我々は鬼と呼び、疎ましく思うわけです。

一般部の道場生で、男子更衣室を中心に、昨日、豆撒きをしました。
鬼は大豆を嫌うのです。

ただ、追い払うという気持ちではなく、時代の移ろいを観じながら。
昔、福岡市一の活気を誇った弓の馬場商店街も、今では数軒の商店を残すのみとなり、ビルが建ち並んでいます。
もちろん戦争も終わり、ここにはマンションが建ち、空手道場が入っている。

そんなことを、昔ここに生きていた生命に教え諭すような気持ちで、みんなで豆を撒きました。

白蓮会館福岡道場の節分は、かくの如しきでございました。


平成26年太歳甲午立春大吉

Aさんの息子(当時小4)に問いただしました。
お前は幽霊を見たことがあるのか?
そしたら、Aさんの息子自身は見たことがないらしい。

Aさんの息子から聴いた話はだいたい以下のようなものでした。

幽霊がいると言っているのは、ウチの道場生の最古参であるCくん(当時小5)でした。
Cくんは、だいたい毎回道場に1番乗りで来る子供でした。
そのCくんの経験した話によると、道場に着くなり男子更衣室から複数の子供達の話し声が聞こえるから、珍しく自分より早く来た子供がいるんだなと思いながら、更衣室を開けたら誰もいない。

で、ドアを閉めて更衣室からちょっと離れると、やっぱり中から話し声が聞こえるんだと。
しかも、天井に近い、かなり高い位置で。

こういうことが数回あったそうな。

あれは絶対幽霊だと何人かの友達にこぼしていたらしいのですが、Cくん以外に声を聞いた子供はいないそうです。
でも、やはり子供達のあいだでは、道場には幽霊がいるらしいよって評判になっていたようです。

それを聞いたBさん、本気で青ざめています。
Bさんの話では、道場の反対側、つまり会議室の隣の男子更衣室にただならぬ気配を入門してからずっと感じていたそうな。

特に、更衣室の中から複数の子供の話し声が聞こえるんだと。

同じように、天井あたりから。

ちなみにBさんの場合はCくんと違って、男子更衣室の声がほぼ毎日聞こえていたそうです。

ただ、聞こえない日があった。
それは道場生のWさんが来ている日。

Wさんは、わたくしの僧侶の先輩で、初行の時の再行でした。

それを言われてわたくしはハッとさせられました。
ウチの道場生で、Wさんだけが絶対に更衣室に入らないのです。
よくよく考えたらみたら、Wさんは必ず更衣室の隣の会議室で着替える人でした。
なぜかはわかりませんが、その時まで特に気にもしていませんでした。
しかし、Wさんが来ている日だけ更衣室から声が聞こえないんです、と言うBさんの証言からすると、これは果たして本当に偶然なのだろうかと驚きました。

ちなみに、わたくしは僧侶ですが霊感とか全くないんです。

ちなみにWさんにも霊感なんて欠片もない。

それなのに声が止むらしい。

Bさん曰く
『Wさんが道場に入ってきた瞬間、声が聞こえなくなるからホッとしてたんです』。

『わたし、霊感とかないし、幽霊とか信じないんですよ!だから声が聞こえた時は、まず自分が統合失調症になったのかなと疑いましたもん。今までこんな経験は一度もなかったのに。だから、絶対にこれは幻聴だ、これは幻聴だ、って自分に言い聞かせて、誰にも言えなかった。でも、Cくんにも聞こえてたんなら、場所も一緒!男子更衣室に絶対なにかいる!!』。


なお、嫁の両親は、その男子更衣室の真上に住んでいましたが、平成26年1月いっぱいで退去しました。
(続く…かなぁ)

節分ですな。
画像1

豆撒き用の大豆を買ってきてもらって、昼間に勝厳寺で、夜に白蓮会館福岡道場で豆撒きをしました。

鬼は豆全般を苦手にしているわけではなく、大豆を嫌がるのです。

鬼とはいったい何か。

広義ではいろんな解釈もありましょうが、ひとつには『死者』を指します。

よく似た言葉に『霊』がありますが、死んだことを自覚できず、いつまでもこの世に浮遊している存在のことを一般的に『霊』と呼び、狭義ではいったん黄泉の国に赴いていながらも、隙をみてこの世に戻ってきた存在を『鬼』と言います。


ちょっと変な話をします。

ウチの福岡道場のことです。

もう、6年程前のことですが、とある冬の日曜日。

わたくしは他県で行われる空手の大会の応援に行き、その日の夕方に福岡に戻って、夜に一般部の道場生と食事に行く約束をしていました。

Aさん家族は親子で空手をしていて、そのAさん家族のほか、全部で10人くらいと18時に道場で待ち合わせをしました。

Aさんは17時頃、息子に
『まだ待ち合わせまで1時間あるけど、早めに道場に行って、サンドバックでも叩いていようか』
と提案をします。

ところが、息子はあまり気乗りしない様子。
よくよく聞いてみると、道場には幽霊がいるから誰もいない道場に少人数では行きたくないと言う。

日曜日の夜の食事の時に、Aさんは笑いながらわたくしにこんな話をしてきたのです。

そしたら、一緒に食事をしていたBさん(女性)の顔色がいきなり青ざめました。
『実は…今まで黙っていたけど、わたしもこの道場にずっと幽霊がいるって思ってた!』
って、物騒なことを打ち明けてきたのです。
(続く…かも?)



12日は【 勝嚴寺大學 】佐野教室が開催され、法華宗本門流の千葉上人(北海道釧路市)を始め、佐賀県外ばかりの受講生10人が集まりました。

わたくしはこの日、別件で道場を休んだためいつもより時間の余裕がたっぷりあり、朝10時から夕方6時まで、昼休みを除いてなんと7時間の長時間耐久講座。
誰も途中で眠くなったりせず、最初から最後まで活気あふれる授業だったと手応えを感じております。

今回初参加のお上人はこちらのお二人。
画像1

長崎の森上人と熊本の渡辺上人。

また次回もよろしくお願いします。


さて、夜は白蓮会館佐賀道場の指導をお休みして、丸徳総合格闘倶楽部の田中徳晃代表と、朝ど派手に自損事故を起こして傷心の原さんと3人で伊万里市へ。

キックボクシングジムの『OCEAN』と、総合格闘空手道『唐武会』の2団体にご挨拶を。
画像1

画像1

画像1


こちらは唐武会
画像1

そのまま佐賀へトンボ返りして、勝厳寺にお泊まりの千葉上人と焼肉へ。

そんなこんなで慌ただしい一日でした。
明日から少しカラダを動かさねば。



日曜日から今日まで、天地制化活法・干支九星気学天星会の相伝のため、千葉県は九十九里浜に缶詰めにされておりました。

今回、天星会設立10周年の記念すべき節目でしたが、わたくし以外に佐賀県からの参加がいなかったことは初めてで、外房は羽田空港から遠く、ウチを出てから到着まで実に7時間もかかる孤独な旅でした。

びっくりしたのは大網白里町が市になってたこと。

人のこと言えませんが、ここはもともと大網村と白里村が合わさった浜辺の町で、今でも100年前の日本の風景を楽しめる町です。
こんなところまで自治体合併の波が来たのかと感慨深いものがあります。

さて、今年は受講生が多く、教室には活気があって、こちらとしても3日間通して高いモチベーションで講義ができたように手応えを感じます。

画像1

こちらは最終試験に臨む受講生の皆様の様子。
毎日深夜まで皆様睡眠を削って自学自習に励まれていました。頭が下がります。

食事も豪華でこんな感じ。
画像1

そう言えば今朝ごっつい地震があってビビりました。

ビビったと言えば、帰りの飛行機の名古屋〜大阪上空はかなり揺れました。
なんでも名古屋周辺には大雨警報が出てたみたいですね。
機長がわざわざ
『この飛行機は多少の風雨には耐えられる設計です』
なんてアナウンスしてきた時はさすがに不安がよぎりました。
画像1

たまたま接続が良くて、思いのほか早く羽田空港へ着いたため、しばらく空港内をウロウロしていたら、たまたま屋上に迷い込みました。

ところが、とにかくその場所の快適なこと。
コーヒーを片手に屋外のベンチでゆったり読書。

ちなみに携帯の充電をしていいかとカフェのスタッフに訊いたら、全面的にコンセントは貸さない決まりだそうで。

そうこうしながら、再び7時間かけて福岡道場に帰ってきました。

そういえば、千葉県出身の好青年が体験に来てました。
『えー?さっきまで千葉に出張だったんですよ』
と言ったら喜んでました。
道場生の南里さんも千葉県出身。
なんやかんや盛り上がってた福岡道場。

また、日常に戻ります。

徳山先生による『氣の學問』九州特別講座3日間が終わりました。

3日とも全てのお話を聴くことができて幸せです。
わたくしは初日、佐嘉神社記念館での『21世紀の宗教改革』を勝嚴寺大學で主催しました。
2日目は福岡朝日ビルにて『帝王學特別講座』。
こちらは、わたくしを帝王學に導いてくださった(株)ゴクーの中野博さんが主催、帝王學4期の斉藤雄三(株式会社イシズエワークス代表取締役)が運営なさいました。
3日目は、合氣道高伝館福岡道場の村瀬先生が『日本の食と文化』を主催。

全部もれなく参加しました。

わたくし以外に全行程参加なさった斉藤さん、薬師寺先生、3日間お疲れさまでした。

内容はここには詳しく書けませんが、特筆すべきは『氣の學問』の具体的実践法としての合氣道の講座があったこと。
画像1

これはすこぶるおもしろかった。
画像1

画像1

たまには他の武道にも触れる必要がありますね。
空手とは着眼点が根本的に違う。
画像1

畏れ多くも徳山先生の首を締めようとする斉藤さん。
画像1

その後、徳山先生にやられる斉藤さん。
画像1

みんなで集合写真。
画像1

徳山先生と2人で。
画像1

風の便りでは来年も九州特別講座があるかもしれないとのこと。

おそらく、1泊2日の超詰め込み合宿になるかと思いますが、また詳細が決まり次第ご案内します。
画像1

徳山先生をはじめ関係者各位に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
福岡の実戦空手道場
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

2012-09-12 16:12:53 写真1


さようなら九十九里浜。

毎年来てるにもかかわらず、わたくしは未だにこの海に入ったことがありません。

歩いてすぐなのにね。

2012-09-12 16:14:09 写真1


さて、今日は天星会主催の、干支九星気学相伝講習の最終日。

最終日には恐怖の試験があります。

でも、今年の一回生はほんとに勤勉で、みんな夜遅くまでよく勉強してました。
盤を作るスピードも、なぜかみんな初日から早かった。

試験中に皆様の解答用紙を見て回りましたが、物凄く出来がいい。

なにより、今年は参加人数が多くて、一回生に活気がありました。
一回生に訊いても、やはりみんなが頑張ってるから自分もその雰囲気につられました、と言ってましたから、集団の相乗効果がずいぶんあったのでしょう。


ところで、講習中の食事は毎年こんな感じ。

2012-09-12 16:19:22 写真1


なかなかの御馳走でしょ?

ちなみに朝飯は講習期間中、一度も食ってません。
毎晩遅くまで夜食を食べて、胃もたれがひどくて食べる気にならなかった。


そして、これが朝勤の様子。

2012-09-12 16:21:46 写真1


天星会は祈祷が根本ですから毎回木剣を振ります。

今まで天星会の内部の写真を一枚も公開したことはなかったのですが、ま、こんな感じです。

参加人数は、運営に携わる本部スタッフが約10人。
卒業し、講師の免許を持ちながら聴講に来られるOBが4〜5人。
三回生が1〜10人。
二回生が4〜15人。
一回生が20〜30人。
といったところでしょうか。

ちなみに、これだけの人数がいながら、Facebookをやってる人はわずか2人しかいなかった。

わたくし、今回初めてFacebook上で今回の相伝講習をイベントとして告知してみたのですが、参加希望者がわたくしを除いてゼロでした。

そりゃあ凹みました。

来てみて納得。

なるほど。
誰もFacebookやってないんだもの。
そりゃFacebook上では参加者はゼロにもなるわな。


そして解散。


あまりにも早く空港に着きすぎました。

2012-09-12 16:11:52 写真1


毎年九州から一緒に参加している講師の仲間も、今日はみんな用事があるからと午前中に講義途中で帰っちゃった(講師の中途退出は自由)。


だから現在、広い羽田空港でひとりぼっです。


ヒマです。

さっきメシ食ったばかりだからメシも入らない。

今回に限ってノートパソコンを置いてきてしまった。
せっかく仕事ができるチャンスなのに。

たったひとりでフライトまでの2時間をどう過ごすべきか、それが問題だ。

しかし実は毎年毎年、この相伝の帰りの飛行機をタイトスケジュールで予約して、そのおかげでいつも時間がなくて、常に心臓に悪い思いばっかりしていたから、例年よりはるかにマシなのですけれども。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

2012-09-11 12:36:25 写真1


この九十九里浜へ来て学んだことは、お昼にごはんをおかわりすることで眠くなるのだということ。

これ大事だね。




各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

ああ今年もまた来てしまった。
2012-09-10 07:30:43 写真1

九十九里浜。

一昨日、朝の10時から、時折休憩を挟んだり、途中で講師の交代があったものの、夜の21時まで勝嚴寺大學でしゃべり倒しました。

おかげで(?)喉の調子がいい。

今日からまた3日間、日蓮宗天星会・干支九星気学相伝です。

またひたすらしゃべり倒します。
頑張ります。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/佐賀県小城市の日蓮宗寺院
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら
佐賀のボクシングジム

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
(株)スメトコプロモーション 企画営業部

まちブログ小城

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】
【 上田 都の“学習我道法” 】

寒い中、冷水をかぶりながら年を越そうじゃないか、という人のつどいです。

読者の皆様、いかがですか。

ま、例年我々寺族だけで年越しのお経を上げていたところ、その音が聞こえた近所の檀家さん(現筆頭総代の池田敏夫さん)がお参りに来られたのが始まりです。
翌年から次第に参拝者も増え、わたくしが荒行に行ってからは水行と御祈祷もするようになりました。

さらに数年後。

自分も水をかぶってみたいという奇特な方が現れました。
こちらとしてはもちろん快諾。
その方(某バーのタテガミくん)は、自分一人でかぶるのも何だと友達を4〜5人連れてきました。
ならばと、わたくしもブログで告知しました。

結果、お坊さんも含めなんと9人でかぶりました。
まるで帰山式並の豪華さです。

これを見た方、
『なんねー!知っとっぎオイもかぶったとけ』
などとおっしゃる人が続出。

ならば来年は早くから告知しましょうと言っておきながら、翌年わたくしは大荒行堂に入りました。なので年越しの水行は中止。

そしていよいよ今年です。

先にFacebookでは広く告知しております。
早くも10人程の希望者がいらっしゃいます。

わたくしと一緒に冷水で身を清めて、すがすがしい新年をお迎えしませんか。

詳細下記
参加費1000円。水行で使ったふんどしを進呈します。
23:30集合(リハーサルをします)
23:50新春祝祷会(水行をする方は参列できません)
0:15水行式(あなたの出番です)
0:30開運祈願会(大野英章が年中安泰の御祈祷をします)
1:00終了予定

もちろん、水はかぶらないけど初詣だけ、という方も大歓迎です。

ご注意
女性の方はタンクトップをご持参ください。

というわけで、志し高き皆様の参加をお待ちしております。
参加希望者はコメント欄か、勝嚴寺0952-72-2788まで。



各種祈祷・修法・加持/水子・追善・施餓鬼・永代供養/葬儀・墓地購入/日蓮宗『勝嚴寺』佐賀県小城市
干支九星気学・九識霊断法/過去因縁・未来鑑定/佐賀県小城市の日蓮宗寺院『勝嚴寺』

佐賀・唐津・福岡・大分別府・熊本天草の実戦空手道場『白蓮会館』
佐賀・唐津・福岡で子供に空手を習わせるなら『白蓮会館』

新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

家を新築する時の悩み・工務店選びから住宅ローンまで全て解決
住宅CMサービス佐賀

(株)スメトコプロモーション 企画営業部

大野 英章のFacebookページ
【 大野 英章の“昼夜常精進”】

最近、でかい声が出なくなりました。

道場での空手の指導的な、そっちのでかい声は出るんです。

修法の声が出ません。

住職である父に
『最近、おまえの声明の声に、以前のようなハリがなくなった』
と言われ、多少のショックを受けております。多少ですが。


今日は珍しく修法が三座。
以前のように、思うように声が出ないことを実感させられます。

たぶん、昔から自分は声がでかいんだという慢心のせいです。

精進しよう。



さて、船舶免許は持っているものの、自分の船の停泊する港に行くまでの移動手段(クルマの免許)がない白蓮会館唐津道場責任者の別宮宗次郎初段が、苦節4年、クルマの免許を取得しました。

こいつの財布の中には、クルマの免許の他、船舶免許、それから無線の免許なんて、一般人にあまり馴染みのない免許証が三枚も入っています。


羨ましいんだか、羨ましくないんだか。


でも、いずれにせよクルマの免許よかったねえ。
おめでとう!!
これからは警察にお世話にならないようにしてください。
もうそんなに若くないんだし。



新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

福岡子供空手道場『白蓮会館』



そうそう。

最後になりましたが、新極真会の塚本選手、世界大会優勝おめでとうございます。

真の天才、努力家、バケモノ、同世代の星、プロフェッショナル、えっと他になにがあるかいな。
おそらく、塚本選手はフルコンタクト空手史上最強の選手であることは間違いない。

心技体すべて。

とにかく、ありったけの称賛が塚本選手の上に降り注ぎますように。

日曜日の夜は、唐津市大乗寺にて干支九星気学講座でした。

この、大野英章による干支九星気学講座は、1講座5時間の全5回受講で修了という鑑定士養成コースです。

今回は第五段階。

そこで、先日新首相が決まるまでマスコミの報道を独占し、まさに時の人であったあの方を勝手に鑑定。



そこで出た大野英章的考察。

現在55歳。
もちろん今回引退はするものの、57歳の頃にテレビの追跡取材か、雑誌に独白記事を書くか、本の出版等があり、一瞬世間に再びその姿を露出するかもしれません。

しかし、直後に体調を崩すか、世間に叩かれるかでしばらくまた潜伏するでしょう。

3年間はお金に困りませんが、58歳の頃に投資に失敗して資産を一気に失う危険性があります。



なーんてね。


ま、当たるも八卦。
当たらぬも八卦(今回八卦を全く使っていませんが)。


もし、この予想が当たって、皆様が覚えていてくださったならば、その時はどうか拍手してくださいね。





新築住宅を15万円で安心サポート
佐賀で注文住宅を建てるなら住宅CMサービス佐賀

福岡子供空手道場『白蓮会館』

↑このページのトップヘ